28歳フリーター
28歳フリーターの人『28歳までフリーターをやってきたけど今から就職できるのかな…。なんとか人生やり直したい。どうすればいいの?』

このような方に向けて、記事を書いています。

就職活動に失敗してフリーターになったり、夢や目標を叶えるためにフリーターになったりして、気づいたら28歳になっていた…という方もいますよね。

28歳は30歳が目前ということもあり、『さすがに正社員にならないと…』と焦る人が多いです。

でも28歳までフリーターを続けてしまったせいで、もう自分は就職できないかもな~と諦めてしまう人もいます。

では、本当に28歳のフリーターは就職できないのでしょうか?

結論からいうと、本気で就職すると決意し、正しい方法で就活を進めていけば、28歳フリーターでも就職できますよ。

就活の流れとしては、次のとおり。

自己分析して自分の強みを弱みを把握する→フリーター向けの就職支援サービスに登録する→担当アドバイザーのサポートを受けつつ企業の選考を受ける→内定を獲得する

ぶっちゃけ28歳フリーターが就職するなら、上記の流れが鉄板ですね。

ドフラ
こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や人生に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計157名の会社員の方にインタビューしてきたので、様々な業界で働く人のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、僕が実際にインタビューした、元フリーターの岸谷祐也さん(28歳男性・仮名)の体験談をもとに『28歳フリーターでも就職できる理由』から『フリーターにおすすめの就職支援サービス』までを解説していきます。

この記事を読めば、どうせ俺なんて就職できないんでしょ…と諦めかけている人でも、未来に希望の光が見えるはずです。

3分で読める内容ですので、それではいきましょう~。

※すぐに『フリーターにおすすめの就職支援サービス』が知りたい方は、第5章の『28歳フリーターにおすすめの就職支援サービスとは?』から目を通してくださいね!

28歳フリーターは就職できないと思っていませんか?【体験談あり】

28歳フリーター 職歴なし

まずは、今回紹介する元フリーターの『岸谷祐也さん(28歳男性・仮名)』の簡単な経歴をお伝えします。

岸谷祐也さんは美容専門学校を卒業後、一度は美容師に就職しました。

しかし、深夜までの残業や度重なる休日出勤など、いわゆる長時間労働でメンタルと体力がきつくなり、1年経たずに美容師の道を諦めました。

美容師を辞めた後は、カメラマンアシスタントのアルバイト、通販サイトの商品撮影のアルバイトなどをしながら、フリーターとして毎月17万円ほど稼いでいました。

岸谷祐也さんは28歳になったタイミングで、同棲していた彼女と結婚を考え始め、さすがにフリーターのままではマズい…と思い、正社員になることを決意しました。

その後、岸谷祐也さんは大手転職サイトに登録して、自分で20社ほどに書類を応募しましたが、書類審査を通過したのは2社のみ、その2社も面接で落選…という状況でした。

『このままでは就職できない…』と思った岸谷祐也さんは、ネットで就職支援サービスを検索しまくり、最終的にフリーター向けの就職支援サービスを利用する、というところに落ち着きました。

岸谷祐也さんは、就職支援サービスを利用し始めてから約1ヶ月で、一眼レフカメラの商社の契約社員に就職することができました。

アルバイトとはいえ、28歳まで写真関連の仕事をしてきたことが評価され、『正社員登用を見据えた契約社員』という形で人生のやり直しに成功したのです。

ここからは、28歳までフリーターだった岸谷祐也さんの体験談をもとに、『28歳フリーターの実態』を詳しく解説していきたいと思います。

28歳の転職は遅い?職歴なしスキルなしは不利になる?

28歳までフリーターだった岸谷祐也さんは、20社に書類を応募して、2社しか書類通過しませんでした。

これは転職市場における、職歴なしの28歳のリアルな評価ですね。

厚生労働省が発表した『平成30年若年者雇用実態調査の概況』によると、20代男性の正社員の割合は次のとおりです。

20~24歳の男性:正社員73.5%
25~29歳の男性:正社員82.4%

28歳男性に注目すると、80%以上が正社員として働いていることになります。

つまり、転職市場に出ている求人に応募する、28歳男性の8割は前職が正社員だということです。

ここに、職歴もスキルもないフリーターが応募しても、書類選考で落ちるのは納得ですよね。

ちなみに記事を書いている僕も、26歳のときにフリーターから就活をしましたが、30社に書類応募して、面接まで進めたのは2社でした。

しかも2社の面接では、面接官に『君は何しに来たの?』と説教をされる始末…。本当にザコでした。

岸谷祐也さんや僕の失敗談からもわかるように、28歳フリーターの転職はかなり不利です。

とはいえ、28歳フリーターが絶対に就職できないわけではないので、諦める必要は全くありません。

28歳フリーターで就職できない人の特徴とは?

28歳 就職できない

ここでは、『28歳フリーターで就職できない人の特徴』を紹介しておきます。

次の特徴に当てはまる人は、要注意です。

本気で就職する覚悟ができてない
就職する理由が明確になっていない
就職後の未来を考えていない
上から目線で就活している
希望条件にこだわり過ぎている
楽な生活への未練が捨てきれない
コミュニケーション能力が極端に低い

企業の採用担当が1番気になるのは、『なぜフリーターから就職しようと思ったのか?』です。

世間的には『フリーター=責任から逃げている人』というイメージがあり、企業側もフリーターを採用するときは、かなり慎重です。

ただ採用担当も人間なので、最終的には『この人なら大丈夫だ!』『本気で人生を変えたいんだな!』という熱意が伝われば、採用される可能性は十分にあります。

この熱意を伝えるためにも、『なぜフリーターから就職したいのか?』を明確にし、『人生をやり直すために何でもやります!』という気持ちをアピールしましょう。

就職に対する強い意志がある人は、たとえ就職後に大変なことがあっても、それを乗り越えるための努力を惜しみません。

本気で正社員になりたいなら、これくらいはやっておきましょう。

フリーターは28歳までが限界!1日も早く行動しないとヤバい!

フリーターはいつまで許される?

このような疑問を持つ方もいると思います。

結論をいうと、フリーターは『28歳まで』が限界ですね。

その理由は、未経験から応募できる求人が、20代後半から徐々に減っていくからです。

フリーターの方は、職種未経験、業界未経験に加え、正社員未経験という3つの未経験があるので、若さという武器を使えるうちに行動しておくべきです。

行動を先延ばしにして、フリーターのまま30歳になってしまうと、状況はさらに悪くなります…。

就職はもう手遅れだ…という最悪の事態にならないためにも、1日も早く行動しておきましょう。

28歳フリーターにおすすめの就職支援サービスとは?

28歳のフリーターにおすすめの就活方法は、『フリーター向けの就職支援サービス』を利用することです。

世の中には約2万社の就職支援サービスがあるので、そこから自分に合うサービスを見つけるのは大変ですよね。

就職支援サービスを大きく3つに分けると、『ハイクラス向け』『正社員向け』『非正規雇用向け』があります。

28歳でフリーターのあなたが利用すべきなのは、『非正規雇用向け』の就職支援サービスです。

これを間違えて、『ハイクラス向け』や『正社員向け』を利用してしまうと、自分が応募できる求人が全くない→半年経っても就職できない、という最悪の事態になります。

ちなみに、これは僕の失敗談です…。(僕は間違えてハイクラス向けを利用して、半年経っても内定ゼロでした…涙)

せっかく記事を読んでくれたあなたに、僕のような失敗をしてほしくないので、以下のおすすめの就職支援サービスを利用してくださいね。

ドフラ
『フリーターから就職したい方におすすめの転職エージェント』はこちらの記事をどうぞ。