どこにも就職できない

「どこにも就職できなかったらどうしよう…」という悩みを抱える方に向けて、この記事を書いています。

何社も書類応募しているのに落選が続いてしまったり、毎回面接で落とされたりすると、このままどこにも就職できないんじゃないかと不安になりますよね。

結論からいうと、どこにも就職できない人は、考え方を変えるだけで就職できます。

ドフラ
こんにちは。26歳まで底辺労働者だった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や人生に役立つ情報を発信しています。

今回は「どこにも就職できない人の3つの特徴」について解説していきたいと思います。

3分で読める内容なので、それではいきましょう。

ドフラ
『倉庫作業員だった僕が利用した転職エージェント』はこちらをどうぞ。

どこにも就職できない人の3つの特徴【就職するための考え方とは?】

いきなり結論をいうと、どこにも就職できない人の特徴はこの3つです。

  • 離職期間が長すぎる人
  • 前職の在籍期間が短い人
  • 自己評価が高すぎる人

離職期間や在籍期間については、正社員期間はもちろん、アルバイト期間も含みます。

求職者を採用する企業側は、入社後に真面目に働いてくれる人材を探しているので、離職期間が数年ある人や入社後すぐに退職した人など、普通とは違う動きをしている人を採用するのにかなり躊躇します。

また自己評価が高すぎて、実績も出さないうちから好条件を要求してくる社員も嫌う傾向があるので、この3つの特徴に当てはまる人は就職できない可能性が高いです。

ここからは、それぞれの特徴についてみていきましょう。

どこにも就職できない人の特徴①:離職期間が長すぎる人

どこにも就職できない

どこにも就職できない人の特徴の一つ目は、「離職期間が長すぎる人です。

離職期間が長いということは、ニート期間が長いということになります。

多くの企業は、ニートを採用することに対して後ろ向きなので、離職期間が半年以上あると就職が一気に難しくなります。

家族の介護などのやむを得ない事情がある場合は別ですが、ただ単に就職活動をしていて離職期間が半年以上になってしまった人は結構しんどいです。

「就職先がなかなか決まらず、結果的に離職期間が延びてしまった」という人もいると思いますが、さすがに半年あれば就職できるだろうというのが、一般的な意見なのです。

離職期間が半年あることに対して、多くの採用担当は、「就職活動を半年やっても就職先が決まらないということは、どこの企業も欲しがらない人材なのではないか?」というネガティブな印象を持ってしまいます。

離職期間が半年以上ある人は、必ず面接で離職期間の理由を質問されるので、採用担当を納得させられる回答ができるかが需要です。

ただし、どれだけ完璧な離職期間の理由を用意しても、書類選考で落選する可能性が高いことは理解しておきましょう。

どこにも就職できない人の特徴②:前職の在籍期間が短い人

どこにも就職できない人の特徴の二つ目は、「前職の在籍期間が短い人」です。

前の職場を短期離職している人は、採用担当から「うちの会社もすぐに辞めるんじゃないか?」と思われます。

採用担当の仕事は、良い人材を採用して、会社の戦力を増やしていくことなので、短期離職されてしまうと社内の評価が下がってしまいます。

このリスクを避けるために、採用担当は前職の在籍期間が短い人材を落とします。

僕の経験からいくと、前職の在籍期間が1年以内の人材は、書類選考で落とされる可能性が高いです。

「会社が倒産した」などのやむを得ない事情がある場合は別ですが、自分で入社を決めた会社を自分の意志ですぐに辞める行為は、マイナスのイメージになってしまうのです。

短期離職の理由には、「想像していた職場と違った」や「業務についていけなかった」などの他責のものが多いので、これを企業側は嫌がります。

ですから、「いまの職場が合わないな」と思っても、何とか1年続けてから転職するのがおすすめです。

どこにも就職できない人の特徴③:自己評価が高すぎる人

どこにも就職できない

どこにも就職できない人の特徴の三つ目は、「自己評価が高すぎる人」です。

自己評価が高すぎる人は、自分の能力以上の条件を会社に求めてしまうので、採用担当から懸念されます。

採用担当としては、「まずは実績を出してから言ってよ…」というのが本音です。

前職で大きな実績を残した人なら、その実績を数字でアピールすることで、希望条件が通ることもあります。

しかし、「パソコンを触るのが得意」「英語が得意」「自分で企画するのが得意」「どんなことでも前向きに取り組める」というような抽象的で評価の対象にならないアピール内容では、希望条件は却下されます。

また面接で自分を大きく見せようとして、自分の能力以上のアピールをしてしまうと、入社後に肩身の狭い思いをすることになるので、メンタルが強い人以外はやめておいたほうがいいです。

就職を成功させるためには、自分の市場価値を客観的にみて、どれくらいの年収がもらえて、どれくらいの希望条件を受け入れてもらえるのかを把握しておくことが大事です。

どこにも就職できないレベルの人は、「入社後は何でもやらせてもらいます!」というくらいの姿勢の方がうまくいくと思いますよ。

どこにも就職できない人が就職するための考え方とは?

どこにも就職できない

どこにも就職できない人は、考え方を変えない限り、就職することはできません。

先ほどお伝えした、どこにも就職できない人の3つの特徴で紹介した、離職期間や在籍期間に関しては、時間を戻せないので、もうどうしようもできません。

いっぽうで「自己評価が高すぎる」という点は、自分の考え方さえ変えれば何とかなるので、まずはこのように変えれるところから変えていきましょう。

なかなか就職できない人の間違った考え方には、このようなものがあります。

  • 土日休みは絶対に譲れない
  • 残業は絶対にしたくない
  • ホワイト企業の楽な仕事がいい
  • 年収は最低400万円以上ほしい
  • 資格を取れる会社がいい
  • 入社後に努力したくない
  • 自宅から30分以内で通える会社がいい

このような感じで、好き放題に希望条件を並べてしまう人は、いつまで経っても就職できません。

この人たちは、就職に対する覚悟が決まっていないのです。

いわゆる「クレクレ君」ですね。

大した能力もないくせに、自分の要求だけを一方的に主張してしまう人たちです。

就職を成功させるためには、相手の立場になって物事を考える視点が大事になります。

「もし自分が採用担当だったら、どんな人材を採用したいと思うか?」
「もし自分が経営者だったら、どんな人材に働いてほしいか?」

このような視点で就職活動を考えれるようになると、自分の身の振舞い方がわかってきます。

たとえば、「経験もスキルもないけど、素直で明るくて、少しのことではへこたれなさそう」や「大した実績はないけど、とにかく努力と行動量でカバーしてくれそう」という人なら、試しに採用してもいいかなと思いますよね?

どこにも就職できずに悩んでいる人は、まずは相手の立場になって、就職活動に取り組んでいきましょう。

20代で営業経験を積んでおくと転職しやすくなる

どこにも就職できない

どこにも就職できない人の中には、何の仕事を選べばいいか迷っている人も多いと思います。

そのような方は、とりあえず営業職を選ぶのがおすすめです。

世の中にはいろいろな仕事がありますが、誰でもチャレンジできて、尚且つ応用の効くスキルが身に付く職種は、営業職以外にないと思います。

営業を経験すると、ビジネスマナーが身に付いたり、ビジネスマンとしての基礎能力が身に付いたりするので、多くのものが得られます。

また長期的なキャリアを考えたときに、営業経験があるとないとでは、転職のしやすさも大きく変わってきます。

転職市場に出ている求人のうち、7割近くが営業職の求人といわれていますし、実際に営業経験を評価する企業も多いです。

ですから特にやりたいことがないという方は、できるだけ若いうちに営業経験を積んで、自分にやれることが増えたタイミングで、やりたいことを探してみるのがおすすめです。

「やりたいことがないのは、やれることがないから」といわれているので、まずは自分にやれることを増やすために、営業職に就職するというのは、なかなか良い選択ですよ。

まとめ

最後に「どこにも就職できない人の3つの特徴」をまとめておきます。

  • 離職期間が長すぎる人
  • 前職の在籍期間が短い人
  • 自己評価が高すぎる人

どこにも就職できない人は、まず考え方を変えることから始めましょう。

思考が変わると行動が変わり、行動が変わると習慣が変わり、習慣が変わると人生が変わります。

離職期間や在籍期間などの過ぎてしまったことは、どうしようもできないので、自分でコントロールできることに集中しましょう。

今回の内容を参考にして、就職活動に取り組んでもらえれば、どこかの企業には就職できるはずです。

もし自分ひとりでの就職に不安がある人は、就職のプロに相談しながら、就職活動を進めていくのもおすすめですよ。

いまの行動を変えない限り、あなたの人生は変わりません。

このままじゃダメだと思うなら、「今日、というより今」から行動してみましょう。

ドフラ
僕は26歳の時に転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円の正社員に転職できました。