30歳フリーター 手遅れ

「30歳のフリーターってヤバいのかな…」
「30歳でも正社員に就職できるかな…」
「30歳以降もフリーターを続けると、どうなるんだろう?」

このような疑問を抱いている方に向けて、この記事を書いています。

人生は人それぞれなので、フリーターが良いとか悪いとかの話ではありません。

でも、この記事を読んでいるあなたは、『30歳でフリーターはヤバいかも…』と思っていますよね?

結論からいうと、30代で正社員経験のないフリーターのままだと、40代以降の人生が詰みます。

ドフラ
こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代30代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計329名の会社員の方にインタビューしてきたので、様々な業界で働く人のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、『30代でフリーターだとやばい理由』から『30歳フリーターが就職成功する方法』までを解説しています。

この記事を読めば、フリーターから就職するためにやるべきことがわかるので、今日から前向きに就職活動に取り組めるはずです。

3分で読める内容なので、それではいきましょう〜。

『すぐにおすすめの転職エージェントが知りたい!』という方は、『 30歳フリーターにおすすめの転職エージェント3選』から目を通してくださいね!

30歳フリーターは手遅れ?人生終わった?【就職成功する方法を解説】

30歳フリーター 人生終わった

なんとなくフリーターを続けている人も多いですが、将来的に正社員への就職を考えているなら、1秒でも早く行動しないと手遅れになります…。

世の中的には、『30歳フリーターは手遅れ』とか『30歳フリーターは人生終わってる』などといわれています。

その理由は、以下のとおり。

  • 不動産の賃貸契約ができない
  • クレジットカードの審査が通らない
  • 年金や保険の負担がきつい
  • 世間体が悪く、社会的信用もない
  • 時間が経つほど就職が難しくなる

ここからは、『30代フリーターがやばい5つの理由』を詳しくみていきましょう〜。

30代フリーターがやばい理由①:不動産の賃貸契約ができない

フリーターは信用がないため、マンションやアパートを借りたくても、賃貸契約の審査で落ちやすいです。

保証人を立てないと借りれない物件も多く、親が若ければいいですが、30代のフリーターの親は退職している場合があり、保証人に認められないこともあります。

親がダメなら別の保証人を立てればいいのですが、30代にもなって、友人や知人に保証人をお願いするのは恥ずかしいですよね。

たとえ本人が恥ずかしくなくても、信用のなさから、頼まれた側はすんなりOKしてくれないので、30代のフリーターが新しく不動産の賃貸契約を結ぶのは難しいです。

30代フリーターがやばい理由②:クレジットカードの審査が通らない

フリーターは社会的な信用がないので、クレジットカードの審査が通りにくいです。

フリーターは正社員と違って、いつ仕事を辞めるか分からないと思われており、毎月の支払い能力に不安があると判断されます。

高額な商品を買いたいときや、ネットから商品を買いたいときに、クレジットカード払いができないのは何かと不便です。

普通の正社員なら、大体クレジットカードの審査は通ります。

30代フリーターがやばい理由③:年金や保険の負担がきつい

フリーターと正社員の大きな違いに、「厚生年金保険に加入できるかどうか」があります。

日本の年金制度では、フリーターでも正社員でも、国に保険料を支払わなければいけません。

フリーターは国民年金にしか加入できませんが、正社員は国民年金に加えて厚生年金にも加入できます(しかも保険料は会社と折半です)。

このように正社員には、保険料を会社と折半できて、老後にもらえる年金が多くなる、というメリットがあるのです。

20歳~40歳までを、フリーターとして働くか、正社員として働くかで、老後の年金収入に大きな差が開きます。

30代フリーターがやばい理由④:世間体が悪く社会的信用もない

30代でフリーターを続けていると、フリーターの世間体の悪さと、社会的な信用のなさを痛感すると思います。

たとえば、同窓会で同級生と集まったときに、「いまは何の仕事をしているの?」という話が絶対に出てきますよね。

30代でもフリーターを続けていることが恥ずかしくて、同級生たちに嘘をついてしまう人も多いです。

また家族や親戚からは、「いつまでフラフラしているんだ!」と冷たい目でみられることもあります。

30代のフリーターは周りからの風当たりが強くて、自己肯定感が下がってしまうため、「自分の居場所がない…」と感じることも多くなります。

30代フリーターがやばい理由⑤:正社員への就職が手遅れになる

転職市場のリアルな情報を伝えると、30代で正社員経験がない人の就職は、かなり難しいです。

フリーターから正社員に就職するなら、若ければ若い方が有利ですが、「28歳まで」に行動するのが理想です。

その理由は、28歳を過ぎると、未経験から応募できる求人が少なくなり、書類選考に通過しにくくなるからです。

ドフラ
たとえば、未経験から応募できる求人数を年齢別にみると、こんな感じです
  • 22歳:79件
  • 23歳:89件
  • 24歳:96件
  • 25歳:110件
  • 26歳:107件
  • 27歳:107件
  • 28歳:105件
  • 29歳:105件
  • 30歳:96件
  • 31歳:86件
  • 32歳:86件
  • 33歳:84件
  • 34歳:82件
  • 35歳:76件
  • 36歳:46件
  • 37歳:46件
  • 38歳:45件
  • 39歳:43件
  • 40歳:40件

この数字をみると、28歳以降で求人数が減っていくのがわかりますよね。

また企業側の立場で考えると、未経験者を1人前の正社員に育てるまでには、多大な時間と労力がかかります。

そのため、できるだけ若い人材に入社してもらって、1年でも長く働いてほしいと考えます。

これが、30代フリーターの就職が難しい理由なのです。

30歳職歴なしは手遅れ?【フリーターが就職できる職種とは?】

30歳職歴なし 手遅れ

30歳で職歴なしのフリーターは、どんな職種に挑戦できるのか?

たとえば、某地方都市エリアの場合、30歳フリーターが採用される可能性のある求人はこちらです。

  • IT企業の営業
  • 派遣会社の営業
  • 商社のルート営業
  • 不動産の営業
  • 携帯ショップの販売職
  • ITエンジニア
  • セキュリティスタッフ
  • 飲食店スタッフ・店長候補
  • タクシードライバー
  • 施工管理
  • 葬儀場のディレクター

ただし、上記の求人には20代の求職者も応募してくるので、30歳フリーターは1秒でも早く行動しておかないと、年齢を理由に不採用になるリスクが高まります。

ぶっちゃけ、30歳のフリーターから正社員に就職したいなら、求人の選り好みをしている場合ではありません。

『正社員に就職すること』を最優先に考えて、とにかく応募できる求人を受けまくりましょう。

どの会社に入社するかは、『複数の内定を獲得できてから』にするべきです。

内定をもらう前から仕事を選んでいては、いつまで経っても就職できませんからね。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する『無料適職診断テスト』を受けるのがおすすめですよ。

30歳フリーターの就職は手遅れ?【失敗する理由は超簡単です】

30歳フリーター 手遅れ

30歳フリーターが自分ひとりで就職活動を始めると、『書類選考がほぼ通らない…』という問題にぶつかります。

実際に書類を応募してみればわかりますが、ほぼ落選します。

これはなぜか?

『30歳』という年齢と『正社員経験なし』という経歴が原因です。

とはいえ、世の中には、たくさんの求人がありますよね。

ハローワークにも、転職サイトにも、求人誌にも、多くの求人が出ています。

では、なぜ多くの求人があるのに、30歳フリーターの書類は落選するのか?

その理由は、世の中にある、未経験者向けの求人のほとんどが『20代を対象にしているからです。

ドフラ
ただし法律規制があるため、求人票には『20代限定の求人』という情報は記載されていません。

採用活動する企業の多くが、社内の選考基準として『30歳以上の未経験者は採用しない』という基準を設定しているのが現実です。

そのため、ハローワークや転職サイトから求人を選ぶと、20代しか受からない企業に応募してしまうリスクが高くなり、書類選考でほぼ落選することに…。

では、30歳のフリーターはどうすればいいのか?

結論をいうと、自分ひとりで就職活動しないで、就職や転職のプロである『転職エージェント』を利用するのがおすすめです。

30歳のフリーターが就職を成功させるためには、自己分析・業界研究・企業研究・ビジネスマナー・書類作成・求人選び・面接対策…など、やるべきことがたくさんあります。

ドフラ
ぶっちゃけ、30歳までフリーターを続けてきた人が、これを自分ひとりでやるのは無理がありますよね…。

そんなときに頼りになるのが、『転職エージェント」です。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアアドバイザーが面談をしてくれて、フリーターから就職するために必要なことを全てやってくれます。

さらに転職エージェントの中には、フリーターから就職したい方向けの『無料就職講座』を用意しているところもあります。

しかも転職エージェントは、無料で全て利用できるので、あなたのリスクはゼロです。

ドフラ
ちなみに僕も転職エージェントを利用したおかげで、フリーターから年収500万円の正社員に就職できました。

ただし、世の中にある大半の転職エージェントは『20代向け』なので、30歳フリーターの方は『30歳でも就職サポートしてもらえる転職エージェント』を選ぶ必要があります。

ここからは、あなたが就職活動で失敗しないように、『30歳フリーターにおすすめの転職エージェント』を紹介しておきますね。

30歳フリーターにおすすめの転職エージェント3選

JAIC:正社員経験なしの30歳フリーターの方

リクルートエージェント:正社員経験ありの30歳フリーターの方

VIEW:無料適職診断テストを受けたい30代の方

上記のとおりです。

JAICは高卒や大学中退の就職に強く、リクルートエージェントとVIEWは大卒以上の転職に強い印象です。

詳しい比較をみていきましょう。

JAICとリクルートエージェントの比較

正社員の経験がない30歳フリーターの場合は、『 JAIC 』を利用して5日間の無料就職講座を受けるのが良いかと思います。

ビジネスマナーや面接対策までしっかりやってもらえるので、自己肯定感が高まり、前向きに就職活動を進められます。

JAICを利用した30代の面接をしたことがありますが、かなりモチベーションが高かったです。

あとは、国内最大手の 【リクルートエージェント】 も登録しておいて損はないと思います。

未経験向けの求人の取り扱いが最大級で、全業界・職種の求人を取り扱っています。

転職支援実績No.1ということもあり、全年代から人気のある転職エージェントです。

JAIC:正社員経験なしの30歳フリーターの就職に強い。5日間の無料就職講座あり。

【リクルートエージェント】 :転職支援実績No.1。各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが在籍。非公開求人21万件以上あり。

VIEWはだれにオススメ?

自分に向いてる仕事が知りたい30代の方は、『VIEW 』を利用して、無料の適職診断テストを受けてみるのが良いと思います。

自分の強みや弱みを客観的なデータで見直した上で、自分に合う企業や職種がわかる点が人気です。

AIを活用した適職診断ということもあり、将来のキャリアプランをシミュレーションしてくれるのも特徴ですね。

VIEW :1分で登録完了。面談&履歴書なしでOK。無料適職診断テストあり。

まとめ:30歳ならまだ間に合います!

以上が、30歳フリーターが就職成功する方法です。

30歳フリーターでも転職エージェントを利用すれば、就職できる確率はグッと高まります。

しかしながら、30歳という年齢が不利なことには変わりません。

そして、ここから31歳、32歳、33歳、34歳…と年齢が高くなるにつれて、どんどん就職が難しくなっていきます。

『就職活動は大変そう…』と思う気持ちもわかりますが、あとになって後悔しても手遅れです。

実際に僕がインタビューした方の中には、30歳を過ぎてもフリーターを続けた結果、アルバイト採用にも受からなくなり、最終的に日雇い労働者まで転落した…という方もいますからね。

フリーターから抜け出したいなら、今から行動して、少しずつ変えるしかありません。

あとは、あなた次第です。

本気で人生やり直したい方は、ぜひこの機会に行動してくださいね。

✔記事で紹介した転職エージェントリスト

JAIC:正社員経験なしの30歳フリーターの就職に強い。5日間の無料就職講座あり。

【リクルートエージェント】 :転職支援実績No.1。各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが在籍。非公開求人21万件以上あり。

VIEW :1分で登録完了。面談&履歴書なしでOK。無料適職診断テストあり。