30代 フリーター やばい

「30代のフリーターってヤバいのかな…」
「30代でも正社員に就職できるかな…」
「30代以降もフリーターを続けると、どうなるんだろう?」

このような疑問を抱いている方に向けて、この記事を書いています。

人生は人それぞれなので、フリーターが良いとか悪いとかの話ではありません。

少なくとも、この記事を読んでいるあなたは、「30代でフリーターのままだとやばい…」と思っていることでしょう。

結論からいうと、30代で正社員経験のないフリーターのままだと、40代以降の人生が詰みます。

ドフラ
こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代30代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

この記事では、『30代でフリーターだとやばい理由』から『30代のフリーターから抜け出す方法』までを解説しています。

この記事を読めば、30代フリーターから人生やり直すための具体的な方法が、わかるようになります。

3分で読める内容なので、それではいきましょう。

『今すぐにフリーターから正社員に就職したい!』という方は、30代でも利用できる就職エージェント『JAIC(ジェイック)』に登録するほうが早いかもです。
JAIC

30代でフリーターはやばい理由【終わってる?手遅れ?どうなる?】

30代 フリーター やばい

30代のフリーターがやばい理由は、こちらの5つです。

  • 不動産の賃貸契約ができない
  • クレジットカードの審査が通らない
  • 年金や保険の負担がきつい
  • 世間体が悪く、社会的信用もない
  • 時間が経つほど就職が難しくなる

何となくフリーターを続けている人は多いですが、正社員への就職を考えているなら、とにかく早く行動した方がいいです。

ただでさえ、フリーターの就職は難しいのに、それに加えて30代という年齢が重なってしまうと、正社員への就職はかなり遠くなります。

ここからは、30代でフリーターだとやばい理由5つを、それぞれ解説していきます。

フリーターは不動産の賃貸契約ができない

フリーターは信用がないため、マンションやアパートを借りたくても、賃貸契約の審査で落ちやすいです。

保証人を立てないと借りれない物件も多く、親が若ければいいですが、30代のフリーターの親は退職している場合があり、保証人に認められないこともあります。

親がダメなら別の保証人を立てればいいのですが、30代にもなって、友人や知人に保証人をお願いするのは恥ずかしいですよね。

たとえ本人が恥ずかしくなくても、信用のなさから、頼まれた側はすんなりOKしてくれないので、30代のフリーターが新しく不動産の賃貸契約を結ぶのは難しいです。

フリーターはクレジットカードの審査が通らない

フリーターは社会的な信用がないので、クレジットカードの審査が通りにくいです。

フリーターは正社員と違って、いつ仕事を辞めるか分からないと思われており、毎月の支払い能力に不安があると判断されます。

高額な商品を買いたいときや、ネットから商品を買いたいときに、クレジットカード払いができないのは何かと不便です。

普通の正社員なら、大体クレジットカードの審査は通ります。

30代までフリーターだと年金や保険の負担がきつい

フリーターと正社員の大きな違いに、「厚生年金保険に加入できるかどうか」があります。

日本の年金制度では、フリーターでも正社員でも、国に保険料を支払わなければいけません。

フリーターは国民年金にしか加入できませんが、正社員は国民年金に加えて厚生年金にも加入できます(しかも保険料は会社と折半です)。

このように正社員には、保険料を会社と折半できて、老後にもらえる年金が多くなる、というメリットがあるのです。

20歳~40歳までを、フリーターとして働くか、正社員として働くかで、老後の年金収入に大きな差が開きます。

30代フリーターは世間体が悪く、社会的信用もない

30代でフリーターを続けていると、フリーターの世間体の悪さと、社会的な信用のなさを痛感すると思います。

たとえば、同窓会で同級生と集まったときに、「いまは何の仕事をしているの?」という話が絶対に出てきますよね。

30代でもフリーターを続けていることが恥ずかしくて、同級生たちに嘘をついてしまう人も多いです。

また家族や親戚からは、「いつまでフラフラしているんだ!」と冷たい目でみられることもあります。

30代のフリーターは周りからの風当たりが強くて、自己肯定感が下がってしまうため、「自分の居場所がない…」と感じることも多くなります。

30代フリーターは就職が難しい!手遅れになることも…

30代 フリーター やばい

転職市場のリアルな情報を伝えると、30代で正社員経験がない人の就職は、かなり難しいです。

フリーターから正社員に就職するなら、若ければ若い方が有利ですが、「28歳まで」に行動するのが理想です。

その理由は、28歳を過ぎると、未経験から応募できる求人が少なくなり、書類選考に通過しにくくなるからです。

ドフラ
たとえば、未経験から応募できる求人数を年齢別にみると、こんな感じです
  • 22歳:79件
  • 23歳:89件
  • 24歳:96件
  • 25歳:110件
  • 26歳:107件
  • 27歳:107件
  • 28歳:105件
  • 29歳:105件
  • 30歳:96件
  • 31歳:86件
  • 32歳:86件
  • 33歳:84件
  • 34歳:82件
  • 35歳:76件
  • 36歳:46件
  • 37歳:46件
  • 38歳:45件
  • 39歳:43件
  • 40歳:40件

この数字をみると、28歳以降で求人数が減っていくのがわかりますよね。

また企業側の立場で考えると、未経験者を1人前の正社員に育てるまでには、多大な時間と労力がかかります。

そのため、できるだけ若い人材に入社してもらって、1年でも長く働いてほしいと考えます。

これが、30代フリーターの就職が難しい理由なのです。

30代フリーターでも採用される職種とは?

30代 フリーター やばい

30代のフリーターでも採用される職種とは、どのような仕事でしょうか?

たとえば、某地方都市エリアで、30代のフリーターが採用される可能性のある求人はこちらです。

  • IT企業の営業
  • 派遣会社の営業
  • 商社のルート営業
  • 不動産の営業
  • 携帯ショップの販売職
  • ITエンジニア
  • セキュリティスタッフ
  • 飲食店スタッフ・店長候補
  • タクシードライバー
  • 施工管理
  • 葬儀場のディレクター

ただし、これらの職種は30代でも応募できますが、求人によっては『35歳以上』だと書類選考が通らないことも多い…。

そのため同じ30代でも、30代前半の方が就職活動は圧倒的に有利です。

僕の経験からいうと、36歳以上になると、書類選考が通らない求人が一気に増えていく印象ですね。

これは当たり前の話ですが、30代のフリーターから正社員に就職したいなら、求人の選り好みをしている場合ではありません。

最優先事項を「正社員に就職すること」に設定して、とにかく応募できる求人を受けまくりましょう。

どの会社に入社するかは、複数の内定を獲得できてからにしてください。

内定をもらう前から、仕事を選んでいては、いつまで経っても就職できません。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する無料適職診断テストを受けるのがおすすめですよ。

30代フリーターが就職活動で失敗しない方法とは?

30代 フリーター やばい

30代で正社員経験がない方は、就職活動の経験もほぼないと思うので、自分ひとりで就職活動するのではなく、『就職エージェント』を利用するのがおすすめです。

ただし、世の中にある大半の就職エージェントは『20代向け』なので、30代フリーターの方は就職エージェントを慎重に選ぶ必要があります。

とはいえ、『どうやって30代フリーター向けの就職エージェントを探せばいいの?』って感じですよね。

結論をいうと、30代フリーターが利用するべき就職エージェントは『JAIC(ジェイック)』の一択かと。

ほとんどの就職エージェントが『29歳まで』を対象としている中で、JAICは『39歳まで』を対象として就職サポートをしており、さらに『30代向けの就職講座』を用意しているほどの手厚さです。

ですから、30代フリーターで正社員に就職したいと思っている方は、とりあえずJAICに登録するのがおすすめかと。すべて無料で利用できるので、あなたのリスクはゼロですよ。
JAIC