求職者
工場勤務から転職を検討している人「工場勤務を続けているけど将来が心配になってきた。やっぱり工場勤務は底辺なんだろうか…?」

この疑問に答えます。

結論からいうと、工場勤務は底辺の仕事です。 基本的にはライン作業なのでスキルが身につきませんし、将来的に仕事がなくなるリスクが高いです。

キャリアアドバイザーの目線から意見をいうと、工場勤務の期間が長い人ほどキャリアチェンジは難しくなります。

この理由はコミュニケーション能力が圧倒的に低いからです。

ライン作業の場合、ずっと同じ場所で、ずっと同じ作業をくり返しているわけですから、人と会話をする時間がほとんどありません。

工場勤務の人はビジネスで必要な会話のコミュニケーションやメール対応などの経験が著しく少ないので、転職市場では「ビジネスマナーができない人」という扱いを受けます。

中途社員を募集する企業側は、できるだけ入社後に労力をかけたくないので、最低限のビジネスマナーすら身に付けていない人材を採用したがらないのです。

つまり、工場勤務の人は転職市場で不利になりやすいということです。

✔記事の信頼性

記事を書いている僕は26歳まで、年収200万円のフリーターでした。その後、転職して正社員になり、年収500万円を稼げるようになりました。
現在はキャリアアドバイザーとして、20代向けに転職サポートをしています。

今回は「工場勤務が底辺な理由」について解説していきたいと思います。3分で読める内容なので、それでは行きましょう。

スポンサーリンク

工場勤務が底辺な理由【将来性がないから仕事を失うリスクは高い】

工場勤務 底辺

「このまま工場勤務を続けていても大丈夫だろうか?全然スキルも身につかないし…」

このような方向けの記事です。

結論をいうと、工場勤務は底辺を代表する仕事です。

その理由は以下のとおりです。

工場勤務が底辺になる3つの理由
  • 工場勤務はコミュニケーション力が身につかない
  • 工場勤務を何年続けてもスキルが身につかない
  • 工場勤務の人に将来性がない

工場勤務が底辺になる理由は大きくこの3つです。

僕は転職エージェントでキャリアアドバイザーをやっていますが、工場勤務の人たちは、人材の市場価値でみると、かなり底辺だと思います。

工場勤務の人には、真面目で誠実な人が多い印象です。

しかし、転職の面談をしていると、コミュニケーション能力の低さを痛感します。

特に「自己PR」「長所」「前職で身に付けたこと」などの質問をすると、黙り込んでしまう人が多いです。

最初は僕も「なんで黙り込んでしまうだろう?」と思っていましたが、これには原因があります。

それは工場勤務をしていると、毎日同じことをくり返しているだけなので、アピールできることが何もないからです。

アピールできることがない人は、人材としての市場価値がめちゃくちゃ低いので、キャリアチェンジはかなり難しいです。

ここからは「工場勤務が底辺になる3つの理由」をそれぞれ解説していきます。

工場勤務が底辺な理由はコミュニケーション能力が身につかないから

工場勤務が底辺になる1番の理由は「コミュニケーション能力が身につかないこと」です。

キャリアチェンジをする上で、コミュニケーション能力がないことは致命的です。

なぜなら、キャリアチェンジということは、前職の経験の多くが活かせないので、どんな仕事にも共通するスキルでアピールする必要があるからです。

そうなってくると、コミュニケーション能力くらいしかアピールできないんですよね。

僕は工場勤務の転職希望者とも面談をするのですが、質疑応答に対してのコミュニケーションが取れない人が、かなり多いです。

そのままの状態では、絶対に面接で落選するようなレベルです。

このような人たちは、面接対策にどれだけの時間をつかっても、面接本番でうまくいかずに落選してしまうので、転職を成功させるのはかなり厳しいです。

工場勤務からでも転職を成功させやすい人の特徴は、前職や学生時代のアルバイトで接客経験がある人たちです。

ですから、将来転職を考えている工場勤務の人は、1日でも早く転職活動を始めたほうがいいと思います。

そうしないと、どんどんコミュニケーションが取れない人間から抜け出せなくなります。

【関連記事】
職業選択を間違えると低所得者から一生抜け出せない

工場勤務を何年続けてもスキルが身につかない

工場勤務 底辺

残念ながら、工場勤務は何年続けても、スキルが身につきません。

つまり、10年目の工場勤務の人でも、1年目の工場勤務の人でも、できることが同じだということです。

工場勤務の仕事は、与えられた場所で、与えられた作業のみを、1日中ひたすらやり続けるという仕事です。

この経験で身につくのは「ちょっと作業時間が速くなった」くらいのことです。

僕が面談で工場勤務の人に「前職で身に付けたスキルはありますか?」と質問すると、以下のような回答が返ってきます。

工場勤務で身に付けたスキル
  • 一つのことに集中して作業できること
  • 正確に作業を続けられること
  • 作業時間を少しだけ短縮できたこと

だいたいこんな感じですね。

採用担当の人が、この自己アピールを聴いたら、どう思うでしょうか?

「当たり前のことすぎる」「一つのことしかできないのか」「応用力がなさそうだな」と思われて、不採用になる可能性が高いです。

工場勤務の人が、何もスキルを身に付けていないのは、100%本人の責任というわけではありません。

工場勤務の中で、スキルを身に付けようとするのが、無理な話なのです。

誰でもできるように構築された、システムの一つの工程をただやり続けるという役割の中で、身に付くものはほとんどありません。

そもそも工場勤務とは、そういう仕事なのです。

「自分にスキルを身に付けたい」と思っている人は、絶対に工場勤務を選ぶべきではありません。

【関連記事】
派遣社員は文句ばかり!【無能で使えない人たちの人生】
底辺層の生活から抜け出したいなら底辺の人とは付き合うな!

工場勤務の人に将来性がない理由

工場勤務 底辺

残念ながら、工場勤務の人には将来性がありません。

「AIやロボットの導入によって、そのうち工場勤務の仕事がなくなる」とは、よくいわれていることです。

確かに2~3年後という短いスパンでみると、工場勤務の仕事がなくなることは考えにくいです。

しかし、5年、10年という長いスパンで考えると、工場勤務の仕事がなくなるというのは、現実味を帯びてきます。

AIやロボットが最も得意とするのは「単純作業」です。

将来的には「正解が決まっている作業」は、すべてAIやロボットに置き換わっていくことが予想されます。

ですから、仮に工場勤務の仕事がなくなったときに、「選べる転職先があるか?」が重要になります。

先ほども伝えたように、工場勤務を続けている限り、何もスキルが身に付きません。

年齢が20代であれば、未経験からでも、ある程度は転職先を選ぶことができます。

しかし、30代以上になると、企業側も教育コストを考えて、採用に躊躇するようになります。

つまり、30代で工場勤務の経験しかないと、将来的に仕事を失うリスクが高いということです。

ですから、将来仕事を失うリスクを避けるためにも、20代のうちに工場勤務以外のキャリアを積んでおくのがおすすめなのです。

【関連記事】
倉庫作業員の将来性がない理由【仕事を失うリスクが高い】

スポンサーリンク

工場勤務を選ぶ人の5つの特徴

僕が面談した求職者の中で、工場勤務を選ぶ人には特徴があります。

その特徴は以下のとおりです。

工場勤務を選ぶ人の5特徴
  • 目先の楽な仕事しかみていない
  • 人と会話をすることが極端に苦手
  • 簡単に入社できたから工場に決めた
  • 何事も自分で考えるのが苦手
  • 将来のことを真剣に考えていない

こんな感じですね。

「とにかく楽をしたい」「必要なお金さえ稼げればいい」という感じで、自分の仕事のことを真剣に考えていない人が多い印象です。

20代前半までは、このような考えでも、何となくやっていけます。

しかし、工場勤務の人たちが焦り出すのは、20代後半に入る時期です。

まわりの友達が工場勤務以外の仕事で高年収を稼ぐようになっていたり、家族の視線が厳しくなってきたり、自分でも少しは将来のことを考えるようになったり…。

これらの要因によって、「工場勤務を続けていてはマズいのではないか?」と思うようになります。

ここでの大きな問題は、ほかの業界や職種に転職しようと思っても、アピールできる経験やスキルがないことです。

年齢が高ければ高いほど、転職は困難になりますので、「もっと早く転職活動しておけばよかった…」と後悔することになります。

こうならないためにも、20代前半のうちにキャリアチェンジしておくのが安全です。

【関連記事】
底辺労働者が悲惨な現実から抜け出せない理由

工場勤務から挑戦できる転職先とは?

工場勤務 底辺

では、工場勤務の人たちは、どのような転職先にキャリアチェンジできるのでしょうか?

本人が持っているポテンシャルにもよりますが、僕の経験だと以下のような職種に転職することは可能です。

工場勤務からの転職先
  • 大手セキュリティ会社の総合職
  • ベンチャー企業の法人営業
  • IT企業の法人営業
  • WEB業界の法人営業
  • 精密機械メーカーの法人営業
  • 印刷会社の法人営業
  • 建築業界の商社の法人営業
  • 不動産賃貸の営業
  • 大手タクシードライバー
  • 大手携帯ショップの販売スタッフ

これは一例ですが、頑張ればこんな感じでキャリアチェンジすることができます。

この一覧をみて、気づいたかもしれませんが、営業職が多いですよね?

実は転職市場に出回っている求人のうち7割~8割が「営業職の求人」なのです。

つまり、営業職の求人であれば、未経験からでも採用してくれる企業は多いということです。

さらにその後も営業経験があれば、転職先の選択肢の幅が広がります。

営業から営業への転職はもちろん、営業からマーケティング、営業から商品企画など、営業で身に付けた基本的なビジネススキルは様々なキャリアに応用ができます。

いまは人生100年時代といわれており、一つの会社で働き続けられるかどうかも不安定な時代です。

「将来転職しやすいように自分にスキルを身に付けておくこと」は長期的にみたときに自分に安定をもたらしてくれます。

もっといえば、将来起業して自分のビジネスをもつことができれば、それが1番の安定になります。

「将来起業するためのスキルを身に付けるために転職する」というのが
正しい転職先の選び方だと僕は思います。

ここまでの内容をしっかり考えていただき、工場勤務を続けるかどうかを検討してみてくださいね。

【関連記事】
年収300万円だと底辺になる理由【キャリアアドバイザーが解説】
派遣社員の手取りがヤバイ!?【給料が底辺すぎる理由】

スポンサーリンク

工場勤務が底辺な理由【まとめ】

最後に「工場勤務が底辺な理由」をまとめておきます。

  • 工場勤務はコミュニケーション力が身につかない
  • 工場勤務を何年続けてもスキルが身につかない
  • 工場勤務の人に将来性がない

目先のことだけ考えると、工場勤務は楽ですし、そこそこお金も稼げます。

しかし、長期的に自分の将来を考えると、仕事を失うなどのリスクがあります。

僕はキャリアアドバイザーですが、工場勤務の人たちのキャリアチェンジはなかなか大変な印象です。

特にコミュニケーション能力が低いと、異業種や異職種への転職がめちゃくちゃ難しくなります。

将来に不安を感じている工場勤務の人は、1日でも早く転職活動をスタートしたほうがいいと思いますよ。

スポンサーリンク