工場勤務 底辺
工場勤務から転職を検討している人「工場勤務を続けているけど将来が心配になってきた。やっぱり工場勤務は底辺なんだろうか…?」

この疑問に答えます。

結論からいうと、世の中的には『工場勤務=底辺の仕事』というイメージを持たれやすいです。

なぜなら、工場勤務は基本的にライン作業なのでスキルが身につきませんし、将来的に仕事がなくなるリスクも高いからです。

さらに、工場勤務の期間が長い人ほど、キャリアチェンジも難しくなります…。

この理由は、コミュニケーション能力が身につかないからです。

ライン作業の場合、ずっと同じ場所で、ずっと同じ作業をくり返しているわけですから、人と会話をする時間がほとんどありません。

工場勤務の人はビジネスで必要な会話のコミュニケーションやメール対応などの経験が少ないので、転職市場では「ビジネスマナーができない人」という印象を持たれやすいです。

中途社員を募集する企業側は、できるだけ入社後に労力をかけたくないので、最低限のビジネスマナーを身につけている人材を採用したいと考えます。

そのため、工場勤務の人は転職市場で不利になりやすい…です。

ドフラ
こんにちは。元倉庫作業員のドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計985名の方にインタビューしてきたので、工場勤務で働く人のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、僕が実際に話を聞いた、元工場勤務の方の体験談をもとに「工場勤務が底辺な理由」から「工場勤務から異業種への転職で失敗しない方法』までを解説していきたいと思います。

この記事を読めば、工場勤務が底辺になる理由を理解した上で、今すぐに工場勤務を辞めるべきかを判断できるようになります。

それでは、さっそく見ていきましょう〜。

『今すぐに工場勤務から転職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

工場勤務が底辺になる理由【将来性がない?スキル身につかない?】

工場勤務 底辺

「このまま工場勤務を続けていても大丈夫だろうか?全然スキルも身につかないし…」

このような悩みもありますよね。

結論をいうと、工場勤務が底辺といわれる理由は以下のとおり。

  • 工場勤務はコミュニケーション力が身につかない
  • 工場勤務を何年続けてもスキルが身につかない
  • 工場勤務の人に将来性がない

工場勤務が底辺になる理由は、大きくこの3つです。

ぶっちゃけてしまうと、工場勤務の人たちは、人材の市場価値でみると、かなり底辺だと思います。

工場勤務の人には、真面目で誠実な人が多い印象です。

しかし転職の面接になると、コミュニケーション能力の低さが目立ってしまいます。

ドフラ
面接で『自己PR・長所・前職で身に付けたこと』を質問されたときに黙り込んでしまう人が多いです…。

では、なぜ黙り込んでしまうのか?

それは工場勤務をしていると、毎日同じことをくり返しているだけなので、アピールできることが何もないからです。

アピールできることがない人は、人材としての市場価値がめちゃくちゃ低いので、キャリアチェンジはかなり難しいです。

ここからは「工場勤務が底辺になる3つの理由」をそれぞれ解説していきます。

工場勤務が底辺な理由はコミュニケーション能力が身につかないから

工場勤務 底辺

工場勤務が底辺になる1番の理由は「コミュニケーション能力が身につかないから」です。

キャリアチェンジをする上で、コミュニケーション能力がないことは致命的です。

なぜなら、キャリアチェンジでは前職の経験をそのまま活かせないので、どんな仕事にも共通するスキルでアピールする必要があるからです。

そうなってくると、コミュニケーション能力くらいしかアピールできないんですよね。

ドフラ
ぶっちゃけ工場勤務の経験しかない人は、コミュニケーション能力がほぼ身についていません…。

ちなみに僕も26歳まで倉庫作業員だったので、そのままの状態で転職活動をした結果、30社に応募して内定ゼロ…という恥ずかしい失敗をしています。

僕の場合は転職エージェントを利用して、ビジネスマナーを学べる研修を受けたり、担当アドバイザーに面接練習を何度もやってもらったおかげで、なんとか面接を乗り越えられました。

学生時代にアルバイトで接客経験がある人なら、工場勤務からでも転職を成功させやすいと思いますが、僕のようにコミュニケーションに自信のない方は、面接に慣れるまでに時間がかかると思います。

ですから、将来的に工場勤務から転職を考えている方は、今すぐに行動しておくのが安全ですよ。

そうしないと、いつまで経っても工場勤務から抜け出せませんからね。

ドフラ
ちなみに僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円のIT企業に転職できましたよ。

工場勤務はスキルが身につかない!何年続けても同じです…

工場勤務 スキル身につかない

残念ながら、工場勤務は何年続けても、スキルが身につきません。

つまり、10年目の工場勤務の人でも、1年目の工場勤務の人でも、できることが同じだということです。

工場勤務の仕事は、与えられた場所で、与えられた作業のみを、1日中ひたすらやり続けるという仕事です。

この経験で身につくのは「ちょっと作業時間が速くなった」くらいのことです。

工場勤務の人に「前職で身に付けたスキルはありますか?」と質問すると、以下のような回答が返ってきます。

  • 正確に作業を続けられること
  • 作業時間を少しだけ短縮できたこと
  • 一つのことに集中して作業できること

だいたいこんな感じですね。

採用担当の人が、この自己アピールを聴いたら、どう思うでしょうか?

「当たり前のことすぎる…」
「一つのことしかできないのか…」
「応用力がなさそうだな…」

このように思われて、不採用になる可能性が高いです。

ただし、工場勤務の人が何もスキルを身に付けていないのは、100%本人の責任というわけではありません。

工場勤務でスキルを身に付けようとするのが、無理な話なのです。

『誰でもできるように構築されたシステムの中で、一つの工程をただやり続ける』という役割では何も身につかないのは当然です。

そもそも工場勤務とは、そういう仕事なのです。

自分にスキルを身に付けたいなら、工場勤務から転職するしかありません。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する『無料適職診断テスト』を受けるのがおすすめですよ。

工場勤務は将来性がない!【製造業に未来がないといわれる理由】

工場勤務 底辺

残念ながら、工場勤務の人には将来性がありません。

「AIやロボットの導入によって、そのうち工場勤務の仕事がなくなる」とは、よくいわれていることです。

確かに2〜3年後という短いスパンでみると、工場勤務の仕事がなくなることは考えにくいです。

しかし、5年10年という長いスパンで考えると、工場勤務の仕事がなくなるというのは、現実味を帯びてきます。

AIやロボットが最も得意とするのは「単純作業」です。

将来的には「正解が決まっている作業」は、すべてAIやロボットに置き換わっていくことが予想されます。

ですから、仮に工場勤務の仕事がなくなったときに、「選べる転職先があるか?」が重要になります。

先ほども伝えたように、工場勤務を続けている限り、何もスキルが身に付きません。

年齢が20代であれば、未経験からでも、ある程度は転職先を選ぶことができます。

ただし、年齢が上がるほど書類選考が通りにくくなるので、できるだけ早めに行動したほうがいいです。

年収や自分の将来性を考えたときに、どこで働くかはめちゃくちゃ大事ですよ。

工場勤務が底辺だと思った体験談【元工場勤務の20代男性10名の実体験】

工場勤務 底辺

ここからは、実際に僕が元工場勤務の方にインタビューした、『工場勤務が底辺だと思った体験談』を紹介していきます。

下記は、工場勤務の仕事にやりがいがないことを底辺だと思った、3名の体験談です。

竹山祐之さん(27歳男性・仮名)
現場によって良い人もいますが、問題がある人もよくいて、運が悪いと孤立してしまいます。毎日同じ仕事のくり返しでしたし、やりがいがあるとは思えませんでした…。

松本大吾さん(23歳男性・仮名)
自分の意見を発言しにくい環境だったため、伸び伸びと自分の考えを主張できる職場で働きたいと思いました。単純労働でスキルも身につかないので、ほかの仕事に挑戦するために工場を辞めました。

武田和哉さん(24歳男性・仮名)
製造業なので当たり前かもしれませんが、毎日同じことのくり返しで、ただ時間が過ぎていくのを待つ生活に嫌気が差しました。仕事をとおして成長や変化を感じられず、自分には無理でした…。

下記は、工場勤務の交代勤務や肉体労働が底辺だと思った、5名の体験談です。

木村壘さん(26歳男性・仮名)
自分の担当ラインが終わった後も何かしらの残業をさせられますし、休日出勤も多かったのでプライベートが充実しなかったです。単純作業ばかり・油のにおいがきつい・汚れる・やりがいを感じない・交代勤務がある…というのも工場を辞めた理由です。

高坂直也さん(21歳男性・仮名)
夜勤がある日は帰宅時間が深夜3時過ぎになるのですが、帰宅後もなかなか寝付けず、体の疲れが取れませんでした。もうこれ以上、三交代制で働き続けるのはきついと思いました…。

川野貴雄さん(23歳男性・仮名)
2交代制が想像以上にきつかったです。夜勤のない部署がなく、定年間近の社員もほとんど夜勤をやっているため、2交代制から抜け出すのは難しいと判断して辞めました…。

太田圭介さん(27歳男性・仮名)
ラインスピードの速さがやばい部署に配属され、少しでも無駄な動きをすると間に合わないような環境でした。残業時間も60時間を超えていたので、自分にはもう限界だと判断しました…。

三浦春樹さん(25歳男性・仮名)
自分の職場は常に生産に追われている高負荷の部署だったため、どれだけ一生懸命やっても、少しの隙を見せるだけで、すぐに詰められるような環境でした。かなり過酷な体力仕事なので、歳をとったらできないと思いました…。

下記は、工場勤務の給料の安さが底辺だと思った、2名の体験談です。

野村翔平さん(26歳男性・仮名)
夜勤や残業がないとやっていけないほど給料が安く、残業するかどうかを自分で選べるわけでもありません。会社の業績悪化でボーナスを20万円も削られている人もいたので、所帯持ちになると生活が厳しいと思いました…。

伊藤智也さん(28歳男性・仮名)
5年ぐらい経たないと基本給が大幅に上がらないので、給料に不満がありました。給料が低いにも関わらず、職場環境の悪い部署に配属されると、毎日が虚しくなります…。

上記のとおり、工場勤務の方が仕事を辞める理由には『仕事にやりがいを感じない』『工場勤務の将来性が不安』『二交代制や三交代制がきつい』『肉体労働を続ける自信がない』『給料が安い』などが多いですね。

工場勤務は底辺で将来性もない?【20代後半が焦り始める理由】

工場勤務 将来 不安

では、なぜ多くの方が、工場勤務の仕事を選ぶのでしょうか?

工場勤務を選ぶ人の特徴は、次のとおり。

  • 何ごとも自分で考えるのが苦手
  • 人と会話をすることが極端に苦手
  • 将来のことを真剣に考えていない
  • 簡単に入社できたから工場に決めた
  • 今が楽ならそれでいいと思っている

こんな感じですね。

「とにかく楽をしたい」「必要なお金さえ稼げればいい」という感じで、自分の仕事のことを真剣に考えていない人が多い印象です。

20代前半までは、それでも何とかやっていけます。

しかし、20代後半に入ると、工場勤務の人の多くが焦り始めます。

  • 家族の視線が厳しくなってくる
  • 年齢的に将来のことを真剣に考え始める
  • まわりの友達が工場以外の仕事で高年収を稼ぐようになる

これらがきっかけで、「工場勤務を続けていてはマズいのではないか?」と迷うようになります。

ちなみに、20代で工場勤務を辞めた綾瀬浩二さん(29歳男性・仮名)は、工場からIT企業に転職した結果、給料が年収600万円まで上がりました。

これは数ある人生のサンプルの一つですが、特に「IT業界」なら高卒でも高収入を狙えるので、転職できればラッキーですよね。

『工場勤務は底辺で将来性がない…』と思うなら、とりあえず行動してみるのがおすすめですよ。

あなたが行動しない限り、あなたのきつい生活は変わりませんからね。

工場勤務の将来に不安を感じる20代は手遅れになる前に行動しよう!

工場勤務 将来 不安

『工場勤務は底辺、将来も不安だから辞めたい…』

このように思う方は、今すぐに工場勤務から転職しないと、後悔します。

なぜなら工場勤務から異業種に転職するなら、20代の若いうちじゃないと難しいからです

とはいえ、『どうやって工場勤務から転職すればいいの?』という方もいますよね。

世の中的には、工場勤務からの転職は難しいというイメージが強いので、なかなか行動できない人も多いのだと思います。

では、本当に工場勤務からの転職は難しいのでしょうか?

結論からいうと、たしかに工場勤務からの転職は簡単ではありませんが、転職活動のやり方を間違えなければ、工場勤務からでも転職できます。

具体的には『転職エージェントを利用する』という選択ですね。

特に工場勤務から異業種に転職したい方に対して、手厚くサポートしてくれるような転職エージェントを選ぶと、転職の成功率はグッと高まります。

世の中には『経験者の転職に強いエージェント』と『未経験者の転職に強いエージェント』があり、ここを選び間違えると失敗するので、注意が必要です。

工場勤務から異業種に転職したい方が登録すべきなのは、『未経験者の転職に強いエージェント』ですね。

転職エージェントに登録すれば、自己分析・求人選び・書類作成・面接対策まで全部やってくれるので、めちゃくちゃ楽に転職活動を進めていけますよ。

とりあえず迷ったら、転職エージェントに登録してみるのが安全ですね。

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円のIT企業に転職できましたよ。

工場勤務から転職できる職種は?【未経験でも採用してもらえる仕事10選】

工場勤務 底辺

では、工場勤務の人たちは、どのような転職先にキャリアチェンジできるのでしょうか?

本人が持っているポテンシャルにもよりますが、実際に僕がインタビューした元工場勤務の方は、以下の職種に工場から転職していました。

  • IT企業の法人営業
  • WEB業界の法人営業
  • ベンチャー企業の法人営業
  • 精密機械メーカーの法人営業
  • 印刷会社の法人営業
  • 建築業界の商社の法人営業
  • 大手セキュリティ会社の総合職
  • 不動産賃貸の営業
  • 大手タクシードライバー
  • 大手携帯ショップの販売スタッフ

これは一例ですが、頑張ればこんな感じでキャリアチェンジすることができます。

この一覧をみて、気づいたかもしれませんが、営業職が多いですよね?

実は転職市場に出回っている求人のうち7割~8割が「営業職の求人」なのです。

つまり、営業職の求人であれば、未経験からでも採用してくれる企業は多いということです。

さらに、その後も営業経験があれば、転職先の選択肢の幅が広がります。

営業から営業への転職はもちろん、営業からマーケティング、営業から商品企画など、営業で身に付けた基本的なビジネススキルは様々なキャリアに応用ができます。

いまは人生100年時代といわれており、一つの会社で働き続けられるかどうかも不安定な時代です。

将来転職しやすいように、個人のスキルを身に付けておくことは、長期的にみると自分に安定をもたらしてくれます。

ですから、『どこでもやっていける人材になるために転職する』というのが、正しい転職先の選び方だということです。

今後の将来に不安を感じている方は、このタイミングで将来のキャリアについて考えてみてはいかがでしょうか?

ドフラ
『何の仕事がしたいかわからない…』という20代の方は、以下の記事が参考になりますよ。

工場勤務が底辺になる理由【まとめ】

最後に「工場勤務が底辺な理由」をまとめておきます。

  • 工場勤務はコミュニケーション力が身につかない
  • 工場勤務を何年続けてもスキルが身につかない
  • 工場勤務の人に将来性がない

目先のことだけ考えると、工場勤務は楽ですし、そこそこお金も稼げます。

しかし、長期的に自分の将来を考えると、仕事を失うなどのリスクがあります。

工場勤務から異業種への転職に不安を感じるかもしれませんが、世の中には工場から転職して年収アップやスキルアップに成功している人はたくさんいます。

実際に20代で工場勤務を辞めた綾瀬浩二さん(29歳男性・仮名)は、工場からIT企業に転職した結果、『年収290万円の工場勤務』→『年収600万円のIT企業役員』という人生に移動することができました。

これは数ある人生のサンプルの一つですが、一番伝えたいのは『20代なら絶対に人生やり直せる』ということです。

工場勤務から転職して新しい未来を手に入れるか、そのまま工場勤務の労働環境に耐え続けるか…。

人によって価値観はちがうので、どちらを選んでもOKです。

あとは、あなた次第。

今から行動して、あなたの理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
工場勤務から転職で失敗したくない方は、以下の記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。