底辺じゃない仕事

「学歴はないけど稼げる仕事に就きたい」
「学歴がない人向けの仕事が知りたい」
「学歴がない状態から人生を逆転したい」

このような方向けの記事です。

「自分は学歴がないから…」という理由で人生を諦めてしまっている人は多いです。

しかし学歴がなくても、底辺から人生を逆転させる方法はあります。

結論からいうと、学歴がないならベンチャー企業の営業職を選ぶのがおすすめです。

その理由はベンチャー企業の中途採用では、学歴よりもポテンシャルで採用されることが多いからです。

ドフラ
こんにちは。元フリーターのドフラです。

この記事を書いている僕は、26歳まで年収200万円の底辺フリーターとして生きていました。その後転職してベンチャー企業の営業職になり、年収500万円まで増やすことができました。

つまり学歴や社会人経験がなくても、年収500万円くらいなら実現できるということです。

今回は「学歴がない人が選ぶべき仕事」について解説していきたいと思います。

学歴がない人が選ぶべき仕事とは?【底辺じゃない仕事を教えます】

一般的に「学歴がない」と言われる人たちの最終学歴は、中卒・高卒・専門卒・短大卒などです。

たしかに世の中には、大卒以上しか応募できない求人があります。

求人票の応募条件に「大卒以上」と書かれたものですね。

このような会社は、大卒以上じゃないと入ることはできません。

また中途採用はやっておれず、大学生の新卒しか採用していない会社もありますので、学歴がない人はこのような会社も選べません。

学歴がない人が選べる求人は応募条件に「学歴不問」「高卒以上」「専門卒以上」などと記載されている求人です。

ですから学歴がない人は、専門職への応募もできないということになります。

では学歴がない人は、どのような仕事を選べばいいのでしょうか?

それは「営業職」です。

学歴がない人が選ぶべき仕事は営業職です

学歴がない人が選ぶべき仕事は「営業職」です。

営業職の求人には、スキルなし・知識なし・未経験の状態から応募できるものがたくさんあります。

転職市場に出ている7割以上の求人が「営業職」だといわれていますので、営業職なら学歴がなくても採用される確率が高くなります。

ただし全ての営業職に応募できるわけではなく、「大卒以上」という応募基準を設けている会社もありますので、それ以外ということになります。

「自分は学歴がないから、スーツを着てやる仕事なんて、できないんじゃないか…」

このように考える学歴がない人たちは多く、倉庫作業や建築現場、ドライバーなどの仕事を選ぶ傾向が強いです。

それらの仕事が悪いわけではありませんが、年収500万円を目指そうと思うと、ほぼ無理です。

身体を動かして作業する仕事は、従業員一人が生み出せる利益に上限があるので、最低限の賃金しかもらえないのです。

お金を稼ぎたいと思うなら、身体よりも頭を動かす仕事を選ぶ必要があります。

その最適な仕事が「営業職」なのです。

学歴がない人でも営業職なら人生を逆転させられる

底辺じゃない仕事

学歴がない人でも、営業職なら底辺の人生から逆転できます。

先ほど紹介した倉庫作業員や建築現場などの仕事だと、20代正社員の平均年収は250~300万円になります。

この年収のままでは、結婚して家族を養うことはできません。ひとり暮らしをすると、かなりの極貧生活を強いられることになります。

「一生、実家暮らしでいい」という方なら、これくらいの年収でも十分かもしれません。

しかしこのままでは、人生を逆転できるレベルには到底及びません。

営業マンは生み出せる利益の上限が決まっていないので、自分次第でいくらでも成果を出すことができます。

会社から求められる成果以上の実績を出せば、その差が営業マン個人の評価となり、インセンティブにつながります。

社歴10年以上のベテラン社員も、入社間もない若手社員も、同じ土俵で戦うことができるので、成果さえ出せば給料を増やせるというのが営業職の魅力です。

この記事を書いている僕は、入社2年目くらいで年収500万円稼げるようになりました。

学歴がなくても、本人次第で稼げるのが「営業職」なのです。

ドフラ
僕が【フリーターからIT業界の正社員に転職した体験談】はこちらの記事をどうぞ。

学歴がなくても年収1000万円以上稼ぐ人はいる

学歴がなくても、年収1000万円以上稼いでいる営業マンはたくさんいます。

営業マンが成果を出すために必要なものは、学歴や特別な専門知識ではなく、コミュニケーションスキルです。

「お客様の課題を発見して、その課題を解決するための施策を考えて提案し、最終的なクロージングをする」

これが営業職の仕事です。

ここに加えて、さらに売上を拡大させる営業マンは人脈を駆使します。

お客様の紹介から新規のお客様の契約数を伸ばしたり、知り合いの紹介から新しい案件を増やしたりします。

ただし年収1000万円プレーヤーになると、自分のチームを持っていることも多く、ほかのメンバーのマネジメント業務も増えていきます。

部下の指導やモチベーション管理など、人間のケアをする時間が増えるので、自分個人のレベルアップに時間を使えなくなっていきます。

これが年収1000万円プレーヤーの分岐点です。

チームでわいわいやるのが好きな人は、このままチームマネージャーとしてキャリアを歩んでいきます。

しかしこれが合わないという人は、自分で事業をつくって経営者になり、個人としてのスキルや収入を追求していくことになります。

学歴が関係ない立場の究極は経営者になること

底辺じゃない仕事

学歴が関係ない立場の究極は「経営者」です。

会社員が出世するためには、社内情勢を把握しながら、上手に成果を出していく必要があります。

どの会社にも大卒社員はたくさんいるので、その人たちと話が合うかどうかも重要になってきます。

学歴がない人と学歴がある人の間には、少なからず摩擦が発生するので、そのような煩わしさを全て排除したいなら、経営者になるしかありません。

世の中には、学歴がない経営者が山ほどいます。

それはなぜか?

経営者になるための条件がないからです。

つまり、誰でも経営者になれるということです。

「私は今日から社長になります」と言えば、中卒や高卒でも関係なく、経営者になれるのです。

営業マンとして利益を生み出してきた実績があれば、そのスキルと経験をもとに自分の事業を伸ばしていけばいいのです。

経営者なら生み出した利益が、全て自分のものになるので、年収も飛躍的に多くなります。

ですから、学歴が関係ない立場の究極は「経営者」なのです。

まとめ

最後に「学歴がない人が選ぶべき仕事」の要点をまとめておきます。

  • 学歴がないと選べる就職先が限られる
  • 学歴がない人が選ぶべき仕事は営業職
  • 学歴がない人でも営業職なら人生を逆転させられる
  • 学歴がなくても年収1000万円以上稼ぐ人はいる
  • 学歴が関係ない立場の究極は経営者になること

「自分は学歴がないから…」という理由で人生を諦めないでください。

何の仕事をするか、何を知っているかで、誰でも人生を逆転させることができます。

ただし、これは年齢が若い人の方が、圧倒的に有利です。

自分ひとりで転職するのが不安な人には、学歴のない人に強い転職エージェントもありますので、そちらに相談してみるのがおすすめです。

あなたの一つの行動が、人生を変える一歩になります。

あなたは今日、何を始めますか?

ドフラ
僕は26歳の時に転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円の正社員に転職できました。