就活したくない 甘え

「就活したくないのは甘えなのかな…」

このような悩みを抱える方に向けて記事を書いています。

働かなきゃいけないのは分かっていても、就活したくない感情が強いと、なかなか前に進めないですよね。

おまけに「就活したくないのは甘えだ!」とか言ってくる人が周りにいると、どんどんやる気もなくなっていきます。

果たして、就活したくないのは甘えなのでしょうか?

結論からいうと、就活したくないのは、甘えではありません。それは普通の感情です。

ただし、だからと言って、行動しないのは甘えです。

就職して働く意思があるなら、「いかに就活せずに就職するか?」を考えて行動しましょう。

いまは多種多様な就職サービスがあるので、超簡単に就職することができます。

ドフラ
こんにちは。元フリーターのドフラです。

記事を書いている僕は、26歳まで年収200万円のフリーターでした。その後、IT系ベンチャー企業の営業職に転職して年収500万円になり、人生をやり直すことができました。現在は20代向けにキャリアアドバイザーをやっています。

この記事では「就活したくないのは甘えじゃない理由」から「超簡単に就職する方法」までを解説しています。

この記事を読めば、就活したくない人でも、短時間で楽に就職を決めることができます。

3分で読める内容なので、それではいきましょう。

就活したくないのは甘え?いえ普通の感情です

就活したくない 甘え

就活って、自己分析をしたり、業界研究や企業研究をしたり、応募する企業を選んだり、履歴書や職務経歴書を作って書類応募したり、面接に行ったり…。

なかなか大変なイメージがありますよね?

僕は26歳までフリーターだったので、あなたの「就活したくない」っていう気持ちは、痛いほどよくわかります。

とにかく就活がめんどくさくて、頭ではわかっていながらも、行動を後回しにしちゃってたんですよね…。

僕はそんな行動できない自分が嫌になり、次のような感情を抱いたこともありました。

「就活したくないっていうのは甘えなのかな…」
「なんで俺はすぐにサボってしまうのか…」
「このまま就職できなかったらヤバいよな…」
「一生フリーターだったらどうしよう…」

こんな感じで、メンタルは結構きつかったです。

キャリアアドバイザーをやっている今ならわかるのですが、就活したくないっていうのは甘えではなく、ごく普通の感情なんですよね。

ここだけの話、僕のところに相談にくる転職者の7割が、本当は就活したくないって思っていますよ。

就活したくないと思う原因は、本人の性格に問題があるわけではなく、そもそも人間の心理に「今の状態を維持しようとする作用があるから」なのです。

つまり人間には、「変化を避けようとする性質がある」ということです。

ですから就活したくないと思うのは、甘えではなく普通の感情だといえます。

就活せずに行動しないのはただの甘えです

就活したくない 甘え

「就活したくない」と思うのは、甘えではありません。

しかしながら、就活せずに何も行動しないのは、ただの甘えです。

なぜ、あなたは就活したくないのですか?

  • 就活がめんどくさいから
  • 就活の方法がわからないから
  • 就職に不安があるから
  • 今の生活が楽だから
  • ほかにやりたいことがあるから

就活したくない理由には、いろいろありますよね。

たとえば、ほかにやりたいことがある人の場合、今すぐに就活を辞めて、全力でやりたいことをやるべきです。

「俺にはほかにやりたいことがある」と言って、やりたいことを就活しないための言い訳にするだけなのは論外です。

また、就職への不安があったり、就活のやり方がわからなかったり、めんどくさかったり、というのも気持ちはわかりますが、行動しない理由にはなりません。

ぶっちゃけ行動しようがしまいが、その影響を受けるのは、あなた自身です。

就活すれば、あなたの人生が一歩前に進み、就活しなければ、就職できないリスクが高まるだけ、です。

就活せずに行動しないのは甘えですが、極論をいうと、行動しないで困るのは「あなた自身」なのです。

行動せずに訪れる、5年後10年後の未来の自分を想像して、それに納得できないなら今すぐに行動するべきです。

会社勤めで生きるなら離職期間はリスクでしかない

就活したくない 甘え

「就活したくない」という方のうち、会社勤めで生きていくつもりの方は、今すぐに行動しないと、就職できないリスクが高くなります。

企業の採用担当者の多くが、離職期間の長さをめちゃくちゃ気にします。

キャリアアドバイザーの立場から転職市場のリアルを伝えると、離職期間が半年以上あると、面接でかなり突っ込まれます。

親の介護をしていた、バンド活動をしていた、公務員を目指していた、などの理由があれば乗り切れますが、何となく就職しなかった人は結構きついです。

「なぜ就職しなかったのですか?」
「離職期間は何をしていたのですか?」

このような質問に対して、採用担当が納得できる答えができないなら、とりあえず就職しておくのが安全です。

就活しない方の中には、「やりたい仕事がないから就職しない」という方もいますが、とりあえず会社勤めをしつつ、やりたいことを見つけるのがおすすめです。

会社員としてキャリアを歩むためには、説明できない離職期間は邪魔でしかありません。

転職エージェントなら自分に合うキャリアプランが超簡単に見つかる

就活したくない 甘え

ここまで、就活したくないと思うのは甘えじゃないけど、だからと言って、何も行動しないのは甘えですよ、という話をしてきました。

単純に「就活がめんどくさい人」や「就活の方法がわからない人」は、とりあえず転職エージェントを利用するのがおすすめです。

僕は26歳のときに、フリーターからIT業界の正社員に転職していますが、自分ひとりで転職できたわけではありません。

最初は、自分ひとりで転職活動していたのですが、半年経っても就職先が決まらず、20社応募しても内定0社の状態でした。

そんなときに、たまたま友人の紹介で転職エージェントに登録して、担当のキャリアアドバイザーのサポートによって、そこから約1ヶ月で転職することができました。

あなたが就活したくないと思うのは、自分の未来を明確にイメージできていないからです。

転職エージェントを利用するメリットは、キャリアアドバイザーとの面談で、自己分析やキャリアプランの設計を手伝ってもらえることです。

あなたの特性とキャリアプランをもとに、あなたに合った業界や職種を提案してくれるので、単純に仕事に対する視野が広がります。

「自分にどんな可能性があるのか知りたい」という方は、今すぐ転職エージェントに登録してみましょう。

ドフラ
僕は26歳の時に転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円の正社員に転職できました。