フリーター 正社員なれない
フリーターから正社員になりたい人『フリーターを卒業したいけど、なかなか就職できない…。なんで自分は正社員になれないの?』

このような方に向けて、記事を書いています。

就職活動に失敗してフリーターになったり、夢を叶えるためにフリーターになったり、フリーターを続けている方には様々な事情があると思います。

でも20代後半になると、人生に見切りをつけて、正社員として働きたいという方が多くなります。

しかし、いざ就職活動をやってみると、『なかなか正社員になれない…』と苦戦する方もいるようです。

では、なぜ正社員になれないのか?

結論からいうと、フリーターから正社員になれない人には、次の3つの共通点があります。

・何のために就職したいのかを説明できない
・対人コミュニケーション能力が極端に低い
・何もできないのに上から目線で就活している

上記のとおり。

このどれかに当てはまっている人は、なかなか就職が決まりません。

もし一つでも当てはまっている人がいるなら、今すぐに改善してくださいね。

ドフラ
こんにちは。26歳まで底辺フリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や人生に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計164名の方にインタビューしてきたので、正社員になれないフリーターのリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、僕が実際にフリーターの方から聴いた話をもとに、『正社員になれないフリーターの3つの共通点』から『フリーターから正社員になるための方法』までを解説していきます。

この記事を読めば、フリーターの未来に絶望している方でも、前向きに就活に取り組めるようになります。

3分で読める内容ですので、それではいきましょう~。

ドフラ
『フリーターだった僕が利用した転職エージェント』はこちらをどうぞ。

正社員になれないフリーターの3つの共通点【あなたは大丈夫?】

正社員になれないフリーターには、3つの共通点があります。

それは、次のとおり。

・何のために就職したいのかを説明できない
・対人コミュニケーション能力が極端に低い
・何もできないのに上から目線で就活している

僕はこれまでに、164名の方にインタビューしてきた経験がありますが、この3つに当てはまるフリーターの方は、就活にかなり苦戦していました。

ここからは、それぞれの共通点と対処法について、詳しく見ていきましょう〜。

正社員になれないフリーターの共通点①:何のために就職したいのかを説明できない

フリーター 正社員なれない

正社員になれないフリーターには、『何のために就職したいのかを説明できない』という特徴があります。

『何のために就職したいのか?』という就職の目的が明確になっていないと、必ず面接でボロが出ます。

世間的に『フリーター=無責任な人』というイメージがあるため、企業はフリーターを採用するときに、ものすごく慎重に面接を行います。

『本当に就職する覚悟はあるのだろうか?』『入社してもすぐに辞めてしまわないか?』という懸念点を払拭するために、面接でさまざまな質問をするのです。

しかし、就職する目的が明確になっていないと、このような質問にうまく答えられず、落選します。

ですから、まずは『何のために就職するのか?』をしっかりと説明できるように準備しましょう。

実際にフリーターから正社員になれた人たちの『就職する目的』の例を紹介しておきますので、参考にどうぞ。

今後は将来のことを考えて、長期的にキャリアップができる会社の営業職として仕事がしたいと思い、転職を決意いたしました。【サトウユウスケさん(飲食店アルバイト・25歳男性・仮名)】
インタビュー記事:専門学校を辞めたい人へ【専門中退でもIT企業に就職できた体験談】

同世代の友人が大学生になったり、就職したりしている姿をみて、自分には何もないということに劣等感を感じ、今後は社会人として一人前になりたいと思い、正社員への就職を決意しました。【土橋幹雄さん(宅急便の仕分けアルバイト・18歳男性・仮名)】
インタビュー記事:高卒フリーターから就職できるおすすめの職種とは?【19歳男性の体験談】

税理士試験に合格するために、アルバイトをしながら勉強を続けてきましたが、同年代が社会人として活躍する姿を見て、自分もこのままじゃいけないと思うようになりました。年齢が30歳手前に差し掛かったこともあり、真剣に自分の将来のキャリアと向き合った結果、税理士は諦めて、正社員としてキャリアを積んで、自分の市場価値を高めたいと考え、転職を決意いたしました。【菅原翔太さん(コンビニアルバイト・27歳男性・仮名)】
インタビュー記事:フリーターから正社員になるには?【元コンビニバイトの体験談】

大学卒業に向けて勉学に励んでいましたが、大学の授業のレベルについていけず、結果的に大学を中退することになりました。年齢が26歳になったこともあり、周囲の同世代が社会に出て活躍する姿をみて、自分も早く社会人として活躍できるようになりたいと思い、大学卒業は諦めて、就職することを決意いたしました。【山下剛史さん(カラオケ店アルバイト・26歳男性・仮名)】

上記のとおり。

こちらの4名は全員、正社員への就職を成功させています。

就職する目的を考えるときのポイントは、『正社員になりたいと思った強い動機』を思い出すことですね。

そのときの恥ずかしい感情や悔しい気持ちを面接で伝えると、面接官も共感してくれるので、選考通過もしやすくなります。

正社員になれないフリーターの共通点②:対人コミュニケーション能力が極端に低い

フリーター 正社員なれない

正社員になれないフリーターには、『対人コミュニケーション能力が極端に低い』という特徴があります。

『対人コミュニケーション能力があるか?』は、主に面接でチェックされます。

面接で悪い印象を与えてしまう行動は、次のとおり。

・目を合わせて会話ができない
・質問に対して言葉に詰まることが多い
・笑顔が全くない
・相手の話に対して相槌をしない
・後ろ向きな発言が多い

僕が実際に、企業の人事担当から聴いた話によると、面接で落選する理由の6〜7割が、上記の行動によるものでした。

コミュニケーション能力に関しては、これまでの家庭環境、交友関係、アルバイト経験などが積み重なって構築されるので、すぐに改善できるものではないかもしれません。

それでも、努力すれば改善できることもありますよね?

たとえば、目を合わせて会話をする、笑顔を心がける、相手の話に相槌を打つ、前向きな発言をする、などは努力すれば今すぐに改善できることです。

家族や友人と話すときに、これらを意識して会話すると、面接の練習になるので、ぜひやってみてくださいね。

正社員になれないフリーターの共通点③:何もできないのに上から目線で就活している

フリーター 正社員なれない

正社員になれないフリーターには、『何もできないのに上から目線で就活している』という特徴があります。

『無能な人ほど自己評価が高い』という心理学の研究結果があるとおり、フリーター経験しかないのに、なぜか上から目線になってしまっている人がいるんですよね…。
参考記事:能力が低い人ほど自己評価が高い理由

たとえば、次のような人たちですね。

・自分の希望ばかりを面接で伝える
・自分がやりたくないことを主張し過ぎる
・前職の悪口を面接で言ってしまう

上記のとおり。

『従業員が働いて給料をもらうこと』と『企業が従業員を雇用すること』は等価交換です。

そのため、求職者が提供できる価値に対して、企業は『その人を採用するべきか?』を判断します。

それなのに、自分が提供できる価値を無視して、自分の要望ばかりを主張していたら、不採用になるのは当然ですよね。

これまでにフリーター経験しかない人は、アピールできる実績や経験が少ないと思うので、面接では『熱意を伝える』のが効果的です。

たとえば、次のような発言ですね。

『自分には誇れる経験はありませんが、御社に貢献できるようにとにかく必死で働きます!』

『本気で人生をやり直したいと思っていますので、がむしゃらに努力して成果を出せる人材になります!』

このような熱意を伝えられると、面接官の感情も動きます。

人間は感情で動く生き物なので、面接官の感情を動かせれば、内定を獲得できる可能性も高まります。

フリーターから正社員になるには?鉄板の方法を教えます

フリーター 正社員なれない

ここまで、『正社員になれないフリーターの共通点』について解説してきました。

フリーター経験しかないと、就活する上で、何が良くて何がダメなのかってよくわからないですよね。

僕も26歳までフリーターだったので、『どうすれば就職できるのかわからない…』という方の気持ちは、痛いほど良くわかります。

以前の僕は、書類選考で落ちまくっていましたし、面接で説教されることもありました。それくらいザコでしたね…。

それでも最終的には、フリーターからIT業界の正社員になることができて、年収も500万円まで増えました。僕はこれで人生やり直せましたね。

元フリーターの僕が本気でおすすめできる、鉄板の就職方法は『就職支援サービスを利用すること』ですね。

やはりフリーターの方は、自分ひとりで就活しないほうがいいですよ。僕も過去に、それで失敗してますからね。

最初からプロに頼っちゃうのが1番楽です。

自己分析を手伝ってくれますし、自分に合う求人を探してくれますし、応募書類を作ってくれますし、面接対策もやってくれますし、企業とのやりとりもやってくれますし。

担当アドバイザーに任せておけば、半自動的に就活を進めてくれるので、めちゃくちゃ楽です。

ドフラ
僕は26歳の時に転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円の正社員に転職できました。