高卒フリーター 就職 職種
高卒フリーターから就職したい人『フリーターを数年続けてきたけど、将来に不安しかないから就職したい…。高卒のフリーターだけど就職できるのかな?』

このような方に向けて、記事を書いています。

大学受験に失敗したり、就活に失敗したり…。さまざまな理由で、高校を卒業した後にフリーターになる人は多いです。

でも20代になると、『このままフリーターを続けても大丈夫か…?』と思うようになり、正社員への就職を考え始めます。

ただ『高卒のフリーター』という不利な経歴のせいで、就職活動に苦戦する人もいるようです。

では、高卒のフリーターの方は、どのような職種に就職できるのか?

結論からいうと、高卒フリーターから就職できる、おすすめの職種は『営業職』です。

営業職の中でも、特に『IT系』『ベンチャー企業』がおすすめですね。

その理由は、次のとおり。

  • 学歴や職歴に関係なく採用してもらえる
  • 高卒でも成果を出せば昇給や昇格が可能
  • 個人のスキルが身につきやすい
ドフラ
こんにちは。26歳まで底辺フリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や人生に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、これまでに157名の会社員の方にインタビューしてきたので、様々な業界で働く人のリアルな情報をお伝えできると思います。

今回は、僕が実際に話を聴いた、高卒で元フリーターの土橋幹雄さん(18歳男性・仮名)の体験談をもとに、『高卒フリーターが就職できる職種』から『高卒フリーターが就職する方法』までを解説していきます。

この記事を読めば、就職活動に苦戦する高卒フリーターの方でも、正社員に就職するためにやるべきことが、明確になるはずです。

3分で読める内容なので、それではいきましょう。

ドフラ
『フリーターだった僕が利用した転職エージェント』はこちらをどうぞ。

高卒フリーターから就職できるおすすめの職種とは?【19歳男性の体験談】

高卒フリーター就職 おすすめ

まずは今回紹介する、高卒で元フリーターの『土橋幹雄さん(18歳男性・仮名)』の簡単な経歴を紹介します。

土橋幹雄さんは高校(偏差値45前後)を卒業後、本当はオーストラリアにワーキングホリデーに行く予定でした。

しかし社会情勢の影響で、それが延期になってしまい、とりあえずお金を稼ぐためにアルバイトを始めました。

つまり、フリーター ですね。

土橋幹雄さんがやっていたアルバイトは、『レストランのホールスタッフ』と『運輸倉庫の仕分けスタッフ』です。

土橋幹雄さんはコミュ力が高かったため、どちらの職場でも全く問題なく仕事ができていました。

しかし、ワーキングホリデーの予定がなかなか決まらず、『このままフリーターを続けていても無駄かも…』と思うようになりました。

さらに追い打ちをかけるように、彼女が公務員になったり、友人が働き出したり、大学生になったりして、フリーターの自分に劣等感を感じるようになっていったのです。

レストランスタッフも仕分けスタッフも楽しかったですが、『スーツを着る仕事がしたい!』『就職して安定したい!』という気持ちが大きくなり、正社員に就職することを決意します。

その後、親に相談してみたところ、ハローワークや求人誌を勧められたので、とりあえずそれで就職活動を始めました。

しかし、自分で10社ほど応募した結果、書類落ちが9社、面接が1社で落選、という結果で、どこにも就職できませんでした。

『このままじゃ一生就職できない…』と思った土橋幹雄さんは、ネットでいろいろ調べていくうちに『転職エージェント』というサービスがあることを知り、とりあえず登録してみたのです。

転職エージェントに登録した後は、担当のキャリアアドバイザーがカウンセリングをしてくれて、『高卒フリーターでも就職できる業界や職種』について教えてくれました。

さらに、履歴書や職務経歴書を作ってくれたり、応募する求人を一緒に考えてくれたり、企業ごとの面接対策までやってくれたりしました。

このおかげで、土橋幹雄さんは転職エージェントに登録してから18日後に、『IT系ベンチャー企業の営業職』に就職することが決まりました。

現在の土橋幹雄さんは、正社員として年収430万円稼いでおり、さらなるキャリアアップを目指しているそうです。

ここからは、高卒で元フリーターの土橋幹雄さんの体験談をもとに、『高卒フリーターが就活で失敗する理由』『高卒フリーターの就活の流れ』を詳しく解説していきます。

高卒フリーターが就活で失敗する理由【フリーターの就職は難しいの?】

高卒フリーター 就職 職種

ここでは、高卒でフリーターの方が『就活で失敗しないために注意すべきポイント』を紹介していきます。

結論からいうと、高卒でフリーターの方は、自分ひとりで就活しようとすると失敗する可能性が高いです。

その理由は、世の中には『高卒を採用する会社』『大卒以上しか採用しない会社』があるのですが、一般の転職者がそれを見分けるのは、かなり難しいからです。

もちろん求人票の募集要項に、『高卒以上』『大卒以上』と記載してある会社もあるのですが、実際のところは、その会社の人事担当に聴いてみないとわかりません。

でも転職者が各企業に電話して、『そちらの会社は高卒のフリーターでも採用していますか?』と1社ずつ確認するのは、現実的ではないですよね。

しかも、誰かもわからない転職者に対して、会社の真実を教えてくれるとも限りません。

では、高卒フリーターが転職で失敗しないためには、どうすればいいのか?

それは、『高卒フリーターの就職に強い転職エージェント』に登録すること、です。

実際にこの記事で紹介している、高卒で元フリーターの土橋幹雄さん(18歳男性・仮名)は『高卒フリーターに特化した転職エージェント』を利用して、フリーターからITベンチャー企業の営業職に転職しています。

『高卒フリーター向けの転職エージェント』を利用するメリットは、次のとおり。

  • 高卒フリーターでも採用される求人を紹介してもらえる
  • 自己分析や就活のアドバイスをしてもらえる
  • 就活の悩みを担当アドバイザーにすぐ相談できる
  • 履歴書や職務経歴書を作ってもらえる
  • 企業ごとの面接対策をしてもらえる

転職市場には、あなた以外の転職者も、たくさん転職活動をしています。

そのため大卒の人や正社員経験のある人とも、選考で競い合うことになるのですが、このときに担当アドバイザーに手伝ってもらえると、かなり心強いですよね。

あなたも、想像してみてください。

『自分ひとりで転職活動をする求職者』と『プロに手伝ってもらいながら転職活動をする求職者』のどちらが、転職しやすいと思いますか?

明らかに、後者ですよね。

ですから、この記事を読んでいるあなたは、『高卒フリーターの就職に強い転職エージェント』に登録しておいてくださいね。

高卒フリーターでも『ひとり暮らしできる未来』は手に入る!

いまが高卒フリーターだったとしても、正社員に就職すれば『ひとり暮らしできる未来』が手に入ります。

ひとり暮らしするために、必要な給料の目安は『年収400〜500万円』ですね。

土橋幹雄さん(18歳男性・仮名)の場合は、年収400万円を超えたタイミングで、家賃5万5,000円のマンションに住み始めました。

ちなみに記事を書いている僕は、年収450万円のときに家賃67,000円のマンションに住み始めて、毎月1回は国内旅行に出かけていましたが、それでも金銭的に問題なかったです。

土橋幹雄さんも僕も以前はフリーターだったので、いまフリーターのあなたでも、『ひとり暮らし&遊べるお金に困らない』状態になるのは可能だと思いますよ。

『フリーターの未来に不安しかない…』という方は、ぜひこの機会に行動してみてくださいね。

まとめ:27歳までに就職しないとやばいです…

高卒フリーター 就職 職種

上記のとおり、高卒フリーターからでも、正社員に就職することはできます。

ただし、注意すべきなのは『年齢』です。

僕はこれまでに、累計157名の会社員の方にインタビューをしてきましたが、フリーターから就職するなら『27歳まで』がおすすめですね。

20代なら未経験からチャレンジできる求人は多いものの、27歳と28歳では、書類の選考通過率が違ってくるようです。

企業が28歳以上の人材を中途採用する場合、前職での経験や実績を求める傾向が強いので、社会人経験のないフリーターは不利になりやすいです。

ですから、『いずれは正社員への就職を考えている』という高卒フリーターの方は、遅くても27歳までには行動してくださいね。

まずは『転職エージェントに登録してみる』という一歩で、あなたの未来は大きく変わりますよ。

ドフラ
『フリーターから就職したい方向けの転職エージェントの選び方』はこちらです。