サラリーマン きつい

「サラリーマンがきつい…」
「いつ人生は楽になるのか…」
「どうすれば豊かになれるのか…」

このような悩みを抱える方に向けて、この記事を書いています。

サラリーマンって何年続けても、全然楽にならないですよね?

頑張って出世しても、業務量や責任が増えるだけで、仕事はきつくなる一方です。

会社で役職が上がれば、給料は多少増えるかもしれませんが、それに伴って税金が増えますし、時計や車や住宅ローンなどで出費も増えます。

こうなると、最終的に手元に残るお金が、出世前より変わらない、ということは良くある話です。

結論からいうと、そもそもサラリーマンとして働いている限り、人生は絶対に楽にならないのです。

その理由は、それが資本主義の仕組みだからです。

ドフラ
こんにちは、ドフラです。

記事を書いている僕は、IT企業の会社員として月給40万円ほど稼ぎつつ、副業で毎月5〜10万円稼いでいます。現在は自分のビジネスを構築して、サラリーマン卒業を目指しています。

この記事では「サラリーマンがきつい理由」から「サラリーマンを卒業する方法」までを解説しています。

この記事を読めば、サラリーマンのきつい状況から脱却するために、今のうちからやっておくべきことがわかります。

3分で読める内容なので、それではいきましょう。

サラリーマンがきつい理由とは?【勤め人は一生楽になれません】

サラリーマン きつい

「仕事がきつい…」という理由で、転職しようとする人がいます。

残念ながら、仕事を変えても、きつい状況は変わりません。

これはなぜか?

そもそもサラリーマンでいる限り、一生楽にはなれないのです。

「サラリーマンがきつい」というのは、資本主義が誕生してからずっと同じです。

給与労働者としてお金を稼いでいる限り、人生はきついままです。

自由につかえるお金もありませんし、自由な時間もありません。

サラリーマンは、何をするにおいても不自由です。

サラリーマンがきつくなる最大の原因は、会社からの給料以外の収入がないことです。

資本主義の仕組みは、奴隷制度がもとになっているので、「必要最低限の報酬で最大限に働かせる」という考えから成り立っています。

つまり、サラリーマンは「必要最低限の給料で最大限に労働をさせられている」ということになります。

サラリーマンがきつい理由は給料が余らないから!

サラリーマンがきつい理由は、会社からもらえる給料が余らないからです。

働かなくても大丈夫なくらい、お金が余っていたら、わざわざ会社に行かないですよね?

ほとんどのサラリーマンは、生きるために必要なお金を稼ぐために、仕事をしています。

会社はサラリーマンが飢えない、ギリギリの給料しか支払いません。

こうすることによって、サラリーマンは会社に依存せざるを得ない状態になるのです。

食べるもの、住む家、着る服…。生きるためには毎月必ず出費があります。

会社を辞めたら収入がなくなってしまうので、仕事がきついと思っても、なかなか会社を辞めれないのです。

資本主義においては、サラリーマンとしてお金を稼いでいる限り、人生はきついままです。

サラリーマンのきつい状況から抜け出す方法とは?

では、サラリーマンがきつい状況から抜け出すためには、どうすればいいのでしょうか?

結論を言うと、サラリーマン以外の収入源を確保して、その収入だけで生きていけるようになる、しかありません。

「会社から給料をもらう」という働き方から、「個人で稼ぐ」という働き方に変えるということです。

収入を他人に依存しなくても良くなった瞬間に、すべてが自由になります。

特に「お金と時間」が自由になるのは大きいです。

いつ、どこで、何をしていても、良いわけですから、人生はかなり豊かな状態です。

サラリーマンがきつい状況から抜け出すために、まずやるべきことは、「個人で稼ぐ仕組みをつくること」です。

サラリーマンが個人で稼ぐ方法とは?

サラリーマン きつい

今までサラリーマンしかやったことがない人は、「個人で稼ぐ」って言われても、何をすればいいかわからないですよね?

でもお金を稼ぐ方法は、世の中にたくさんあります。

たとえば、自分が普段、何にお金をつかっているかを考えてみてください。

飲食店でランチをする、コンビニで飲み物を買う、服屋で洋服を買う、携帯電話の料金、インターネット料金、パソコン、本、音楽、アプリ、車、家…など。

お金を払って利用しているものって、めちゃくちゃたくさんありますよね。

これは全てビジネスなので、誰かがお金を稼いでいる、ということです。

しかしサラリーマンの人は、これらの全てのビジネスに挑戦できるわけではありません。

何百万〜何千万円の初期費用がかかるビジネスや、自分の時間を拘束されるビジネスだと、物理的にサラリーマンには不可能です。

なぜならサラリーマンには、お金も時間もないですからね。

世の中には、お金を稼ぐ方法がたくさんあるのですが、サラリーマンでも挑戦できるビジネスとなると、かなり限定されます。

それは、「初期費用が少なくて、時間や場所を選ばずにできて、安定的な収入源になるビジネス」です。

サラリーマンでも挑戦できるビジネスとは?

先ほど、サラリーマンが挑戦できるビジネスとして、「初期費用が少なくて、時間や場所を選ばずにできて、安定的な収入源になること」という条件を出しました。

この条件を満たすビジネスには、転売ビジネス、株式投資(デイトレード・FX)、アフィリエイト、などがあります。

僕は全部やってみましたが、個人的には「アフィリエイト」が1番良いと思っています。

なぜなら僕は、転売と株式投資で失敗しているからです。

転売では、売る商品を見つけるのに時間がかなり必要なので、サラリーマンをやりながらだときついと思って、途中で断念しました。

株式投資では、デイトレードを中心にやっていましたが、日中の値動きが気になりすぎてサラリーマンの仕事が手につかなくなり、結局やり始めてすぐに約50万円の損失を出してしまい、自分には合わないと判断しました。

アフィリエイトに関しては、初期費用がほとんどかかりませんし、文章を書くのも楽しかったので、これは自分に合っているかもと思いました。

実際にアフィリエイトを始めて1年くらいで、毎月1万円ぐらいをコンスタントに稼げるようになりました。

2年経ったタイミングでは、月間5〜10万円の収益が生まれるようになってきました。

「初期費用、継続のしやすさ、収益の安定感」を考えると、サラリーマンが個人で稼ぐ仕組みをつくるのに、アフィリエイトは最適だと思います。

あなたもサラリーマンを卒業したいと思っているなら、ぜひこの機会に、何かひとつでも行動してみてはいかがですか?