26歳から始める仕事
26歳で正社員に就職したい人『26歳までフリーターを続けてきたけど、年齢的にもそろそろ就職しないとやばい気がする…。26歳で正社員経験がなくても始めれる仕事はありますか?』

このような方に向けて、記事を書いています。

結論からいうと、26歳から始める仕事のおすすめは以下のとおり。

  • 営業職
  • プログラマー
  • 施工管理
  • 事務職
  • 介護職員
  • 接客・販売職
  • 工場作業員
  • 飲食店スタッフ

では、26歳で正社員経験なしの人が、上記の仕事に就職するためには、どうすればいいのか?

結論からいうと、26歳で就職したい人が今すぐにやるべきことは、次の3つです。

  • 26歳フリーター向けの転職エージェントに無料登録する
  • 担当アドバイザーに無料で就職相談する
  • 自分に合う仕事を紹介してもらい応募してみる

上記のとおり。

世の中には、26歳フリーターの就職をサポートしてくれる『転職エージェント』があるので、とりあえずここに相談するのが1番早いです。

しかも全て無料で利用できるので、あなたのリスクはゼロ。これを利用しない手はないですよね。
26歳のフリーターにおすすめの転職エージェント3社【すべて無料】

ドフラ
こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に就職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計985名の方にインタビューしてきたので、26歳フリーターのリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、26歳でフリーターから就職した僕が『26歳から始める仕事のおすすめ8選』から『26歳フリーターが就職に失敗しない方法』までを解説していきます。

この記事を読めば、26歳でフリーターの未来に不安がある方でも、今日から人生を変えるための一歩が踏み出せるようになります。

3分で読める内容ですので、それではいきましょう~。

『今すぐにフリーターから正社員に就職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

26歳から始める仕事のおすすめ8選【正社員経験なし向け|体験談あり】

26歳から始める仕事のおすすめは、以下の8つです。

  • 営業職
  • プログラマー
  • 施工管理
  • 事務職
  • 介護職員
  • 接客・販売職
  • 工場作業員
  • 飲食店スタッフ

ここからは、『26歳から始める仕事のおすすめ8選』を一つずつ解説していきますね〜。

26歳から始める仕事のおすすめ①:営業職

26歳から始める仕事

26歳から始める仕事のおすすめの1つ目は、『営業職』です。

営業職は、お客様に自社商品の購入を促進し、契約を取り付ける仕事です。

営業職は、どの業界でも『売上に最も寄与する重要な職種』として需要が高まっています。

また、営業職には特別な資格や専門的な知識・スキルが不要なため、26歳のフリーターの採用も積極的に行われています。

企業によってはインセンティブ制度が用意されており、成果に応じて基本給以上の給与を得ることができます。

営業の仕事を経験すると、どの業界でも転職しやすくなるだけでなく、営業職で身につくスキルはビジネスにおける基本的なスキルとなるため、26歳で正社員経験なしから就職したい人におすすめです。

また、どの職種にも通用するコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を営業経験で培うことができるため、将来の転職にもメリットが多いです。

営業職にはルート営業や新規開拓営業、内勤営業など様々な形態が存在しますので、自分に合った働き方ができる営業職を見つけてみてください。

ちなみに、僕が就職したIT企業の営業職も、フリーターから就職してくる20代が多かったですよ。

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターからIT企業の営業職に就職できましたよ。

26歳から始める仕事のおすすめ②:プログラマー

26歳から始める仕事

26歳から始める仕事のおすすめの2つ目は、『プログラマー』です。

『プログラマーは難しそう…』『プログラマーは未経験だと無理そう…』というイメージを持っている方も多いと思います。

しかし近年では、時代の変化とともに、多様なニーズに対応するプログラマーが不足している企業も増えており、多くの企業が未経験者を積極的に採用している状況です。

プログラミングのスキルは、AI技術が進展する未来においても有益なものであり、一生もののスキルとして活かせます。

ですから、プログラマーは将来的にも需要が高まり、安定感のある職業といえます。

ただし、プログラマーの仕事では常に情報が変化するため、継続的な学習が求められます。

また、適切なスキルを身につけないと単純な労働に終わる可能性があるため、注意が必要です。

プログラミングに興味がある方にとっては、将来にわたって飽きることなく活躍できる可能性があります。

ドフラ
『26歳フリーターからプログラマーに就職した女性の体験談』をこちらの記事で紹介していますので、あわせてご覧ください。

26歳から始める仕事のおすすめ③:施工管理

26歳から始める仕事

26歳から始める仕事のおすすめの3つ目は、『施工管理』です。

施工管理は安全な建築物を建設できるよう、建築現場において指揮し、管理する仕事です。

建設のスケジュール管理や、工事現場の施工や予算の管理、安全面の管理やその他必要な事務手続きなど、建築工事全般にわたって管理業務を行います。

『管理の仕事=ハードルが高い』という印象があるかもしれませんが、無資格・未経験でも挑戦できる仕事の一つです。

施工管理職を経験することで、急なスケジュール調整やトラブルへの対応力、現場を指揮するマネジメント力が身につきます。

さらに、ある程度の実務経験を積んだ後は国家資格を取得することも可能で、平均年収は400万円〜600万円。

施工管理職の中には、年収700万円以上を稼ぐ人もいます。

『安定的にキャリアも収入もアップしていきたい』『将来的には人をまとめるリーダーの役割に挑戦したい』という方は、施工管理職が特におすすめです。

26歳から始める仕事のおすすめ④:事務職

26歳から始める仕事

26歳から始める仕事のおすすめの4つ目は、『事務職』です。

事務職は社内で働き、企業の円滑な経営や運営をサポートするのが主な業務です。

企業によっては、総務や経理、人事などの役割を兼ねるケースもあります。

社内外の対応や従業員手続き、文書作成、備品管理、社内行事の準備など、多岐にわたる業務を担当することがあります。

企業によっては予想以上に業務が多岐にわたることもあるため、入社前に確認しておくことが重要です。

事務職に向いている人の特徴は以下の通りです。

  • 幅広い範囲の仕事を楽める
  • 人間関係を築くのが得意
  • 一つのことを長く続けれる

会社によって業務範囲が異なるため、『この業務だけしかやりたくない…』と限定してしまう人ではなく、柔軟性のある人のほうが向いています。

また、事務職は同じメンバーと長期的に関わることが多いため、人付き合いが得意な方におすすめです。

26歳から始める仕事のおすすめ⑤:介護職員

26歳から始める仕事

26歳から始める仕事のおすすめの5つ目は、『介護職員』です。

おそらく多くの方がご存知かと思いますが、介護業界は特に深刻な人材不足に悩まされており、未経験者を積極的に採用しています。

特に介護職は一定の体力が必要となるにもかかわらず、平均年齢が高いため、若さゆえの体力をアピールできる26歳フリーターの方には有利です。

無資格でも介護職に就くことは可能ですが、介護業界全体では資格の取得が推奨されており、働きながら取得することができるメリットがあります。

資格を取得すれば、業務の幅が広がるだけでなく、資格手当の支給も期待できます。

また、介護職は人や社会の役に立てる仕事ともいえるため、誰かのために尽力したいと考えているフリーターの方に特におすすめです。

26歳から始める仕事のおすすめ⑥:接客・販売職

26歳から始める仕事

26歳から始める仕事のおすすめの6つ目は、『接客・販売職』です。

商品やサービスの販売に従事する接客・販売職の仕事では、知識や経験よりも人柄が重要視される傾向があります。

26歳まで正社員経験がない人でも、適性があると認められれば正社員として採用される可能性が高いです。

また、26歳フリーターの中には、接客・販売職でアルバイト経験を積んでいる方も多いと思います。

アルバイト経験をアピールポイントとして活かすことができれば、書類選考や面接で有利になります。

また、接客・販売職では対人スキルや臨機応変な対応力が養われるため、これらのスキルはほかの仕事にも応用できます。

なお、接客・販売職では年齢や経験年数に関係なく、頑張りと成果によっては責任者や店長に昇進できるケースが多いです。

そのため、自らの実力を試したい方や実力主義の環境で働きたい方にもおすすめです。

26歳から始める仕事のおすすめ⑦:工場作業員

26歳から始める仕事

26歳から始める仕事のおすすめの7つ目は、『工場作業員』です。

工場作業員は、食品加工品、家電、電子製品、化粧品、雑貨など、商品の製造に携わる仕事です。

ライン作業などで指定された工程を担当し、下準備、組み立て、調理、盛り付け、検品、梱包、塗装などの業務を行います。

シフト制度が一般的で、しっかりと休日が確保される職場もあります。

ただし、興味のない分野の工場で働くと、仕事の手順が理解しづらい場合があります。ミスがトラブルにつながりやすいため、注意力が必要です。

工場作業員に向いている人の特徴は、『集中力がある・ルーティン作業が得意・転勤はしたくない』です。

工場作業員は、ある程度決められた業務をコツコツとこなしていくことが好きな人に向いています。

また、工場の多くが郊外や地方に位置しているため、『地元を離れたくない、実家から通いたい、寮に入りたい』などの希望も叶いやすいです。

26歳から始める仕事のおすすめ⑧:飲食店スタッフ

26歳から始める仕事

26歳から始める仕事のおすすめの8つ目は、『飲食店スタッフ』です。

飲食店の従業員として、接客や調理などだけでなく、アルバイト・パートスタッフの教育やシフト管理、売上管理なども担当します。

社員としての役割は、アルバイトとは異なり、店舗運営においてリーダーシップを発揮することが求められます。

将来的には、店舗の管理職である店長やマネージャーにキャリアアップするチャンスがあります。

飲食店の特性により、働きやすさは店舗やチェーンによって異るので、離職率が高い店舗は避けるのがおすすめです。

飲食店では様々なお客様やチームメンバーと接する機会が多いため、飲食店スタッフを経験すると、人間関係の構築やコミュニケーションスキルが向上します。

飲食店ではオーダーの取り扱いや料理の提供など、瞬時の判断や迅速な対応が求められるため、柔軟性・スピード感・臨機応変な行動力も身につきます。

飲食店スタッフの仕事は、『多くの人と接することが好きな人』や『過去に接客のアルバイトが楽しかった経験がある人』に向いています。

飲食業界に興味のある方は、就職先の候補に入れるのもアリですね。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する『無料適職診断テスト』を受けるのがおすすめですよ。フリーターでも利用できます!

26歳で就職した僕がおすすめする仕事は営業職です

26歳から始める仕事

『就職したいけど何がしたいかわからない…』という人は、とりあえず営業職を経験しておくのがおすすめです。

営業職を経験すると『コミュニケーション能力』が身に付くので、人材としての市場価値がワンランク上がります。

さらに営業の仕事をすることで、電話やメールの仕方、企業訪問の仕方、問題解決力、スケジュール管理能力、などのビジネスシーンに必要な基礎力も身に付きます。

しかし、ひとことで営業職と言っても、さまざまな会社があるので、仕事の仕方はバラバラです。

では、どんな会社の営業職を選ぶべきか?

それは『IT系ベンチャー企業の営業職』です。

その理由は、多くのIT系ベンチャー企業が、未経験採用をおこなっているからです。

さらにIT系ベンチャー企業は、社内の仕組みが整っていないため、入社後に経験できる業務の種類が多く、たくさんのことを吸収できるからです。

20代での経験値が多いほど、30歳以降でやれることが増えます。自分にできることが増えてくると、自然とやりたいことも増えていきます。

またベンチャー企業は社歴よりも実力が評価される傾向があるので、まずは入社して『20代の平均年収以上を稼ぐ』という目標を持つのもアリです。

ちなみに、DODAが公開する「20代の平均年収」によると、29歳男性の平均年収は「442万円」なので、とりあえず「20代のうちに年収442万円以上を目指す」という感じですね。

このように、チャレンジのしやすさ、年収の稼ぎやすさ、スキルや経験の吸収しやすさ、という点から考えると、IT系ベンチャー企業の営業職を経験しておくのはベストな選択だといえます。

ここまでの内容を読んで、未経験からITベンチャー企業の営業職にチャレンジしたいと思った方は、とりあえず転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。

転職エージェントはすべて無料で利用できるので、まずは気軽に登録してみましょう。

ちなみに、転職エージェントの選び方にはコツがあるので、よろしければ、こちらの記事もどうぞ。

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターからIT企業の営業職に転職できましたよ。

26歳フリーターの就職事情

26歳から始める仕事
26歳で就職を考えている人『26歳になって就職活動を始めたけど、なかなか正社員になれない…。26歳フリーターは就職できないの?』

このような疑問もありますよね。

記事を書いている僕自身も、26歳までフリーターを続けていたので、あなたの気持ちは痛いほどよくわかります。

結論をいうと、26歳フリーターでも就職できます。

実際に、労働に関する調査研究を行なう「労働政策研究・研修機構」が2021年に実施した調査では、25歳〜29歳のフリーターから正社員に就職できた人の割合は『63.6%』となっています。

ちなみに、25歳〜29歳でフリーターから正社員になろうとした人の割合もみると、以下のとおり。

  • 正社員になろうとした人:64.6%
  • 上記のうち正社員になれた人: 63.6%


(引用元:大都市の若者の就業行動と意識の変容(P124)

上記のとおり、26歳でフリーターから正社員になるために行動した人のほとんどが、就職できています。

ですから、あなたも26歳なら就職できます。

ただし、年齢が上がるほど、未経験からの就職は難しくなるので、1歳でも若いうちに行動するのが安全ですよ。

ドフラ
26歳のフリーターから正社員への就職に失敗したくない方は、以下の記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。

企業が26歳の未経験人材に求めること

採用活動をする企業が、26歳の未経験人材に求めることは以下のとおり。

  • 若さと積極性
  • ポテンシャル
  • 基本的なビジネスマナー

それぞれ詳しくみていきましょう〜。

若さと積極性

26歳から始める仕事

企業が26歳の未経験人材に求めることの1つ目は、『若さと積極性』です。

若い世代は新しいアイディアや技術への敏感さがあり、変化に適応しやすい特長があります。

また、キャリアのスタート地点であるため、成長意欲が旺盛であり、新しい分野への挑戦に積極的です。

企業はこれらの若さによるエネルギーや創造性を期待し、未経験であるがゆえの柔軟性を評価しています。

ただし、若さだけでなく、学習能力や協調性なども求められ、バランスのとれた個人が重宝されます。

ポテンシャル

26歳から始める仕事

企業が26歳の未経験人材に求めることの2つ目は、『ポテンシャル』です。

ポテンシャルとは、将来的な成長や発展が期待される潜在能力を指します。

未経験であることからもたらされる柔軟性や新しいアイディアの持ち主であることが、企業にとって魅力的です。

成熟した経験よりも、新しいチャレンジや学びを通じて成長していく姿勢が評価されます。

企業は、ポテンシャルを見極め、継続的なトレーニングやサポートを通じて、未経験者が将来的にリーダーシップを発揮できるよう期待しています。

基本的なビジネスマナー

26歳から始める仕事

企業が26歳の未経験人材に求めることの3つ目は、『基本的なビジネスマナー』です。

基本的なビジネスマナーには、丁寧な挨拶やコミュニケーションスキル、時間管理などが含まれます。

ビジネス環境での礼儀正しさやプロフェッショナリズムがあり、仕事において他のメンバーと円滑な協力ができることが期待されます。

基本的なビジネスマナーが身についている人は、職場での信頼感を構築しやすく、仕事で成果も出しやすいです。

ドフラ
『無料で4日間の就職講座を受ける方法』が知りたい方は、以下の記事をどうぞ。

26歳フリーターが就職を成功させる7つのコツ

26歳フリーターが就職を成功させるコツは、以下の7つです。

  • 正社員経験がないデメリットを感じさせない
  • フリーターになった理由を説明できるようにする
  • フリーター期間中にやったことを整理する
  • 行動を先延ばしにしない
  • 妥協点を考えておく
  • 十分に情報収集する
  • 相談しながら就職活動する

それぞれを詳しくみていきましょう〜。

正社員経験がないデメリットを感じさせない

26歳から始める仕事

26歳のフリーターが就職を成功させる1つ目のコツは、『正社員経験がないデメリットを感じさせない』です。

過去の経験や学びを通じて培ったスキルや成果をアピールし、自己のポテンシャルを引き立てることがポイントです。

面接では自信をもって強みを伝え、将来的な成長と貢献意欲を示す姿勢が重要。

経験不足を否定せず、学びの意欲や成長志向を強調することも大切になります。

新しい環境での学びと成長への積極的な姿勢が、企業に魅力的に映ります。

経験が少ないからこそ、新しい挑戦の意欲を伝えましょう。

フリーターになった理由を説明できるようにする

26歳から始める仕事

26歳のフリーターが就職を成功させる2つ目のコツは、『フリーターになった理由を説明できるようにする』です。

動機や目標を明確に理解し、面接やエントリーシートで的確に答えることが重要です。

フリーター経験を通じて得たスキルや経験もアピールでき、アルバイトで培ったリーダーシップやチームワークが企業にとって魅力的に映ります。

明確な志望動機を伝え、将来のビジョンを共有することで、企業に対する信頼感が生まれます。

フリーター期間中にやったことを整理する

26歳から始める仕事

26歳のフリーターが就職を成功させる3つ目のコツは、『フリーター期間中にやったことを整理する』です。

アルバイトやボランティアなどの経験を振り返り、身についた能力や特徴を整理して自己強化しましょう。

これにより、アピールポイントが明確になり、将来の職種への関連性を理解できます。

たとえば、顧客対応や販売経験、プロジェクト管理などの経験は、求められる職種において有益な要素となります。

また、フリーター期間中にやったことは、成長と学びの証明としても機能し、企業に対してポテンシャルを証明できます。

行動を先延ばしにしない

26歳から始める仕事

26歳のフリーターが就職を成功させる4つ目のコツは、『行動を先延ばしにしない』です。

若さには限りがあり、適切な職歴やスキルを身につけるために即座な行動が不可欠です。

競争が激しい就職市場では早期行動が必要であり、他の応募者と差別化するためにも、速やかに求人を確認し応募することが重要になります。

年齢に猶予があると思うとキャリア構築が遅れ、希望の仕事に就くのが難しくなるリスクも…。

行動を先延ばしにせず、今すぐに行動することが成功への道です。

妥協点を考えておく

26歳から始める仕事

26歳のフリーターが就職を成功させる5つ目のコツは、『妥協点を考えておく』です。

こだわりが強い人は、理想の条件に合う仕事を見つけるのが難しく、妥協できないと就職できないリスクが高いです。

妥協点を設け、柔軟に検討することで、早く適切な仕事に就職でき、キャリア構築がスムーズになります。

条件にこだわりすぎず、現実的な妥協点を把握することで、雇用される可能性が高まり、良い仕事に出会うチャンスが増えるのです。

過度な条件にこだわらず、実現可能なキャリア目標を設定し、着実にスキルや経験を積むことで、キャリア目標の達成が現実のものとなります。

十分に情報収集する

26歳から始める仕事

26歳のフリーターが就職を成功させる6つ目のコツは、『十分に情報収集する』です。

経験やスキルに合った職種や企業を見つけるためには、求人情報や企業の特徴を十分に理解することが必要です。

これにより最適な選択肢を見極め、就職活動をより効果的に進められます。

企業や職種に関する深い知識は、面接や選考プロセスで的確な質問や意見を述べる力を養い、自分の強みをアピールしやすくなります。

情報収集を通じて得た知識は、自信に繋がり、採用担当者に好印象を与える要素にもなります。

企業の価値観や風土を理解することで、ミスマッチを防ぎ、長期的なキャリア形成を実現しやすくなるでしょう。

相談しながら就職活動する

26歳から始める仕事

26歳のフリーターが就職を成功させる7つ目のコツは、『相談しながら就職活動する』です。

就職活動において、経験者や専門家に相談し、アドバイスを受けることは重要です。

信頼できる相手に相談すると、課題や弱点の克服、アピールポイントの強化ができます。

異なる視点や経験から得られる新しい情報は、様々な業界や企業について理解を深め、適職を見つけるヒントになります。

就職活動はストレスがかかりやすいが、相談できる相手がいることで精神的なサポートが得られ、モチベーションを維持しやすくなります。

具体的なアドバイスを得ながら、応募書類や面接対策、自己分析や企業研究を進めることも可能です。

僕も26歳で就活を始めた時は自分ひとりでやっていましたが、就職の軸が決まらず、自分のサボりぐせもあって、就活が全然うまくいきませんでした…。

しかしその後、転職エージェントを利用して、フリーターからIT企業の正社員に就職することができ、その2年後に年収500万円になり人生が変わりました。

26歳なら、まだ間に合います。

あとは、あなたが行動するかしないか、だけです。

こんなにダメダメだった僕でも人生変えれたわけですから、この記事を読むほど意識の高いあなたなら、必ず人生変えれると思いますよ。

ドフラ
僕が『26歳の時にフリーターから年収500万円のIT企業に就職するまでにやったこと』が知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

26歳フリーターが就職で失敗しない方法を伝えます!

26歳から始める仕事

では26歳フリーターが、就職で失敗しないためには、具体的にどうすればいいのか?

結論をいうと、『26歳フリーターに特化した転職エージェント』に無料登録すればOKです。

26歳フリーターの就活の流れは、次のとおりです。

  • フリーター向けの転職エージェントに無料登録する
  • 担当アドバイザーに無料で就職相談する
  • 自分に合う仕事を紹介してもらい応募してみる

転職エージェントに登録すれば、あとは担当アドバイザーが就職までサポートしてくれるので、めちゃくちゃ楽です。

でも就活を自分ひとりでやろうとすると、企業選びから面接対策まで全部自分でやらないといけないので、かなり大変です。

ちなみに、記事を書いている僕は、フリーターのときに自分ひとりで就活して、30社応募しても内定ゼロという失敗をしています…。

僕のような失敗をしたくなければ、最初からプロに頼るのがおすすめですね。

26歳フリーターに特化した転職エージェントには、フリーターからの就職事例がたくさんあるので、とりあえず登録してみて、『自分にはどんな仕事が選べるのか?』を聞いてみるのが良いかと思います。

行動しないと、人生は何も変わりません。むしろフリーター期間が長いほど、損することが増えていきます。

『今すぐフリーターを辞めろ』とは言いませんが、徐々に行動して変えていかないとですね。

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターからIT企業の正社員に就職できましたよ。

26歳から始める仕事のおすすめ8選【まとめ】

最後に、『26歳から始める仕事のおすすめ8選』をまとめておきます。

  • 営業職
  • プログラマー
  • 施工管理
  • 事務職
  • 介護職員
  • 接客・販売職
  • 工場作業員
  • 飲食店スタッフ

『いつかフリーターを抜け出したい…』と思いつつ、なかなか行動できない人もいますよね?

でも、もしあなたが26歳なら、今すぐにフリーターを辞めるべきです。

なぜならフリーターから正社員に就職するときに、『年齢が高いほど不利になるから』です。

未経験の人材を採用する企業側は、『入社後の教育のしやすさ』や『活躍できる期間の長さ』を評価します。

そのため、26歳の人材と29歳の人材を比較したときに、両者の指導のしやすさや将来性を考えて、年齢の若い26歳の人材が採用されやすいです。

ですから、人生を振り返って後悔したくない方は、今すぐに行動しておいてくださいね。

あとは、あなた次第です。

今から行動して、あなたの理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
『本気で人生やり直したい!』という方は、今すぐ転職エージェントに登録してくださいね。