26歳フリーター やばい
26歳でフリーターの人『26歳でフリーターから人生やり直せるかな?このままだとやばい気がする…。どうすればいいの?』

このような方に向けて記事を書いています。

就職活動に失敗してフリーターになったり、夢を叶えるためにフリーターになったり、26歳でフリーターを続けている方には様々な事情があると思います。

でも26歳になると、周りの友人の多くが社会人になり、急に『フリーターのままだとやばいかも…』という危機感が強くなりますよね。

しかし、いざ就職しようと思っても、何から手をつけたらいいのかわからず、結局フリーターから抜け出せない人も多いです。

では26歳のフリーターが人生やり直すためには、どうすればいいのか?

結論からいうと、26歳のフリーターが今すぐにやるべきことは、次の3つです。

  • フリーター向けの転職エージェントに無料登録する
  • 担当アドバイザーに無料で就職相談する
  • 自分に合う仕事を紹介してもらい応募してみる

上記のとおり。

世の中には、26歳フリーターの就職をサポートしてくれる『転職エージェント』があるので、とりあえずここに相談するのが1番早いです。

しかも全て無料で利用できるので、あなたのリスクはゼロ。これを利用しない手はないですよね。
26歳フリーターにおすすめの転職エージェント3社【すべて無料】

ドフラ
こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計985名の方にインタビューしてきたので、26歳フリーターのリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、26歳でフリーターから就職した僕が、『26歳のフリーターがやばい9つの理由』から『26歳のフリーターが就職して人生やり直す方法』までを解説していきます。

この記事を読めば、フリーターの未来に不安を抱えている方でも、人生を変えるための一歩が踏み出せるようになります。

3分ぐらいで読める内容なので、さっそく見ていきましょう〜。

『今すぐにフリーターから正社員に就職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

26歳フリーターがやばい理由【就職は遅い?手遅れ?失敗談あり】

26歳フリーター やばい
26歳までフリーターを続けてきた人『26歳までフリーターを続けてきたけど、家族から早く就職しろと言われてムカついてる…。なんで26歳のフリーターはダメなの?』

このような疑問もありますよね。

記事を書いている僕自身も、26歳までフリーターを続けていたので、あなたの気持ちは痛いほどよくわかります。

結論をいうと、26歳のフリーターがやばい理由は、以下のとおりです。

  • 経済的な安定がない
  • 社会保障の不安
  • キャリアの停滞
  • 自己成長の機会の制限
  • 社会的な孤立と信用の低下
  • 自己評価の低下と精神的ストレス
  • スキルが身につかない
  • 就職市場での競争力の低下
  • 将来への不安が大きい

ただし、26歳以降もフリーターを続けるかどうかは、本人の価値観の問題なので、26歳のフリーターが良いとか悪いとかの話ではありません。

でも、この記事を読んでいるあなたは、フリーターの未来に不安を抱えているはずです。

ここからは、あなたが26歳でフリーターを辞めるべきかを判断できるように、『26歳のフリーターがやばい9つの理由』を一つずつ解説していきますね。

26歳フリーターがやばい理由①:経済的な安定がない

26歳フリーター やばい

26歳フリーターがやばい理由の1つ目は、『経済的な安定がない』です。

フリーターはアルバイトや一時的な仕事に依存しており、安定した収入源がないため経済的な不安定さがあります。

フリーターは収入が安定しないことで、生活費や将来の計画に対する不安が消えません。

また、貯金や投資をする余裕も限られるため、将来の経済的な安定につながる資産形成も難しいです。

フリーターは収入が不安定で、経済的に自立できないため、家族や実家に依存しないと生活が成り立たないことも多いです。

ちなみに、DODAが公開する『20代男性・女性の平均年収』によると、26歳の平均年収は351万円(26歳男性:371万円、26歳女性:331万円)となっています。

記事を書いている僕のフリーター時代の年収は190万円なので、26歳の平均年収より160万円も少ない。まさに底辺労働者ですね…。

ドフラ
『何の仕事がしたいかわからない…』という20代の方は、以下の記事が参考になりますよ。

26歳フリーターがやばい理由②:社会保障の不安

26歳フリーター やばい

26歳フリーターがやばい理由の2つ目は、『社会保障の不安』です。

フリーターは正規の雇用形態ではないため、社会保障制度の恩恵を受けることが難しいです。

フリーターのような非正規雇用は、健康保険や年金制度などへの加入が限定的であり、将来の保障が不安定です。

そのため、病気や怪我に対する保険の補償や、老後の生活に必要な年金の支給が十分に受けられない可能性もある。

僕がフリーター時代にきついと思ったのは、国民年金や国民健康保険、住民税などの支払いですね。

月給15〜16万円しかないのに、毎月5万円ほどのお金が強制的にもっていかれるので、常に生活はギリギリの状態でした…。

26歳フリーターがやばい理由③:キャリアの停滞

26歳フリーター やばい

26歳フリーターがやばい理由の3つ目は、『キャリアの停滞』です。

フリーターは一時的な仕事や短期の雇用に従事することが多いため、長期的なキャリアの構築が難しいです。

フリーターは経験やスキルの積み重ねができず、専門的な知識や業界での信頼性を築く機会が限られます。

これにより、フリーターは将来的な職業選択肢が制限される可能性がある。

ちなみに、僕は26歳まで倉庫作業のアルバイトをやっていたので、毎日ひたすら『荷物を集めて指定の場所まで運ぶ』という作業をしており、フリーター時代に身についたものはゼロです…。

※元フリーターの山下剛史さん(26歳男性・仮名)が、『26歳でフリーターから大手企業に就職した体験談』は以下の記事をどうぞ。

26歳フリーターがやばい理由④:自己成長の機会の制限

26歳フリーター やばい

26歳フリーターがやばい理由の4つ目は、『自己成長の機会の制限』です。

フリーターは一時的な仕事に従事することが多いため、特定の職業的なスキルや専門知識の獲得が難しく、自己成長の機会が制限されます。

また、フリーターは長期的な職場での経験やトレーニングの機会も少ないため、将来的な職業の選択肢が狭くなります。

フリーターのほとんどが『誰でもできる単純作業』をやっているため、仕事で活かせるスキルや能力の向上が妨げられ、将来のキャリアに悪影響を与える可能性が高いです。

正社員なら会社が費用負担してくれるので、無料でスキルアップ研修や資格取得ができますが、フリーターはすべて自腹なので金銭的にも厳しい…。

このように、フリーターは『お金がないから自分に投資できない』『バイトで稼がないといけないから時間がない』という理由から、自分を成長させることができないのです。

※元フリーターの春岡高貴さん(26歳男性・仮名)が、『26歳でフリーターからIT企業に就職した体験談』は以下の記事をどうぞ。

26歳フリーターがやばい理由⑤:社会的な孤立と信用の低下

26歳フリーター やばい

26歳フリーターがやばい理由の5つ目は、『社会的な孤立と信用の低下』です。

フリーターは職場や学校などの組織に所属せず、一人で仕事をすることが多いため、社会的に孤立する可能性があります。

フリーターのような非正規労働者の場合、定期的な人間関係や支えを持つ機会が少ないため、孤独感や社会的なつながりの不足を感じることも多いです。

また、26歳でフリーターをしている人は、26歳で正社員として働いている人と比較すると、社会的な信用が低いです。

フリーターの経済的な立場や雇用形態の特徴から、他の人々から『あの人はちゃんと仕事をしていない』と見られることもあり、劣等感を感じることもあります。

一般的に『26歳』という年齢は、就職して3〜5年経っており、仕事のスキルや経済力がそこそこ身についている状態なので、これとフリーターの自分を比べてしまい、自己評価や自尊心に悪影響を及ぼすこともある。

フリーターは特に25歳を過ぎたあたりから、家族や友人に『早く就職しろ!』と言われることも増えてくるので、30歳に近づくほど肩身が狭くなりますね…。

26歳フリーターがやばい理由⑥:自己評価の低下と精神的ストレス

26歳フリーター やばい

26歳フリーターがやばい理由の6つ目は、『自己評価の低下と精神的ストレス』です。

長期間にわたってフリーターとして働くことで、自己評価が低下する可能性があります。

フリーターは正社員と比較して、就職活動や社会的立場で不利な状況に置かれることも多く、自身の能力や価値に対する自信を失う可能性があります。

フリーターは不安定な雇用状況や経済的な不安、自己成長や自己実現の機会が制限されることによって、精神的にストレスを感じることも多いです。

経済的な困難や将来の不透明さ、求職活動の不安定さなどが心理的な負担となり、メンタルヘルスの問題が生じるリスクもあります。

ドフラ
『フリーターから正社員への就職に失敗しない方法』が知りたい方は、以下の記事に進んでください。

26歳フリーターがやばい理由⑦:スキルが身につかない

26歳フリーター やばい

26歳フリーターがやばい理由の7つ目は、『スキルが身につかない』です。

フリーターは、アルバイトや一時的な仕事に従事することが多く、特定の職業的なスキルや専門知識の獲得が難しいです。

ほとんどのフリーターが『責任がなくて、誰でも簡単にできる仕事』しか任せてもらえないので、何年アルバイトを続けても、価値のある経験やスキルは身につきません。

また、フリーターは長期的な職場での経験やトレーニングの機会も少ないため、人材の市場価値が低く、将来的なキャリアの選択肢も制限される可能性が高いです。

※『26歳フリーター女性の就職活動の現実』や『26歳フリーターの女性が就職に失敗しない方法』が知りたい方は、以下の記事をどうぞ。

26歳フリーターがやばい理由⑧:就職市場での競争力の低下

26歳フリーター やばい

26歳フリーターがやばい理由の8つ目は、『就職市場での競争力の低下』です。

26歳でフリーターから正社員への就職を目指す場合、転職市場に出て行って就職活動をすることになりますが、そこでは正社員経験のある人やハイキャリア人材も多く転職活動しています。

そのため、26歳のフリーターは、求人市場での競争において不利な立場になり、希望する職種や条件を得ることが難しいです。

また、企業の採用担当者の中には『フリーター歴が長い人=責任のある立場から逃げてきた人』という印象をもつ人もいるため、26歳のフリーターは就職活動で苦戦することも多い。

企業の面接では『なぜ今までフリーターを続けていたのですか?』と必ず質問されるので、特に理由もなく26歳でフリーターを続けている人は、就職活動の時の質疑応答で困ります。

ちなみに、僕は就職に対する考えが甘すぎて、企業の面接官から『ところで、君は今日何しに来たの?』と説教されたこともあります…。

26歳フリーターがやばい理由⑨:将来への不安が大きい

26歳フリーター やばい

26歳フリーターがやばい理由の9個目は、『将来への不安が大きい』です。

フリーターは、安定したキャリアや収入の見通しがないため、職業的な目標を見つけることが難しく、将来への不安が大きくなります。

フリーターはキャリアの軌道や成長の道筋が曖昧であるため、自身の職業的な目的や人生のゴールを見失うこともある。

経済的な不安定さやキャリアの停滞、正社員への就職の難しさなどから、人生の目標や将来のプランニングが困難になり、フリーターは常に不安や焦りを抱えることになります。

僕もフリーター時代は『低収入・スキルなし・経験なし・実績なし・資格なし・コネなし・自信なし』という状態だったので、将来に不安しかありませんでした。

でも、26歳の時に転職エージェントを利用して、フリーターからIT企業の正社員に就職することができ、その2年後に年収500万円になり人生が変わりました。

26歳なら、まだ間に合います。

人生を振り返って後悔しないように、ぜひ手遅れになる前に行動しておいてくださいね。

こんなにダメダメだった僕でも人生変えれたわけですから、この記事を読むほど意識の高いあなたなら、必ず人生変えれると思いますよ。

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円のIT企業に就職できましたよ。

26歳のフリーターが就職で失敗しない方法を伝えます!

26歳フリーター 就職

では26歳でフリーターの方が、就職で失敗しないためには、具体的にどうすればいいのか?

結論をいうと、『26歳フリーターに特化した転職エージェント』に無料登録すればOKです。

26歳フリーターの就活の流れは、次のとおりです。

  • フリーター向けの転職エージェントに無料登録する
  • 担当アドバイザーに無料で就職相談する
  • 自分に合う仕事を紹介してもらい応募してみる

転職エージェントに登録すれば、あとは担当アドバイザーが就職までサポートしてくれるので、めちゃくちゃ楽です。

でも就活を自分ひとりでやろうとすると、企業選びから面接対策まで全部自分でやらないといけないので、かなり大変です。

ちなみに、記事を書いている僕は、フリーターのときに自分ひとりで就活して、30社応募しても内定ゼロという失敗をしています…。

僕のような失敗をしたくなければ、最初からプロに頼るのがおすすめですね。

26歳フリーターに特化した転職エージェントには、フリーターからの就職事例がたくさんあるので、とりあえず登録してみて、『自分にはどんな仕事が選べるのか?』を聴いてみるのはいかがですか?

行動しないと、人生は何も変わりません。むしろフリーター期間が長いほど、損することが増えていきます。

『今すぐフリーターを辞めろ』とは言いませんが、徐々に行動して変えていかないとですね。

ドフラ
フリーターから正社員への就職に失敗したくない方は、以下の記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ

26歳フリーターはやばい?【26歳フリーター7名の体験談を紹介】

ここからは、実際に僕が26歳のフリーターの方にインタビューした、『26歳でフリーターはやばいと思った体験談』を紹介していきいます。

26歳大卒フリーターの体験談:人生終わったとは思いたくない…

26歳フリーター やばい

フリーターの山口奈菜さん(26歳女性・仮名)は、大学を卒業後に、新卒で古着を販売するアパレル企業に就職しました。

しかし、衣類のゴミが集まる工場で、商品になりそうな古着をピックアップする作業が、あまりにもハードだったため、入社5ヶ月で退職しました。

その後は、雑貨屋のアルバイト、病院の派遣事務などを転々として、26歳になったタイミングでは自動車部品の工場で派遣社員をやっていました。

しかし、派遣先の会社の経営状況が悪化した影響で、そこで働いていた派遣社員は切られることになり、山口奈菜さんは26歳で無職になってしまったのです。

突然の派遣切りに焦ったものの、山口奈菜さんは実家暮らしで金銭的に親を頼れる状況だったこともあり、この機会に正社員としてキャリアを再スタートさせようと考えました。

山口奈菜さんは、特にやりたい仕事も決まっていなかったため、ITエンジニア、Webサービスの営業職、施工管理、タクシー会社の総務、エステサロン、中古車販売の店舗スタッフなど、少しでも興味のある求人には積極的に応募していたようです。

しかし、書類で落選することが多く、面接に進んでも1社も内定をもらえておらず、今はかなり就職活動に苦戦している状況です。

山口奈菜さんは、26歳まで非正規で働いてきた過去を振り返り、以下のようにコメントしています。

26歳でスキルがなかったり、正社員経験が短かったりすると、こんなにも就職することが難しいのですね…。落選が続くとメンタル的にきついですが、人生終わったとは思いたくないので、いまの状況から抜け出せるように就活を続けていきます。

上記のとおり、26歳のフリーターの場合、『正社員経験がないこと』や『過去に短期離職をくり返していること』などがネックとなり、落選が続くこともありますね。

26歳高卒フリーターの体験談:正社員になるのが怖い…

26歳フリーター やばい

フリーターの柳瀬博之さん(26歳男性・仮名)は、高校を卒業後に声優の専門学校に入学しましたが、1ヶ月で専門学校を中退し、実家ぐらしのフリーターになりました。

専門学校を中退してからは、コンビニのアルバイトを4年続けた後、チーズを製造する工場でライン作業のアルバイトを始めました。

チーズ工場のバイト先には主婦の方が多く、若い人が少なかったため、柳瀬博之さんは職場でかなり期待されていました。

しかし、まわりからの期待が大きすぎて、柳瀬博之さんは精神的にきつくなり、そのままチーズ工場を辞めることになります。

柳瀬博之さんは年齢が26歳だったこともあり、『そろそろ就職して、自分も稼げるようになって、親を安心させたい!』と思い、正社員への就職活動をスタートさせました。

でも実際に就職活動を始めてみると、『本当に自分は正社員としてやっていけるのか?』という不安が付きまとい、求人票を見るのが精一杯で、応募するところまではいってないようです。

柳瀬博之さんは、現在のフリーター生活について、以下のようにコメントしています。

自立して親を安心させたい気持ちはあるのですが、正社員になると責任やプレッシャーもあると思うので、正直それが怖いです。とりあえず収入がないと困るので、今はアルバイトを探そうと思っています。就職はまだ先になりそうです…。

上記のとおり、フリーター期間が長く続いてしまうと、正社員としてやっていける自信を失うので、就職活動に前向きになれるまでに時間がかかる人も多いです。

26歳専門中退フリーターの体験談:正社員経験なしのままではやばい…

26歳フリーター やばい

フリーターの武田和正さん(26歳男性・仮名)は、高校を卒業後、一度は看護師の専門学校に進学しましたが、経済的な理由で専門学校を中退することになり、21歳でフリーターになりました。

専門学校を中退後は、24歳までリサイクルショップでアルバイトを続けましたが、地元を離れて一人暮らしがしたいと思い、3年1ヶ月でアルバイトを辞めることになります。

その後、上京してアルバイトをしながら一人暮らしを始めるものの、バイト先であるナイトバーのオーナーの圧力が強すぎて、7ヶ月でバイトを辞めました。

25歳の時に、遠距離恋愛をしていた彼女が住む某地方都市に引っ越して、派遣に登録し、工場で機械を使って椅子に部品をつける仕事を半年ほど続けていました。

派遣では、家賃無料の寮に住むことができて、月給20万円近く稼げて、仕事は同じことのくり返しで楽だったため、生活は快適だったそうです。

しかし、26歳になったタイミングで、最悪な出来事が起こります。

それは、突然の派遣切り…。

景気の影響で、派遣先の社内体制が変わり、武田和正さんが働いていた部署では、派遣社員が必要なくなってしまったのです。

この派遣切りによって、武田和正さんは寮を出ていかなければならず、住む場所も収入も失うことになりました。

武田和正さんは、現在のフリーター生活について、以下のようにコメントしています。

今までフリーター生活をしていて特に困ったことはありませんでしたが、今回の派遣切りを受けて、やっぱり非正規で働くのはリスクが高いと痛感しました…。今はとにかく次の仕事を探すので精一杯ですが、生活が落ち着いたら正社員に就職したいです。

現在の武田和正さんは、『年収200万円以上稼げればいい』『業種や職種の希望はない』『自分にできる仕事ならやりたい』と希望条件をめちゃくちゃ下げて、次の仕事を探している状況です。

※フリーターの武田和正さん(26歳男性・仮名)が『26歳で人生詰んだと感じた失敗談』は、以下の記事をどうぞ。

26歳大卒フリーターの体験談:手遅れになる前に就職したい…

26歳フリーター やばい

フリーターの菅谷海斗さん(26歳男性・仮名)は、大学1年生の時にビリヤードにハマり、ビリヤードのプロを目指すために大学3年生が終わるタイミングで休学するほど熱中していました。

菅谷海斗さんは4年間、1日も休まずにビリヤードを練習し、大会にも出場していましたが、在学中にプロになることは難しく、最終的に7年半かけて大学を卒業することになります。

大学を卒業してからは、パチンコ店や飲食店、配達などのアルバイトを転々としながらビリヤードを続けていました。

しかし、26歳になった時に『そろそろ普通に就職しないと手遅れになるかも…』という不安が大きくなっていきました。

さらに、『もしビリヤードでプロの資格を手に入れたとしても、それだけで食べていくのは厳しいのではないか?』というモヤモヤもあったようです。

その結果、菅谷海斗さんは、ビリヤードは趣味の範囲で活動することに決めて、『年齢的に手遅れになる前に正社員に就職しよう!』と決意しました。

現在は『新しいことに挑戦できる』『仕事を通して成長できる』『地元を離れて生活できる』などの条件で就職先を探しつつ、面接にも挑戦し始めている状況です。

菅谷海斗さんは、現在のフリーター生活について、以下のようにコメントしています。

今まではがむしゃらに自分の夢を追いかけてきましたが、さすがに26歳でフリーターを続けるのはやばいと思いました。もうビリヤードは趣味として割り切って、まともな社会人としてキャリアをスタートさせたいです。

上記のとおり、夢を追いかけてフリーターを続けている人の多くが、25歳前後で夢に見切りをつけて、就職していますね。

26歳大学中退フリーターの就職体験談:職歴なしから就職に成功!

26歳フリーター 就職

元フリーターの春岡高貴さん(26歳男性・仮名)は、高校を卒業後、一度は大学に進学しましたが、経済的な理由で大学2年生のときに大学を中退し、フリーターになりました。

大学中退後は24歳まで居酒屋でアルバイトを続け、バイトながら店長も任されていました。

しかし、居酒屋が人手不足だったため、春岡高貴さんは週6日出勤が当たり前で、ひどい時は10連勤するほどでした。

居酒屋バイトでは月給25万円ほど稼げていましたが、体力的にも精神的にもこれ以上続けるのは無理だ…と思い、居酒屋のアルバイトを辞めました。

その後、スーツ専門店でアルバイトを始めて、連日出勤や長時間勤務などはなくなり、時間に余裕のある生活ができるようになりました。

しかし、春岡高貴さんは26歳になった時に、当時お付き合いしていた方と結婚を考えるようになり、「将来のためにも、そろそろ就職しないと…!」と思い、就職活動をスタートします。

春岡高貴さんは、これまでに居酒屋やスーツ専門店で、約6年ほど接客のアルバイトを経験していたため、接客経験をアピールできる営業職の求人に絞って選考を受けていきました。

春岡高貴さんは、打たれ強い性格で、不採用が続いてもあまり落ち込まず、転職サイトと転職エージェントの両方を利用して、とにかく応募しまくったそうです。

その結果、就職活動を始めてから約2ヶ月後に、転職サイトから応募したIT企業から内定をもらうことができました。

春岡高貴さんは入社後、面接官だった上司に採用してくれた理由を質問したら、「就職して人生をやり直したい熱意が伝わってきたし、性格も明るくて元気だから会社の雰囲気に合うと思った!」と言われたそうです。

現在の春岡高貴さんは、中小企業にWebマーケティングやSNS活用を提案する営業職を担当しており、入社3年目で年収500万円ほど稼げているそうです。

春岡高貴さんは、以前のフリーター生活を振り返り、以下のようにコメントしています。

フリーター生活は楽しかったですが、結婚や将来のことを考えると30歳になる前に正社員に就職したほうが良いと思いました。フリーターと正社員では世間体も収入も大きく違うので、あのときに行動しておいて良かったです。もともと人と話すのは好きなので、仕事でいろいろな人と関われる営業職は自分に合っていると思います!

上記のとおり、結婚や将来のことを考えて、社会的信用や収入アップのために、正社員に就職する人も多いですね。

※春岡高貴さん(26歳男性・仮名)が『26歳でフリーターから正社員に就職した体験談』は、以下の記事をどうぞ。

26歳専門卒フリーターの就職体験談:将来性のある仕事に就職成功!

26歳フリーター 就職

元フリーターの高橋美咲さん(26歳女性・仮名)は、アパレル系の専門学校を卒業しましたが、就職活動に失敗してしまい、そのままフリーターとなりました。

専門学校を卒業後は、26歳までショップスタッフの派遣やアルバイトを続け、実家からも仕送りをもらいながら生活をしていました。

約6年ほどフリーター生活を続けていましたが、常に収入面の不安があり、「明日食べるごはんがない…」「体調を崩したけど病院に行くお金がない…」ということも多かったそうです。

年齢的にも、実家からの経済的な支援を受け続けるのはまずいと思い、26歳で自立するために正社員として働くことを決断しました。

しかし、高橋美咲さんは自分に向いてる仕事がよくわからない状態だったため、就職活動を始めたものの、就活の方向性が定まりませんでした…。

就職のことは友達にも相談しづらい内容だったため、高橋美咲さんはしばらくひとりで悩んでいたそうです。

その後、インターネットで『若手向けの転職エージェント』があることを知り、一度相談してみることにしました。

担当のキャリアアドバイザーの方にカウンセリングをしてもらった結果、今まで考えたこともなかった、IT系やプログラマーといった専門職の仕事を勧められました。

高橋美咲さんにとって、予想外の就職の選択肢でしたが、『仕事に将来性があって手に職がつくこと』や『入社後に未経験向けの実習を受けさせてもらえること』などを考えると、プログラマーに挑戦してみるのもアリかもしれないと思ったそうです。

その後、未経験プログラマーを募集する3社の選考を受けた結果、「この人たちと一緒に働きたい!」と思える会社から内定をもらい、フリーターからIT企業のプログラマーの正社員に就職することができました。

高橋美咲さんは現在、仕事では業務アプリの開発を担当しており、プライベートでは実家からの仕送りなしで自立できるまでになったそうです。

高橋美咲さんは、フリーターから正社員に就職した現在について、以下のようにコメントしています。

フリーターから正社員に就職して、収入面や将来に対する不安がなくなったので、思いきって行動して良かったです。未経験からプログラマーに就職したので、覚えることが多くて大変なこともありますが、アットホームな職場なので自分にはとても合っています!

上記のとおり、入社後に実習や研修を受けさせてもらえる会社も多いので、フリーターから就職を目指す場合は、教育制度が整った会社を選ぶのもポイントですね。

ドフラ
高橋美咲さんが『26歳フリーターからITエンジニアに就職した体験談』をこちらの記事でも詳しく紹介していますので、あわせてご覧ください。

26歳大学中退フリーターの就職体験談:みじめな生活から抜け出せた!

26歳フリーター 就職

元フリーターの山下剛史さん(26歳男性・仮名)は、高校を卒業後に1年浪人して東京の国立大学に入学しましたが、大学の勉強に付いていけず、2年留年した後に大学を中退してフリーターになりました。

山下剛史さんは、大学に通うために上京していたので、本来は大学中退のタイミングで地元に帰ればよかったのですが、卒業できなかった恥ずかしさもあり、なかなか実家に帰れなかったそうです。

大学を中退してからは、カラオケ店で夜勤のアルバイトをして生活費を稼ぎつつ、東京でフリーター生活を続けていました。

しかし、フリーター生活は楽しいものではありませんでした…。

なぜなら、山下剛史さんは浪人と留年によって年齢が26歳になっており、職場は年下の学生アルバイトばかり、さらには社員も年下だったからです。

また、山下剛史さんはアルバイト歴が長かったため、新入社員に仕事を教えることも多く、その度に「本当は俺も今ごろは…」という悔しさを感じていました。

その後、30歳までのカウントダウンが始まったこともあり、山下剛史さんは地元に帰って就職する決心をして、真剣に就職活動と向き合いました。

たとえば、ハローワークの職業訓練を受けてパソコンの基本操作や社会人マナーを身につけたり、転職エージェントに登録してカウンセリングを受けたり面接練習をしたりして、積極的に就職活動を進めていきました。

さらに、面接後に面接官宛にお礼状を書くなど、学歴や職歴の不利さをカバーするために、自分ができることは何でもやったそうです。

その結果、山下剛史さんは最終的に、転職エージェントから紹介してもらった建設業界の大手企業の施工管理への就職に成功し、無事に社会人としてのキャリアをスタートさせることができました。

現在は、先輩や上司のもとで現場の仕事を覚えながら、国家資格の取得を目指しているそうです。

山下剛史さんは、以前のフリーター生活を振り返り、以下のようにコメントしています。

大学を中退してフリーターを続けていた頃は、同世代の友人がほとんど社会人になっていたので、このまま人生どうなるんだろう…という不安しかありませんでした。でも真剣に就職と向き合ったおかげで、社会人になれましたし、現在は家族との関係も修復できて実家に住んでいます。今後はキャリアアップを目指して頑張りたいです!

上記のとおり、「絶対に正社員に就職する!」という強い意志のある人は、フリーターから就職できる可能性が高いですね。

ドフラ
フリーターから就職で失敗したくない方は、以下の記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。

26歳をフリーターで終わらすな!今すぐに行動しないとやばいです

26歳フリーター やばい

『いつかフリーターを抜け出したい…』と思いつつ、なかなか行動できない人もいますよね?

でも、もしあなたが26歳なら、今すぐにフリーターを辞めるべきです。

なぜならフリーターから正社員に就職するときに、『年齢が高いほど不利になるから』です。

未経験の人材を採用する企業側は、『入社後の教育のしやすさ』や『活躍できる期間の長さ』を評価します。

そのため、26歳の人材と28歳の人材を比較したときに、両者の指導のしやすさや将来性を考えて、年齢の若い26歳の人材が採用されやすいです。

ですから、人生を振り返って後悔したくない方は、今すぐに行動しておいてくださいね。

あとは、あなた次第です。

今から行動して、あなたの理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
『本気で人生やり直したい!』という方は、今すぐ転職エージェントに登録してくださいね。