フリーター就職サイト

「就職して人生をやり直したい…」
「フリーター生活から抜け出したい…」
「でも職歴や経歴に自信がない…」

このような方に向けて、元フリーターの僕がおすすめの就職サイトを紹介します。

特にフリーターやニートや既卒など、職歴や経歴に自信がない方向けです。

ドフラ
こんにちは。元フリーターのドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に就職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに就職や転職に役立つ情報を発信しています。

世の中には「就職サイト」の情報が多すぎて、どこを選んだらいいかわからないですよね?

ちなみに就職サイトには、求人サイトと就職エージェントの2種類のタイプがあります。

就職サイトの2種類のタイプ
  • 求人サイト:自分で求人情報を検索して直接応募するタイプ。多くの求人情報が掲載されているため、自分のペースで就職活動を進められる。
  • 就職エージェント:プロのキャリアアドバイザーが希望や適性に合う求人を紹介してくれる。応募書類の作成・面接対策・ビジネスマナーまで手厚くサポートしてもらえる。

どの就職サイトもすべて無料で利用できるので、フリーターの就職活動には就職サイトを活用するのがとてもおすすめです。

ただし、就職サイトには「職歴や経歴に自信がある方向け」と「職歴や経歴に自信がない方向け」があります。

そのため自分に合わない就職サイトを選んでしまうと、いつまで経っても就職できない…ということになります。

そんな中で今回は、元フリーターの僕が実体験をもとに『タイプ別に9社の就職サイト』を紹介します。

この記事を読めば、どの就職サイトがあなたに合っているのかわかります。

3分くらいで読み終わる内容なので、それでは見ていきましょう〜。

フリーターが就職サイト選びで失敗する理由

フリーター就職サイト

フリーターの就職活動において、就職サイトを活用するのはかなりおすすめです。

しかし、就職サイトにはそれぞれ得意不得意があるため、自分に合わないサイトを選んでしまうと失敗します。

就職サイトごとに得意な求人ジャンルや対象者が異なるため、フリーター向けの就職サイトを見極めることが大切です。

たとえば、就職サイトの特徴には、下記のようなものがあります。

  • 幅広い求人を掲載している
  • 専門職に求人を特化している
  • ハイクラス求人に特化している
  • 対象となる年齢を限定している
  • 経験者のみを対象としている
  • フリーターを対象としている
  • 既卒・ニートを対象としている

ちなみに元フリーターの僕は、最初にハイクラス向けのサイトを選んでしまい、数ヶ月経っても就職できなかった…という失敗をしています。

高収入の求人を扱うハイクラス向けのサイトには、ハイキャリアの転職者がたくさん登録しているので、ショボい経歴の僕がそこで戦っても勝てないというわけです。

今なら、これがどれだけ無謀な挑戦だったのかわかりますが、当時の僕は全く気づきませんでした…。

僕はその後、数社の就職サイトを渡り歩いた結果、ようやく自分に合う就職サイトにたどり着きました。

それが「フリーター・ニート・既卒の就職に強いサイト」です。

このタイプの就職サイトは、学歴や職歴に自信のない求職者を対象にしているため、フリーターから就職しやすい求人が多いです。

さらに、無料で就職講座や適職診断が受けれたり、面接対策もやってくれたりします。

このおかげで、最終的に僕はIT企業の営業職に就職することができ、その2年後には年収500万円稼げるようになりました。

僕はもともと年収190万円のフリーターだったので、僕と同じような境遇の方や僕よりマシな経歴の方なら、必ず人生やり直せますよ。

ここからは、あなたが僕と同じような遠回りをしないように、「フリーターにおすすめの就職サイト(求人サイト・エージェント)」を紹介しておきますね。

フリーターにおすすめの求人サイト4選

Re就活:20代フリーター向け。フリーターから正社員の求人数678件。

リクナビNEXT:全年代フリーター向け。フリーターから正社員の求人数2,037件。

マイナビ転職 :20代フリーター向け。フリーターから正社員の求人数295件。

エン転職 :20代30代の転職者向け。フリーターから正社員の求人数231件。

※2024年7月4日時点の求人数

上記のとおりです。

フリーターが求人サイトを選ぶときのポイントは、「フリーターを対象としているか」と「フリーターから正社員を目指せる求人がどれくらいあるか」の2点です。

詳しい比較をみていきましょう。

Re就活|20代フリーターの就職に強い

フリーター就職サイト
Re就活の特徴
  • 20代フリーターの就職に強い
  • 無料適職診断テストが受けれる
  • フリーター向けの求人数678件

20代フリーターの場合は、Re就活を利用して、フリーター向けの求人を「気になったリスト」で比較してみるのがおすすめです。

サイト内に「フリーターの特集ページ」が用意されており、フリーターから正社員の求人を検索すると、678件もの求人がヒットします。(※2024年7月4日時点)

無料の適職診断テストが受けれる点も、Re就活が選ばれる理由のようです。

Re就活:20代フリーターの就職に強い。無料適職診断テストあり。フリーターから正社員の求人数678件。

※2024年7月4日時点の求人数

リクナビNEXT|フリーターから正社員の求人が最大級

フリーター就職サイト
リクナビNEXTの特徴
  • 全年代のフリーターにおすすめ
  • 無料自己分析ツールが利用できる
  • フリーター向けの求人数2,037件

リクナビNEXTは全年代を対象とする求人サイトなので、30代以上のフリーターでも問題なく利用できます。

「フリーターから正社員を目指す」という条件で検索できるようになっており、2,037件もの求人がヒットします。(※2024年7月4日時点)

無料の自己分析ツールもあるため、自分の強みや弱みを客観的なデータで見直したい人にもおすすめです。

リクナビNEXT:全年代のフリーターにおすすめ。無料自己分析ツールあり。フリーターから正社員の求人数2,037件。

※2024年7月4日時点の求人数

マイナビ転職|20代若手向けの求人が多い

フリーター就職サイト
マイナビ転職の特徴
  • 20代フリーターにおすすめ
  • 若手向けの未経験OK求人が多い
  • フリーター向けの求人数295件

マイナビ転職は若手を対象とする求人サイトなので、20代〜30代前半のフリーターにおすすめです。

「フリーターから正社員を目指せる転職・求人情報」という条件で検索できるようになっており、295件の求人がヒットします。(※2024年7月4日時点)

ただし、マイナビ転職は大手サイトと比べて求人数が劣るため、Re就活やリクナビNEXTと併用して登録するのが良いかと思います。

マイナビ転職 :20代フリーターにおすすめ。フリーターから正社員の求人数295件。

※2024年7月4日時点の求人数

エン転職|20代30代の未経験求人が豊富

フリーター就職サイト
エン転職の特徴
  • 20代30代の転職者におすすめ
  • 未経験者歓迎求人が約3割を占める
  • フリーター向けの求人数234件

エン転職は若手層を対象とする求人が多いため、20代30代の未経験転職におすすめです。

フリーター特集はないですが、「職種未経験歓迎・業種未経験歓迎+キーワード:フリーター」の条件で検索すると、234件の求人がヒットします。(※2024年7月4日時点)

ただし、エン転職はフリーター向けの求人数がそこまで多くないため、Re就活やリクナビNEXTとあわせて利用するのがおすすめです。

エン転職 :20代30代の転職者におすすめ。フリーターから正社員の求人数234件。

※2024年7月4日時点の求人数

おすすめの求人サイトまとめ

ここまで紹介した、フリーターの就職活動におすすめの求人サイトをまとめておきます。

どの求人サイトも3分ほどで無料登録できるので、とりあえず登録しておいて損はないです。ぜひこの機会にお試しあれ〜。

✔記事で紹介した求人サイトリスト

Re就活:20代フリーターの就職に強い。無料適職診断テストあり。フリーターから正社員の求人数678件。

リクナビNEXT:全年代のフリーターにおすすめ。無料自己分析ツールあり。フリーターから正社員の求人数2,037件。

マイナビ転職 :20代フリーター向け。フリーターから正社員の求人数295件。

エン転職 :20代30代の転職者向け。フリーターから正社員の求人数234件。

※2024年7月4日時点の求人数

フリーターにおすすめの就職エージェント5社

ここからは、フリーターにおすすめの就職エージェントを紹介します。

フリーターが就職エージェントを選ぶときのポイントは、「フリーターの就職を強みとしているか」と「フリーターの就職サポートがどれくらい手厚いか」の2点です。

それぞれみていきましょう〜。

第二新卒エージェントneo|20代フリーターの就職に強い

フリーター 就職サイト
第二新卒エージェントneo
  • 20代フリーターの就職に強い
  • 中卒・高卒・大学中退・既卒も対象
  • 10時間以上の手厚いサポートあり

20代フリーターの場合は、第二新卒エージェントneoを利用しつつIT企業に応募するのがありかな…という印象です。

僕が就職したIT企業には、元アパレル店員・元パチンコ店員・元飲食店員・元倉庫作業員などの20代フリーターが、第二新卒エージェントneoから多く就職してきていました。

10時間以上の手厚いサポートがある点も、第二新卒エージェントneoが選ばれる理由のようです。

第二新卒エージェントneo :20代フリーターの就職に強い。10時間以上の無料就職サポートあり。

就職カレッジ|20代30代フリーターの就職に強い

フリーター 就職サイト
就職カレッジの特徴
  • 20代30代フリーターの就職に強い
  • 4日間の無料就職講座を受けれる
  • 書類選考なしで面接に進める

20代30代で正社員の経験がない場合は、就職カレッジを利用して4日間の無料就職講座を受けるのが良いかと思います。

ビジネスマナーや面接対策までしっかりやってもらえるので、自己肯定感が高まり、前向きに就職活動を進められます。

書類選考なしで優良企業20社と面接できる点も、就職カレッジが選ばれる理由です。

就職カレッジ:正社員経験なしの20代30代の就職に強い。4日間の無料就職講座あり。

ハタラクティブ|20代フリーター・ニート・既卒の就職に強い

フリーター 就職サイト
ハタラクティブの特徴
  • 20代フリーターの就職に強い
  • 未経験OK求人が3,000件以上
  • 就職成功率80.4%の実績あり

20代フリーター・ニート・既卒の場合は、ハタラクティブを利用して自分に合った求人をたくさん紹介してもらうのがおすすめです。

3,000件以上の未経験OK求人がありますし、実際に取材した企業のみの紹介なので、ブラック企業も徹底的に排除してくれています。

充実したサポート体制によって、書類選考通過率は91.4%、内定率は80.4%という高い実績がある点も人気の理由です。

ハタラクティブ :20代フリーター・ニート・既卒の就職に強い。未経験OK求人3,000件以上。

マイナビジョブ20's|第二新卒の転職に強い

フリーター 就職サイト
マイナビジョブ20'sの特徴
  • 第二新卒の20代におすすめ
  • 無料適性診断テストが受けれる
  • 大手企業の求人も揃っている

第二新卒の20代で転職したい方は、マイナビジョブ20'sを利用して、無料の適性診断テストを受けてみるのが良いと思います。

自分の強みや弱みを客観的なデータで見直した上で、自分に向いている企業や職種を選べる点が人気です。

マイナビグループのノウハウがあり、大手企業の求人が揃っているのも特徴ですね。

マイナビジョブ20's :第二新卒の20代の転職に強い。無料適性診断テストあり。

ウズカレIT|20代フリーターのITエンジニア就職に強い

フリーター 就職サイト
ウズカレITの特徴
  • ITエンジニアへの未経験就職に強い
  • 800本の無料動画教材を利用できる
  • IT専門アドバイザーが就職サポート

20代フリーターからITエンジニアになりたい場合は、ウズカレITに登録して、800本の無料動画教材を利用するのがおすすめです。

IT講師が学習サポートまでしっかりやってくれるので、未経験でも知識やスキルが手に入り、有利に就職活動を進められます。

IT専門アドバイザーの就職サポートによって、入社後の定着率は93.6%という高い実績がある点も、ウズカレITが選ばれる理由です。

ウズカレIT :20代フリーターのITエンジニア就職に強い。800本の無料動画教材あり。

おすすめの就職エージェントまとめ

ここまで紹介した、フリーターにおすすめの就職エージェントをまとめておきます。

どの就職エージェントも1分で無料登録できるので、ぜひこの機会にお試しください。

✔記事で紹介した就職エージェントリスト

第二新卒エージェントneo :20代フリーターの就職に強い。10時間以上の無料就職サポートあり。

就職カレッジ:正社員経験なしの20代30代の就職に強い。4日間の無料就職講座あり。

ハタラクティブ :20代フリーター・ニート・既卒の就職に強い。未経験OK求人3,000件以上。

マイナビジョブ20's :第二新卒の20代の転職に強い。無料適性診断テストあり。

ウズカレIT :20代フリーターのITエンジニア就職に強い。800本の無料動画教材あり。

まとめ:就職サイトは全て無料だから何もリスクがない

以上、9社の就職サイト(求人サイト・就職エージェント)をまとめてみました。

どの就職サイトも無料で登録できるので、何もリスクがないです。

元フリーターの僕も含めて、低収入から就職して、人生をやり直した事例は次のとおりです。

・元倉庫作業員:年収190万→510万
・元アパレル店員:年収250万→650万
・元飲食スタッフ:年収290万→480万

ただし就職サイトの良し悪しは、企業の求人募集のタイミングによって決まるので、そこは運になります。

自分にぴったりの求人に出会うためにも、2〜3社の就職サイトに登録して、フリーター向けの求人を常にチェックしておきましょう。

低収入から抜け出したいなら、行動して少しずつ変えるしかありません。

すぐにアルバイトを辞めろとは言いませんが、「未来のあなたは、あなたの職場にいる先輩」です…。

ここに納得できないなら、徐々に行動しないとですね。ぜひこの機会にお試しあれ〜。

✔記事で紹介した就職サイトリスト

Re就活:20代フリーターの就職に強い。無料適職診断テストあり。フリーターから正社員の求人数678件。

リクナビNEXT:全年代のフリーターにおすすめ。無料自己分析ツールあり。フリーターから正社員の求人数2,037件。

マイナビ転職 :20代フリーター向け。フリーターから正社員の求人数295件。

エン転職 :20代30代の転職者向け。フリーターから正社員の求人数234件。

第二新卒エージェントneo :20代フリーターの就職に強い。10時間以上の無料就職サポートあり。

就職カレッジ:正社員経験なしの20代30代の就職に強い。4日間の無料就職講座あり。

ハタラクティブ :20代フリーター・ニート・既卒の就職に強い。未経験OK求人3,000件以上。

マイナビジョブ20's :第二新卒の20代の転職に強い。無料適性診断テストあり。

ウズカレIT :20代フリーターのITエンジニア就職に強い。800本の無料動画教材あり。

※2024年7月4日時点の求人数