「資格を取って稼げるようになりたい」

「これから資格を取ろうと思っている」

「お金に困らない資格が何かを知りたい」

この記事は、このような方に向けて書いています。

結論からいうと、底辺層の人が資格を取っても貧乏になるだけです。

その理由は、資格ビジネスは情報弱者をターゲットにしているからです。

何も知らない底辺層の人たちに対して、「資格を取れば稼げるようになる」といううたい文句で資格取得をすすめ、誰でも取得できるような資格を高額な費用で売りつけるということもあるのです。

資格を持っている人がたくさんいれば、資格を持っていることに対しての希少価値がほとんどないので、当然収入も低くなるということです。

頑張って資格の勉強をしたり、資格取得のために多額の費用を投資しても、結局は低賃金労働者から抜け出せないのです。

今回は、「底辺層が資格を取っても貧乏になるだけの理由」について話していきたいと思います。

スポンサーリンク

底辺層が資格を取っても貧乏になるだけの理由

「資格を取れば稼げるようになる」という資格脳のままでは、確実に貧乏になってしまいます。

情報弱者をターゲットにした資格ビジネスもあるほどで、数十万円という高額な費用で無価値な資格を販売している会社もあるのです。

これに騙されてしまうと、時間とお金を無駄にしてしまうので、注意しておかなければいけません。

資格ビジネスの運営者たちは、「就職が決まらない」「自分には何の武器もない」と悩んでいる人に対して、「資格を取れば底辺人生から抜け出せる」というようなことを言って、資格取得をすすめているのです。

また、「やりたいことがなければ資格でも取れば?」という人もいますが、資格を取得したところで人生は何も変わりません。

もちろん、医者などの資格を持っている人は高収入なので、それくらい難易度の高い資格を持っていればいいかもしれませんが、資格取得までの道のりが難しすぎて、医師の資格を取得することは底辺の人にとっては非現実的です。

さらにいうと、医者になったとしても、結局は働かなければいけないのです。

お金や時間から解放されたいという方にとっては、最善の選択とはいえません。

底辺から豊かな人生を手に入れるには起業しかない

どれだけ難易度の高い資格を持っていたとしても、サラリーマンである限り、結局は働かなければいけません。

医者などになれば、高収入にはなるかもしれませんが、収入は雇っている側に決められますし、時間の自由もありません。

何かの資格を取って働くというのは、ずっとサラリーマンとして働くことが大前提なのです。

つまり、すべてにおいて上限が設定されてしまうのです。

いっぽうで、ビジネスは必ずしも現場にいなくてもいいものなので、自分でビジネスをつくってお金を稼ぐことができれば、稼げるお金は自分次第で、時間も自由です。

底辺から人生を逆転させたい人が、今から医者を目指すのは非現実的です。

底辺の人が現実的に人生を豊かにするためには、起業するのが一番いいです。

むしろ、起業するしか底辺から抜け出す方法はないといってもいいでしょう。

起業には、学歴も家庭環境も経済環境もいっさい関係ありません。

自分のアイデアとやる気次第でいくらでも稼げるようになるのです。

スポンサーリンク

資格とっても年収300万円台が圧倒的に多い

世に出回っている「誰でも取れる資格」を取得しても人生が楽になることはありません。

例えば、ファイナンシャルプランナーというお金のアドバイスをする資格がありますが、平均年収は300万円ほどなのが現実です。

お金の運用をアドバイスする人の年収がたったの300万円というのは驚きですよね。

なぜ、こんなに年収が低いかというと、ファイナンシャルプランナーという資格を持っている人がめちゃくちゃ沢山いるからです。

同じ資格を持っている人だらけなので、そこに対して高額な報酬を払おうというお客様がいないということです。

皆が仕事を欲しがっているので、一番安いところに頼めばいい、という発想になってしまうということですね。

国家資格で仕事をすると国に給料が決められる

国家資格で仕事をする人たちは、国が給料を決めるので、国家資格で仕事をしようとすると、自分の力だけでは給料を増やすことはできません。

保育士の給料が低いのは、この典型例なのです。

毎年、専門学校や大学で、国家資格の取得者が輩出されており、国家資格といえでも市場においては供給過多になってしまっているのです。

当然、供給過多なので給与水準も低くなりますし、もっと酷い状況だと資格を活かした就職先が見つからずに、結局資格と関係ない仕事に就くということもあります。

ですから、国家資格を取得したからといって、稼げるわけではないということです。

資格を取得する前に、世の中に対して希少価値が高いのか、そもそもの報酬が高いのかを確認しておかないと低賃金人生が確定するのです。

スポンサーリンク

資格取得して稼ぐための方法

資格を持っている人は、世の中にたくさんいます。

では、資格を活かしてお金を稼ぐためには、どうすればいいのでしょうか?

資格を活かしてお金を稼ぎたいなら、資格をつかって自分のビジネスや商品をつくってください。

資格を活かしてサラリーマンとして働くという道を選んでしまうと、一生、経済的に豊かになることはできません。

ですから、資格を使って稼ぎたいなら、サラリーマンとして働く道を選ぶのではなく、その資格を使って自分で商品やビジネスをつくるべきなのです。

資格の知識をYouTubeやブログで発信したり、その資格を活かしてスクールを展開するなど、自分のビジネスを展開していくのが稼ぐための唯一の方法です。

資格を持っていることは、「資格を持っていれば誰でもできることを、私もできますよ」という証明でしかありません。

人生を豊にしたいのであれば、「自分の商品をつくること」から逃げてはいけません。

今の時代は、YouTube・ブログ・スクールなど、自分の商品をつくることはカンタンにできるような世の中になっています。

ですから、どうしても資格を取得したいのであれば、独立する前提で資格を取得しましょう。

「資格があれば生きていける」かもしれませんが、「人生が楽になる」わけではありません。

経済的な面や時間的な面で、人生を楽にしたいのであれば、起業して自分のビジネスを持つしかないのです。

起業するためには資格はいっさい必要ありません。

それでもあなたは資格を取得しますか?

今一度、本当に資格を取得するべきかどうか考えてみてくださいね。

まとめ

今回のまとめです。

  • 底辺層が資格を取っても貧乏になるだけの理由
  • 底辺から豊かな人生を手に入れるには起業しかない
  • 資格とっても年収300万円台が圧倒的に多い
  • 国家資格で仕事をすると国に給料が決められる
  • 資格取得して稼ぐための方法

今回は、「底辺層が資格を取っても貧乏になるだけの理由」について話しました。

資格を取得する前に、「本当にその資格を取得することで稼げるようになるのか?」や「世の中から重宝されている資格なのか?」を確認してみることが大切です。

せっかく時間とお金をかけて資格を取得しても、貧乏な底辺人生のままでは全く意味がありませんよね?

結局、底辺人生から抜け出すためには起業するしかありません。

サラリーマンとして働きながら、自分の商品やビジネスをつくって、自分でお金を稼ぐ力を少しずつでも養っていくのがおすすめです。

自分の力でお金を稼ぐことができれば、何も怖いものがなくなり、人生が自由になりますよ。

それではまた。

スポンサーリンク
おすすめの記事