毎年4月になると、入社初日で退職する新卒社員って、こんなに多いんだなーとびっくりします。

僕はキャリアアドバイザーの仕事をしていますが、4月は入社したばかりの新卒社員からの転職相談が多くなります。

入社初日で退職する人たちは、口をそろえて「決断は早いほうがいいと思って」と言います。

しかし、結論から言うと、入社初日で退職する新卒社員は底辺職種しか選べなくなります。

その理由は、浅はかな考えで就職活動をしているからです。

この人たちは、「行きたい会社から内定がもらえなかった」という理由で、仕方なく今の会社に入社することになったのだと思います。

でも、ちょっと待ってください。

今の会社から内定が出てから入社するまでに、結構な時間がありましたよね?

「年間休日が少なかった」「残業があった」「仕事内容がイメージしていたのと違った」などの理由で退職する人が多いですが、こんなことは入社するまでにネットで調べれば秒でわかります。

何が言いたいかというと、考えや行動が浅はかすぎるんです。この思考のままだと、一生満足できる転職はできません。

今回は、僕が実際に面談した新卒社員の事例もふまえて、この部分を解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

入社初日で退職する新卒社員は底辺職種しか選べない理由

入社初日で退職する新卒社員が、選べる転職先は底辺職種だけです。

その理由は、転職をくり返すごとに、どんどん悪い条件の転職先に転落していく、という統計データがあるからです。

入社初日 退職

前職に対する何かしらの不満が転職理由になっている人は、高確率でもっと悪条件の会社に転職することになります。

「残業をしたくない」「年間休日は120日以上ほしい」などの理由で転職をする人は、新しい転職先でも絶対に不満が出てきます。

この人たちの最大の問題は、自分の市場価値を理解していないことです。

特に、新卒で入社した会社を、初日で辞める人たちは、まったく市場価値がない状態です。

人材を採用する企業側になって考えればわかると思いますが、せっかく就職活動を頑張って入った会社を、初日で辞めるような人間を採用したいと思うでしょうか?

普通は採用したくないですよね。絶対にまた辞めそうですもんね。

入社初日で退職した新卒社員を採用する会社とは?

では、入社初日で退職した新卒社員でも、採用してくれる会社とは、どんな会社なのでしょうか?

結論からいうと、入社してくれるなら誰でもいいと考えている会社です。

たとえば、「大量募集」「経験不問」「学歴不問」「転職回数不問」などの応募ハードルがめちゃくちゃ低い求人ですね。

このようなキャッチコピーを求人で使っている会社は、離職率の高い職種や人気のない職種を募集している傾向があります。

新卒採用をしている会社は、新卒を育てるための研修制度が整っていますし、すぐに売上をつくれない新卒を雇い入れるだけの資金的な体力があります。

客観的な視点で、中途社員の大量募集をする会社と新卒社員をじっくりと育てる会社を比較したときに、どちらに入りたいと思いますか?

もちろん、どちらの会社にも、メリットとデメリットがあるので、どちらを選ぶかはあなたの価値観次第です。正解はありません。

しかし、「残業が嫌だ」「休日がたくさんほしい」と考えている人にとっては、新卒で入る会社の方が魅力的に感じるはずです。

退職したら、自分の立場がどうなるかまでを、しっかりと考えて行動したほうがいいですね。

新卒というカードを使えるのは一度だけ

あなたが「新卒」というカードを使えるのは一度だけです。

新卒社員は、何もスキルがないですし、社会人経験もないので、人材的な価値だけでいうと、市場価値はめちゃくちゃ低いです。

しかし、大きな武器があります。

それが「新卒」というカードです。

入社初日 退職

日本の労働市場では、新卒というだけで重宝されて、仕事ができなくても、大手企業に入社するチャンスがあります。

しかし、このカードが使えるのは一度だけです。

入社初日で退職した新卒社員は、新卒という唯一の武器を失っているので、市場価値でいうと底辺レベルです。

転職市場には、経験豊富な人材やスキルの高い人材が、うじゃうじゃと転職活動をしています。

この競合ひしめく転職市場で、あなたは勝ことができると思いますか?

申し訳ないですが、絶対に勝てません。

スキルも経験もない雑魚人材にとっての唯一の最強カードが「新卒」なのです。

入社初日で退職してしまう新卒社員は、この価値にまったく気づいていないのです。

退職した後に、転職活動をする中で現実を知り、自分の浅はかな思考と行動に100%後悔することになります。

元新卒社員が転職市場で戦うのは実績のある巨人たち

入社初日で退職した新卒社員は、転職市場でアピールできるものが何もありません。若さと健康くらいですね。

中途採用では即戦力が求められるので、学生時代の就活みたいな「部活で〇〇を頑張りました」「〇〇の勉強をしました」というアピールは通用しません。

社会人経験のある求職者たちは「前職では売上〇〇万円の実績があります」「〇〇業界で5年の経験があります」という具体的な実績を武器に転職活動をしています。

そんな巨人たちに対して、雑魚レベルのスキルや経験しかない元新卒社員が戦いを挑んでも、絶対に勝てるわけがないのです。

学生時代の就活でうまく内定を獲得できた人も、転職市場では実践を積み重ねた猛者たちが相手になるので、為す術がなく撃沈します。

ここまで具体的に想像した上で、新卒で入った会社を退職するかどうか考えたほうがいいと思います。

新卒入社した会社で実績を残してから転職するべき

新卒で入った会社が、ブラック企業過ぎて、会社のことを考えると恐怖で眠れなくなるというような場合は、すぐに辞めたほうがいいと思います。

しかし、そこまでの不満がない場合、今の職場で何かしらの実績を残すまでは、頑張ったほうがいいです。

高待遇&高収入の求人は人気なので、多くの人が応募します。

その中で、内定を勝ち取ろうと思うと、実績や経験がないとかなり厳しいのです。

ですから、新卒で入社した会社で、何かしらの実績をつくってから転職を考えたほうがいいと思います。

新卒で入社した会社をすぐに辞めるかどうかは、あなたが決めることです。

あなたはこれからどうしますか?

まとめ

今回のまとめです。

  • 入社初日で退職する新卒社員は底辺職種しか選べない
  • 大多数は浅はかな考えで就職活動をしている
  • 誰でもいいから採用したい会社が転職先になる
  • 新卒というカードを使えるのは一度だけ
  • 元新卒社員が転職市場で戦うのは実績のある巨人たち
  • 新卒入社した会社で実績を残してから転職するべき

今回は、入社初日で退職する新卒社員は底辺職種しか選べない理由について話しました。

僕のもとに転職相談にくる人たちの中には、入社初日で退職してしまった新卒社員の人が実際にいました。

この人たちは、就職に対する考え方が、めちゃくちゃ浅はかです。

正直、転職エージェントの立場からいうと、仮に企業を紹介して入社することになっても、またすぐに辞めてしまう可能性が高く、企業に迷惑をかけてしまうので、転職先を紹介したくないというのがホンネですね。

新卒のアドバンテージをしっかりと理解して行動したほうがいいと思いますが、あなたはどう考えますか?

スポンサーリンク