高卒 将来性のある仕事

「高卒におすすめの職業が知りたい」
「高卒から人生を逆転させたい」
「将来性のある仕事に就きたい」

このような方に向けて、記事を書いています。

「自分は高卒だから肉体労働しか仕事がない…」と就職に対してネガティブなイメージを持っている方は多いです。

結論からいうと、高卒におすすめの職業は「法人営業」です。

その理由は、法人営業の仕事は高卒からでもチャレンジできる求人が多く、自分の市場価値を高めやすい職業だからです。

ドフラ
こんにちは。26歳まで倉庫作業員だった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や人生に役立つ情報を発信しています。

僕の経験からも、学歴や職歴のない方には、法人営業がおすすめだといえます。

今回は高卒の方に向けて、「高卒で将来性のある仕事に就きたいなら法人営業を選ぶべき理由」を解説していきたいと思います。

3分で読める内容なので、それではいきましょう。

『今すぐに転職して年収アップしたい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

高卒で将来性のある仕事に就きたいなら法人営業を選ぶべき理由

高卒 将来性のある仕事

「自分は高卒だから肉体労働の仕事しか選べないんだ…」と就職の選択を諦めている方は多いです。

実際に高卒で働いている人の多くが、建築現場の仕事だったり、倉庫作業員だったり、製造業の工場だったり、と肉体労働の仕事をしています。

しかし、肉体労働を何年続けても、肉体労働しかできるようになりません。

20代半ばに差し掛かるくらいで、「俺の人生このままで大丈夫か?」と不安になってくることでしょう。

5年先輩も、10年先輩も、今の自分と同じ仕事をしている…。

このような職場にいると、将来はかなり危険ですね。

新入社員と入社10年の社員が同じ仕事をしているということは、誰でもできる仕事ということです。

もっと言うと、パートのおばちゃんと正社員が、ほぼ同じ仕事をしている職場もあります。

ドフラ
こうなると、経営者側は安い労働力を優先するので、正社員じゃなくてパートを採用するようになりますね。

これからはAIやロボットの導入によって、人間の仕事が奪われると言われていますが、倉庫作業や工場などの単純労働は、最もAIやロボットに置き換えやすい仕事ですね。

では、高卒の方はどんな仕事を選べばいいのか?

高卒の方が選ぶべき仕事は「法人営業」です。

高卒でも活躍できて稼ぎやすいのはダントツで営業職!

高卒 将来性のある仕事

高卒の方が営業職を選ぶべき理由は以下のとおりです。

  • 高卒が活躍しやすい
  • 学歴よりも結果が評価される
  • お金が稼ぎやすい
  • 将来仕事がなくなるリスクが低い
  • 起業も視野に入る

いまは人生100年時代といわれ、終身雇用も崩壊しているので、生涯安泰という会社はありません。

大手企業が突然リストラを始めたり、市場の環境変化によって急激な業績不振になったり、どこに勤めていても、安定を維持することはできなくなりました。

これからは、「どこの会社に勤めているか?」よりも「個人として何ができるか?」が重要です。

家庭環境や経済的理由によって、最終学歴が「高卒」となってしまった現実は変えられないので、まずは現実を受け入れなければいけません。

高卒の方が、有利に生きていくための人生戦略を考えると、高卒が不利になる職場や学歴社会を重視する会社を就職先に選んではいけません。

たとえば、大卒じゃないと昇進できない会社や、高卒と大卒で給料のベースが違う会社ですね。

もっと言うと、経営者や役員、幹部社員に高卒が多い会社を選ぶと、高卒でも昇進や昇給のチャンスに恵まれます。

ドフラ
なぜなら高卒の幹部たちが、高卒でも会社の上層部まで昇進できることを証明しているからです。

高卒が人生を有利に進めるためには、高卒が多数活躍している、学歴ではなく結果が評価される、高卒で稼いでいる人が多い、という職場を選ぶ必要があります。

このように考えると、高卒でも活躍できて稼ぎやすい職業は、ダントツで「営業職」ということになります。

高卒の新卒社員の営業として入社しやすいのはITベンチャー企業!

高卒 将来性のある仕事

高校卒業と同時に就職する場合、9割以上の方が高校の先生から紹介された会社に就職しようとします。

しかし高校から紹介される会社の多くは、肉体労働系の仕事です。

就職に対して無知な高校3年生は、高校の先生に言われるがまま、紹介された会社に応募して、そのまま入社を決めてしまいます。

ここで注意しておきたいことは、社会人1年目の職場環境が、その後の人生に大きな影響を与えるということです。

肉体労働系の職場には、思考停止状態で仕事をしている人がたくさんいるので、その環境で2~3年働いていると、自分にも思考停止状態で働く習慣が身に付きます。

こうなると、会社から与えられた仕事を指示された通りにしかできない人間になってしまいます。

この状態では、高卒から人生を逆転させることはできません。

「高卒→工場、倉庫作業、建築現場」という高卒の王道ルートをたどって、人生終了です。

では、高校卒業と同時に、営業職のような頭をつかう仕事に就職するには、どうすればいいのか?

それは、IT系のベンチャー企業に応募することです。

ドフラ
IT系のベンチャー企業には若い社員が多く、高卒の社員も多数在籍しています。

ただし、ITベンチャー企業の多くが、高校とは繋がっていないので、高校の先生から紹介されることは、まずありません、

高卒の方がITベンチャー企業に応募する場合は、転職サイトから探したり、企業のホームページから直接応募したりしなければいけません。

インターネットで、「〇〇市 ITベンチャー企業 営業 高卒」などと検索すれば会社が出てくると思うので、その会社に応募していくのです。

ITベンチャー企業には、柔軟な思考を持つ経営幹部や採用担当が多いので、高校卒業と同時の18歳でも採用されることがあります。

実際に僕が勤めていたITベンチャー企業では、高卒の新入社員を営業職として採用していました。

ドフラ
世の中には『高卒でも大卒以上に稼げる会社』があります。詳しくはこちらをどうぞ。

高卒で正社員経験が1年以上あれば法人営業への転職のチャンスが増える

高卒 将来性のある仕事

残念ながら、高校卒業のタイミングで、営業職に就職できなかった人もいると思います。

高卒で営業に就職できなかった人は、どうすればいいのか?

結論からいうと、正社員経験を1年積んでから、営業への転職活動を始めましょう。

ドフラ
実際に転職活動を始めるとわかりますが、正社員経験が1年以上ある人は営業職に転職しやすいです。

「営業に転職したい!」という気持ちがあっても、前職が1年未満だと、短期離職がネックになって落選します。

逆に前職がどんな職業でも、正社員として1年以上働いている人は、採用担当から「責任感のある人」という好印象を持たれるので、選考通過率が上がります。

ですから、高校卒業のタイミングで営業に就職できなったら、とりあえず工場や倉庫作業などに入社して、1年間待ってから転職活動を進めるのがおすすめです。

大手企業の工場や倉庫作業の仕事は、時間管理が整備されていて残業も少ないので、プライベートの時間に営業系の書籍を読みまくっておくと、営業に転職した際の成果にもつながりますね。

ドフラ
20代のうちに転職しないと手遅れになるので、今すぐに行動しておきましょう。

高卒におすすめの職業が法人営業である理由【まとめ】

今回の内容のまとめです。

  • 高卒で工場や倉庫作業に就職すると人生逆転できない
  • 高卒におすすめの職業は法人営業
  • 高卒でも活躍できて稼ぎやすいのはダントツで営業職
  • 高卒の新卒社員の営業として入社しやすいのはITベンチャー企業
  • 高卒で正社員経験が1年以上あれば法人営業への転職のチャンスが増える

家庭環境や経済的理由で、高卒しか選べなかった人も多いと思います。

しかし、人生は自分次第で、どうにでもなります。

自分次第で思考は変わりますし、自分次第で行動も変わります。

自分の行動が変われば、仕事、収入、スキル、知識、生き方などが全て変わってきますので、人生を逆転させることが可能です。

「高卒だから自分には無理だ…」と落ち込んでいる暇があったら、今すぐに行動しましょう。

幸せな人生になるかどうかは、100%あなた次第です。

ドフラ
高卒で転職に失敗したくない方は、以下の記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。