ホテル 辞めたい
ホテルを辞めたい人『ホテルの仕事がきつくてもう辞めたい…。でもホテルから転職できるか不安でなかなか行動に踏み切れない…』

このような方に向けて、記事を書いています。

観光業界に興味があって、ホテルの正社員になったものの、2~3年働いてみると、夜勤と日勤がごちゃ混ぜのシフトで生活リズムが崩れたり、長時間労働のわりに給料が安かったり…という理由から退職を検討する人が多くなります。

ホテルの仕事はカッコいいですし、接客はやりがいもあると思いますが、体力的にきついことや給料のことを考えると、『将来に不安を感じる…』というのが本音ではないでしょうか。

もしあなたが『支配人を目指して頑張りたい!』という強い志を持っているなら、多少しんどくてもホテルを続けるべきだと思います。

しかし、ホテル業界に強いこだわりがないのなら、今すぐ行動しないと手遅れになるかもしれません。

その理由は、未経験から転職する場合、年齢が高いほど不利になるからです。

ホテルから転職するなら、理想は『25歳前後まで』に行動することです。

ドフラ
こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や人生に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計164名の方にインタビューしてきたので、ホテル業界で働く人たちのリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、僕が実際に話を聴いた、元ホテル正社員の田辺聡一さん(23歳男性・仮名)の体験談を紹介しつつ、『ホテルで働く正社員の本音』から『ホテルを辞めたいなら即行動しないと手遅れになる理由』までを解説していきます。

この記事を読めば、ホテルを辞めたいけど行動できない…という方でも、今日から一歩踏み出せるはずです。

3分で読める内容ですので、それではいきましょう~。

ホテルを辞めたいなら秒で行動しないと手遅れになる理由【体験談】

ホテル 辞めたい

『旅行が好きだから』『観光が好きだから』という理由で、毎年多くの若者がホテル業界に入ります。

ホテルの仕事は『お客様から直接感謝の言葉をもらえる』などやりがいのある仕事ですが、いっぽうで長時間労働、生活リズムが整わない、給料が安い…などの辛い部分もあります。

ホテル業界に対して、よほど強い志を持っている方でないと、5年10年も続けられない…というのが実態です。

実際に厚生労働省の調査によると、宿泊業・飲食サービス業の離職率は次のとおり。(参考:平成26年3月新規大卒就職者の3年目離職率(産業別)

大学卒業3年以内:50.2%
高校卒業3年以内:64.4 %

大卒全体の離職率は約30%、高卒全体の離職率は約40%なので、全体と比較するとホテル業界の離職率は高めだといえます。

ちなみに、元ホテル勤務の田辺聡一さん(23歳男性・仮名)の職場でも、正社員の約7割が2~3年で退職している状況でした。

いずれにせよ、多くの人がホテルを辞めていくわけですから、今の段階で『ホテルを辞めたい…』と思っているなら、できるだけ早めに行動するのがおすすめです。

未経験から転職する場合、年齢的には25歳前後が理想で、30歳以降になると転職が難しくなりますからね。

田辺聡一さんの場合は、入社5ヶ月目から少しずつ転職の準備を始めて、入社11ヶ月目に転職先が決まりました。

退職理由が『長時間の拘束時間や日勤夜勤のシフトに耐えられないこと』だったため、転職先は『土日休みで残業少なめ』のシステム設計会社を選んだそうです。

いまは仕事もプライベートも充実しており、以前よりもワークライフバランスがはるかに整っているようです。

ホテルを辞めたい人の退職理由とは?

ホテルを辞めたい人は、どのような理由で退職するのでしょうか?

元ホテル正社員の田辺聡一さん(23歳男性・仮名)の場合は、長時間の拘束時間や日勤夜勤のシフトによって、プライベートの時間が充実しない、という退職理由でした。

ほかの元ホテル勤務の方の退職理由は、次のとおり。

・日勤と夜勤がごちゃ混ぜのシフトで生活リズムが崩れた
・夜勤が肉体的にきつかった
・連休がとれず友人や恋人との時間が作れなかった
・仕事量に対して給料が低かった
・クレーム対応に追われて疲れた
・毎日同じ業務のくり返しで成長できないと思った
・全国に転勤があって引越しがストレスだった

上記のとおり、夜勤や長時間労働、休みが取れないなどが、退職にいたる主な理由のようですね。

ホテル業界は離職率の高いので、必然的に現場が人手不足になります。

そして、その人手不足をカバーするために、長時間労働と休日返上の被害を受けるのは、辞めずに頑張っている社員…。残酷な世の中ですね。

ホテル業界はやめとけ!なんで?やめたほうがいい理由とは?

ホテル業界 やめとけ

『ホテル業界で仕事をしてみたい!』という方に対して、『ホテル業界はやめとけ!』というのは無責任だと思うので、とりあえず納得いくまでやってみたらいいと思います。

でもホテル業界を5年10年続けれる人は、『将来ホテルの支配人になりたい!』という高い目標を持っている方くらいですね。

実際にホテルの支配人になれば、給料が一気に上がるので、本気でそこを目指したい方は、頑張って続けるのがいいと思います。

しかし、そこまでの目標がない方は、できるだけ若いうちに、ホテルから転職しておくのが無難かと。

ホテルを辞めるタイミングが、20代なら異業種への転職もしやすいですが、30代になると書類選考が通過しにくくなります。

どの企業も未経験者を採用するときは、できるだけ長く活躍してほしいと考えるため、未経験者なら20代を採用したがるのです。

30代を採用する場合は、即戦力の中途社員が多いです。

ですから、今の段階でホテルを辞めたいと思うなら、手遅れにならないうち行動してくださいね。

ホテルから転職するときのコツは?面接は?自己PRは?

ここでは、『ホテルから転職するときのコツ』について解説します。

転職を成功させるコツは、【自分の得意なこと⇒転職先の仕事で活かせる】ということをアピールすることです。

では、あなたがホテル勤務の経験で、身につけたスキルは何ですか?

色々あると思いますが、ホテルの仕事を経験した、あなたの最大の武器は『コミュニケーションスキル』です。

コミュニケーションスキルは、どんな職業にでも活かせる汎用性の高いスキルなので、未経験からの転職では企業からの評価も高いです。

応募書類や面接でアピールするなら、こんな感じですね。

ホテルには老若男女、さまざまなお客様がお越しになるため、ホテルでの経験業務を通して、どんなお客様とでも臆することなくコミュニケーションをとる力が身につきました。さらにお客様のクレーム対応もおこなっていたため、臨機応変な対応もできるようになりました。

上記内容に加えて、仕事で壁にぶつかったときに、先輩や上司に相談して乗り越えたエピソードも伝えられると、より効果的です。

そして、自己PRや志望動機の最後は『私のこのコミュニケーションスキルを活かして、御社の〇〇職の業務で成果を出して、御社に貢献したいと考えております』という形で締めくくるのがおすすめです。

ホテルを辞めたい人が今すぐにやるべきこと

ホテル 辞めたい

もし今あなたが、『ホテルを辞めたい…』と思っているなら、今すぐに行動しないと損する可能性が高いです。

その理由は、時間が経つほど、ホテルからの転職が難しくなるから、です。

でも、具体的に何から始めればいいの?

このような疑問を持つ方もいると思うので、ホテルを辞めたい人が、今すぐにやるべきことを伝えておきます。

それは、とりあえず転職エージェントに登録しつつ、自分がチャレンジできる求人情報をチェックしておくことです。

求人を探す方法には、ハローワークに行く、転職ポータルサイトから探す、求人誌から探す、などの方法もあります。

しかし、このような方法で求人を探すと、自分が採用される可能性がほぼゼロの求人にも応募してしまう、というリスクがあります。

これは、どういうことか?

世の中には『ハイクラス向けの求人』『未経験者向けの求人』があり、仮にホテルから転職を考えている方が『ハイクラス向けの求人』に応募しても、落選する可能性が高いです。

これはホテルからの転職に限る話ではなく、未経験の職業に挑戦する方には、ほぼ当てはまります。

ちなみに元フリーターの僕は、転職活動をし始めた頃、間違えて『ハイクラス向けの求人』に応募しまくり、28社すべて書類落ちという大失態をしています…。

ホテルから転職したい方が、転職エージェントに登録すると、担当アドバイザーとの面談の後で、求人を紹介してもらえます。

転職エージェント経由で紹介される求人は、ほぼすべて『ホテルからの転職でも採用される可能性の高い求人』です。

そのため、この求人情報をチェックすることで、自分が現実的にチャレンジできる求人がわかる、ということです。

その中から良さそうな求人があれば、担当アドバイザーに協力してもらって、選考を進めていけばOKです。

今の環境を変えたいなら、徐々にでも行動しないとですよ〜。

ドフラ
『本気で人生やり直したい!』という方は、今すぐ転職エージェントに登録してくださいね。