フリーター 惨め
フリーターが惨めでつらい人『今までフリーターを続けてきたけどお金はないし未来にも希望が持てない…。なんでフリーターはこんなに惨めなの?』

このような方に向けて、記事を書いています。

結論からいうと、フリーターが惨めな理由は次のとおり。

  • 最悪の末路が待っている
  • 現実逃避の先には絶望しかない
  • 無目的だと全員に見下される

『新卒で入った会社がブラックだった』『夢を叶えたくて就職しなかった』などの理由で、仕方なくフリーターになった人もいますよね。

でも25歳過ぎたあたりから、家族や友人の視線が冷たくなったり、お金や将来が不安になったり…。

フリーターの自分が惨めになる場面が、どんどん増えていきます。

ぶっちゃけ将来のことを考えると、今すぐに正社員に就職しておくのが安全です。

なぜなら、フリーター歴が長くなるほど、企業の書類選考に通過しにくくなってしまうからです。

ですから、早く行動しないとヤバいです…。

残念ながら世の中は、正社員かフリーターかというだけで、給料もスキルも経験も将来も、大きく違ってきます。

つまり、フリーターは正社員よりも、人生の選択肢が狭くなるということ。

特にやりたいことがないなら、とりあえず正社員になっておくべきですね。

ドフラ
こんにちは。元フリーターのドフラです。

この記事を書いている僕は、26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や人生に役立つ情報を発信しています。

この記事では、元フリーターの僕の体験談をもとに『フリーターが惨めな3つの理由』を解説していきます。

この記事を読めば、なぜフリーターのままだと将来ヤバいのかがわかるので、今から人生をやり直せるはずです。

それでは、さっそく見ていきましょう~。

ドフラ
『フリーターだった僕が利用した転職エージェント』はこちらをどうぞ。

フリーターが惨めな3つの理由【現実逃避した末路がヤバいです】

僕は26歳までフリーターでしたが、かなり惨めな生活でした。

当時やっていたアルバイトは倉庫作業員で、毎日段ボールの荷物を倉庫の中で運んでいました。

あの職場は『社会の底辺』という感じでしたね。

毎月の給料は15万円ほどで、税金や生活費を差し引いていくと、最後に残るのはいつも0円…。

もちろん貯金はなかったので、常に『アルバイトをしなければ人生終わる』という状況でした。

お金もないし、スキルもないし、未来に希望も持てないし。

あれは、相当きつかったですね…。

僕はこの経験から、フリーターが惨めな理由は、次の3つだと思っています。

  • 最悪の末路が待っている
  • 現実逃避の先には絶望しかない
  • 無目的だと全員に見下される

ここからは、それぞれ解説していきますね。

フリーターが惨めな理由①:最悪の末路が待っている

フリーター 惨め

フリーターが惨めな理由の一つ目は『最悪の末路が待っているから』です。

フリーターを長く続けすぎると、正社員に就職する道がどんどん遠ざかります。

これは企業の採用担当が『フリーター=無責任な人』というイメージを持っており、フリーター歴の長い求職者を採用したがらないからです。

では、フリーター歴が長くなると、どんな末路が待っているのか?

それは、次のとおり。

フリーター歴が長い

正社員求人への書類選考が通らない

正社員に就職できない

年齢的にアルバイト先に居づらくなる

アルバイト求人にも受からなくなる

日雇い労働者になる

部屋が借りれなくなる

ネットカフェで寝泊まりするようになる

底辺生活から抜け出せなくなる

あなたは、これをどう思いますか?

こんな末路は、イヤですよね?

でも、これは誰にでも起こり得ることです。

なぜなら、最悪の末路になる最初のきっかけが『フリーターを続け過ぎたから』という、誰でもやってしまうことだからです。

『まだ就職しなくても大丈夫でしょ』
『就活は来月から始めれば間に合うかな』
『やっぱり面倒くさいから来年からでいいや』

このような、ちょっとの心の甘さが、転落人生の原因になる。

ですから、1日も早く行動するべきなのです。

フリーターが惨めな理由②:現実逃避の先には絶望しかない

フリーター 惨め

フリーターが惨めな理由の二つ目は『現実逃避の先には絶望しかないから』です。

フリーターを続ける人の中には、就職しないといけないと思いつつも、なかなか行動に移せない人がたくさんいます。

『わかっているけど行動できない…』

まさに、これですね。

ほとんどの人は、面倒くさいことを後回しにする。

何かのきっかけで『そろそろ就職しないと!』と思っても、結局こんな感じです。

『明日から就活しよう!』

『来週からでいいかな~』

『来月からでも間に合うでしょ~』

『とりあえず来年にするか~』

結局何も行動しない

上記のとおり。

現実逃避をくり返して、やるべきことを先延ばしにしてしまい、結局何も変わらない…。

とはいえ、以前の僕もこんな感じだったので、行動できない人の気持ちも、痛いほどよくわかります。

でも、心にムチを打って、自分で一歩を踏み出すしかありません。

これは、ストレスのかかる行動ですが、ここで踏ん張らないと、その先の未来は絶望しかないです…。

フリーターが惨めな理由③:無目的だと全員に見下される

#f0f8ff

フリーターが惨めな理由の三つ目は『無目的だと全員に見下されるから』です。

あなたは、なぜフリーターを続けていますか?

『バンドで成功するため?』
『国家資格を取得するため?』
『バイトからの正社員登用を目指すから?』

このような理由で、フリーターを続けているなら、まだ説明がつきます。

しかし、ほとんどの方は、特に理由なくフリーターを続けていると思います。

以前の僕も、なんとなくフリーターを続けていました。

このように目的のないフリーターは、どこに行っても見下されます。

家族からも、友達からも、就活の面接でも…。

『どうしようもないヤツだ』みたいな印象を持たれて、人生損しかないです。

否定され続けると、自分が惨めになってきて、自分の居場所がないような気持ちになります…。

惨めな状況を脱出するには、正社員に就職するか、自分で起業して周囲より稼ぐか、しかないです。

とはいえ、いきなり起業はハードルが高いので、とりあえず正社員に就職する方が現実的ですね。

いずれにせよ、とりあえず行動は早い方がいいです。ぜひこの機会に行動してみてくださいね。

まとめ:フリーターはマジで惨めです!孤独がやばい

この記事のまとめです。

  • フリーターは最悪の末路が待っている
  • フリーターの現実逃避の先には絶望しかない
  • フリーターは無目的だと全員に見下される
  • とにかく正社員に就職するのが最優先
  • 今すぐに行動しないと将来ヤバくなる

僕も26歳までフリーターだったので、就職に踏み出せない方の気持ちは、痛いほどよくわかります。

フリーターってめちゃくちゃ気楽ですよね。

でも、実際に就活し始めてわかりましたが、フリーターから正社員に就職するのは難しいです。

書類選考は全然通らなかったですし、面接も失敗しまくりでした…。

ですからフリーターの就活は、最初は失敗すると思っておいた方がいいです。

とうことは、できるだけ早く就活を始めないと、正社員になれる時期も遅くなってしまうのです。

就活がうまくいかない期間を考えると、今すぐにでも行動し始めないと、手遅れになるリスクが高くなります。

惨めなフリーター生活から抜け出したいなら、今日とはいわず、今から行動してみてくださいね。

ドフラ
『フリーターから就職したい方向けの転職エージェントの選び方』はこちらです。