AD 離職率

『ADは離職率が高いの?』
『ADの仕事は女性には無理?』
『ADを辞める人の退職理由は?』

このような疑問に答えます。

結論からいうと、ADの離職率はめちゃくちゃ高いです。

この記事で紹介する、元ADの山本由実さん(26歳女性・仮名)が勤めていた制作会社では、離職率は1年で50%でした。

ADを辞める人の退職理由には、体力的にきつい、精神的にきつい、ディレクターになれない、などの理由が多いですね。

ドフラ
こんにちは、26歳まで底辺フリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円のフリーターでした。その後、WEB業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計211名の会社員の方にインタビューしてきたので、様々な業界で働く人のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、僕が実際にインタビューした元ADの山本由実さんの体験談をもとに、『ADの離職率がやばい理由』から『ADのきつい仕事の実態』までを解説します。

この記事を読めば、これからADを目指そうとしている方や、今後ADを辞めようか迷っている方の参考になると思います。

3分ぐらいで読める内容なので、さっそく見ていきましょう〜。

『今すぐにADから転職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

ADの離職率がやばい理由【帰れない!きつい!】23歳女性の体験談

AD 離職率

『テレビ局のADはきつい…』

世の中的には、このイメージが強いです。

では、本当にADの仕事はきついのか?

元ADの山本由実さん(26歳女性・仮名)さんによると、『毎日16時間労働が当たり前だったこと』『月に数回しか自宅に帰れなかったこと』が1番きつかったそうです。

昔はテレビ番組の中で、ADの人たちがソファの上で寝ている姿を見ることもありました。

でも最近は働き方改革の影響もあり、ADが自宅に帰れない映像を見ることはほとんどありません。

しかし実際に元ADの方から話を聞くと、今でも労働環境は過酷そうですね…。

ADは帰れない!毎日16時間労働が当たり前!?

AD 離職率

元ADの山本由実さん(26歳女性・仮名)は大学卒業後、テレビ局のAD(アシスタントディレクター)の仕事に就職しました。

ADの仕事を選んだ理由は、大学から就職活動中にさまざまな求人を紹介してもらい、『とりあえず書類を応募したら内定をもらえたから』という理由です。

大学時代の山本由実さんは、国家資格を取得して仕事に就きたいと考えていましたが、大学4年生になっても資格は取れませんでした。

その結果、大学卒業の3ヵ月前から就職活動を始めることになり、もう企業の選択肢がなかったそうです。

山本由実さんは大学のゼミの先生から『就職浪人だけは絶対にダメだ!』といわれて、仕方なく就職することに決めました。

そして、よく調べずにテレビ局のADに就職して、毎日16時間労働が当たり前の生活になってしまったのです…。

山本由実さんはほぼ毎日、朝8時から夜24時まで働いていました。

夜24時を過ぎると終電がなくなるので、月に数回しか自宅に帰れなかった…とのこと。

仕事内容や人間関係のストレスはありませんでしたが、シンプルに『肉体的な限界』によって、ADを辞める決断をしたのです。

AD 離職率

テレビ局のADの仕事に対して、『面白くてやりがいもある!』と言う人もいます。

でもその反面、ADの業務量はめちゃくちゃ多いです。

元ADの山本由実さんが担当していた業務は、次のとおり。

  • 資料作成
  • 会議室の用意
  • 会議の議事録の作成
  • 取材先への電話
  • 収録する前の準備(楽屋への差し入れ・収録機材の準備)

一つ一つの仕事内容は単純作業ですが、抱えている番組数が多くなってくると、業務負荷がやばくなります。

山本由実さんは『ADの仕事自体は面白かった!』と言っていますので、ストレスの原因は『業務量の多さ』です。

ADの仕事は面白さがある反面、過酷な肉体労働であることを覚悟しておく必要があります。

ADの離職率は50%!女性はきついかも…

AD 離職率

テレビ局のADは、会社で寝泊まりするほど長時間労働の職場なので、現実的に考えると、女性の方はきついかもしれません。

ちなみに山本由実さんは、救命救急士を目指すほど、体力に自信のある23歳の女性でしたが、それでも肉体的な限界が理由で退職しています。

山本由実さんが入社した制作会社は、1年以内の離職率が50%で、3年以内に同期の9割が辞めていました。

『どうしてもテレビに関わる仕事がしたい!』という方は、ADに挑戦するのはアリだと思いますが、なんとなくで選ぶ仕事ではないですね。

ふわふわした状態でADに就職すると、厳しい労働環境によって短期離職になります。

実際に山本由実さんは、入社半年でADを辞めています…。

どんな仕事を選ぶにせよ、入社する前に会社情報や仕事内容をしっかり調べておかないと、就職で失敗するリスクは高いです。

ドフラ
20代のうちに転職しないと手遅れになるので、今すぐに行動しておきましょう。

ADの離職率がやばい理由【まとめ】

今回の内容をまとめておきます。

  • テレビ局のADは肉体勝負になる
  • 毎日16時間労働が当たり前の環境
  • 月に数回しか自宅に帰れない
  • 女性がADになるのは大変かも
  • 業務量を覚悟してADを選ぶべき

どんな仕事にも面白い部分ときつい部分があるので、何を優先するかを考えて、就職先を選ぶ必要があります。

特にエンタメ系の仕事の場合、労働時間はあってないようなもの。プライベートな時間を優先させたい方には向いてないかと。

『将来どんな生活をしたいのか?』をよく考えてから、就職先を決めてくださいね。

ドフラ
ADから転職で失敗したくない方は、こちらの記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。