どうも、ドフラです。自分が「何のために生まれてきたのかを知りたい」という願望は誰しも必ず持っていることだと思います。自分がこの世で何をするべきかを知っている人は皆、自分の天職を知っています。ということで、今回は天職を知るために自分がto do型なのかbeing型なのかを知るといいですよ、という話をしていきたいと思います。

自分がtodo型かbeing型かを知ることで天職がわかる

自分のキャリアを見つめ直すときや転職を考えるときにはまず自分のタイプを知ることが大切です。自分のタイプとは何か?

人間は2種類のタイプに分けられます。「to do型人間」と「being型人間」です。

to do型人間とは「to do(コト) に重きをおく人間」のこと。常に「何をするのか」で物事を考える人や明確な夢や目標をもっている人のことです。たとえば、to do 型の人たちはどんな商品を世の中に提供できるかいかに会社を大きくするか、などの自分がするコトに重きをおいて働いています。

being型人間とは「being(状態)に重きをおく人間」のこと。常にどんな人でありたいか、どんな状態でありたいかを重視する人のことです。たとえば、being型の人たちは、尊敬できる仲間と一緒に働いている、ストレスの少ない環境で働けている、などの自分の状態に重きをおいて働いています。

つまり、自分がto do型なのか、being型なのかを知っておかないと自分に合うキャリアや転職先が明確にならないのです。あなたはどちらのタイプですか?

スポンサーリンク

99%の人間はbeing型である

実は99%の人間はbeing型です。だからきっとあなたもbeing型の人間です。

学校教育やメディアで「夢や目標を持たなければいけない」そう刷り込まれてきた影響で心からやりたいと思えるコトに憧れを抱いている人は多いです。でも心からやりたいコトで成功している人は世の中の1%に過ぎないのです。

世に出まわっている1%の成功者たちが書いた本を読んでもbeing型の人がそれを実現するのはとても難易度が高いのです。だから参考にしても彷徨ってしまうだけ。そもそもほとんどの人にとって心からやりたいことなど必要ないのです。やりたいことがあるのは素晴らしいことですが、ないからといって落ち込む必要は全くありません。なぜなら、「ある程度やりたいこと」は必ず見つかるからです

being型の人間であることにコンプレックスを持つ必要はないのです。99%の人間がそうなのです。やりたいことではなく、状態を重視してこれからのキャリアを考えてください。

学校教育やメディアで「夢や目標を持たなければいけない」そう刷り込まれてきた影響で心からやりたいと思えるコトに憧れを抱いている人は多いです。でも心からやりたいコトで成功している人は世の中の1%に過ぎないのです。

世に出まわっている1%の成功者たちが書いた本を読んでもbeing型の人がそれを実現するのはとても難易度が高いのです。だから参考にしても彷徨ってしまうだけ。そもそもほとんどの人にとって心からやりたいことなど必要ないのです。やりたいことがあるのは素晴らしいことですが、ないからといって落ち込む必要は全くありません。なぜなら、「ある程度やりたいこと」は必ず見つかるからです

being型の人間であることにコンプレックスを持つ必要はないのです。99%の人間がそうなのです。やりたいことではなく、状態を重視してこれからのキャリアを考えてください。

状態は自分と環境の二つに分けられる

状態には「自分の状態」と「環境の状態」があります。

自分の状態とは自分に適切な市場価値があるかと自分を信用できるかどうか。適切な市場価値とは、たとえばドラクエをやっているとき、ある程度主人公が強くないと次のボスに勝てないようにできています。そのためにレベルを上げたり、武器を揃えたり、仲間を増やしたりします。

キャリアでもこれは同じことで、たとえ今の会社が潰れてもいつでもどこでも生きていけるくらいの市場価値を自分につけておくことです。転職市場におけるあなたのレベルですね。

自分への信用とは自分に嘘をつかないことです。たとえば、価値がないと思う商品を販売することや競合よりも低品質で高価格な商品を作ることは自分に嘘をついて行わなければいけない仕事です。これは自分に対しての信頼が下がり、自分を嫌いになってしまうので市場価値がいくら上がっても仕事を楽しむことはできません。

キャリアに迷ったときは、自分を嫌いにならない選択肢、自分をもっと好きになれる選択肢を選びましょう。

緊張と緩和がゲームを面白くする

ここまで自分の状態について説明しましたので、次は「環境の状態」です。

環境の状態で大切なことは「緊張と緩和のバランス」が適切に保たれているかどうか。ストレスが適度にかかっていて、ストレスが過度にかかりすぎていないゲームを楽しむための絶妙なバランスです。

たとえば、学生時代の部活では大会を目指して毎日練習します。大会では練習してきた成果をぶつけて勝敗が決まります。毎日の練習が緩和で大会が緊張の瞬間ですね。仕事に置き換えると、会社の業績を左右するクライアントへのプレゼンの日が緊張でそれまでの準備期間が緩和です。

営業会社で毎日毎日成果を求められ、過度な緊張状態が継続して、ストレスの大きさに耐えられないと疲弊してしまいます。そんな会社は最悪な環境なのですぐ辞めてしまいましょう。

でも、緩和しかない状態はいけません。適度な緊張は必要なのです。

ここで質問です。あなたがこの半年で感じた心地いい緊張状態を三つ教えてください。

もし三つあげられない場合は、ゲームを変えるタイミングです。緊張と緩和を味わえる環境に移動したほうがあなたは仕事を今よりも楽しめるようになります。

緊張と緩和のバランスと自分の市場価値、自分への信頼。being型の人間はこれらを重視してキャリアを考えるとうまくいきやすいです。キャリアや転職に対する考え方をアップデートしていつでもどこでも生きていける力を身につけましょう。それではまた。

自分の天職を知るためのブログ

どうも、サイト運営者のドフラです。ブログをご覧いただきありがとうございます。今回は自分の天職を知るためには自分のタイプを知る必要があるという内容でお話しました。このブログでは個人が稼ぐための考え方を中心に発信しており、株で稼ぐ思考法や稼ぐための転職・自己分析の思考法などを紹介しています。人生100年時代を楽しく生き抜くために思考や働き方をアップデートしていきましょう!これからもよろしくお願いします。


スポンサーリンク
関連キーワード
おすすめの記事