スーパー店員 底辺
スーパーを辞めたい人『スーパーの店員に就職したけど、とにかく仕事がきつい…。もしかしてスーパーの店員って底辺なの?』

このような悩みを持つ、スーパー店員の方に向けて、記事を書いています。

スーパー店員の仕事は、『サービス残業が多い』『誰にでもできる仕事』というイメージから底辺だといわれることが多いです。

では、スーパーは本当に底辺の仕事なのか?

結論からいうと、底辺になるかどうかは、就職するスーパー次第ですね。

たしかに10年以上前は、長時間のサービス残業や低賃金という労働環境のスーパーが多く、『スーパーで働く=底辺』だと主張する人も多かったようです。

しかし最近は、労働環境が大きく改善されており、『最近はそこまで底辺だとは思わない!』『大手だと福利厚生が手厚い!』という意見も増えています。

とはいえ、やはり今でも『スーパーの仕事はきつい…』という理由で、スーパーを辞めていく人が多いのも事実です。

ドフラ
こんにちは。当サイトの編集長を務める、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や人生に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、これまでに157名の会社員の方にインタビューしてきたので、様々な業界で働く人のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、僕が実際にインタビューした、元スーパー店員の佐藤未央さん(23歳女性・仮名)の体験談をもとに、『スーパー店員が底辺に感じる瞬間』から『スーパーから転職する方法』までを解説していきます。

この記事を読めば、スーパーで働き続けたときの実態を理解した上で、辞めるべきかどうかを判断できると思います。

3分で読める内容なので、それではいきましょう。

※すぐに『スーパーから転職する方法』を知りたい方は、第4章の『スーパーから転職する方法とは?【辞めるなら今すぐ行動すべきです】』に進んでくださいね!

スーパー店員が底辺だといわれる理由【3分で解説します】

世の中には約22,000店のスーパーがあり、大手企業から中小零細企業までさまざまです。

スーパーを運営する会社によって、社風や待遇面は異なるため、どのスーパーに就職するかが重要になります。

今回紹介する、元スーパー員の佐藤未央さん(23歳女性・仮名)は、大学卒業後に新卒社員として、某スーパーに入社しました。

約40店舗のスーパーを経営する会社だっため、新入社員研修は充実していましたし、人間関係にも大きな問題はありませんでした。

では、なぜ佐藤未央さんはスーパーを辞めたのか?

佐藤未央さんの退職理由は、転勤の頻度が多かったから、です。

具体的には、1年目に4回の転勤があったようで、これがストレスになってしまい、退職することを決意しました。

これは完全に僕の主観ですが、これまでにインタビューしてきた、スーパー社員の方の傾向をみると、私生活の時間を重視する方が多い印象です。

そのため、転勤が多かったり、長時間労働になったり、休日出勤になったりすると、強いストレスを感じるようですね。

【体験談】スーパーに就職した結果、転勤と通勤時間がきつかった…

スーパー店員 底辺

前章で、元スーパー店員の佐藤未央さん(23歳女性・仮名)がスーパーを辞めた理由が、年4回の転勤がきつかったから、と説明しました。

これはスーパー店員のあるあるで、複数の店舗を経営する会社の場合、頻繁に転勤があるようです。

また、佐藤未央さんが特にストレスに感じていたのは、通勤時間の長さですね。

通勤時間は片道1時間半かかっていたので、往復で3時間でした…。

毎日3時間もの時間が通勤で消えるのは、なかなかしんどいですよね。

ちなみに、転勤は年4回ありましたが、どれも同県内の転勤だったため、会社から引っ越し手当などは出ず、仕方なく引っ越さずに通勤していたそうです。

プライベートを重視したかった佐藤未央さんは、この通勤時間の長さに耐えられず、スーパーを辞めました。

スーパーへの就職は負け組?いや、ホワイトだという人もいます

世間的には『スーパーに就職するのは負け組だ!』というイメージもあるようですが、実際のところはどうなのか?

スーパー社員にやりがいを感じている方の意見は、次のとおり。

  • 食に詳しくなり、食生活が豊かになる
  • 商売の楽しさを実感できる
  • コミュニケーション能力が身に付く
  • お客様から褒めてもらえることがある
  • チームで協力しながら仕事ができる

また大手上場企業のスーパーで働く社員の場合、年収600~800万円稼ぐ社員もいるようなので、一概に『スーパー就職=負け組』とはいえませんね。

とはいえ、一般的にはスーパー業界の給料は低めです。

TKCグループが公開するBAST速報版によると、野菜小売業の従業員1人当たりの人件費は『209万3,000円』となっています。

ほかの業界と比較すると、次のとおり。(参照:BAST速報版(206業種12分析項目)

  • 野菜小売業:209万円
  • 婦人服小売業:295万円
  • 家具小売業:446万円
  • 広告業:510万円
  • 電気通信工事業:586万円
  • 受託開発ソフトウェア業:601万円

こうやって比較してみると、スーパーの給料が圧倒的に低いことがわかりますよね。

つまり、スーパー就職は負け組ではないが、給料が安くなる可能性は高いということです。

スーパーから転職する方法とは?【辞めるなら今すぐ行動すべきです】

スーパー店員 底辺

ここまでの内容から、『スーパーから転職した方が良さそうだな…』と思った方は、今すぐに行動しましょう。

未経験から転職に挑戦する場合、企業から評価されるのは『若さ』『コミュニケーション能力』です。

スーパーから転職する方の多くが、コミュニケーション能力を身に付けていると思うので、気を付けるべきは『年齢』です。

『せっかくだからもう少し続けてみようかな~』『区切りの良いタイミングで転職しようかな~』などと行動を先延ばしにしていると、あっという間に20代後半になってしまいます。

転職市場のリアルな話をすると、未経験者は28歳以上になると、書類選考が通りにくくなります。

企業側としては、未経験者を採用すると教育コストがかかるため、未経験から育てるなら、少しでも長く働ける若手社員がいいと考えるのです。

いざスーパーから転職しようと思ったときに、『もう手遅れ…』では辛いですよね。

スーパーから転職すべきか迷っている方は、今すぐに転職エージェントに登録して、アドバイザーに今後のキャリアを相談してみましょう。

たとえば、次のような相談ですね。

  • そもそも転職すべきかどうか?
  • 自分におすすめの転職先はどこか?
  • 今後のキャリアプランはどうするべきか?

キャリアアドバイザーに一度相談してみると、あなたの今後の方向性が、なんとなく見えてきますよ。

でも大事なのは、今すぐに行動することです。

さて、あなたはどこの転職エージェントに相談してみますか?

✔とりあえず登録すべき転職エージェント3社【すべて無料で利用できる】

【第二新卒エージェントneo】 :未経験OKの求人5000件以上。中卒・高卒・大学中退の20代フリーターの転職に強い。10時間以上の手厚いフォロー。

JAIC:20代30代の未経験転職に強い。フリーター・契約社員・派遣社員でもOK。7日間の無料就職講座あり。入社後も1年間サポート。

マイナビジョブ20's :圧倒的な知名度。20代大卒の転職に強い。全求人が20代向け。無料適性診断テストあり。