アパレルから転職 おすすめ

『アパレルの給料では生活できない…』
『アパレルから転職して人生変えたい…』
『でも学歴や経歴に自信がない…』

このような方に向けて、元アパレル社員の僕がおすすめの転職エージェントを紹介します。

特にアパレル店員やアパレル店長など、店舗スタッフからキャリアチェンジしたい方向けです。

ニシオ
こんにちは。元アパレル店員のニシオです。

記事を書いている僕は26歳まで年収280万円のアパレル店員でした。その後、大手上場企業の営業職に転職して年収600万円になり人生が変わりました。現在は結婚して子どもを持ちマイホームも購入することができました。

世の中には『転職エージェント』の情報が多すぎて、どこを選んだらいいかわからないですよね?

結論からいうと、実際に『アパレルから転職に成功した人の話を聞く』のが1番早いです。

とはいえ、身近に相談できる人がいない…という方もいると思います。

そんな中で今回は、元アパレル店員の僕が実体験をもとに『タイプ別に3社だけ』転職エージェントを紹介します。

この記事を読めば、どの転職エージェントがあなたに合っているのかわかります。

3分くらいで読み終わる内容なので、それでは見ていきましょう〜。

元アパレル店員が転職エージェント選びで失敗した話

アパレルから転職 エージェント

世の中には約20,000社の転職エージェントがあるので、その中から自分に合うところを探すのは大変です。

転職エージェントにはそれぞれ得意不得意があるので、自分に合わないエージェントを選んでしまうと失敗します。

元アパレル店員の僕も、転職エージェント選びで失敗しました…。

どんな失敗だったか?

僕は年収を上げたかったので、『年収1,000万以上の求人が多い』に魅力を感じて、最初はハイクラス転職に強いエージェントを利用していました。

でも結果は、数ヶ月経っても転職できませんでした…。

これはなぜか?

ハイクラス向けの転職エージェントが扱う求人に、ショボい経歴の僕がいくら応募しても、書類選考すら通らないからです。

『MARCH以上の大卒』『経営幹部・管理職』というハイキャリアの転職者がたくさん登録しているので、アパレル店員の僕がそこで戦っても勝てない…というわけです。

今なら、これがどれだけ無謀な挑戦だったのかわかりますが、当時の僕は全く気づきませんでした。

僕はその後、運よく自分に合う転職エージェントにたどり着いて、カウンセリングに時間をかけてもらったり、面接対策を1社ずつやってもらったりしました。

このおかげで、最終的に僕は大手上場企業の法人営業に転職することができ、その4年後には年収600万円稼げるようになりました。

僕はもともと年収280万円のアパレル店員だったので、僕と同じような境遇の方や僕よりマシな経歴の方なら、必ず人生やり直せますよ。

ここからは、あなたが僕と同じような遠回りをしないように、『アパレルから転職したい方向けの転職エージェント』を紹介しておきますね。

元アパレル店員の僕がおすすめする転職エージェント3社

パソナキャリア:アパレル店長・副店長の20代30代の方

リクルートエージェント:アパレル店員の20代の方

第二新卒エージェントneo:契約社員・フリーターの10代20代の方

上記のとおりです。

パソナキャリアとリクルートエージェントは大卒の転職に強く、第二新卒エージェントneoは高卒や大学中退の転職に強い印象です。

詳しい比較をみていきましょう。

パソナキャリアとリクルートエージェントの比較

アパレルから転職 おすすめ

アパレル店長や副店長の経験がある20代30代の場合は、パソナキャリアを利用しつつ好条件の求人に応募するのがありかな…という印象です。

僕も実際にパソナキャリア経由で大手上場企業に転職できましたし、僕の友人もアパレル社員からIT企業に転職していました。

転職者の3人に2人が年収アップしている点も、パソナキャリアが選ばれる理由のようです。

20代でマネジメント経験がない場合は、リクルートエージェントを利用して転職実績No.1の手厚いサポートを受けるのが良いかと思います。

各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが担当してくれるので、安心して転職活動を進められます。

21万件以上の非公開求人は業界最大級なので、とりあえず登録しておいて損はないですね。

ここだけの話、僕の場合はリクルートエージェントとパソナキャリアを併用しつつ、転職活動を進めていましたよ。

【パソナキャリア】 :アパレル店長・副店長経験のある20代30代向け。転職者の3人に2人が年収アップ。女性のキャリアに強い。

【リクルートエージェント】 :アパレル店員の20代向け。各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザー。非公開求人21万件以上。

第二新卒エージェントneoはだれにオススメ?

高卒・大学中退の10代20代で転職したい方は、第二新卒エージェントneoを利用して、10時間以上の手厚いサポートを受けるのが良いと思います。

カウンセリングで自分の強みや弱みを分析してもらった上で、自分に向いている企業や職種を提案してもらえる点が人気です。

僕の知り合いで『大学中退・契約社員のアパレル店員』だった21歳の女性は、第二新卒エージェントneoを利用してWeb制作会社に転職していました。

『キャリアアドバイザーの方が若くて相談しやすかった!』と言っていたので、気楽に転職活動を進めていけそうですね。

【第二新卒エージェントneo】 :契約社員・フリーターの10代20代向け。高卒や大学中退もOK。10時間以上の無料就職サポートあり。

まとめ:転職エージェントは全て無料だから何もリスクがない

以上、3社の転職エージェントをまとめてみました。

どの転職エージェントも無料で登録できるので、何もリスクがないです。

元アパレル店員の僕も含めて、アパレルから転職して人生が変わった事例は次のとおりです。

・元アパレル店員:年収230万→420万
・元アパレル副店長:年収270万→510万
・元アパレル店長:年収280万→600万

ただし転職エージェントの良し悪しは、担当のキャリアアドバイザーによって決まるので、そこは運になります。

もし担当アドバイザーが自分と合わなかったら、担当者を変更してもらうか、転職エージェント自体を変えればOKです。

低収入から抜け出したいなら、行動して少しずつ変えるしかありません。

すぐに会社を辞めろとは言いませんが、『未来のあなたは、あなたの会社にいる上司』です…。

ここに納得できないなら、徐々に行動しないとですね。ぜひこの機会にお試しあれ〜。

✔記事で紹介した転職エージェントリスト

【パソナキャリア】 :アパレル店長・副店長経験のある20代30代向け。転職者の3人に2人が年収アップ。女性のキャリアに強い。

【リクルートエージェント】 :アパレル店員の20代向け。各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザー。非公開求人21万件以上。

【第二新卒エージェントneo】 :契約社員・フリーターの10代20代向け。高卒や大学中退もOK。10時間以上の無料就職サポートあり。