28歳 フリーター 就職

「28歳のフリーターってやばいのかな…」
「28歳でも正社員に就職できるかな…」
「28歳以降もフリーターを続けると、どうなるんだろう?」

このような疑問を抱いている方に向けて、この記事を書いています。

人生は人それぞれなので、フリーターが良いとか悪いとかの話ではありません。

でも28歳になると、周りの友人のほとんどが社会人になり、急に『フリーターのままだとやばいかも…』という危機感が強くなりますよね。

しかし、いざ就職しようと思っても、何から手をつけたらいいのかわからず、結局フリーターから抜け出せない人も多いです。

では28歳のフリーターが人生やり直すためには、どうすればいいのか?

結論からいうと、28歳のフリーターが今すぐにやるべきことは、次の3つです。

  • フリーター向けの就職支援サービスに無料登録する
  • 担当アドバイザーに無料で就職相談する
  • 自分に合う仕事を紹介してもらい応募してみる

上記のとおり。

世の中には、28歳フリーターの就職をサポートしてくれる『就職支援サービス』があるので、とりあえずここに相談するのが1番早いです。

しかも全て無料で利用できるので、あなたのリスクはゼロ。これを利用しない手はないですよね。
28歳フリーターにおすすめの就職支援サービス3社【すべて無料】

こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計975名の方にインタビューしてきたので、28歳フリーターのリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、『28歳でフリーターだとやばい理由』から『28歳フリーターが就職成功する方法』までを解説しています。

この記事を読めば、フリーターから就職するためにやるべきことがわかるので、今日から前向きに就職活動に取り組めるはずです。

3分で読める内容なので、それではいきましょう〜。

『今すぐにフリーターから正社員に就職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

28歳フリーターは就職できない?手遅れ?【就職成功する方法を解説】

28歳 フリーター 就職

なんとなくフリーターを続けている人も多いですが、将来的に正社員への就職を考えているなら、1秒でも早く行動しないと手遅れになります…。

世の中的には、『28歳フリーターは手遅れ』とか『28歳フリーターは人生終わってる』などといわれています。

その理由は、以下のとおり。

  • 経済的な不安定さがある
  • 年金や保険の負担がきつい
  • 社会的な信用がない
  • 将来への不安が大きくなる
  • 正社員への就職が手遅れになる

ここからは、『28歳フリーターがやばい5つの理由』を詳しくみていきましょう〜。

28歳フリーターがやばい理由①:経済的な不安定さがある

28歳 フリーター 就職

フリーターはアルバイトや短期の仕事をしているため、給料が低く、収入が不安定な人も多いです。

そのため、突然の収入の減少や失業のリスクが高く、経済的な安定が難しい状況に置かれます。

ちなみに、DODAが公開する『20代男性・女性の平均年収』『30代男性・女性の平均年収』によると、28歳以降の平均年収は以下のとおり。

  • 28歳:383万円
  • 29歳:395万円
  • 30歳:407万円
  • 31歳:416万円
  • 32歳:427万円
  • 33歳:431万円
  • 34歳:434万円
  • 35歳:442万円
  • 36歳:454万円
  • 37歳:462万円
  • 38歳:472万円
  • 39歳:471万円

フリーターでもアルバイトを掛け持ちして、毎日出勤すれば年収250万円ぐらいは稼げますが、それ以上は厳しいです…。

上記のとおり、年齢が上がるにつれて、正社員の年収はどんどん上がっていくため、時給労働のままでは絶対に追いつけなくなります。

30歳前後のフリーターの場合、アルバイトの面接も受からなくなる人もいますので、将来的に職を失うリスクも考えなければいけません。

28歳フリーターがやばい理由②:年金や保険の負担がきつい

28歳 フリーター 就職

フリーターと正社員の大きな違いに、『厚生年金保険に加入できるかどうか』があります。

日本の年金制度では、フリーターでも正社員でも、国に保険料を支払わなければいけません。

フリーターは国民年金にしか加入できませんが、正社員は国民年金に加えて厚生年金にも加入できます(しかも保険料は会社と折半です)。

このように正社員には、保険料を会社と折半できて、老後にもらえる年金が多くなる、というメリットがあるのです。

28歳からの人生を、フリーターとして働くか、正社員として働くかで、老後の年金収入に大きな差が開きます。

28歳フリーターがやばい理由③:社会的な信用がない

28歳 フリーター 就職

28歳でフリーターを続けていると、フリーターの世間体の悪さや、社会的な信用がないことを痛感する人が多いです。

たとえば、同窓会で同級生と集まったときに、『いまは何の仕事をしているの?』という話が絶対に出てきますよね。

28歳でもフリーターを続けていることが恥ずかしくて、同級生たちに嘘をついてしまう人もいる…。

フリーターの経済的な立場や非正規で働いている状況から、他の人々から『あの人はちゃんと仕事をしていない!』と見られることもあり、劣等感が強くなることもあります。

また、家族や親戚からは『いつまでフラフラしているんだ!』『早く就職しろ!』と厳しい言葉をかけられることもある…。

28歳フリーターは周りからの風当たりが強く、自己肯定感が下がってしまうため、『自分の居場所がない…』と感じる瞬間も増えていきます。

28歳フリーターがやばい理由④:将来への不安が大きくなる

28歳 フリーター 就職

フリーターは、将来の見通しが不確かであるため、安定した生活や将来の計画を立てることが難しいです。

キャリアの安定性や経済的な安定を求めるには、『正社員としてキャリアを構築すること』が必要になります。

フリーターは、経済的な不安定さやキャリアの停滞、正社員への就職の難しさなどから、不確実な将来に対しての不安や心配が増えることで、精神的な負担を抱える可能性もある…。

一般的に『28歳』という年齢は、就職して6〜10年経っており、仕事のスキルや経済力がそこそこ身についている状態です。

そのため、28歳で正社員として働く人とフリーターの自分を比べてしまい、自己評価や自尊心に悪影響を及ぼすこともあります。

28歳フリーターがやばい理由⑤:正社員への就職が手遅れになる

28歳 フリーター 就職

転職市場のリアルな情報を伝えると、28歳で正社員経験がない人の就職は、かなり難しいです。

フリーターから正社員に就職するなら、若ければ若いほうが有利ですが、『25歳前後まで』に行動するのが理想です。

その理由は、20代後半を過ぎると、未経験から応募できる求人が少なくなり、書類選考に通過しにくくなるからです。

ドフラ
たとえば、未経験から応募できる求人数を年齢別にみると、こんな感じです。
  • 22歳:79件
  • 23歳:89件
  • 24歳:96件
  • 25歳:110件
  • 26歳:107件
  • 27歳:107件
  • 28歳:105件
  • 29歳:105件
  • 30歳:96件
  • 31歳:86件
  • 32歳:86件
  • 33歳:84件
  • 34歳:82件
  • 35歳:76件
  • 36歳:46件
  • 37歳:46件
  • 38歳:45件
  • 39歳:43件
  • 40歳:40件

この数字をみると、28歳以降で求人数が減っていくのがわかりますよね。

企業側の立場で考えると、未経験者を1人前の正社員に育てるまでには、多大な時間と労力がかかります。

そのため、できるだけ若い人材に入社してもらって、1年でも長く働いてほしいと考えるのです。

これが、28歳フリーターの就職が難しい理由です。

※『28歳のフリーターがやばい理由』について、もっと詳しく知りたい方は以下の記事をどうぞ。

28歳は就職できない?【28歳の正社員経験なしが就職できる職種とは?】

28歳 正社員経験なし

28歳で職歴なしのフリーターは、どんな職種に挑戦できるのか?

たとえば、某地方都市エリアの場合、28歳フリーターが採用される可能性のある求人はこちらです。

  • IT企業の営業
  • 商社のルート営業
  • 住宅機器の営業
  • 不動産の営業
  • ITエンジニア
  • 製造業の製造職
  • 施工管理
  • ドラッグストアの販売職
  • ホテルのフロントスタッフ
  • 携帯ショップの販売職
  • セキュリティスタッフ
  • 飲食店スタッフ・店長候補

ただし、上記の求人には20代前半の求職者も応募してくるので、28歳フリーターは1秒でも早く行動しておかないと、年齢を理由に不採用になるリスクが高まります。

ぶっちゃけ、28歳のフリーターから正社員に就職したいなら、求人の選り好みをしている場合ではありません。

『正社員に就職すること』を最優先に考えて、とにかく応募できる求人を受けまくりましょう。

どの会社に入社するかは、『複数の内定を獲得できてから』にするべきです。

内定をもらう前から仕事を選んでいては、いつまで経っても就職できませんからね。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する『無料適職診断テスト』を受けるのがおすすめですよ。

28歳フリーターが就活を成功させる方法【失敗する理由は超簡単です】

28歳 就活

28歳フリーターが自分ひとりで就職活動を始めると、『書類選考がほぼ通らない…』という問題にぶつかります。

実際に書類を応募してみればわかりますが、ほぼ落選します。

これはなぜか?

『28歳』という年齢と『正社員経験なし』という経歴が原因です。

とはいえ、世の中には、たくさんの求人がありますよね。

ハローワークにも、転職サイトにも、求人誌にも、多くの求人が出ています。

では、なぜ多くの求人があるのに、28歳フリーターの書類は落選するのか?

その理由は、世の中にある、未経験者向けの求人の多くが『25歳前後までを対象にしているから』です。

ドフラ
ただし法律規制があるため、求人票には『25歳まで限定の求人』という情報は記載されていません。

採用活動する企業の多くが、社内の選考基準として『30歳前後の未経験者は採用しない』という基準を設定しているのが現実です。

そのため、ハローワークや転職サイトから求人を選ぶと、25歳前後しか受からない企業に応募してしまうリスクが高くなり、書類選考でほぼ落選することに…。

では、28歳のフリーターはどうすればいいのか?

結論をいうと、自分ひとりで就職活動しないで、就職や転職のプロである『転職エージェント』を利用するのがおすすめです。

28歳のフリーターが就職を成功させるためには、自己分析・業界研究・企業研究・ビジネスマナー・書類作成・求人選び・面接対策…など、やるべきことがたくさんあります。

ドフラ
ぶっちゃけ、28歳までフリーターを続けてきた人が、これを自分ひとりでやるのは無理がありますよね…。

そんなときに頼りになるのが、『転職エージェント」です。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアアドバイザーが面談をしてくれて、フリーターから就職するために必要なことを全てやってくれます。

さらに転職エージェントの中には、フリーターから就職したい方向けの『無料就職講座』を用意しているところもあります。

しかも転職エージェントは、無料で全て利用できるので、あなたのリスクはゼロです。

ドフラ
ちなみに僕も転職エージェントを利用したおかげで、フリーターから年収500万円の正社員に就職できました。

ただし、世の中にある大半の転職エージェントは『20代の正社員向け』なので、28歳フリーターの方は『28歳のフリーターでも就職サポートしてもらえる転職エージェント』を選ぶ必要があります。

あなたが就職活動で失敗しないように、以下の記事で『28歳フリーターにおすすめの転職エージェント』を紹介していますので、ぜひチェックしてくださいね。

28歳フリーター4名の就職成功事例【フリーターから正社員になった人の体験談】

ここからは、実際に僕がインタビューした、『28歳でフリーターから正社員に就職できた人たちの体験談』を紹介していきいます。

28歳フリーターの就職成功事例①:28歳で職歴なしの大卒から注文住宅の営業職に就職

28歳 手遅れ

元フリーターの酒井隆二さん(28歳男性・仮名)は、海外に興味があったため、大学を卒業した後も就職せずに『アルバイトでお金を貯める→海外に旅行する→またアルバイトでお金を貯める』という生活を続けていました。

カナダ、イギリス、フィリピン、オーストラリアなど、いろいろな国へ旅行した後、日本に戻ってきてリゾートバイトを始めることになります。

リゾートバイトは数ヶ月で辞める予定でしたが、居心地が良かったのと、バイト先から『もっと働いてほしい!』とお願いされたこともあり、そのまま2年ほど続けていました。

リゾートバイトの職場には、短期のアルバイト、フリーター、派遣社員、正社員など、さまざまな人がいるのですが、ある日の出来事をきっかけに、酒井隆二さんは正社員への就職を本気で考えることになります。

それは、リゾートバイトの中にいた、39歳の派遣社員の人が、23歳の正社員の人にめちゃくちゃ怒られているのを見たことです。

『このままフリーターを続けていたら、自分もあの派遣社員の人みたいになるかもしれない…』と思うと、どうしてもイヤでした。

その後、地元に戻って就職活動をスタートさせ、転職エージェントも利用した結果、最終的に注文住宅の営業職に就職することができました。

酒井隆二さんは現在の状況について、『今は仕事の中で成長も実感できていますし、職場の雰囲気もすごく良いので働きやすいです!あの時に就職活動を先延ばしにしていたら、今もフリーターのままだったと思うので、就職を考えた時にすぐに行動しておいて本当に良かったです。』とコメントしています。

28歳フリーターの就職成功事例②:28歳の高卒から物流企業の正社員に就職

28歳 手遅れ

元フリーターの林京介さん(28歳男性・仮名)は、高校を卒業後、警備員のアルバイトをずっと続けていました。

しかし年齢が28歳になり、同い年の友達がほとんど結婚して、独身の自分ひとりが取り残されたような気持ちになりました。

結婚願望はあったものの、林京介さんは高卒でフリーターだったため、『婚活するにしても、今のままじゃ誰からも相手にされない…』と思い、就職活動を始める決心をします。

最初はハローワークに行こうと思いましたが、相談窓口で自分の経歴を話すのが恥ずかしくて、なかなか行動に踏み切れませんでした。

そんな時に、正社員に就職した友達から、フリーター向けの転職エージェントがあることを教えてもらい、自分も登録することにしました。

担当アドバイザーは林京介さんの経歴を否定することなく、『警備員のアルバイトを長く続けてきた』という継続力や体力や忍耐力がアピール材料になると教えてくれました。

その後、数社の書類選考や面接を受けて、最終的に物流企業の正社員として就職することができました。

林京介さんは現在の状況について、『高卒のフリーターという不利な経歴にも関わらず、正社員に就職できるまでサポートしてもらって本当に感謝しています。これからは仕事も婚活も頑張っていこうと思います!』とコメントしています。

28歳フリーターの就職成功事例③:28歳の高卒から施工管理の正社員に就職

28歳 手遅れ

元フリーターの安藤浩太さん(28歳男性・仮名)は、高校を卒業後、俳優になるために、イベント運営のアルバイトをしながら、劇団で活動を続けていました。

しかし、なかなか俳優として芽が出ず、年齢も28歳になっていたため、『そろそろ夢に見切りをつける時期かな…』と思い、真剣に就職を考えるようになります。

就職活動を始めてみたものの、『高卒・28歳までアルバイト経験しかない』という経歴では、自分1人で就職を成功させるのは無理だと考え、転職エージェントに頼ることにしました。

担当アドバイザーから履歴書や職務経歴書の書き方を教えてもらったり、自己PRや面接の練習をしてもらったりしたおかげで、最終的に施工管理の正社員に就職することができました。

安藤浩太さんは現在の状況について、『入社後に約1ヶ月の研修があり、建設業界や仕事内容をしっかり学べる環境があったのは助かりました。覚えることが多くて大変な部分もありますが、やりがいのある仕事なので、就職できて本当に良かったです!』とコメントしています。

28歳フリーターの就職成功事例④:28歳の専門卒から給食調理員の正社員に就職

28歳 手遅れ

元フリーターの小川恵理子さん(28歳女性・仮名)は、調理師の専門学校を卒業後、飲食チェーン店で正社員として働いていましたが、残業や休日出勤の多さに耐えれず、3ヶ月で退職しました。

その後、ワークライフバランスを重視したいと考え、28歳まで給食委託会社でアルバイトをしながら、実家暮らしを続けていました。

しかし年齢が30歳に近くなり、『そろそろ就職しないと年齢的にもマズイかも…』と思うようになります。

同世代の正社員の友達は、小川恵理子さんよりも給料が高く、ボーナスももらっているため、旅行の話になった時に自分だけ参加できないのが惨めでした…。

小川恵理子さんは28歳なので、今から就職するのは年齢的に難しいかもしれないと思いつつ、どうしても正社員になりたくて、転職エージェントに登録することにしました。

担当アドバイザーからアルバイト経験や資格のアピール方法を教えてもらい、何度も面接の練習をしてもらった結果、最終的に給食調理員の正社員に就職することができました。

小川恵理子さんは現在の状況について、『正社員になって給料が上がり、年2回もボーナスがもらえるようになったので、経済的にはかなり余裕ができました。今後は友達との旅行や外食も断らなくて良さそうです!』とコメントしています。

ドフラ
フリーターから就職で失敗したくない方は、以下の記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。

まとめ:28歳ならまだ間に合います!

以上が、28歳フリーターが就職成功する方法です。

28歳フリーターでも転職エージェントを利用すれば、就職できる確率はグッと高まります。

しかしながら、28歳という年齢が不利なことには変わりません。

そして、ここから29歳、30歳、31歳、32歳…と年齢が高くなるにつれて、どんどん就職が難しくなっていきます。

『就職活動は大変そう…』と思う気持ちもわかりますが、あとになって後悔しても手遅れです。

実際に僕がインタビューした方の中には、30歳までフリーターを続けた結果、アルバイト採用にも受からなくなり、最終的に日雇い労働者まで転落した…という方もいますからね。

フリーターから抜け出したいなら、今から行動して、少しずつ変えるしかありません。

あとは、あなた次第です。

今から行動して、あなたの理想の未来を手に入れませんか?

『本気で人生やり直したい!』という方は、今すぐ転職エージェントに登録してくださいね。