就活をしている学生さんからの相談で「就活しているけど、どの業界に行けばいいかわからないし、どの会社を選べばいいかわからなくて迷っています」という相談を受けることがたくさんあります。

結論を言ってしまうと、皆さんが就活で迷ってしまう原因は自分の人生の目的を知らないからです。

日本人のほとんどは人生の目的を知らないまま就活して、会社に就職して働いています。しかし、この働き方では人生が満たされなくなる時がやってきます。

ということで、今回は「人生の目的を知ると就活に迷いがなくなる理由」について話していきたいと思います。

スポンサーリンク

人生の目的を知ると就活に迷いがなくなる理由

就活をするときに「自分がどの業界に向いているのか」や「自分はどんな仕事に向いているのか」を考える方はたくさんいらっしゃいますが、「なぜ、自分はこの世界に生まれてきたのか」まで掘り下げて考える方はほとんどいません。

就活での迷いを無くしたいなら「自分が何をするために生まれてきたのか」までを深く考えてから就活に取り組むと業界・職種・会社を選ぶときに迷いがなくなります。

しかし、自分の人生の目的を知っている人は本当に少ないです。毎日をただ何となく生きていて何となく時間だけが過ぎていく、という人生を歩んでいる方がとても多いです。

自分の人生の目的を知らずにただ何となく生きている状態で就活すると、就職してからの何十年間をただ何となく過ごすだけの人生が待っています。

何となく生きている人の仕事人生は、「毎朝、何となく会社に出勤して会社から指示された仕事だけをこなして、夜は会社の同僚と上司や会社の愚痴を言い合って、家に帰って何も考えずにお風呂に入ってただ眠る、これで1日が終わり。」というのを何十年間も繰り返す人生です。

人生の目的がないと、就職した後は何となく結婚をして子供ができて、車や家を買って、子供が結婚して老後を迎え、家族に看取られてこの世を去るというのが人生の目的の最高到達点になります。

それが自分の人生の目的として最高だと思える方はそれでいいですが、自分がこの世を去る最後の瞬間を想像してみて、ふと意識がなくなる前に自分の人生を振り返って何を感じたいかを考えてみてください。

人生の目的を持たないままこの世を去る人は「あれ?自分っていったい何をしにこの世界に生まれてきたんだろう?」と思いながら一生を終えることになります。

自分の人生の目的について時間をかけてしっかりと考えて就活に取り組んだ人は「自分の目的は果たした!もう思い残すことはない。最高の人生だった!」と満足度MAXの笑顔でこの世を去ることができます。

どちらの人生を選んでも正解も不正解もないので、あなた自身がどちらの人生を歩みたいかを考えて進む道を選べばいいのです。

ここからは就活で充実した人生を手に入れたいと思った方に向けて、人生の目的を知るための方法について解説していきます。

人生の目的を就活に落とし込むには時間と労力がかかる

人生の目的を知って、それを就活に落とし込むためには多くの時間と労力が必要です。特に人生の目的を知るまでにはめちゃめちゃ時間がかかるということを覚悟しておいてください。

あなたがこの世界に生まれた理由は誰も教えてはくれません。

人生の目的を知るために何冊も本を読んでも、どれだけ高額なセミナーに行っても、どれだけ有名な占い師に占ってもらっても「あなたの人生の目的」はどこにも書いてありません。

人生の目的はあなた自身が決めなければいけないのです。

これはあなたにとって本当にストレスのかかることだと思います。

あなたは今まで、学校で指示されたことだけを何も考えずにこなして無難に生きてきたのではないでしょうか?

でも、大丈夫です。ほとんどの人間が同じ生き方をしています。

そこから一歩前に進めるかどうかで人生の主導権をあなた自身で持つのか、他人に委ねるのかが決まります。

繰り返しになりますが、あなたの人生の目的は誰も教えてくれません。

両親も、兄弟も、先生も、上司も、誰も教えてくれません。

そもそもあなた以外の人たちも自分の人生の目的を知らないのですから、教えられるはずがないのです。

人生の目的を知って就活に迷わない唯一の方法とは?

では、どうすれば自分の人生の目的を知ることができるのでしょうか?

結論からいうと、人生の目的を知るための唯一の方法は「自己分析」です。

就活で迷わないためにも自分のことを深く理解する必要があります。

就活のために自己分析をする学生さんもいらっしゃいますが、そのほとんどがまだまだ甘い状態です。

自分の人生の目的を知るためには、自分は何が好きなのか、何が嫌いなのか、どんな性格なのか、どんな夢を持っているのか、どんな生活がしたいのか、どれくらいお金がほしいのか、何に感動するのか、などを細かく分析する必要があります。

さらに、現在の自分についてだけを自己分析するのではなく、自分が今の思考になった要因を探るために過去を振り返ってください。

1歳、2歳、3歳、保育園、幼稚園、小学生、中学生、高校生、大学生、社会人と今の自分をつくりあげた過去を可能な限り振り返って、過去の自分が何を考えていてどういう人間だったのかを理解できはまで時間を使ってください。

過去のあなたの延長線上に現在のあなたが立っているので、過去を紐解けばあなたの根底にある思想や性格、特性などが明確になっていきます。

あなたの本質がみえてくれば、あなたの本質を満たすための人生の目的をつくることができます。

人生の目的ができれば、就活はもちろん、人生の中のあらゆる選択で迷わなくなります。

あえてここで人生の目的を「知る」ではなく「つくる」と表現したのは、人生の目的は与えられるものではなく自らつくるものだからです。

まずは、今の自分と過去の自分のことを自分で自分に質問しまくって、それらにひたすら答えていってください。

人生の目的を知るためにはまず、自分のことを知ることが大切です。

「自分は〇〇が好き」「自分は〇〇が嫌い」という小さなことからでいいので、自分についてわかったことを全部ノートに書き出していってください。

ノートに書き出した内容を客観的に見てみることで、自分についての新しい発見があるはずです。

就活後も自己分析を続けて人生の目的をアップデートする

就活で迷わないためには自分の人生の目的を知ることが大切だという話をここまでしてきましたが、 人生の目的は就活後もアップデートし続ける必要があります。

就活後、あなたは年齢を重ね、立場が変わり、時代も変わることであなたの思考はアップデートされていきます。

これによって、何年も人生の目的が同じだとその時の自分の思考に人生の目的が合わなくなってくることがあります。

ですから、自己分析は就活の時だけおこなうのではなく、就活後も継続して自己分析をおこなって常に人生の目的をアップデートし続ける必要があるのです。

日本人のほとんどは自己分析を就活中にしかおこないませんが、就活後も定期的に自己分析をおこなうことで、自分に合った就職先を見つけるだけでなく、自分の手でより良い人生をつかみ取ることができるようになるということです。

就活で「どの業界にするか」「どの職種にするのか」「どの会社にするのか」を迷ったときは、自分の人生の目的を知ることができれば迷わなくなるので、人生の目的を知るためにまずは自己分析から始めてみてください。

就活での迷いを解決したいのであれば、今日中にあなたの情報をノートに一つでもいいので書いてみてください。人生を変えるためには、まずは小さく行動することがめちゃくちゃ大事です。

あなたが就活で成功するための第一歩を踏み出してください。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめです。

  • 人生の目的がないと就活で迷いやすくなる
  • 何となく就活して就職すると何となく人生が終わる
  • 人生の目的を就活に落としこむまでには時間と労力がかかる
  • 自己分析を掘り下げて深くやることで人生の目的ができる
  • 人生の目的は与えられるものではなく自分でつくるもの
  • 就活後も自己分析を続けて人生の目的をアップデートし続ける

今回は「人生の目的を知ると就活に迷いがなくなる理由」について話しました。人生の途中で自分のことを振り返ることはとても価値のあることです。

もともと目標を持って生きてきたという人でも気づかないうちに人生の方向性を見失うことがあります。自分の人生の目的地と自分の現在地を確認するために自己分析はとても役に立ちます。

このサイトには自分を変えるための思考法をまとめてありますので、仕事や転職、人生に迷ったときにこのサイトからヒントを見つけてもらえればと思います。これからもよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事