こんにちは、キャリアアドバイザーのドフラです。

「無能な自分を変えたい…」

「底辺人生から抜け出したい…」

「どん底から這い上がりたい…」

このような方に向けて記事を書いています。

結論からいうと、無能な人生を変えたければ、生きている場所を変えなければいけません。

その理由は、どれだけ優秀な人でも、自分の居場所を間違えると、無能な人になってしまうからです。

✔記事の信頼性

記事を書いている僕は26歳まで、年収200万円のフリーターでした。その後、転職して正社員になり、年収500万円を稼げるようになりました。
現在はキャリアアドバイザーとして、20代向けに転職サポートをしています。

今回は「無能な人の生き方の特徴」と「無能な人生から抜け出す方法」について解説していきます。3分で読み終わるので、それではいきましょう。

スポンサーリンク

無能な人の生き方とは?【仕事ができない人生を変える唯一の方法】

無能な人 生き方

まずは、無能な人とは、どのような人のことかを定義づけしていきます。

僕が定義する無能な人とは「年収200万円以下の人のこと」です。

日本人の平均年収が、430万円前後なので、その半分いかということですね。

ここには、正社員、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトなど、すべての雇用形態の人が含まれます。

特に、注意しなければいけないのは、週5日勤務しているのに、年収200万円以下しか稼げない人たちです。

週5日働いても年収200万円しか稼げない人と、週5日働いて年収500万円稼いでいる人が存在します。

この両者の違いは、何か?

それは、どこの場所で、何の仕事をしているか、です。

つまり、稼げる場所で、働けているかどうか、ですね。

僕は、転職エージェントのキャリアアドバイザーの仕事をしており、年収200万円以下の人たちと、関わる機会も多いです。

無能な人たちの思考や、無能な人たちがやっている仕事についても、紹介していければと思います。

無能な人は思考停止の状態で生きている

無能な人の最大の特徴は、思考停止状態で生きていること、です。

何となく仕事を選び、何となくその仕事を続け、何となく底辺労働者になり、何となく底辺人生を続けている、こんな感じです。

人間は、6ヶ月あれば、良くも悪くも、その環境に慣れてしまいます。

無能な人として、生きている人は、年収200万円以下という、底辺生活に慣れてしまった人たちです。

自分から行動しなければ、無能な人からは、脱却できません。

行動するためには、思考が必要です。現状のままでいい、という思考のままでは、絶対に行動はできません。

しかし、ほとんどの人は、思考停止状態で仕事をしています。

仕事を選ぶ理由も、学校の先生に勧められてから、両親に勧められたから、1番最初に内定が出たから、など。自分で決断していない人が大半です。

自分の人生を、他人の判断に委ね、結果的に、無能な人生を生きているのです。

まずは、自分の意志で、自分の人生を歩いていく、という思考を持つことが大切です。

スポンサーリンク

無能な人の生き方の特徴は提供できる価値も給料も低いこと

無能な人 生き方

そもそもあなたの給料が、どのように発生するかを、知っていますか?

労働の対価だと答える人は多いと思いますが、そうではありません。

給料とは、あなたが提供する「価値の対価」です。

つまり、年収が低いのは、あなたが提供している価値が低いからです。

あなたが、提供している価値が、年収200万円以下にしか値しない、ということです。

底辺労働者から抜け出すには、提供できる価値を、今よりも高めなければいけません。

あなたが、今の会社に提供している、価値は何ですか?

その価値は、その会社にとって、重要なものですか?

会社にとって重要な価値は何か、その価値を提供するためにやるべきことは何か、それらを考えてみてください。

無能な人の生き方は代替え可能な人材になりやすい

会社組織は、一部の重要な人材と、多数の代替え可能な歯車人材で、構成されています。

代替え可能な人材は、いくらでも替えがきくので、当然給料は安くなります。

たとえば、部品を検品する仕事は、無能な人がやる代表的な仕事です。

僕が、実際に聞いた話だと、以下のような仕事をしている人がいました。

無能な人がやっている仕事
  • 部品に割れがないかを目でチェックする
  • コンセントがはまるかをひたすら確認する
  • はんだ付けされているかを確認する
  • 仕様書通りに作られているか確認する

椅子に座って、1日中、これらの作業をやっているそうです。何も考えずにできますが、時間が経つのが、めちゃくちゃ遅いと言っていました。

この仕事は、健康な人であれば、誰でもできます。

そのため代、この仕事をやっている人は、代替え可能な人材になります。

ちなみに、この人は、年収190万円ぐらいでした。

このように、代替え可能な人材は、無能な人に分類されるのです。

スポンサーリンク

無能な人でも生き方を変えれば仕事ができない人生から抜け出せる

無能な人 生き方

無能な人が、無能になる、最大の原因は、居場所を選ぶのに、失敗しているからです。

価値の高い仕事と、価値の低い仕事を、分類するときに大切なのは、価値を提供する相手です。

あなたが提供できるAという価値があったとして、Aを提供できる人が100人いる場所と、Aを提供できる人があなたしかいない場所では、どちらがあなたを高く評価すると思いますか?

もちろん、後者ですよね。

つまり、自分の価値が、高くなる場所を選ぶことが重要なのです。

今の場所では、たまたま評価が低い人でも、働く場所を変えるだけで、年収が高くなった、というのはあり得る話です。

底辺から抜け出すためには、自分が提供できる価値を高めて、その価値を高く評価してくれる場所を選ぶ、ということですね。

自分の居場所が、自分の価値を、最大限に評価してくれているかを、考えてみましょう。

無能な人でも自分の希少性を高めれば人生が変わる

世の中は結局、自分の希少性を高められた人が、得するようにできています。

どんな知識を持っているか、どんなスキルを持っているか、どんな経験を持っているか、どんな人脈を持っているか、など。

その人材が、何を持っているかで、人材の価値が決まります。

仕事を選ぶときには、「将来、この仕事は、自分にどのようなリターンをもたらすか?」を、考えたほうがいいです。

仕事が楽そうとか、簡単に稼げそうとか、待遇や福利厚生が充実してそうとか、そういう目先の利益ではなく、長期的な視点で、自分にメリットがあるかを考えることが重要です。

人生100年時代といわれ、僕たちは、70~80歳まで働き続ける可能性が、十分にあります。

こんな時代を生き抜くためには、個人で稼げるスキルしか、頼れるものはありません。

どんな仕事を選ぶにせよ、それが個人で稼げるスキルにつながるかどうか、これがめちゃくちゃ重要になります。

個人で稼げるスキルを身に付ければ、あなたの希少価値は高くなります。

そうすれば、年収200万円以下の底辺人生から、抜け出すことができますよ。

まとめ

今回のまとめです。

  • 無能な人は思考停止の状態で生きている
  • 無能な人の生き方の特徴は提供できる価値も給料も低いこと
  • 無能な人の生き方は代替え可能な人材になりやすい
  • 無能な人でも生き方を変えれば仕事ができない人生から抜け出せる
  • 無能な人でも自分の希少性を高めれば人生が変わる

今回は、無能な人の生き方と、無能な人生から抜け出す方法について、解説しました。

あなたが、本気で年収200万円以下の人生から、抜け出そうと考えているなら、ぜひ今回の内容を参考にしてください。

あなたが、そこから抜け出す最初の第一歩は、1日でも早く仕事を変えることだと思います。

未経験からチャレンジできて、あなたの市場価値を高める仕事には、営業職やエンジニアがあります。

キャリアのファーストステップとして、これらの職種を選ぶのはおすすめです。

あなたは、これから、どんな行動をしますか?


スポンサーリンク