就活 人生狂った

「就活失敗したら人生終了なのか…」
「就活で人生が狂ってしまった…」
「新卒で就職できなかった…」

このような方に向けて記事を書いています。

新卒での就活に失敗してしまい、どうすればいいかわからなくなっている、20代の方はたくさんいます。

結論からいうと、就活に失敗しても人生終了ではありません。

本気を出せば、いつからでも就職できます。

ドフラ
こんにちは。元フリーターのドフラです。

記事を書いている僕は、26歳まで年収200万円のフリーターでした。その後転職して、年収500万円の正社員として人生をやり直すことができました。現在は20代向けにキャリアアドバイザーをやっています。

この記事では、就活で失敗した20代の方向けに「就活に失敗しても人生終了しない理由」から「人生をやり直す方法」までを解説しています。

この記事を読めば、「就活失敗したから人生終了…」と思っていた方も、一歩前に踏み出せると思います。

3分で読める内容なので、それではいきましょう。

就活失敗したら人生終了⁉いやいや本気出せばやり直せるって!

就活 人生狂った

残念ながら、就活を一生懸命やっても、1社も内定をもらえない方や、内定を取り消される方はいます。

就活に失敗する原因には、経済情勢やライバル応募者など、自分ではコントロールできない部分も影響してきます。

応募書類の書き方や面接での受け答えなど、自分の努力でどうにかなる部分もありますが、最終的に内定が出るかどうか、入社できるかどうかは、運の要素も大きいです。

ドフラ
ですから就活で失敗する人は、必ず一定数出てきてしまうのです。

この現実に対して、「就活失敗したら人生終了…」と嘆く人もいますが、就活に失敗したくらいで人生は終わりません。

そこから本気を出せば、就職できます。

実際に「既卒・第二新卒向け」の転職エージェントは、就活に失敗した人のための転職支援サービスです。

つまり、就活に失敗する人がいることは、世間的に認知されているということです。

就活で人生狂ったと愚痴を言うと損します!

就活 人生狂った

「就活で人生狂った!」などと、就活で失敗したことに対して愚痴を言っていると、人生損します。

人生が狂ったのは、誰のせいでもありません。

家族のせいでも、友達のせいでも、先生のせいでも、企業のせいでも、世の中のせいでもありません。

もっといえば、自分のせいでもありません。

希望通りの企業に就職できるかどうかは、自分ではコントロールできない要因の影響もあり、ほぼ運だからです。

就活に失敗したことを、誰かのせいにしたい気持ちはわかりますが、愚痴を言っていても現状は何も変わりません。

ドフラ
現状を打破するためには、現実を受け入れて、自分から行動するしかないのです。

愚痴を言っている時間は、はっきり言って無駄です。何も生み出さない時間です。

そんな時間があるなら、転職エージェントに登録するなどして、就職するための行動に時間をつかいましょう。

就活失敗しても別に死ぬわけじゃない!仕事はいくらでもある!

就活 人生狂った

「就活失敗したら人生終了…」と落ち込んでいる人に伝えたいのは、就活に失敗しても、別に死ぬわけじゃないということです。

就活をしていると、新卒で希望の就職先に入社することだけが正しい、という雰囲気にのまれてしまいますよね。

しかし、人生には様々な形があり、正解の種類はたくさんあります。

ドフラ
ちなみに僕は、新卒で希望のアパレル業界に就職しましたが、現在はキャリアアドバイザーをやっています。

僕のようにファーストキャリアと違う仕事をしている人は、世の中にたくさんいます。

ですから、就職先は自分の希望どおりにいかなくても、大丈夫です。

「就職先が決まらない…」と悩んでいる20代の多くが、仕事を選びすぎています。

土日祝休みがいい、完全週休2日制がいい、残業はしたくない、ホワイト企業がいい、有名な会社がいい、給料はたくさんほしい、面白い仕事がやりたい…など。

自分の希望をすべて叶えようとする人は、なかなか就職できません。

キャリアアドバイザーの立場で一言いうと、「希望を1つ叶えられたらOK」という感覚で仕事を選んだ方がいいです。

スキルや経験のある人材なら、自分の希望を企業に交渉できますが、スキルも経験もない20代の方には、交渉材料がありません。

ですから、まずは自分の市場価値を高めるために、社会人としての土台をつくるという意識で仕事を選ぶべきです。

自分の希望に固執しなければ、世の中に仕事はいくらでもあります。

就活失敗でニートになるのは危険!全てのモチベーションが吸い取られる

就活 人生狂った

「就活に失敗したから、ニート生活をして、自分探しをしようかな?」という方がたまにいますが、これは危険です。

ニート生活を続ければ続けるほど、全てのモチベーションが吸い取られてしまいます。

ドフラ
僕はニートの方の転職相談に乗った経験もありますが、全員エネルギー量がめちゃくちゃ低かったです。

声が小さい、楽をしたい、すぐには働きたくない、やりたいことは特にない、というような感じです。

ニートの方に普段の生活を聴いてみると、朝起きて1日中ベッドに座っている人や1日中部屋でゲームをしている人が多かったです。

頭では就職しなければいけないのはわかっているけど、身体が動かないという感じですね。

僕が面談したニートの全員が実家暮らしだったので、無理して働かなくても衣食住が揃っている状態でした。

あえて自分から、究極に楽なニート生活を捨てて、過酷な会社員生活に挑戦しようとは思わないですよね。

しかしニートの人たちは、もともとニートになりたかったわけではなく、就活に失敗して仕方なく、ニートになってしまったのが始まりでした。

つまり、普通に働く気のある人でも、ニート生活を経験してしまうと、そこから這い上がることができなくなるということです。

就活に失敗したからといって、ニート生活を選ぶのは辞めたほうがいいです。

新卒就活で失敗したら既卒に特化した転職エージェントに登録しよう!

就活 人生狂った

新卒での就活に失敗したら、どうすればいいかわからず、パニックになってしまいますよね。

「もう俺の人生は終わりだ…」と落ち込んでしまう人もいると思います。

しかし、新卒就活に失敗しても大丈夫です。

日本には、既卒や第二新卒に特化した転職エージェントがあります。

「新卒での就活はもう無理だ!」と思った瞬間に、転職エージェントに登録しましょう。

転職エージェントでは、キャリアアドバイザーがあなたの転職をサポートしてくれます。

自己分析、業界選びや職種選び、応募する求人選び、応募書類の作成から面接対策まで、バッチリやってくれます。

キャリアアドバイザーの中には、20代や30代の人も多いので、社会人の先輩としての意見も聴くことができ、貴重なアドバイスがもらえます。

ですから、新卒就活に失敗したと思ったら、既卒・第二新卒に特化した転職エージェントに登録するのがおすすめです。

離職期間が空きすぎると、就職活動で不利になりやすいので、ぜひこの機会に行動してみましょう。

ドフラ
僕は20代の時に転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円の正社員に転職できました。

✔とりあえず登録すべき転職エージェント3社【すべて無料で利用できる】

【第二新卒エージェントneo】 :就職成功者15,000名以上。10時間以上の手厚いフォロー。既卒・第二新卒・大学中退の20代向け。

JAIC:就職支援実績23,000名以上。7日間の無料就職講座あり。既卒・フリーターの20代30代向け

マイナビジョブ20's :登録者数45,000名以上。無料適性診断テストあり。大卒以上の既卒・第二新卒の20代向け。

就活失敗したら人生終了しない理由【まとめ】

最後に「就活失敗したら人生終了しない理由」の要点をまとめておきます。

  • 就活に失敗しても人生は終了しない
  • 本気を出せば、いつからでもやり直せる
  • 就活で人生狂ったと愚痴を言うと損をする
  • 就活失敗しても別に死ぬわけじゃない
  • 希望に固執しなければ仕事はいくらでもある
  • 就活失敗でニートになるのは危険
  • ニートになると全てのモチベーションが吸い取られる
  • 新卒就活で失敗したら既卒に特化した転職エージェントに登録するべき

就活に失敗しても人生は終了しないので、目の前の現実を受け入れて、未来のための行動に集中しましょう。

新卒の就職に失敗したら、とりあえず既卒や第二新卒に特化した、転職エージェントに登録するのがおすすめです。

新卒の就活で内定をもらえなかった理由には、自分では気づけない原因があるかもしれないので、キャリアアドバイザーにアドバイスをもらってください。

ファーストキャリアだけが人生ではないので、長期的なキャリアプランを考えて就職先を選んでくださいね。

行動を先延ばしにすると、どんどん動けなくなって、気づいたらニートになっていた…ということもあります。

本気で人生をやり直したいなら、まずは今日できることから始めてみませんか?

ドフラ
僕が【フリーターから就職できた体験談】はこちらの記事をどうぞ。