24歳フリーター やばい

『24歳でフリーターはやばいの?』
『24歳の就職は遅い?もう手遅れ?』
『24歳から就職して人生をやり直したい…』

このような方に向けて記事を書いています。

一度は就職したものの仕事が合わなくてフリーターになった人、就職先が見つからずに仕方なくフリーターになった人。24歳でフリーターをしている人には様々な事情があると思います。

でも24歳になると、周りの友人の多くが社会人になり、急に『フリーターのままだとやばいかも…』という危機感が強くなりますよね。

しかし、いざ就職しようと思っても、何から手をつけたらいいのかわからず、結局フリーターから抜け出せない人も多いです。

では24歳のフリーターが人生やり直すためには、どうすればいいのか?

結論からいうと、24歳のフリーターが今すぐにやるべきことは、次の3つです。

  • 24歳フリーター向けの転職エージェントに無料登録する
  • 担当アドバイザーに無料で就職相談する
  • 自分に合う仕事を紹介してもらい応募してみる

上記のとおり。

世の中には、24歳フリーターの就職をサポートしてくれる『転職エージェント』があるので、とりあえずここに相談するのが1番早いです。

しかも全て無料で利用できるので、あなたのリスクはゼロ。これを利用しない手はないですよね。
24歳フリーターにおすすめの転職エージェント3社【すべて無料】

ドフラ
こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に就職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに就職や転職に役立つ情報を発信しています。

この記事では、僕が累計985名の方にインタビューした内容をもとに『24歳フリーターがやばいといわれる理由』から『24歳フリーターが就職して人生やり直す方法』までを解説していきます。

この記事を読めば、フリーターの未来に不安を抱えている方でも、人生を変えるための一歩が踏み出せるようになります。

3分ぐらいで読める内容なので、さっそく見ていきましょう〜。

「今すぐにフリーターから正社員に就職したい!」という方は、こちらの記事を読むほうが早いかもです。

24歳フリーターがやばい理由【就職遅い?手遅れ?失敗談あり】

24歳フリーター やばい
24歳でフリーターを続けている人『24歳までフリーターを続けてきたけど、同世代の友人がどんどん正社員になっているから焦ってきた…。24歳でフリーターはやばいの?』

このような疑問もありますよね。

記事を書いている僕自身も、20代半ばまでフリーターを続けていたので、あなたの気持ちは痛いほどよくわかります。

結論をいうと、24歳のフリーターがやばい理由は、以下のとおりです。

  • 経済的な不安定性
  • キャリアの停滞
  • 社会保障の欠如
  • ストレスと精神的な負担
  • 社会的な孤立
  • 職業技能の欠如
  • 就職が手遅れになる

ただし、24歳以降もフリーターを続けるかどうかは、本人の価値観の問題なので、24歳のフリーターが良いとか悪いとかの話ではありません。

でも、この記事を読んでいるあなたは、おそらくフリーターの未来に不安を抱えているのだと思います。

ここからは、あなたが24歳でフリーターから就職すべきかを判断できるように、『24歳のフリーターがやばいといわれる理由』を一つずつ解説していきますね。

24歳フリーターがやばい理由①:経済的な不安定性

24歳フリーター やばい

24歳フリーターがやばい理由の1つ目は、『経済的な不安定性』です。

フリーターは正社員とは違い、安定した雇用契約がなく、時給で働いているため、毎月の収入が変動します。

給与の不安定さから、家計の予算立てや生活費の管理が難しく、急な出費に対応できない場合があります。

また、フリーターは収入が低いため、長期的な貯蓄や投資をする余裕がなく、将来の経済的な安定に不安を抱えることも多いです。

ちなみに、DODAが公開する『20代男性・女性の平均年収』によると、24歳以降の平均年収は以下のとおり。

  • 24歳:305万円
  • 25歳:331万円
  • 26歳:351万円
  • 27歳:369万円
  • 28歳:383万円
  • 29歳:395万円

フリーターは時給で働いているため、毎日シフトを入れて長時間労働しても、年収250〜300万円ぐらいしか稼げません。

そのため、20代のフリーターは歳をとるほど、正社員との経済的な格差が大きくなります。

ちなみに記事を書いている僕も、フリーター時代は年収190万円だったので、24歳の平均年収よりも100万円以上も低い。まさに底辺労働者ですね…。

※フリーターから正社員に就職する経済的なメリットは、こちらの「正社員になるメリット②:安定した給与と昇給の機会」で解説しています。

24歳フリーターがやばい理由②:キャリアの停滞

24歳フリーター やばい

24歳フリーターがやばい理由の2つ目は、『キャリアの停滞』です。

フリーターは、アルバイトやパートタイムの仕事が中心であるため、職業経験やスキルの獲得が限られます。

また、フリーターは長期的な雇用が少ないため、職業的な成長やキャリアの発展が制約されることも多い。

企業側も正規の雇用者を優遇する傾向があり、フリーター経験が就職活動において不利にはたらくもあります。

スキルの習得や資格取得に関しても、正社員なら会社に費用負担してもらって研修や講座を受講することも可能ですが、フリーターはすべて自腹なので金銭的にも厳しい…。

ですから、将来的にキャリアアップしていきたいと考えている方は、フリーターから正社員になるしかありませんね。

※20代をフリーターのまま過ごすリスクは、こちらの「29歳男性が日雇いフリーターの単発バイトになった理由【体験談】」が参考になるかと思います。

24歳フリーターがやばい理由③:社会保障の欠如

24歳フリーター やばい

24歳フリーターがやばい理由の3つ目は、『社会保障の欠如』です。

フリーターは非正規雇用者であるため、健康保険や年金などの社会保障制度への加入が限定されます。

これにより、フリーターは病気や怪我による医療費の負担が大きくなったり、将来の年金受給額が低下したりするリスクがある。

また、体調を崩して仕事を休みたいときも、正社員なら有給休暇などを利用できますが、フリーターは時給労働なので、欠勤するとその分の給料が減ってしまいます…。

このような社会保障の不足によって、フリーターは生活の安定や将来への不安が増す可能性が高いです。

ちなみに、僕がフリーター時代にきついと思ったのは、国民年金や国民健康保険、住民税などの支払いですね。

月給15〜16万円しかないのに、毎月5万円ほどのお金が強制的にもっていかれるので、明日を生きるのに必死でした…。

※フリーターから正社員に就職する社会保障のメリットは、こちらの「正社員になるメリット⑥:安心の社会保障で未来を守る」で解説しています。

24歳フリーターがやばい理由④:ストレスと精神的な負担

24歳フリーター やばい

24歳フリーターがやばい理由の4つ目は、『ストレスと精神的な負担』です。

経済的な不安定性やキャリアの停滞、社会的な孤立が、フリーターのメンタルヘルスに影響を及ぼすことがあります。

経済的なプレッシャーや不安感、キャリアの不安定さからストレスが増し、うつ病や不安障害のリスクが高まる可能性があります。

また、フリーターは社会的なつながりの欠如によって、孤独感や自己肯定感の低下が起こることもある。

一般的に『24歳』という年齢は、就職して3〜5年経っており、仕事のスキルや経済力がそこそこ身についている状態です。

そのため、同世代の社会人と差があればあるほど、自分への劣等感が強くなっていき、もう手遅れかもしれないと感じる瞬間も多くなる…。

また、フリーターは24歳前後になると、家族や友人から『早く就職しろ!』『いつまでフラフラしてるんだ!』と言われることも増えるので、周りからの圧力によるストレスも大きくなります。

※フリーターから就職しやすい仕事をこちらの「フリーターから正社員に就職しやすい仕事5選とおすすめ度」で紹介しているので、参考にしてみてください。

24歳フリーターがやばい理由⑤:社会的な孤立

24歳フリーター やばい

24歳フリーターがやばい理由の5つ目は、『社会的な孤立』です。

フリーターは、定期的に職場や同僚が変わるため、社会的なつながりを築きにくい状況にあります。

これにより、友人や仕事仲間などの相談相手が不足し、孤立感が高まる可能性がある。

また、24歳までフリーターを続けていると、アルバイト先に高校生や大学生などの年下しかいなくなることもあり、そのうち自分の居場所を失う人もいます。

このようなフリーターの社会的な孤立は、心の健康や生活の満足度に悪影響を及ぼすこともあります。

24歳フリーターがやばい理由⑥:職業技能の欠如

24歳フリーター やばい

24歳フリーターがやばい理由の6つ目は、『職業技能の欠如』です。

フリーターは、基本的に『誰でもできる簡単な作業』をやっていることが多いため、特定の職業技能を高めるチャンスが少ないです。

これにより、フリーターは人材の市場価値が低下し、将来的なキャリアの選択肢が制限される恐れがあります。

仕事に役立つ専門的なスキルや知識を身につけるためには、教材費やセミナー受講料、学習するための時間が必要です。

しかし、フリーターは時給労働でお金を稼いでいるので、『働かないとお金がない→時間がないから学習できない→自己投資する余裕がない』という負のスパイラルから抜け出せません。

そのいっぽうで、正社員の場合は、土日や定時後に時間を確保できますし、金銭的にも余裕があるので、時間もお金も自分に投資できます。

さらに、企業の中にはスキルアップや資格取得に必要なお金を、会社の福利厚生で出してくれるところもあるので、正社員なら無料でスキルや知識を身につけることも可能です。

ですから、スキルアップや専門知識の習得を考えている方は、フリーターの状態で頑張るよりも、正社員になるほうが早いかもです。

※フリーターから就職することで得られるスキルは、こちらの「正社員になるメリット⑤:多様な経験とスキルの習得で成長できる」で解説しています。

24歳フリーターがやばい理由⑦:就職が手遅れになる

24歳フリーター やばい

24歳フリーターがやばい理由の7つ目は、『就職が手遅れになる』です。

24歳でフリーターから正社員への就職を目指す場合、転職市場に出て行って就職活動することになりますが、そこでは正社員経験のある人やハイキャリア人材も多く転職活動しています。

そのため、24歳のフリーターは、求人市場での競争において不利な立場になり、希望する職種や条件を得ることができない場合もあります。

企業の採用担当者の中には『フリーター歴が長い人=責任のある立場から逃げてきた人』という印象をもつ人もいるため、フリーターは書類選考の時点で落とされることも多いです。

たとえ面接まで進めたとしても、面接官に『なぜ24歳まで就職しなかったのですか?』と必ず質問されるので、そこで返答に詰まってしまい、不採用になる人もたくさんいます。

※企業がフリーターを採用する際の4つの懸念点は、こちらの「フリーターから正社員就職を志望する人への企業側の懸念点」で解説しています。

とはいえ、世の中には『第二新卒・既卒・若手人材』の採用に力を入れている会社もあるため、戦略的に就職活動を進めれば、24歳でも正社員に就職できるチャンスはあります。

ただしこれが、25歳、26歳、27歳、28歳、29歳…と年齢が上がるにつれて、正社員への就職がどんどん難しくなるので、24歳のうちに行動しておくのが安全です。

僕もフリーター時代は『低収入・学歴なし・スキルなし・経験なし・資格なし』という状態だったので、将来に不安しかありませんでした。

でも、20代半ばの時に転職エージェントを利用して、フリーターからIT企業の正社員に就職することができ、その2年後に年収500万円になり人生が変わりました。

24歳なら、まだ間に合います。

こんなにダメダメだった僕でも人生変えれたわけですから、この記事を読むほど意識の高いあなたなら、必ず人生変えれると思いますよ。

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円のIT企業に就職できましたよ。

24歳のフリーターが就職で失敗しない方法を伝えます!

24歳フリーター 就職

では24歳でフリーターの方が、就職で失敗しないためには、具体的にどうすればいいのか?

結論をいうと、『24歳フリーターに特化した転職エージェント』に無料登録すればOKです。

24歳フリーターの就活の流れは、次のとおりです。

  • 24歳フリーター向けの転職エージェントに無料登録する
  • 担当アドバイザーに無料で就職相談する
  • 自分に合う仕事を紹介してもらい応募してみる

転職エージェントに登録すれば、あとは担当アドバイザーが就職までサポートしてくれるので、めちゃくちゃ楽です。

でも就活を自分ひとりでやろうとすると、企業選びから面接対策まで全部自分でやらないといけないので、かなり大変です。

ちなみに、記事を書いている僕は、フリーターのときに自分ひとりで就活して、30社応募しても内定ゼロという失敗をしています…。

僕のような失敗をしたくなければ、最初からプロに頼るのがおすすめですね。

24歳フリーターに特化した転職エージェントには、24歳フリーターからの就職事例がたくさんあるので、とりあえず登録してみて、『自分にはどんな仕事が選べるのか?』を聴いてみるのはいかがですか?

行動しないと、人生は何も変わりません。むしろフリーター期間が長いほど、損することが増えていきます。

『今すぐフリーターを辞めろ』とは言いませんが、徐々に行動して変えていかないとですね。

ドフラ
24歳フリーターから正社員への就職で失敗したくない方は、こちらの記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。

24歳フリーター7名の就職体験談を紹介|成功事例と失敗談

ここからは、実際に僕が24歳フリーターの方にインタビューした『24歳フリーターの就職成功体験談』と『24歳フリーターのやばいと思った失敗談』を紹介します。

24歳専門中退フリーターの就職体験談:不利な経歴から就職に成功!

24歳フリーター 就職

元フリーターの佐藤裕介さん(24歳男性・仮名)は、「将来仕事に困らなさそう」という理由で、高校を卒業後に看護の専門学校に通っていました。

しかし、看護の勉強に興味が持てず、そのうちバイトばかりするようになって授業にも出席しなくなり、専門学校を中退してフリーターになりました。

その後は、学生時代から続けていたダイニングバーのバイトでお金を稼いでいましたが、年齢が上がるとともに、自分がまわりに取り残されていると感じことが増えていきました…。

佐藤裕介さんは、バイト先でバイトリーダーを任されていましたが、どれだけ頑張っても年下の社員より給料が少なく、有給休暇や賞与もありませんでした。

さらに、大学生のアルバイトが就職してバイト先を卒業していく姿を何度もみて、「俺だけ何やってるんだろう…」と落ち込むこともあったそうです。

そして、佐藤裕介さんは24歳のときに「このままだと俺だけ取り残される…」と思い、正社員になるために就職活動をスタートしました。

佐藤裕介さんは就職を決意した後、まずはハローワークを利用したのですが、「求人数が膨大過ぎて、自分で求人を見つけるのは無理だ…」と感じたそうです。

実際に佐藤裕介さんはハローワークに通いつつ、就職活動を約1ヶ月続けましたが、結局内定をもらえた企業はゼロでした…。

その後、自分ひとりで就職するのは無理だと思って、インターネットで自分の就職をサポートしてくれるサービスを探しました。

その結果、世の中には『フリーター向けの転職エージェント』があることを知り、とりあえず登録してみることにしました。

転職エージェントに登録すると、担当のアドバイザーがカウンセリングをしてくれて、自分に合った求人を紹介してくれて、履歴書の作成から面接対策までをほぼ全てやってくれました。

その結果、佐藤裕介さんは、転職エージェントを利用し始めてから約1ヶ月で、IT企業の正社員に就職することが決まりました。

現在の佐藤裕介さんは、IT系ベンチャー企業の営業職として、大卒とも肩を並べて仕事ができているそうです。

佐藤裕介さんは、以前のフリーター生活を振り返り、以下のようにコメントしています。

専門学校を辞めてフリーターを続けていたときは、自分の将来どうなるんだろう…という不安しかありませんでした。学歴も職歴も不利な状況の中で正社員に就職するまでサポートしてくれた担当のアドバイザーの方には感謝しかありません。いまは大卒の同僚とも対等に仕事ができているので、現状にはかなり満足しています!

上記のとおり、自分ひとりで就職活動を進める自信がない方は、最初からプロに手伝ってもらうのがおすすめですね。

※佐藤裕介さんが利用した転職エージェントは、こちらの「【失敗談あり】元フリーターがおすすめする転職エージェント3社」で紹介しているので、あわせてご覧ください。

24歳大卒フリーターの就職体験談:教員採用試験に落ちて一般企業へ!

24歳フリーター 就職

元フリーターの宇野海斗さん(24歳男性・仮名)は、大学を卒業後に教員になることを目指していましたが、教員採用試験に落ちてしまい、そのままフリーターになりました。

大学を卒業後も1年間、アルバイトをしながら教員採用試験に向けて頑張っていましたが、2度目も点数が足りずに受かりませんでした。

宇野海斗さんは、当時お付き合いしていた方と結婚を考えていたため、「また1年ブランクが空くのは辛いな…」と思い、もう1年教員採用試験に向けて頑張るのか、一般企業に就職して結婚して家庭を持つかを本気で悩みました。

その結果、宇野海斗さんにとって「結婚して幸せな家庭を築きたい!」という気持ちが1番強かったため、教員になる夢を諦めて、一般企業に就職することを決意しました。

その後、自分ひとりで就職活動を始めて、2社ほど選考を受けましたが、履歴書の書き方や、面接の対応や答え方が全くわからなかったため、「これはまずい…」と思ったそうです。

それから、インターネットで採用や就活のことを調べているうちに、転職エージェントの存在を知り、一度相談してみようと思って登録してみました。

転職エージェントでは、社会人マナーの基礎を学べる研修をすべて無料で受けさせてもらえて、担当アドバイザーの方も熱意をもって1から10まで対応してくれました。

その結果、宇野海斗さんは「この人たちなら信用できる、自分もここで変わらないと!」とスイッチが入り、前向きに就職活動を進められたそうです。

その後、宇野海斗さんは紹介された求人にすべて応募し、結果は『書類応募4社→書類通過4社→面接4社→内定2社』となりました。

最終的に、宇野海斗さんは24歳のうちに、フリーターから研究機材業界の営業職の正社員に就職することができました。

宇野海斗さんは、24歳までのフリーター生活を振り返り、以下のようにコメントしています。

教員採用試験に落ちたときに、教員を目指し続けるか、教員から一般企業に移るかを1年ぐらい悩み続けました。でも視野を広げて一般の民間企業も受けてみたことで、自分が教員でやりたかったことができる民間企業はたくさんあると実感できました。教員になれなかったのは残念でしたが、いまの仕事はやりがいもあって充実していますし、就職したおかげで結婚もできたので、現状にはかなり満足しています!

上記のとおり、公務員から一歩を踏み出すのは勇気がいりますが、行動できずに3〜4年ブランクが空いてしまう人もいるので、まずは視野を広げてみることが大事ですね。

※宇野海斗さんが利用した転職エージェントをこちらの「【失敗談あり】元フリーターがおすすめする転職エージェント3社」で紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

24歳大卒フリーターの就職体験談:正社員経験なしから就職に成功!

24歳フリーター 就職

元フリーターの横山健さん(24歳男性・仮名)は、医療系の大学を卒業後に国家資格に臨んだものの、点数が足りずに落ちてしまい、そのままフリーターとなりました。

大学を卒業後は、看護助手のアルバイトを続けていましたが、年齢が24歳になり周りの友人のほとんどが正社員として働いている姿をみて、「自分もこのままではダメだ!」と思い、就職することを決意しました。

しかし、ずっと医療系の世界にいたため、医療系以外のことは何も知らなくて、就職活動は何から始めればいいのか、どの会社がいいのか…というのがわからない状態でした。

その後、ハローワークにも行きましたが、就職までの道筋が見えないまま、時間だけが過ぎていきました…。

そんなときに、たまたまインターネットで『フリーター向けの転職エージェント』があることを知って、すぐに登録しました。

横山健さんは、転職エージェントを利用してみて、「アフターフォローたすごいな!」と感じたそうです。

担当アドバイザーの方はお兄さん的な存在で、自分の良いところを褒めてくれる優しさと、内定をもらうためにダメなところはダメだとちゃんと言ってくれる部分があり、とても頼りになる安心感がありました。

横山健さんは、就職活動のことが何もわからなかったので、担当アドバイザーの手厚いフォローが、すごく助かったそうです。

その後、自分に合う会社を紹介してくれたり、言葉遣いや名刺の渡し方などの社会人マナーまで教えてもらったりしながら、就職活動を進めていきました。

その結果、横山健さんは転職エージェントに登録してから約1ヶ月で、携帯ショップの販売営業職から内定をもらうことができました。

現在の横山健さんは、店長代理のポジションまで出世し、人の管理や育成などの管理業務を任されているそうです。

横山健さんは、以前の就職活動を振り返って、以下のようにコメントしています。

就職はゴールだと思いますが、就職活動をプロに手伝ってもらったおかげで、言葉遣いやメールの送り方などの社会人マナーも学ぶことができたので、人間として成長させてもらえました。就職活動中に身につけたことは、現在の職場でも営業の方と商談をするときや後輩の指導をするときに役立っています!

上記のとおり、転職エージェントを利用することで、フリーターから就職しやすくなるのはもちろん、社会人の基本マナーを身につけられる点も大きなメリットですね。

ドフラ
24歳フリーターから正社員への就職で失敗したくない方は、こちらの記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。

24歳大学中退フリーターの体験談:手遅れになる前に就職したい…

24歳フリーター やばい

フリーターの大石桂馬さん(24歳男性・仮名)は、2年浪人したものの希望の大学に合格できず、仕方なく妥協して、なんとなく興味のあった別の大学の国際学部に入学しました。

その後、大学3年生までは大学に通っていましたが、どうしても大学の講義に興味が持てず、そのまま大学を休学することになります。

大石桂馬さんは大学を休学した後、今後の人生をどうするかをゆっくり考えようと思い、古本屋でアルバイトを始めました。

しかし、そんなある日に、お父さんの視力が悪くなり、ご両親から「お父さんが今の仕事を続けられなくなって金銭的にまずいから、これからは大学の学費を払えない…」と言われました。

これによって、大石桂馬さんは大学を中退し、そのままフリーター生活を始めます。

その後、古本屋のアルバイトでは勤務態度が評価されて、社内の接客ランクを順調に昇格させましたが、古本に付着するダニやホコリがどうしても体に合わず、バイト先で正社員を目指すことは考えられませんでした…。

大石桂馬さんは年齢が24歳になり、同年代の多くが、大卒で新卒2年目の社員として働いている現実によって、「24歳のうちに就職しないと、手遅れになるかもしれない…」と思い、本格的に就職活動をスタートさせました。

現在は『接客経験を活かせる』『企業規模が大きい』『安定して働ける環境がある』など、自分の希望にできるだけ合う職場に就職するために、積極的に書類応募や面接を受けている状況です。

大石桂馬さんは、現在のフリーター生活について、以下のようにコメントしています。

24歳という年齢は、大卒が社会人として2〜3年のキャリアを積んでいる時期なので、その人たちと24歳でフリーターの自分を比べてしまうと、正直かなり人生の差を感じます…。24歳はもう若くないので、1日も早く就職して人生やり直さないとやばいと思っています。

上記のとおり、同世代の正社員とフリーターの自分を比較することで、このままだとやばい!と思って、真剣に就職活動をスタートする24歳のフリーターは多いですね。

※フリーターの就職成功のポイントをこちらの「フリーターから正社員に就職するための7つのコツ」で解説しているので、ぜひご覧ください。

24歳大卒フリーターの体験談:フリーターから抜け出せない…

24歳フリーター やばい

フリーターの上田祐樹さん(24歳男性・仮名)は、大学を卒業後に新卒で機械設計や自動車部品の開発設計をしている会社に就職しました。

入社後は自動車部品の設計をする部署への配属が決まり、配属前に機械製図やCADの研修を受けていたのですが、研修内容が難しすぎてついていけませんでした。

そして、入社3ヶ月目の研修期間中に「こんなにレベルの高い職場で働き続けるのは無理だ…」と思い、そのまま退職することになります。

その後、上田祐樹さんは昔から漫画やアニメが好きだったこともあり、アニメグッズやトレカを販売するショップでアルバイトを始めました。

上田祐樹さんは「将来的にはバイト先で正社員になれたらいいな〜」と考えていましたが、ある時にバイト先の店舗はFC経営のため、正社員を募集していない事実を知りました…。

フリーターのまま24歳になってしまい、「さすがに年齢的にも正社員に就職しないとやばいかも…」と思い、とりあえず転職エージェントに登録して就職活動を始めることになります。

しかし、企業の面接を7社受けても、すべて一次面接で落選でした…。

キャリアアドバイザーからのフィードバックによると、落選理由は『就職する意欲が伝わってこない』『面接時の受け答えに覇気がない』などでした。

上田祐樹さんの本音を聞いてみると、「就職したい気持ちはあるものの、今のフリーター生活を手放したくない気持ちも強く、就職活動に前向きになれていない…」とのことでした。

最終的に上田祐樹さんは、バイト先の会社から「新店舗をオープンするから、オープニングスタッフとして来てほしい!」と言われ、そのままアルバイトを続けることを決めました。

上田祐樹さんは、現在のフリーター生活について、以下のようにコメントしています。

24歳でフリーターはやばいと頭ではわかっているのですが、新卒で就職した時の失敗もあって、なかなか正社員になる勇気が出ないのが本音です。とりあえず今はフリーターを続けながら、漫画やアニメに関われる仕事がないかを探してみようと思っています…。

上記のとおり、正社員に就職するきっかけを見つけられないと、フリーター生活から抜け出すのは簡単ではありませんね。

※フリーターから正社員に就職する覚悟が決まらない方は、こちらの「正社員になりたい理由を明確にする」を参考にしてみてください。

24歳大卒フリーターの体験談:就職してない人生に焦りを感じる…

24歳フリーター やばい

フリーターの奥山宏幸さん(24歳男性・仮名)は、大学のゼミの紹介でソフトウェア系の会社に入社し、新卒でシステムエンジニアの正社員型派遣として働いていました。

しかし職場は転勤が多く、短期間で引越しをしなければいけないことがストレスで、入社7ヶ月で退職することになります。

その後は、ビール工場で仕分けのアルバイトをしながら、「これがやりたい!」と思える仕事を探していましたが、結局やりたい仕事は見つからず、気がつけばフリーター生活が2年続いていました。

年齢が24歳になったタイミングで、「もう24歳だし、そろそろ正社員として働かないとマズイのではないか?」と思い、再就職を決意します。

奥山宏幸さんはWeb系やインターネット系の職種で仕事がしたい気持ちがあるため、WebやIT系の企業に絞って求人に応募していますが、どこも書類選考は通過するものの、一次面接で落選しています。

現在は『とにかく24歳のうちに就職すること』を最優先に考えて、営業職や接客業など幅を広げつつ、転職エージェントのキャリアアドバイザーに協力してもらって面接練習にも力を入れている状況です。

奥山宏幸さんは、現在のフリーター生活について、以下のようにコメントしています。

24歳になると、同い年の友人はほぼ正社員になっていますし、最近は親からのプレッシャーも感じています。できるだけ早く就職を決めて、24歳のうちに社会人として再スタートしたいと思っています。

上記のとおり、友人や家族からのプレッシャーにいい意味で背中を押されて、24歳で正社員に就職できるフリーターもたくさんいますね。

※フリーターから正社員に就職するメリットを「フリーターから正社員になるメリット・デメリット」で解説しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

24歳大卒フリーターの体験談:公務員試験に受からない…

24歳フリーター やばい

フリーターの吉川薫さん(24歳男性・仮名)は、大学3年生の時の合同説明会で警察の仕事の話を聞いて感動したことがきっかけで、警察官を目指すことを決めました。

その後、公務員試験の勉強を必死にやって、警察官の試験を受けましたが、二次試験の体力試験と面接で落ちてしまいました。

吉川薫さんは、警察官以外の仕事は考えていなかったため、民間企業には就職せず、大学を卒業してからはフリーター生活を始めます。

大学を卒業後、実家からの仕送りが減ってしまい、家賃が払えなくなったため、正社員に就職した当時の彼女の部屋に居候させてもらうことになります。

当初は、居酒屋でアルバイトをしながら、警察官の試験をもう一度受ける予定でしたが、「警察官の試験会場にきていた体格のいい人たちと競って、自分は勝てる気がしない…」と考えるようになっていきました。

ダラダラとフリーター生活を続けているうちに、あっという間に1年が過ぎ、その頃には警察官になりたい気持ちはなくなっており、試験も受けませんでした。

そして、会社員2年目として働く大学時代の友人や彼女の姿を見ているうちに、「24歳でフリーターだと世間体も悪いし、自分もそろそろ就職しよう!」と思い、就職活動を始めます。

しかし、いざ就職活動を始めても、企業の面接官からの『なぜ新卒で就職しなかったのか?』『なぜ警察官を諦めたのか?』『なぜフリーターを続けていたのか?』という質問に言葉が詰まってしまい、なかなか就職が決まりませんでした。

そんなタイミングで、彼女からフラれることになり、吉川薫さんは人生のどん底に立たされます。

現在は「24歳のうちに就職しないとやばい…」という危機感を持ち、積極的に書類応募や面接を受けている状況です。

吉川薫さんは、現在のフリーター生活について、以下のようにコメントしています。

警察官になる目標がなくなり、彼女にもフラれた時は人生のどん底でしたが、今は気持ちを切り替えています。大学の友達のほとんどが正社員として働いているので、これ以上キャリアの差が開かないように1日も早く就職を決めたいです。

上記のとおり、公務員試験に挫折して、仕方なく民間企業への就職活動をスタートさせるフリーターも多いですね。

※フリーターからの就職におすすめの仕事をこちらの「フリーターから正社員に就職しやすい仕事5選とおすすめ度」で紹介しているので、ぜひ就職先選びの参考にしてみてくださいね。

24歳をフリーターで終わらすな!今すぐに行動しないとやばいです

24歳フリーター やばい

『いつかフリーターを抜け出したい…』と思いつつ、なかなか行動できない人もいますよね?

でも、もしあなたが24歳なら、今すぐにフリーターを辞めるべきです。

なぜならフリーターから正社員に就職するときに、『年齢が高いほど不利になるから』です。

未経験の人材を採用する企業側は、『入社後の教育のしやすさ』や『活躍できる期間の長さ』を評価します。

そのため、24歳の人材と28歳の人材を比較したときに、両者の指導のしやすさや将来性を考えて、年齢の若い24歳の人材が採用されやすいです。

ですから、人生を振り返って後悔したくない方は、今すぐに行動しておいてくださいね。

あとは、あなた次第です。

今から行動して、あなたの理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
24歳フリーターから正社員への就職で失敗したくない方は、こちらの記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。