工場勤務 末路
工場勤務を辞めようか迷っている人『工場勤務を続けてきたけど、肉体的にも精神的にもキツイ…。工場勤務の将来も不安だから工場以外の仕事に転職したい。でもどうすればいいの?』

このような方に向けて記事を書いています。

高校を卒業して工場に就職したものの、ライン作業についていけなかったり、二交代制や三交代制で体調を崩したりして、工場勤務のままだと末路がやばいかも…と不安になる人は多いです。

結論からいうと、工場勤務の末路がやばい理由は、以下のとおりです。

  • 健康への影響
  • 低賃金と不安定な雇用
  • 自動化で失業するリスク
  • メンタルヘルスへの影響
  • スキルが停滞する

工場勤務の仕事って、なかなか大変ですよね…。

ドフラ
こんにちは。元倉庫作業員のドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計985名の方にインタビューしてきたので、工場勤務を辞める人のリアルな情報をお伝えできると思います。

今回は、僕が実際に話を聞いた、元工場勤務の方の体験談もとに『工場勤務の末路がやばい5つの理由』から『工場勤務から転職で失敗しない方法』までを解説していきます。

この記事を読めば、工場勤務の未来に不安を抱えている方でも、人生を変えるための一歩が踏み出せるはずです。

3分で読める内容ですので、それでは見ていきましょう〜。

『今すぐに工場勤務から転職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

高卒の工場勤務は人生終わり?【工場勤務の末路がやばい理由5つ】

工場勤務 末路

この記事では、実際に元工場勤務の方にインタビューさせてもらった、ガチの体験談と工場を辞めた理由を紹介しています。

先に結論をいうと、工場勤務の末路がやばい理由は、以下のとおり。

  • 健康への影響
  • 低賃金と不安定な雇用
  • 自動化で失業するリスク
  • メンタルヘルスへの影響
  • スキルが停滞する

ただし、工場勤務を続けるかどうかは、本人の価値観の問題なので、工場勤務が良いとか悪いとかの話ではありません。

でも、この記事を読んでいるあなたは、工場勤務を続ける未来に不安があるはずです。

ここからは、あなたが工場勤務を辞めるべきかの判断材料として、『工場勤務の末路がやばい5つの理由』を一つずつ解説していきますね。

工場勤務の末路がやばい理由①:健康への影響

工場勤務 末路

工場勤務の末路がやばい理由の1つ目は、『健康への影響』です。

工場勤務の一部の職種では、肉体的な負担が非常に大きい場合があります。

長時間の立ち仕事や重い物の持ち運び、機械の操作など、反復的な作業によって、筋肉や関節に負担がかかります。

これによって、腰痛、関節炎、腱鞘炎など、仕事による身体的な障害が引き起こされる可能性がある。

また、一部の工場では、有害な物質や化学物質との接触があり、これらの物質によって、職業病や呼吸器疾患、皮膚疾患などが発生するリスクもあります。

実際に元工場勤務の方から聞いた、健康への影響に関するコメントは、以下のとおりです。

水野翔太さん(25歳男性・仮名)
毎日汚い空気を吸いながら、過酷な労働環境に耐えるのはきつかったです。残業や休日出勤は当たり前で、定時で帰れる日はほとんどありませんでした…。

中田英之さん(25歳男性・仮名)
深夜でもトラブルがあれば対応しなければならず、肉体的にも精神的にもかなりハードでした。1回り以上も年の離れた上司が24時間勤務をしている事実を知り、自分の未来に不安しかありませんでした…。

工場勤務では、安全対策が不十分であったり、従業員の健康を考慮した対策が取られていない場合、健康被害が懸念されます。

工場勤務の末路がやばい理由②:低賃金と不安定な雇用

工場勤務 末路

工場勤務の末路がやばい理由の2つ目は、『低賃金と不安定な雇用』です。

工場勤務は、一部の地域や産業において、低賃金が問題となる場合があります。

特に『夜勤や残業がないと給料が足りなくて、生計を立てるのが難しい…』という悩みを抱えている人は多いです。

工場は需要や経済の変動に大きな影響を受ける産業のため、『自動車の需要が減る→自動車の生産台数が減る→工場の稼働が減る→従業員の労働時間が減る→従業員の給料が減る』という負のスパイラルになることも…。

実際に元工場勤務の方から聞いた、給料に対する不満のコメントは、以下のとおりです。

野村翔平さん(26歳男性・仮名)
夜勤や残業がないとやっていけないほど給料が安く、残業するかどうかを自分で選べるわけでもありません。会社の業績悪化でボーナスを20万円も削られている人もいたので、所帯持ちになると生活が厳しいと思いました…。

伊藤智也さん(28歳男性・仮名)
5年ぐらい経たないと基本給が大幅に上がらないので、給料に不満がありました。給料が低いにも関わらず、職場環境の悪い部署に配属されると、毎日が虚しくなります…。

景気の変動や市場の変化によって、一部の工場が閉鎖される可能性もあるため、工場勤務には『雇用の不安定さ』や『失業のリスク』などの懸念があります。

※元工場勤務の村瀬功さん(26歳男性・仮名)が、『給料が下がって製造業を辞めた体験談』は以下の記事をどうぞ。

工場勤務の末路がやばい理由③:自動化で失業するリスク

工場勤務 末路

工場勤務の末路がやばい理由の3つ目は、『自動化で失業するリスク』です。

現代の工場では、自動化技術の導入によって、生産効率を向上させる取り組みが進んでいます。

自動化によって、一部の単純作業や重労働が機械に置き換わる可能性があります。

これにより、一部の従業員の職が失われるリスクが高いです。

特に『産業4.0』の進展によって、ロボットやAIの活用が進んでおり、労働市場の変革が起こる可能性があります。

そのため、スキルのない従業員は置き去りにされるリスクがあり、再就職の難しさが問題となります。

実際に元工場勤務の方から聞いた、工場勤務の将来性や仕事のやりがいに関するコメントは、以下のとおりです。

坂田駿輔さん(25歳男性・仮名)
仕事のために身も心もすり減らしている人が多く、今の環境で働き続けていると、この会社のこの部署でしか通用しない人間になると思いました。仕事をする目的を見失いそうでした…。

松本大吾さん(23歳男性・仮名)
自分の意見を発言しにくい環境だったため、伸び伸びと自分の考えを主張できる職場で働きたいと思いました。単純労働でスキルも身につかないので、ほかの仕事に挑戦するために工場を辞めました。

工場勤務の将来に不安を感じて、若いうちに工場から異業種へキャリアチェンジする人も多いですね。

工場勤務の末路がやばい理由④:メンタルヘルスへの影響

工場勤務 末路

工場勤務の末路がやばい理由の4つ目は、『メンタルヘルスへの影響』です。

工場勤務の劣悪な労働条件やストレスが原因で、従業員のメンタルヘルスに悪影響を及ぼす場合があります。

工場での長時間労働や単調な作業、上司や同僚との人間関係の問題などが、ストレス要因となることが多いです。

これらのストレスが蓄積することで、うつ病、不安障害、職業性ストレスなど、精神的な問題が発症するリスクもあります。

実際に元工場勤務の方から聞いた、精神的なストレスに関するコメントは、以下のとおりです。

太田圭介さん(27歳男性・仮名)
ラインスピードの速さがやばい部署に配属され、少しでも無駄な動きをすると間に合わないような環境でした。残業時間も60時間を超えていたので、自分にはもう限界だと判断しました…。

三浦春樹さん(25歳男性・仮名)
自分の職場は常に生産に追われている高負荷の部署だったため、どれだけ一生懸命やっても、少しの隙を見せるだけで、すぐに詰められるような環境でした。かなり過酷な体力仕事なので、歳をとったらできないと思いました…。

『工場勤務=仕事が楽そう』というイメージもありますが、実際は精神的にも肉体的にもきつい環境で、仕事を頑張っている人が多いですね。

※元工場勤務の小山康介さん(22歳男性・仮名)が、『三交代制がきついから工場を辞めた体験談』は以下の記事をどうぞ。

工場勤務の末路がやばい理由⑤:スキルが停滞する

工場勤務 末路

工場勤務の末路がやばい理由の5つ目は、『スキルが停滞する』です。

工場勤務の中には、毎日ひたすら単純作業をくり返す職場があり、入社1年目の社員と入社10年目の社員が、全く同じ作業をやっている場合もあります。

このような職場では、スキルの向上やキャリアの発展が限定される傾向があります。

自己成長やキャリアアップの機会に乏しい環境で働く従業員は、将来的な職業の選択肢が狭くなるリスクが高いです。

これらの要因により、工場勤務は一部の従業員にとっては、不利な状況となる場合があります。

実際に元工場勤務の方から聞いた、スキルの停滞に関するコメントは、以下のとおりです。

武田和哉さん(24歳男性・仮名)
製造業なので当たり前かもしれませんが、毎日同じことのくり返しで、ただ時間が過ぎていくのを待つ生活に嫌気が差しました。仕事をとおして成長や変化を感じられず、自分には無理でした…。

堀江有希さん(24歳女性・仮名)
とにかく仕事量が膨大で、定時で帰れる日はほとんどなかったです。上司に自分の意見をしっかり主張しないと、ほかの仕事や残業に巻き込まれて、自分が損するばかりの環境でした…。

工場勤務の課題を解決するためには、安全対策や労働条件の改善、賃金の適正化、スキルの向上や多様なキャリアの提供などが必要になります。

しかし、そんなに簡単に対応できる話ではない…というのが現実ですね。

ドフラ
『何の仕事がしたいかわからない…』という20代の方は、以下の記事が参考になりますよ。

高卒で工場勤務は人生終わりなの?【失敗する理由は超簡単です】

工場勤務 末路

世の中には『工場勤務=きつい』『工場勤務=底辺』『工場勤務=つらい』などのイメージもあり、若い人が工場勤務を選ぶことに対して、否定的な意見を言う人もいます。

では、若い人は工場勤務をやめたほうがいいのか?

結論をいうと、工場勤務を選ぶかどうかは、本人の価値観の問題なので、工場勤務を辞めるかどうかは、あなた次第です。

つまり、工場勤務が良いとか悪いとかの話ではない、ということ。

しかし現実問題として、工場勤務を続けることには、以下のデメリットがあります。

  • スキルが身につかない
  • 二交代や三交代がきつい
  • 歳をとると体力的につらい
  • 給料が上がりにくい
  • 仕事を失うリスクがある

この中でも、特に『二交代や三交代がきつい』『体力的につらい』という理由で、工場勤務を辞める人が多い印象です。

もちろん、工場勤務は世の中に必要な仕事ですし、工場で働くことが悪いわけではありません。

しかし、『40代50代で二交代や三交代を続ける自信がない…』『ずっと肉体労働を続けるのは無理かも…』という方は、工場勤務のままだと、いずれ限界がくるはずです。

工場勤務を辞めたい人が転職で失敗しない方法とは?

工場勤務 辞めたい

『工場勤務を辞めたいけど、どうやって転職活動を進めればいいの?』

このような疑問もありますよね。

結論からいうと、工場勤務から転職で失敗したくないなら、転職エージェントを利用するべきです。

ドフラ
記事を書いている僕もそうでしたが、まともに転職活動をしたことがない人が、自分ひとりで転職しようとするのは無謀です。

ちなみに、僕は26歳のときに自分ひとりで転職活動した結果、数ヶ月経っても内定ゼロだった…という恥ずかしい失敗経験があります。

僕は転職活動に失敗し続けた後、最終的に『高卒・大学中退・未経験の転職に強いエージェント』に登録して、なんとかIT企業に転職できました。

このタイプの転職エージェントは、学歴や職歴に自信のない転職者を対象にしているため、とにかくフォローが手厚いです。

カウンセリングに時間をかけてくれたり、無料で就職講座や適職診断テストが受けれたり、面接対策を1社ずつやってくれたりします。

僕はこのおかげで、最終的にIT企業に転職することができ、その2年後には年収500万円稼げるようになりました。

僕はもともと年収190万円のフリーターだったので、僕と同じような境遇の方や僕よりマシな経歴の方なら、必ず人生変えれますよ。

ちなみに、転職エージェントの選び方にはコツがあるので、よろしければ、こちらの記事もどうぞ。

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円のIT企業に転職できましたよ。

工場勤務の末路がやばい5つの理由【まとめ】

この記事で紹介した『工場勤務の末路がやばい5つの理由』のまとめです。

  • 健康への影響
  • 低賃金と不安定な雇用
  • 自動化で失業するリスク
  • メンタルヘルスへの影響
  • スキルが停滞する

もし、あなたが今の段階で『工場勤務を辞めたい…』と思っているなら、工場勤務をこれ以上続ける理由はないはずです。

なぜなら、工場勤務から転職するなら『1歳でも若いほうが有利だから』です。

未経験者を採用する企業の多くが、『未経験で採用するなら、できるだけ若い人材がいい』と考えています。

そのため、理想は25歳前後までに、最低でも20代のうちに行動しておくのが安全です。

ちなみに、20代で工場勤務を辞めた綾瀬浩二さん(29歳男性・仮名)は、工場勤務からIT企業に転職した結果、給料が年収600万円まで上がりました。

これは数ある人生のサンプルの一つですが、特に「IT業界」なら高卒でも高収入を狙えるので、転職できればラッキーですよね。

このように、どこで働くかによって、高収入になるか、低収入になるかが決まります。

年齢が上がるほど、工場勤務からの転職は難しくなるので、ぜひ手遅れになる前に行動しておいてくださいね。

あとは、あなた次第です。

今から行動して、理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
工場勤務から転職で失敗したくない方は、以下の記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。