製造業 給料上がらない
製造業の未来に不安を感じている人『高卒で7年ほど製造業の仕事を続けてきたけど給料が全然上がらない…。若いうちに他の仕事に転職しておくべきかな?』

このような方向けの記事です。

高校卒業後に製造業に就職して、そのままずっと工場の仕事を続けている方はたくさんいます。

でも20代半ばになると『なんで給料が全然上がらないんだろう…』という不信感が大きくなりませんか?

この記事で紹介する元製造スタッフの村瀬功さん(26歳男性・仮名)は、約7年働いても年収350万円しかなかったそうです。

さらに不運なことに、その後会社の業績が悪化したせいで、年収320万円まで減給となりました…。

このように工場で働く人の給料が安い理由は『仕事の市場価値が低いから』です。

誰でもできる単純作業→給料上げる価値がない→給料下げて辞めたらほかの高卒を採用すればいい→低い給料でも新しい高卒が採用できる

上記の流れが変わらない限り、製造業の給料が上がることはないですね。

ドフラ
こんにちは。元フリーターのドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円のフリーターでした。その後、WEB制作会社に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログの内容を充実させるために、累計210名の方にインタビューしてきたので、就活や転職のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、僕がインタビューした元製造スタッフの村瀬功さんの体験談をもとに『製造業は給料が上がらない理由』『製造業で働く将来性』を解説していきます。

この記事を読めば、製造業の実態がわかるので、今すぐに製造業を辞めるべきかを判断できます。

それでは、さっそく見ていきましょう~。

ドフラ
『すぐに工場から転職したい!』という方は以下をどうぞ。

製造業は給料上がらない理由【給料が安いから若手が辞める!】

製造業 給料上がらない

まずは今回紹介する『村瀬功さん(26歳男性・仮名)』の簡単な経歴を紹介します。

村瀬功さんは商業高校を卒業後、高校からの紹介で自動車内装部品を加工する会社に就職しました。

会社の規模は、従業員数50名ほどの中小零細企業でした。

村瀬功さんがやっていた仕事内容はサンシェード(陽よけ用のロール式カーテン)の製作で、1日中ずっと自動ミシンでサンシェードを作っていました。

地味な仕事でしたが、コツコツとやる作業が好きだったので、仕事に対するストレスはほぼ無かったです。

村瀬功さんは26歳で製造業の仕事を辞めるのですが、退職理由は『給料が上がらないから。むしろ下がったから…』です。

村瀬功さんが勤めていた会社では、自動車内装部品を加工する事業しかやっていなかったので、世の中の自動車製造台数の減少の影響をもろに受けてしまいました。

もともと年収350万円でしたが、業績悪化の影響で年収320万円まで下がってしまったのです。

その結果、村瀬功さんは製造業の将来に疑問を感じて、約7年勤めた会社を退職することになりました。

製造業の安月給はやばい!業績悪化で給料が下がった話

村瀬功さんが勤めていた会社は、自動車内装部品の中でもサンシェードやトノカバーなどのニッチ製品を主力にしていたので、一度需要がなくなると事業の軌道修正はかなり難しいです。

自動車が売れない→自動車の販売店を減らそう→自動車の製造台数を減らそう→自動車部品の仕入れも減らそう→製造業全体が厳しくなる

上記のとおり。

自動車産業は大きな市場なので、世の中の変化の影響をもろに受けます。

村瀬功さんは会社の業績悪化によって、年収が30万円も下がってしまい、仕事に対するやる気と希望を失いました。

ちなみに、村瀬功さんはもともと年収350万円でしたが、この給料も決して高くはありません。

dodaが公開する『平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報)』によると、20代の平均年収は次のとおり。

■20代男性の平均年収
⇒371万円

■26歳男性の平均年収
⇒385万円

上記のデータと比べると、村瀬功さんは同年代より約30万円も年収が低いことになります。

さらに減給後の年収320万円の場合は、同年代より約60万円も給料が安いです…。

ただでさえ安月給なのに、景気の影響で給料が下がるリスクがある…というのはやばいですよね。

高卒の方の多くが製造業で働いていますが、収入面で考えるとデメリットが多いかと。

工場の給料が安いのは仕事の市場価値が低いから!

製造業 給料上がらない

そもそも、なぜ工場の給料は安いのでしょうか?

結論からいうと、工場の給料が安い理由は『仕事の市場価値が低いから』です。

たとえば、村瀬功さんがやっていたサンシェードの製作は、コツコツ作業ができる人なら誰でもやれる仕事です。

世の中的には、仕事の価値は次のように決まります。

  • 誰でもできる仕事=給料が安い
  • できる人が少ない仕事=給料が高い

工場を辞める理由の多くが『給料が安いから』ですが、そもそも工場勤務を選んだ時点で高収入は期待できない…とうこと。

『低収入だから将来が不安…』という方は、稼ぎやすい業界や職種を選ぶべきですね。

高校経由で就職すると製造業しか選べない!自分でも探してみよう

高卒で就職する方の多くが、高校からの紹介で就職先を決めますよね?

これだと高い確率で『製造業』に就職することになります。

なぜなら高校から紹介される就職先は、過去に先輩たちが就職した実績のある会社だからです。

昔は高卒だと肉体労働や工場しか選べませんでしたが、今はさまざまな仕事があるので、高卒でもIT業界などで働くチャンスがあります。

しかし高校の先生たちは就活のプロではありませんし、そもそも公務員なので就職経験もゼロです。

そのため『高卒だから工場に就職するのが常識だろ!』と思考停止で、製造業や肉体労働系の就職先ばかり紹介してくるのです。

でも、世の中にはいろいろな仕事がある。

実際に僕がインタビューした高卒の後藤亜希さん(19歳女性・仮名)は、在学中に自分で就職活動をして、高卒の新卒でIT企業への就職を成功させました。

『18歳なのに自分で就活をしている行動力』や『成長意欲が高くて伸びしろが大きい』という点が、後藤亜希さんの採用の決め手だったそうです。

村瀬功さんのように20代半ばで異業種に転職する道もアリですし、後藤亜希さんのように高卒でいきなりIT企業に就職するのもアリですね。

まとめ:20代のうちに個人のスキルが身に付く仕事を選ぼう!

製造業 給料上がらない

この記事のまとめです。

  • 製造業は給料が全然上がらない
  • 製造業の退職理由は給料の安さが原因
  • 製造業は業績悪化で給料が下がるリスクもある
  • 工場の給料が安いのは仕事の市場価値が低いから
  • 高校経由で就職すると製造業しか選べない
  • 高校の新卒でIT企業に就職できる人もいる
  • 低収入が嫌なら稼げる業界に就職しよう

今回は『製造業は給料が上がらない理由』を解説しました。

製造業の仕事は誰でもできるので、どうしても給料が安くなってしまいます。

  • 誰でもできる仕事=給料が安い
  • できる人が少ない仕事=給料が高い

上記のように仕事の市場価値は決まるので、将来的に給料を上げていきたいなら『個人のスキル』を高めるのがおすすめです。

個人のスキルが高い人は難しい仕事もできるようになるので、『高い給料を払ってでも採用したい!』と考える企業も多いです。

『製造業の将来性に不安を感じる…』という方は、ぜひこの機会に行動してみてくださいね。

ドフラ
『本気で人生やり直したい!』という方は、今すぐ転職エージェントに登録してくださいね。