何がしたいかわからない 疲れた
『やりたいことを仕事にしたほうが良いのはわかるけど、何がしたいかわからない。もう考えるのも疲れてきた…。こんな時はどうすればいいの?』

このような方に向けて、記事を書いています。

結論からいうと、何がしたいかわからないと疲れる理由は、以下のとおりです。

  • 目標が不明確になっている
  • 選択肢が過剰にある
  • 周囲の期待によるプレッシャー
  • 恐れや不安がある
  • 過去の経験に影響がある

そして、何がしたいかわからなくて疲れた時の対処法は、こちらです。

  • 自己探求と自己認識をする
  • 小さな目標を立てる
  • 新しい経験や趣味を試す
  • 感情を受け入れて整理する
  • 時間を許容する
  • 専門家に相談する

何がしたいかわからなくて疲れたときは、まずは深呼吸をして心を整えつつ、いまの感情を受け入れましょう。

それから、『小さな目標を立てる』『新しいことに挑戦する』『趣味や興味を追求する』『自分自身と向き合う時間を持つ』などのアクションをしてみることで、やりたいことが見つかる可能性が高まります。

周りの期待にとらわれず、自分の心に素直になることが大切ですよ。

ドフラ
こんにちは、転職アドバイザーのドフラです。

記事を書いている僕はこれまでに978名の人生やキャリアの悩み相談に乗ってきました。当サイトでは仕事・転職・人生・人間関係の悩みを解決するヒントになる情報を発信しています。

この記事では、『何がしたいかわからないと疲れる5つの理由』から『何がしたいかわからなくて疲れたときの対処法』までを解説していきます。

この記事を読めば、将来の方向性が見えなくて悩んでいる方でも、人生を変えるためのヒントが見つかるはずです。

3分ぐらいで読める内容なので、さっそく見ていきましょう〜。

『今すぐ自分に合う仕事が知りたい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

何がしたいかわからない…疲れる理由と疲れたときの対処法を解説

何がしたいかわからないと疲れる5つの理由は、以下のとおり。

  • 目標が不明確になっている
  • 選択肢が過剰にある
  • 周囲の期待によるプレッシャー
  • 恐れや不安がある
  • 過去の経験に影響がある

ここからは、『何がしたいかわからないと疲れる理由』を一つずつみていきましょう〜。

目標が不明確になっている

何がしたいかわからない 疲れた

何がしたいかわからないと疲れる理由の一つは、目標が不明確であることです。

目標がはっきりしていないと、行動や努力が方針を持たずに散漫になり、結果として疲労が蓄積されることがあります。

目標がはっきりしないままでは、自分の望む未来や達成したいことが見えません。

この不確かさは、どの方向に進むべきかの指針がないままであるため、精神的な混乱を引き起こします。

何かを達成するための意欲やモチベーションが低下し、疲れやストレスが現れることになります。

目標が不明確なままでは、達成感や充実感を味わうことも難しくなります。

達成感は目標を達成したときに得られるものであり、それがないと満足感が得られないままでいることが続くため、心の充実感が得られません。

これが継続的に続くと、無気力や倦怠感が生じ、疲れがたまりやすくなるのです。

目標が不明確なままでいると、選択肢を選ぶことも難しくなります。

人生において何を重要とし、どの方向に進むべきかの判断が曖昧であれば、行動する際に迷いやためらいが生まれます。

これが続くと、自分にとって適切な選択をすることが難しく、その過程で疲れが生じます。

また、目標が不確かなままでは、自分のやりたいことを見つけるための道筋が見えにくくなります。

やりたいことを見つけるプロセスは、自分の興味や価値観を探求し、それに基づいて目標を設定していくものです。

しかし、目標が不確かなままでは、自分自身との対話が不足し、やりたいことを見つける手がかりが得られません。

不確かな目標は、自分に対する自信喪失も招きかねません。

目標がないか、はっきりしない場合、自分の能力や可能性を過小評価してしまうことがあります。

これが続くと、自分に対する自己評価が低くなり、自信を喪失してしまうことがあります。

自己評価が低下すると、目標に向かって積極的に取り組むことが難しくなり、疲れが一層蓄積されます。

これらの理由から、何がしたいかわからないと疲れる場合、まずは明確な目標を設定することが重要です。

目標があることで、行動の方向性が明確になり、モチベーションも高まります。

選択肢が過剰にある

何がしたいかわからない 疲れた

何がしたいかわからないと疲れる理由の二つめは、選択肢が過剰にあることです。

現代社会では様々な選択が豊富に存在し、それが逆にストレスや疲労を生むことがあります。

選択肢が多いと、何を選ぶべきか迷いやすくなる。

例えば、仕事やキャリアの選択、趣味やライフスタイルの選択など、人生において様々な決断が求められます。

これらの中から最適なものを選びたいという欲求が逆にプレッシャーとなり、心理的な負担を生じさせます。

また、選択肢が多すぎると、比較検討が難しくなる。

何を選ぶべきか正確な判断を下すことが難しく、その過程で不安感や焦りが生じることがあります。

どの選択が最良なのかを見極めることが難しい場合、結果として疲れがたまりやすくなります。

また、選択肢が多いと、後悔や不安の感情が増えることもある。

自分が選んだ道が最善だったのか、他の選択を選んでいればよかったのではないかという疑問が頭をよぎり、結果的に選んだことに不安感を覚えることがあります。

これが積み重なると、精神的な疲労が増幅されるリスクがあるのです。

選択肢が過剰にあると、適切な優先順位をつけることも難しくなります。

何を優先すべきかが見えにくくなり、結果として多くのことに同時に取り組むことが増え、ストレスや疲労が蓄積されることがあります。

このような状況で疲れる理由の一つは、選択肢の過多による「情報過多」です。

情報過多が生じると、それを処理し吸収するために多くのエネルギーが必要となり、結果的に疲れが生じやすくなります。

選択肢が多すぎて情報を整理することが難しい場合、認知的な負荷がかかり、疲労が増加します。

選択肢が多い社会において、自分が何をしたいのかを見つけるためには、まずは自分自身の価値観や目標を明確にし、そこに焦点を当てることが重要です。

その上で、選択肢を絞り込み、優先順位をつけることで、より自分に合った選択をすることができます。

また、全ての選択に対して完璧を求めず、柔軟性を持ちつつ進むことも、疲労を軽減する一助となります。

周囲の期待によるプレッシャー

何がしたいかわからない 疲れた

何がしたいかわからないと疲れる理由の三つめに、周囲の期待によるプレッシャーが挙げられます。

他人の期待に応えようとすることが、自分自身のやりたいことを見失い、疲れを生む原因となります。

まず、周囲の期待に応えようとすると、自分の本当の欲求や興味を押し殺すことがある。

他人の期待を満たすために自分を犠牲にすると、心に葛藤や不満がたまり、それが疲れやストレスとなって現れるのです。

自分のやりたいことを犠牲にしてまで他人の期待に応えることは、継続的に疲れを生むことになります。

また、他人の期待に応えようとすると、自分自身の価値観や人生の方向性を見失いがちです。

他人の期待を優先することで、自分が本当に望んでいることや大切にしている価値観が埋もれてしまいます。

これが続くと、自分の人生に対する納得感や充実感が得られなくなり、疲れが積み重なってしまう。

さらに、他人の期待に応えることが当たり前となると、プレッシャーが常について回ります。

他人の期待に添えないという不安や罪悪感が、日常的なストレスとなり、これが疲れの要因となることも…。

特に、他者との比較が生じると、自分を過度に評価し、他者に合わせようとすることで疲労が増幅されます。

最後に、他人の期待に応えることが目的化されると、自分のやりたいことや夢を見つけることがおろそかになります。

自分を大切にすることが難しくなり、疲れがたまるばかりです。

このように周囲の期待によるプレッシャーは、自己探求を妨げ、疲れを引き起こします。

他人の期待に振り回されず、自分の心に素直になりながら、自分のやりたいことを見つけることが大切です。

恐れや不安がある

何がしたいかわからない 疲れた

何がしたいかわからないと疲れる理由の四つ目に、恐れや不安があることが挙げられます。

これらの感情が存在すると、自分自身の可能性や挑戦を見出すことが難しくなり、結果として心身に疲れが生じることがあります。

まず、恐れや不安があると、新しいことに挑戦する勇気を失いがちです。

何か新しいことに取り組む際には、不確定性や未知の要素がつきものですが、これが恐れや不安を引き起こします。

失敗や失敗への恐れがあると、その恐れから逃れるために挑戦を避け、やりたいことを見つける機会を逃してしまいます。

また、他人の評価や批判への不安も一因となる。

新しいことに挑戦する際には、他者からの評価や意見が気になります。

これによって、他人の期待に応えようとしたり、他人の意見に振り回されてしまったりすることがあり、やりたいことが見つからないまま疲れが積み重なるのです。

このように恐れや不安がある場合、挑戦することへの抵抗が生まれ、自分の可能性を見出すことが難しくなります。

恐れや不安に立ち向かい、過去の経験から学びながら、新しい挑戦に対する抵抗感を減少させることが重要です。

また、他人の評価や意見に振り回されず、自分自身の価値観に基づいて行動することが、やりたいことを見つける一歩となります。

過去の経験に影響がある

何がしたいかわからない 疲れた

何がしたいかわからないと疲れる理由の五つ目は、『過去の経験に影響がある』です。

過去の出来事や経験が、自分のやりたいことを見つけるプロセスに影響を与えることで、心理的な負担や疲れが生じることがあります。

まず、過去の失敗や困難な経験が、新しい挑戦や目標に対する抵抗感を生むことがある。

過去に挑戦した結果うまくいかなかったり、苦労した経験があると、同じような状況を避けようとする傾向が生まれます。

これが続くと、新しい可能性ややりたいことへのアプローチが制約され、疲れてしまうのです。

また、過去の成功体験が、過去の枠組みにとらわれる原因となります。

過去に成功した経験があると、それに固執してしまい、同じ成功体験を求めてしまうことがある。

これがやりたいことを見つける際の柔軟性を損ない、過去の成功に縛られることで新たな可能性を見過ごすことがあり、疲れが生じるのです。

さらに、過去の環境や経験が、自分の興味や関心を偏らせることがあります。

過去の環境や経験が特定の方向に影響を与えると、その範囲外のものに対する理解や興味が薄れることがある。

これが続くと、新しい分野や異なる視点に対する関心が減退し、やりたいことが見つけにくくなります。

過去の経験による影響は、自分自身の成長や変化を妨げる一因となります。

過去の経験に縛られず、柔軟な考え方や新しい可能性への開かれた心を持つことが、やりたいことを見つける第一歩です。

また、過去の挑戦や困難な経験から学び、それをプラスに転じることで、過去の経験がポジティブな影響をもたらすこともあります。

このように過去の経験に影響がある場合、それに気づき、過去の制約から解放されることが重要です。

自分の過去を客観的に振り返り、過去の経験から得た洞察を活かしつつ、柔軟な発想で新たな可能性を見つけることが、やりたいことを見つけるための一歩となります。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する『無料適職診断テスト』を受けるのがおすすめですよ。

何がしたいかわからなくて疲れたときの6つの対処法

何がしたいかわからなくて疲れたときの対処法は、以下のとおりです。

  • 自己探求と自己認識をする
  • 小さな目標を立てる
  • 新しい経験や趣味を試す
  • 感情を受け入れて整理する
  • 時間を許容する
  • 専門家に相談する

ここからは、『何がしたいかわからなくて疲れたときの対処法』を一つずつみていきましょう〜。

自己探求と自己認識をする

何がしたいかわからない 疲れた

何をしたいかがわからなくて疲れてしまったとき、一つの有益な対処法は、自己探求と自己認識を深めることです。

これにより、自分自身を理解し、望む方向や目標を見つける手助けとなります。

まず最初に挙げられるのは、自己探求を通じて新しい経験をすることです。

新しいことに挑戦することで、自分の興味や好みを発見できます。

趣味やアクティビティを広げ、自分にとって意義のある活動を見つけることができますね。

例えば、書道や料理、アートなど、未知の分野にチャレンジしてみることで、新たな可能性が広がります。

次に、自己認識を深める手段として、感情や価値観を整理することが挙げられます。

感情日記をつけるか、じっくりと自分の内面に向き合う時間を持つことで、何が自分を喜ばせ、何が重要かを理解できます。

これにより、自分の真の願望や目標が明確になり、それに向かって行動するヒントが見つかるでしょう。

また、他者とのコミュニケーションも有益です。

友達や家族との対話を通じて、自分の強みや魅力に気づくことがあります。

周りの人々からのフィードバックや助言は、自分の特長を客観的に捉える手助けになります。

最後に、自分を取り巻く環境を見直すことも大切です。

仕事や人間関係、生活環境など、様々な要因が影響を与えます。

これらを見つめ直し、自分に合った環境を整えることで、やりたいことがより明確になり、疲れを軽減させることが期待できます。

このように自己探求と自己認識は、自分の内面に深く向き合い、新しい視点を見つける手段となります。

これらのプロセスを通じて、自分の夢や目標を見つけ、疲れた心を再び活気づけることができます。

小さな目標を立てる

何がしたいかわからない 疲れた

何をしたいかが分からなくて疲れたと感じたとき、小さな目標を立てることも効果的な対処法の一つです。

大きな目標に取り組むのが難しいと感じるときでも、小さなステップを踏むことで、前進の喜びや達成感を味わいながら、自分の方向性を見つけていくことができます。

まず初めに挙げられるのは、具体的で達成可能な小さな目標を設定することです。

大きな目標は抽象的で途方もなく感じられることがありますが、その目標を小さなステップに分割することで、取り組みやすくなります。

例えば、新しい趣味を見つける、1週間で1回運動をする、などが考えられます。

次に、進捗を可視化することが大切です。

小さな目標を達成するたびに、それをメモやチェックリストに残すことで、自分の成果を実感しやすくなります。

このプロセスが積み重なることで、自信をつけることができ、大きな目標に向かってのモチベーションもアップします。

また、小さな目標を立てることで、行動する際の不安や抵抗も軽減される傾向があります。

大きな目標に取り組む際には、達成までの道のりが見えにくく、不安を感じることがありますが、小さな目標ならば具体的で実行可能なステップが見え、取り組みやすくなります。

さらに、小さな目標の達成は、ポジティブなフィードバックループを生み出します。

成功体験が増えることで、自信がつき、前向きなスパイラルが生まれます。

これが積み重なると、将来の大きな目標に向けての意欲や自己効力感が高まり、疲れた気持ちも和らげられるでしょう。

最後に、小さな目標を通じて、自分の興味や価値観を見つめなおすことも大切です。

何をしたいかが分からない時期は、自分自身と対話し、新しい可能性を見つける好機でもあります。

小さな目標を通じて新しい経験をすることで、自分の好みや興味が明確になり、将来の方向性を見つける手助けとなるでしょう。

このように、小さな目標を立てることは、何をしたいかが分からないときに前向きなステップを踏む手段となります。

自分のペースで成長し、未知の可能性を広げつつ、疲れた心を活気づけていくことが期待できます。

新しい経験や趣味を試す

何がしたいかわからない 疲れた

何をしたいかが分からなくて疲れたと感じたとき、『新しい経験や趣味を試すこと』は心のリフレッシュに効果的な対処法です。

これによって、自分自身を刺激し、新たな興味や可能性を見つけることができます。

初めに挙げられるのは、未知の領域に挑戦することです。

新しい経験や趣味は、自分がまだ知らない世界に踏み込む良い機会です。

例えば、アートやスポーツ、料理など、これまで触れてこなかった分野にチャレンジしてみることで、新たな発見や楽しみが広がります。

次に、新しい経験は自己発見の手助けにもなります。

自分がどんなことに興味を抱き、何に喜びを感じるのかを探求することで、自分の好みや価値観が明確になります。

これが、将来の目標や方向性を見つける助けとなります。

また、新しい趣味やアクティビティを通じて、他の人とのコミュニケーションも増えます。

共通の興味を共有することで、新しい友達や仲間と出会うことができ、人間関係の幅が広がります。

これが新しい刺激をもたらし、心の疲れを和らげる一助となるのです。

さらに、新しい経験は挑戦心を刺激し、成長の機会となります。

初めてのことに挑戦することで、自分の可能性や能力に気づくことがあります。

これが自信を養い、将来の課題に前向きな姿勢で取り組む力になるのです。

最後に、新しい経験は日常生活のモノトニーを打破し、リフレッシュする役割も果たします。

日々のルーティンに飽きてしまったとき、新しいことに挑戦することで、気分が一新され、疲れた心がリセットされることがあります。

このように、何をしたいかが分からないときは、新しい経験や趣味の探求が有益です。

未知の世界への冒険は、自分を活気づけ、疲れた気持ちを吹き飛ばす力を持っています。

感情を受け入れて整理する

何がしたいかわからない 疲れた

何をしたいかが分からなくて疲れたと感じたとき、『感情を受け入れて整理すること』は心の安定に繋がる有益な対処法です。

感情に正面から向き合い、整理することで、自分自身を理解し、次に取るべきステップが見えてくるでしょう。

まず初めに挙げられるのは、感情を抑えずに受け入れることです。

自分が感じる不安や迷い、焦りなどの感情を否定せずに受け入れることで、その感情と向き合うことができます。

感情を無視するのではなく、ありのままの自分を受け入れることが大切です。

次に、感情を整理するためには、それらを具体的に言葉で表現することが効果的です。

感情を言葉にすることで、それがなぜ起きているのか、何が気になるのかが明確になります。

例えば、「焦りを感じている」とか、「方向性が見えなくて不安だ」といった感情を言葉にすることで、問題点が浮き彫りになります。

また、感情を整理する際には、その感情が『どのような状況や出来事から生じているのか?』を振り返ることも重要です。

過去の経験や現在の状況が、感情に影響を与えている可能性があります。

これらを客観的に振り返り、原因を理解することで、次に進むための手がかりが見つかります。

さらに、感情整理のプロセスでは、自分の価値観や目標を再確認することも意義深いです。

感情が混乱しているときには、何が本当に重要で、何を追い求めたいのかを考えることで、方向性が見えてくるでしょう。

最後に、感情整理は一朝一夕ではなく、時間をかけて行うものです。

焦らずに感情と向き合い、整理していくことで、徐々に自分の内面がクリアになり、次第にやりたいことや進むべき方向が見えてくることでしょう。

このように、何がしたいかが分からないときは、感情を受け入れて整理することが重要です。

感情と真摯に向き合いながら、自分自身を紐解いていくことで、心の整理がつき、次なる一歩への勇気が湧いてくるでしょう。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する『無料適職診断テスト』を受けるのがおすすめですよ。

時間を許容する

何がしたいかわからない 疲れた

何をしたいかが分からなくて疲れたと感じるとき、『自分に時間を許容すること』は重要な対処法の一つです。

焦らずに過ごす時間が、心と向き合い、方向性を見つける手助けとなります。

最初に挙げられるのは、自分に対して過度なプレッシャーをかけないことです。

未来の方向性が見えなくても、それは一時的なものかもしれません。

自分に対して無理な期待を抱かず、過去や未来ではなく、今の瞬間に焦点を当てることで、精神的な余裕を保つことができます。

また、時間を許容することで、外部からの期待や社会のプレッシャーから解放されることがあります。

人生には様々なステージがあり、それぞれのペースで進むものです。

他人と比較することなく、自分のペースで進むことができるようになるでしょう。

さらに、時間をかけることで自分自身の成長や変化に気づくことができます。

未来の方向性が見えないときは、今の自分を深く知り、自分にとって何が大切なのかを模索する期間と捉えることができます。

このプロセスが、将来に向けての自分のビジョンのヒントになります。

最後に、時間をかけることで、ゆっくりと方向性を見つけていくことができる。

焦って急いでしまうと、本当にやりたいことや望む未来が見えづらくなりますが、時間をかけて考えることで、徐々にクリアなビジョンが形成されていくことでしょう。

このように、何がしたいかが分からないときは、自分に時間を許容することが重要です。

時間は自分の味方となり、新たな可能性への扉を開いてくれることでしょう。

専門家に相談する

何をしたいかが分からなくて疲れたと感じたとき、『専門家に相談すること』は有益な対処法の一つです。

専門家の助言やアドバイスは、自分自身の内面を深く理解し、方向性を見つける手助けとなります。

専門家に相談する最初のメリットは、客観的な視点を提供してくれることです。

心理カウンセラーやコーチ、キャリアアドバイザーなどの専門家は、多くの人々のケースに携わってきた経験から、客観的で的確なアドバイスを提供してくれます。

自分では気づきにくい視点や、解決策を導き出すヒントとなります。

次に、専門家は適切なツールや技術を用いて、問題や悩みに焦点を当てることができます。

例えば、心理的な障害やトラウマ、キャリアの進路決定など、複雑で専門的な問題に対しては、専門的な知識を持つプロフェッショナルが最適なアプローチを提供してくれます。

これにより、根本的な課題に対処しやすくなるのです。

また、専門家は聞き手としても優れているため、自分の気持ちや悩みを話すことで、それが整理され、理解しやすくなります。

専門家は信頼性のある相手であり、安心して心を開ける存在です。これが新たな気づきや解決策を見つけるきっかけになる。

さらに、専門家は目標設定や行動計画のサポートも行ってくれます。

自分が何をしたいのかが分からないとき、専門家との対話を通じて目標を明確にし、それに向かって進むためのステップを具体的に計画することができます。

最後に、専門家に相談することは、自分自身への投資ともいえます。

専門的なサポートを受けることで、自分の成長や変化に向けたプロセスをより効果的かつ効率的に進めることができ、自分を理解し、やりたいことを見つける一助となります。

このように、何がしたいかが分からないときは、専門家に相談することが有益です。

専門的なアドバイスやサポートを受けることで、自分自身を深く知り、未知の可能性や方向性を見つける手助けとなります。

自分一人では難しい課題も、専門家の協力を得ることで、新たな視点や道筋が開けることでしょう。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する『無料適職診断テスト』を受けるのがおすすめですよ。

何がしたいかわからないと疲れる理由と対処法【まとめ】

最後に、『何がしたいかわからないと疲れる理由』と『何がしたいかわからなくて疲れたときの対処法』をまとめておきます。

何がしたいかわからないと疲れる理由
  • 目標が不明確になっている
  • 選択肢が過剰にある
  • 周囲の期待によるプレッシャー
  • 恐れや不安がある
  • 過去の経験に影響がある
何がしたいかわからなくて疲れたときの対処法
  • 自己探求と自己認識をする
  • 小さな目標を立てる
  • 新しい経験や趣味を試す
  • 感情を受け入れて整理する
  • 時間を許容する
  • 専門家に相談する

『何がしたいかわからないから疲れた…』という方は、ぜひ上記の内容を参考にしてみてください。

とはいえ、焦る必要はありません。

少しずつでも行動していけば、徐々に人生は良い方向に変わりますから。

この記事が、あなたに少しでもお役に立てれば、とても嬉しいです。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する『無料適職診断テスト』を受けるのがおすすめですよ。