底辺 関わらない
  • 底辺層の生活から抜け出したい
  • 底辺から這い上がるための方法が知りたい
  • 底辺を生きるのはもうイヤだ


この記事は、このような方に向けて書いています。

底辺層の生活を続けていると、自分のまわりに底辺の人しか集まらなくなるので、底辺でいるのが普通になって、そこから抜け出せなくなります。

ドフラ
こんにちは。キャリアアドバイザーのドフラです。

この記事を書いている僕は、26歳まで年収200万円の底辺フリーターでした。その後フリーター時代の人脈を断ち切って転職し、年収500万円の正社員になることができました。

結論からいうと、底辺層の生活から抜け出したいなら、底辺の人とは付き合わない方がいいということです。

「お金持ちや富裕層の人ほど、底辺層と付き合わないようにしている」というデータも出ています。

この記事では「底辺になる理由」や「底辺層の生活から抜け出す方法」を解説しています。

この記事を読めば、底辺層の生活から抜け出すための具体的なアクションがわかるようになっています。

3分で読める内容ですので、それではいきましょう。

スポンサーリンク

底辺層の生活から抜け出したいなら底辺の人とは付き合うな!

底辺 関わらない

一般的に底辺層と呼ばれているのは、フリーター、非正規社員、派遣社員、飲み屋やキャバクラなどで仕事をしている人のことです。

底辺層の生活から抜け出すためには、このような底辺と呼ばれている人たちと一緒にいないほうがいいです。

しらべぇ編集部が、全国の20~60代男女1,368人を対象に実施したアンケート調査委によると、全体の14.5%の人が「底辺の人たちと関わりたくない」と回答しています。

さらに詳細を見ていくと、「底辺と関わりたくない」と答えた人の内訳はこのようになっていました。

回答者の内訳
  • 経営者・役員:31.3%
  • 公務員:25.0%
  • 学生:22.7%
  • 自由業:22.4%
  • 会社員:16.3%

※参考: しらべぇ編集部のアンケート結果

ドフラ
富裕層に近い人たちほど、底辺層と関わらないようにしているということです。

あなたもお金持ちや富裕層に近づきたいなら、この人たちと同じように「底辺と関わらない」という思考を持つことが大切です。

あなたのまわりにいる5人の平均があなたです

底辺 関わらない

なぜ、底辺層から抜け出すためには、底辺と付き合ってはいけないのか?

その理由は、あなたのまわりにいる5人の平均があなただからです

これはアメリカの起業家であるJimRohnという方が残した言葉であり、今のあなたの思考や行動、年収や環境などの全てが、あなたの周りの5人の平均値であるという法則です。

底辺層のひとたちは、自分は底辺から抜け出せないという思考を持っています。

人間には「一度、自分には無理だと思ったことは一生できない」と思い込んでしまう性質があるので、その人たちが底辺から抜け出すのは、すごく大変なことです。

ドフラ
ネガティブ思考やマイナス思考の人たちがまわりにいると、あなたも同じような思考になってしまいます。

あなたが目指す理想のあなたになるためには、理想に近い人たちをまわりに置いておく必要があるのです。

もし近くに底辺の人しかいないのなら、その人たちとは距離を置いて、成功者の本を読んだり、理想の人物の動画をたくさん視聴しましょう。

実際に知り合わなくても、理想の人たちの思考や言葉を常に身近に置いておくことで、その人たちがまわりの5人になってくれます。

ドフラ
底辺層の生活から抜け出したいなら、自分が成りたいと思う人を近くに置く習慣を持ちましょう。
スポンサーリンク

底辺層の生活から抜け出すのはカンタン

底辺 関わらない

現在、底辺層の生活をしている人の中には、「本当に自分は底辺から抜け出せるのか?」と不安を抱える人も多いでしょう。

しかし、底辺層の生活から抜け出すことは、意外とカンタンです。

ドフラ
もしあなたが20代なら、底辺からカンタンに抜け出せます。

私自身が26歳の時に転職して、年収200万円の底辺フリーターから年収500万円のIT企業の営業職になった実績があります。

「やりたいことは特にないけど、底辺からは抜け出したい」
「資格もスキルもないけど、とにかく給料をアップさせたい」

このような方には、IT企業の営業職はかなりおすすめです。

その理由は、20代の若手人材なら無資格・未経験でも採用してくれますし、営業職なら学力がなくても努力すれば何とかなるからです。

底辺から抜け出す第一歩は正社員になること

底辺 関わらない

いま底辺層の生活をしている人は、フリーターや非正規社員、派遣社員として働いている人がほとんどです。

この人たちが今の生活から抜け出す第一歩は、とりあえず、どこかの会社の正社員になることです。

その理由は、前職がフリーターや非正規社員よりも、正社員のほうが転職しやすいからです。

世間一般的には非正規雇用の人よりも、正規雇用の人の方が信用があります。

ドフラ
採用担当は失敗したくないので、前職が非正規雇用の人よりも正社員の人を採用したいと考えます。

ですから非正規雇用の方は、未経験からチャレンジできる正社員の求人に応募し、まずは正社員として働くことを目標にしましょう。

正社員になったら年収500万円を目指そう

底辺 関わらない

正社員になることができたら、次は年収500万円の正社員になることを目指しましょう。

日本の平均年収が約430万円と言われていますので、そのラインよりも稼ぐことができれば、正社員としては合格ラインです。

ドフラ
僕の感覚だと年収500万円までなら誰でも稼げますね。

どうやって年収500万円を稼ぐのか?

1番簡単な方法は「社内で年収500万円稼いでいる人を徹底的にマネすること」です。

この原理は簡単です。その人は同じ会社で年収500万円稼いでいるわけですから、単純にあなたも同じことをすれば、年収500万円稼げるということです。

あなたが年収500万円の人をマネする時のポイントは、こちらです。

マネするポイント
  • 情報収集の方法
  • 読んでいる本や新聞
  • お客様との会話の内容
  • 社内でのポジション
  • 同僚や上司との関係性
  • 仕事の進め方
  • 物事に対する考え方
  • 人脈
  • スキル・知識・経験

目標となる人を決めて、その人の思考や行動を全て自分の中にインストールできると、自然と年収500万円の人材に近づいていきます。

ドフラ
目標となる人を完コピする人はほとんどいないので、これができれば確実に市場価値が高まります。
スポンサーリンク

年収500万円を達成した後は資本家階級を目指すべき

底辺 関わらない

フリーターや非正規社員から正社員として働けるようになったら、とりあえずは底辺の最下層の生活からは少し抜け出せている状態です。

しかし底辺層の生活から確実に抜け出すためには、労働者階級ではなく資本家階級を目指さなければいけません。

サラリーマンとしてどこかの会社に雇われているうちは、ラットレースの中をひたすら走っている状態です。

ドフラ
この状態を「社畜」と言ったりしますね。

会社で頑張って、どれだけ大きな売上をつくっても、あなたの手元に入ってくるのは微々たる給料だけです。

なぜ、サラリーマンの給料が少ないのか?

その理由は、社員に会社を辞めさせないためです。

ドフラ
たくさんお金を渡してしまうと、サラリーマンは会社に来なくなりますよね?

経営者や資本家にとって、少しのお金で従業員を会社の奴隷として継続的に使える仕組みは都合がいいのです。

だから、完全に底辺層から抜け出したいと思うなら、最終的には経営者や資本家階級になるべきなのです。

ただし、いきなり底辺の人が経営者や資本家にはなれません。

そのため底辺の人は、正社員になって年収を上げつつ、書籍やオーディオブックなどから資本主義についての知識を大量にインプットするのがおすすめです。

まとめ

今回のまとめです。

  • 底辺層の生活から抜け出したいなら底辺の人とは付き合うな!
  • あなたのまわりにいる5人の平均があなたです
  • 底辺層の生活から抜け出すのはカンタン
  • 底辺から抜け出す第一歩はとにかく正社員になること
  • 正社員になった後は起業して資本家階級を目指す

今回は、底辺層の生活から抜け出したいなら底辺の人とは付き合わないほうがいい、という話をしました。

底辺層から抜け出すことは意外とカンタンです。

大切なのは「自分は底辺層から抜け出すことができる」「自分は年収500万円稼ぐことができる」「自分は資本家階級になることができる」と、まずは自分の可能性を信じ込むことです。

自分のまわりにネガティブ思考の人や低収入の人が多いと、前向きな発想や行動が邪魔されます。

自分の周りに底辺層の人が多いと思うのなら、まずはその人たちと距離を置いて、底辺の人たちとは関わらないようにしましょう。

ドフラ
フリーターにおすすめの転職方法をこちらの記事にまとめてあります。
スポンサーリンク