「底辺層の生活から抜け出したい」

「底辺から這い上がるための方法が知りたい」

「底辺を生きるのはもうイヤだ」

この記事は、このような方に向けて書いています。

結論からいうと、底辺層の生活から抜け出したいなら、底辺の人とは付き合わないほうがいいです。

その理由は、あなたのまわりの5人の平均があなただからです。

お金持ちや富裕層の人ほど、底辺層と付き合わないようにしているというデータも出ています。

今回は、この部分について話していきたいと思います。

スポンサーリンク

底辺層の生活から抜け出したいなら底辺の人とは付き合うな!

一般的に底辺層と呼ばれているのは、フリーター、非正規社員、派遣社員、飲み屋やキャバクラなどで仕事をしている人のことです。

底辺層の生活から抜け出すためには、このような底辺と呼ばれている人たちと一緒にいないほうがいいです。

しらべぇ編集部が、全国の20~60代男女1,368人を対象に実施したアンケート調査委によると、全体の14.5%の人が「底辺の人たちと関わりたくない」と回答しています。

また、詳細を見ていくと、底辺層と関わりたくないと答えた人の内訳は、経営者・役員が31.3%、公務員が25.0%、学生が22.7%、自由業が22.4%、会社員が16.3%となっています。

つまり、富裕層に近い人たちほど、底辺層と関わらないようにしているということになります。

あなたもお金持ちや富裕層に近づきたいなら、この人たちと同じように「底辺と関わらない」という思考を持つことが大切です。

参考: しらべぇ編集部のアンケート結果

あなたのまわりにいる5人の平均があなたです

なぜ、底辺層から抜け出すためには、底辺と付き合ってはいけないのか?

その理由は、あなたのまわりにいる5人の平均があなただからです

これは、アメリカの起業家であるJimRohnという方が残した言葉であり、今のあなたの思考や行動、年収や環境などの全てが、あなたの周りの5人の平均値であるという法則です。

底辺層のひとたちは、自分は底辺から抜け出せないという思考を持っています。

人間には、「一度、自分には無理だと思ったことは一生できない」と思い込んでしまう性質があるので、その人たちが底辺から抜け出すのは、すごく大変なことです。

ネガティブ思考やマイナス思考の人たちがまわりにいると、あなたも同じような思考になってしまいます。

あなたが目指す理想のあなたになるためには、理想に近い人たちをまわりに置いておく必要があるのです。

もし、近くに底辺の人しかいないのなら、その人たちとは距離を置いて、成功者の本を読んだり、理想の人物の動画をたくさん視聴しましょう。

実際に知り合わなくても、理想の人たちの思考や言葉を常に身近に置いておくことで、その人たちがまわりの5人になってくれます。

ですから、底辺層の生活から抜け出したいなら、自分が成りたいと思う人を近くに置くという習慣を持ってください。

スポンサーリンク

底辺層の生活から抜け出すのはカンタン

現在、底辺層の生活をしている人の中には、「本当に自分は底辺から抜け出せるのか?」と不安を抱える人も多いでしょう。

しかし、底辺層の生活から抜け出すことは意外とカンタンです。

さらに、あなたが20代~30代前半なら、よりカンタンに抜け出せます。

実際に、私も25歳の時は、年収200万円くらいの底辺フリーターでしたが、転職して正社員となり、2年で年収500万円を達成することができました。

未経験の状態から、IT企業で営業職の正社員として働き、結果を出して2年で年収を2倍以上に増やすことができました。

「やりたいことは特にないけど、底辺からは抜け出したい」「資格もスキルもないけど、とにかく給料をアップさせたい」という方は、とりあえず、ベンチャー企業の営業職になるのがおすすめです。

その理由は、20代30代の若い人なら、無資格・未経験から採用してくれますし、営業職なら学力がなくても努力すればなんとかなるからです。

底辺から抜け出す第一歩はとにかく正社員になること

現在、底辺層の生活をしている人は、フリーターや非正規社員、派遣社員として働いている人がほとんどです。

この人たちが、今の生活から抜け出す第一歩は、とりあえず、どこかの会社の正社員になることです。

その理由は、前職がフリーターや非正規社員よりも、正社員のほうが転職しやすいからです。

採用担当は、できるだけリスクを取りたくないので、前職が正社員の人の方が安心して採用しようと思うのです。

ですから、未経験OKで社会人経験不要の状態でもチャレンジできる正社員の求人に応募して、まずは正社員として働ける会社を探しましょう。

正社員になった後は起業して資本家階級を目指す

フリーターや非正規社員から、正社員として働けるようになったら、とりあえずは、底辺層の最下層の生活からは少し抜け出せている状態になっています。

しかし、底辺層の生活から確実に抜け出すためには、労働者階級ではなく資本家階級を目指さなければいけません。

サラリーマンとしてどこかの会社に雇われているうちは、ラットレースの中をひたすら走っている状態なのです。

会社で頑張って、どれだけ大きな売上をつくっても、あなたの手元に入ってくるのは微々たる給料だけです。

なぜ、サラリーマンの給料が少ないかというと、会社を辞めさせないためです。

たくさんのお金を渡してしまえば、サラリーマンは働く必要がなくなり、会社に来なくなってしまいます。

経営者や資本家にとって、少しのお金で継続的に従業員を会社の奴隷として働かせ続けられる資本主義の仕組みはちょうどいいのです。

だから、底辺層から抜け出したいと思うなら、最終的には経営者や資本家階級になるべきなのです。

いきなり、起業したり、株式投資や不動産投資を行うのはリスクが大きいので、会社員として働いているうちから、リスクの少ない小資本ビジネスなどをスタートしておくのがおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめです。

  • 底辺層の生活から抜け出したいなら底辺の人とは付き合うな!
  • あなたのまわりにいる5人の平均があなたです
  • 底辺層の生活から抜け出すのはカンタン
  • 底辺から抜け出す第一歩はとにかく正社員になること
  • 正社員になった後は起業して資本家階級を目指す

今回は、底辺層の生活から抜け出したいなら底辺の人とは付き合わないほうがいい、という話をしました。

底辺層から抜け出すことは意外とカンタンです。

大切なのは「自分は底辺層から抜け出すことができる」「自分は年収500万円稼ぐことができる」「自分は資本家階級になることができる」と、まずは自分の可能性を信じ込むことです。

自分のまわりにネガティブ思考の人や低収入の人が多いと、前向きな発想や行動が邪魔されます。

自分の周りに底辺層の人が多いと思うのなら、まずはその人たちと距離を置いて、底辺の人たちとは関わらないようにしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事