「底辺人生になるのは絶対に嫌だ…」

「底辺人生からはやく抜け出したい…」

このような方に向けてこの記事を書いています。

結論からいうと、底辺人生が嫌なら、底辺の人とは関わらないようにするべきです。

その理由は、底辺人生は伝染するからです。底辺の人と一緒にいるとあなたも底辺になりやすいということです。

今回は「関わってはいけない底辺の人の特徴」を紹介しますので、ぜひご覧ください。それではいきましょう。

スポンサーリンク

底辺人生が嫌なら絶対に底辺と関わってはいけない理由

そもそも底辺と呼ばれている人たちとは、どのような人たちのことをいうのでしょうか?

底辺人生

いろいろ調べてみると、社会の下層部分にいる人や産業の底辺を支える人たちのことを「底辺」と表現しているようです。

具体的には、ニートやフリーター生活を続けている人、日雇い労働者や派遣社員を続けている人、正社員だけど低賃金でこき使われ続けている人などです。

年収でいうと、年収250万円以下の人たちは底辺だと思ったほうがいいです。また、年収300万円ぐらいまでは底辺予備軍に入ります。

あなたは底辺に当てはまりますか?

もしも、底辺に当てはまっているのなら、自分が底辺になってしまている理由を考えましょう。

「学歴がないから」「経験がないから」「運が悪かったから」「家庭環境に恵まれなかったから」など。いろいろな理由を思いついたかもしれません。

しかしながら、どれも違います。あなたが底辺になっている最大の原因は、底辺の人たちと関わっているからです。

底辺人生が嫌なら、絶対に底辺の人と関わってはいけません。

その理由は、人間は自分の身の回りにいる人の影響を受けやすいからです。自分のまわりにいる5人の平均が自分だといわれていますので、自分のまわりに底辺が多いほど自分も底辺になりやすいということです。

ここからは、底辺人生を避けるために、あなたが絶対に関わってはいけない底辺の人の特徴を紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

底辺人生を引き寄せる底辺の4つの特徴

底辺人生が嫌なら底辺と絶対に関わってはいけません。

でも、底辺って、具体的にどのような人のことかわかりますか?

底辺の定義は曖昧なので、ここでは底辺の特徴を4つ紹介します。これらの特徴をもつ人は、あなたに底辺人生を引き寄せてしまうので、絶対に関わらないようにしてくださいね。

それではひとつずつ紹介していきます。

すぐにお金を借りてくる人は底辺人生を引き寄せる

底辺の特徴の一つ目は「すぐにお金を借りてくる人」です。

他人からお金を借りる人は、何事にもルーズな人が多いです。このような人は信用できませんし、だいたいお金を借りたことを忘れます。

底辺人生

また、あなたにお金を借りに来るということは、あなたのことをなめている可能性が高いです。あなたを自分よりも下に見ているということですね。

自分より目上の人にお金を借りようとは思いませんよね?

そういうことです。こういう人は借りたお金をギャンブルや風俗などの低レベルな趣味に使っていることがほとんどなので、何のためにお金を貸しているのかわかりませんよね。絶対に関わるべきではないです。

さらに、お金を借りに来る人は、お金を貸さなかったときに嫌な顔をしてきますし、貸したお金を返してもらおうとすると、「たった5千円だからいいじゃん!」などとあり得ない返答をしてきます。

お金を貸した瞬間に貸した側には「いつ返してくれるのか?」「なんでそんな態度ができるのか?」というイライラがたまるだけなので、距離をおくべきです。

たとえ、お金を貸してしまって回収できなかったとしても、勉強代だと思ってあげちゃいましょう。そして、二度とその人とは関わらないようにしてくださいね。

低レベルの趣味がある人は底辺人生を引き寄せる

底辺の特徴の二つ目は「低レベルの趣味がある人」です。

低レベルな趣味とは、パチンコ、競馬、ソシャゲー、風俗などの無価値な趣味のことです。このような低レベルな趣味をもっている人は、生活リズムがめちゃくちゃです。

このような人と関わると、自分もその底辺生活に巻き込まれてしまいます。仕事後にパチンコに誘われたり、休日にパチンコのオープンに並んだりと、くだらない日常を過ごすことになってしまいます。

この人たちは、稼いだお金をギャンブルなどに全額つかってしまうので、もちろん貯金なんてありません。貯金ができない、仕事ができない、勉強ができない、という底辺人生を生きているのです。

毎日この人たちと一緒にいると、「この底辺人生が普通なんだ」と思ってしまうので、これが一番危険ですね。

自分の身を守るためにも、低レベルの趣味がある人とは関わらないようにしましょう。

話のレベルが低い人は底辺人生を引き寄せる

底辺の特徴の三つ目は「話のレベルが低い人」です。

底辺人生になるのは、その人の思考が底辺だからです。思考が底辺なら話す内容も底辺だということです。

底辺人生

この人たちが話す内容は、ギャンブルの話や風俗の話、あとは芸能ニュースの話など、話していても何もプラスにもならないことなので、本当に無価値です。

むしろ、バカな人と話していると、こっちもバカになってしまうので、この時間はあなたにとって大きなマイナスになるのです。

この人たちは勉強ができないですし、やらないといけないことを先延ばしにしたがるタイプなので、関わっていても得るものがないです。

さらに、思考レベルが低いので、あなたが何か新しいことに挑戦するときや、底辺から抜け出そうと頑張ろうとするときに、「お前にはできないよ」「世の中そんなに甘くないよ」と言ってあなたの邪魔をしてきます。

これは、自分たちが底辺人生から抜け出せないから、あなたがそこから抜け出そうとしていることが許せないということですね。

ですから、一刻も早く「話のレベルが低い人」とは縁を切りましょう。この人たちが近くにいる限り、あなたは底辺人生を生きることになります。

勉強していない人は底辺人生を引き寄せる

底辺の特徴の四つ目は「勉強していない人」です。

まわりに勉強していない人しかいないと、あなたの人生は底辺人生になりやすくなります。

その理由は、勉強していない人は有益な情報を持っていないので、一緒に過ごしている時間がめちゃくちゃ無駄だからです。

本を読んでいない、動画学習をしていない、新しい仕事に挑戦していないなど。自分の知識をアップデートさせていない人と関わっていると、自分が底辺にいることにも気づけません。

同じことをくり返すだけの毎日を生きている人には、残念ながら市場価値はありません。

底辺から抜け出すためには、まずは思考から変えていかないといけません。そのためには勉強することは必須条件なのです。

勉強しない人は一生底辺人生のままです。人間は変化することを嫌う生き物なので、惰性で生きている限り、その人の人生が変化することはありません。

あなたは、勉強せずに楽して生きる底辺人生か、勉強を続けて手に入れる充実した人生か、どちらを選びますか?

スポンサーリンク

結局は自分で自分を変えないと底辺人生から抜け出せない

ここまで底辺の人の特徴を紹介してきましたが、上記のほかにも「感情のコントロールができない人」「ネガティブすぎる人」「年収300万円以下の人」「マニュアル労働しかしていない人」など。底辺人生を引き寄せる人はほかにもいます。

しかしながら、結局は自分で自分を変えることができないと底辺からは抜け出せません。

底辺人生

底辺の人と関わらないことは大切ですが、それと同じくらい自分が変わることも大切なのです。

つまり、底辺人生になるかどうかは自分次第ということですね。

自分で底辺集団の中から移動するために行動しないといけませんし、自分が入りたい集団を見つけてそこに入っていかないといけません。

人間はサボってしまう生き物なので、底辺から100%抜け出すまでは、意識を強く持って行動する必要があります。これはめちゃくちゃストレスのかかることです。

しかしながら、ここで思考と行動を変えることができなければ、一生底辺人生のまま変わることはありません。

頑張って底辺人生から抜け出すか、今に甘んじて底辺人生を続けるか。どちらを選ぶのもあなたの自由です。正解も不正解もありません。

あなたはどちらの人生を生きたいと思いますか?

まとめ

今回のまとめです。

  • 底辺人生が嫌なら絶対に底辺と関わってはいけない
  • 底辺人生を引き寄せる底辺の4つの特徴がある
  • すぐにお金を借りてくる人は底辺人生を引き寄せる
  • 低レベルの趣味がある人は底辺人生を引き寄せる
  • 話のレベルが低い人は底辺人生を引き寄せる
  • 勉強していない人は底辺人生を引き寄せる
  • 結局は自分で自分を変えないと底辺人生から抜け出せない

今回は、「底辺人生が嫌なら絶対に底辺と関わってはいけない理由」について話しました。

自分のまわりにどんな人がいるかによって、自分の人生がどうなるか決まります。底辺人生が嫌なら当然まわりに底辺の人はいないほうがいいですよね。

すぐにお金を借りに来る、趣味や話が低レベル、勉強していないなど。人として低レベルだな~と思う人と関わらないようにするということですね。

底辺人生から抜け出したいと思っているなら、ぜひ今回の内容を参考にして行動してみてくださいね。

スポンサーリンク