底辺から這い上がる

「底辺労働者から抜け出したい」

「いつかは底辺から人生を逆転させたい」

「底辺層から抜け出す方法が知りたい」

この記事は、このような方のために書いています。

結論からいうと、底辺労働者から抜け出すためには、腐ったミカンの集団から抜け出すことが大切です。

自分の立場を知るためには、自分のまわりの人間を見るのが1番分かりやすいです。

職場で一緒に働く人たちや、プライベートを一緒に過ごす友人たちは、あなたを映し出す鏡のような存在です。

あなたがもし底辺労働者の中にいるのなら、あなたが底辺労働者になることは必然で、そこからは一生抜け出せません。

ですから自分が腐ったミカンの中にいると思ったら、そこからすぐに抜け出すことが重要です。

ドフラ
こんにちは。元フリーターのドフラです。

この記事を書いている僕は、26歳まで年収200万円の底辺労働者でした。その後転職して底辺から這い上がり、年収500万円の正社員になれました。現在は自分の経験を活かして、フリーター向けの転職アドバイザーをしています。

この記事には「底辺労働者が底辺から這い上がる方法」をまとめてありますので、本気で底辺から抜け出したい方は最後までお読みください。

スポンサーリンク

底辺労働者が底辺から這い上がる方法

底辺から這い上がる

「底辺労働者の99%が底辺から這い上がることができない」といわれています。

その理由はほとんどの人が底辺集団の中から抜け出す勇気を持っていないからです。

ドフラ
人間は今の自分を変えることに対して、大きなストレスを感じます。

頭では変化したほうがいいのはわかっていても、なかなか行動に移せず、結局今までの場所に居続ける人が圧倒的に多いです。

しかし、自分に負荷をかけて今の場所から離れることでしか、底辺労働者から抜け出す方法はないのです。

底辺労働者のままでは人生が無理ゲーになってしまうので、なんとかして底辺から抜け出す方法を考えていきましょう。

勉強をしないと底辺労働者からは抜け出せない

底辺から這い上がる

底辺労働者が底辺から抜け出せないのは、仕事のための勉強をしないからです。

あなたの職場の人たちを思い出してみてください。

職場で一緒に働いている人の中で、仕事のための勉強をしている人はいますか?

ほとんどの方が「いない」と答えたと思います。

底辺労働者の99%は、仕事のための勉強をしません。

底辺労働者の人たちは「仕事=給料をもらうためのもの』という考えを持っていますので、給料をもらうために勤務時間が過ぎるのを毎日ダラダラ待っているだけなのです。

ドフラ
底辺労働者が集まる職場にずっと居ると、10年後や20年後も未来が見えない不安から逃れられません。

今の底辺生活から抜け出すためには、まわりと同じ行動をしていてはいけません。

そのための第一歩は「勉強を始めること」です。

世の中には知らないと損をすることが、たくさんあります。

知っているか知らないかで、あなたの生きている世界は180度変わります。

スポンサーリンク

底辺から這い上がるために付き合う人間を入れ替える

底辺から這い上がる

底辺労働者に一度落ちてしまうと、底辺から這い上がることができず、一生涯を底辺で生きる可能性が高くなります。

底辺に落ちたにも関わらず、一発逆転があるという希望を持っている人がいますが、まわりと同じことをやっている限り、そういう逆転は99%起こりません。

ドフラ
底辺から這い上がるためには、底辺の人間と付き合っていてはいけません。

底辺からどうにかして抜け出したいなら、今の付き合いを辞めたり、職場を辞めたりして、自分が居る環境を変えるべきです。

「この人たちと一緒にいたら自分がダメになる」「この人たちの近くにいる限り自分はダメ人間になる」と思ったら、付き合いをバッサリ変えていきましょう。

あなたが底辺から這い上がるために最初にやるべきことは「付き合いを変えること」です。

底辺から這い上がるために底辺の思考を捨てる

底辺から這い上がる

底辺労働者から這い上がるためには、情報収集と勉強にあてる時間をとにかく増やしたほうがいいです。

パソコン、スマホ、書籍などを利用して、底辺から抜け出すための情報や知識をとにかく集めて、情報弱者から抜け出すのです。

書籍を読むのにおすすめなのは「kindleの読み放題」です。

これは月額980円で利用でき、5万冊以上の書籍が読み放題というコスパ最強のサービスです。

ドフラ
kindleの読み放題を活用して、とにかく多くのビジネス本を読みまくりましょう。

しかし、そうは言うものの、本を読む習慣を持っていない人が、いきなりたくさんの本を読むのは大変ですよね。

そんな時は「1冊の本に得られることが1つあればいい」という感覚で、本を読み進めていくのがポイントです。

本を読むことに価値があるのではなく、本を読んで何かの気付きを得ることに価値があるのです。

ですから、いろんな著者が書いた様々なジャンルの本を多読して、自分の思考と価値観をアップデートさせていきましょう。

学習・行動・失敗の習慣が底辺から救ってくれる

底辺から這い上がる

底辺労働者のうち100人中99人が仕事のための勉強をしません。

底辺の生活から這い上がるためには、世の中の仕組みを知っておく必要があります。

世の中がどのような仕組みでまわっているかを知っている人は、その仕組みを利用して自分の生活をより豊かにすることができます。

仕組みが分からない人は、低賃金でこき使われて、人生が無理ゲーになります。

ドフラ
一般労働者から抜け出すためには、学ぶことがめちゃくちゃ重要です。

学ぶことで、行動力が芽生えるようになります。

「自分のお店をやってみよう」「自分の商品をつくってみよう」「稼ぐために資格を取ってみよう」「転職してキャリアアップしよう」など、ポジティブな行動がとれるようになります。

しかし、ほとんどの人が始めることができないし、続けることもできません。

底辺から抜け出すための第一歩である「学び始めること」ができないのです。

本気で底辺労働者から抜け出したいと思うなら、自分で学ばなければいけませんし、自分から情報を取りに行かなければいけません。

ドフラ
底辺から這い上がれた人は「学んで、行動して、失敗して」を何回もくり返しています。

しかし大半の人が「学ばない、行動しない、失敗もしない」という状態を維持してしまい、底辺から抜けれないのです。

学ぶことで「自分がいかに何も知らないか?」を知ることができますので、底辺から抜け出したいなら、まずは情報収集と勉強を始めてください。

あなたの人生を大きく変えるヒントは、世の中のどこにあるかわからないので、学び続けるのを止めないでください。

スポンサーリンク

まとめ

最後に「底辺労働者が底辺から這い上がる方法」の要点をまとめておきます。

  • 底辺労働者の99%は底辺から這い上がることができない
  • 底辺労働者の99%は仕事のための勉強をしない
  • 底辺から這い上がるために底辺の人間関係を捨てる
  • 情報収集と勉強が底辺から救ってくれる
  • 「学ぶ、行動する、失敗する」をくり返せば、底辺労働者から抜け出せる

世の中の仕組みを知っている人の人生はどんどん豊かになり、何も知らない人は利用されて搾取され続け、人生無理ゲーになっていきます。

年収200万円~300万円以下の底辺労働者から抜け出すためには、まずその方法を学ぶことが大切だということですね。

今日から何か一つでいいので、学び続ける習慣を身に付けましょう。

自分を変えるのは大変だとは思いますが、底辺から抜け出すためにはここが踏ん張りどころです。

底辺から這い上がりたいなら、今回の内容を参考にして、行動に移してくださいね。

スポンサーリンク