就職できない人 どうする

「なかなか就職できない…」
「何社応募しても内定がもらえない…」
「就職できない時はどうすればいいのか…」

このような方に向けて、記事を書いています。

何社応募しても、落選が続いて、なかなか就職できない人は一定数います。

就職できないと、焦りますよね。

結論からいうと、どうしても就職できない時は、正社員就職を諦めたほうがいいです。

「全然就職できない!」と言っている人の多くが、希望職種にこだわり過ぎています。

はっきり言って、職種にこだわらなければ、就職先はいくらでもあります。

しかしながら、「どうしてもその仕事がやりたい!」という人もいると思うので、職種を諦められないなら、正社員を諦めるしかありません。

まずはアルバイトとして入社し、実績や経験を認めてもらってから、正社員として雇用してもらうというパターンですね。

ドフラ
こんにちは。26歳まで底辺フリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や人生に役立つ情報を発信しています。

今回は「どうしても就職できないなら正社員を諦めるべき理由」について解説していきます。

3分で読める内容なので、それではいきましょう。

ドフラ
『フリーターだった僕が利用した転職エージェント』はこちらをどうぞ。

就職できない人はどうする?【どうしても就職できないなら正社員を諦めよう】

就職できない人は、どうすればいい?

この質問に対する答えは、「正社員を諦める」です。

「どうしてもその仕事がやりたい!」と思いながら、転職活動をしている人は結構多いです。

たとえば、以下のような感じですね。

  • マーケティングの仕事がしたい!
  • WEB業界で働きたい!
  • 経理の仕事がしたい!
  • 税理士事務所で働きたい!
  • 不動産業界の営業になりたい!
  • デザイン事務所で働きたい!

業界経験のある人や、学校で専門知識を学んだ人なら、希望通りに就職できるかもしれません。

しかし、未経験からの転職だと、不採用になる確率が高いです。

専門性の高い職業の場合、特に即戦力が求められるので、未経験者を採用して長期的に育てていく余裕がありません。

専門スキルが必要な仕事だと、数年かけて育成してもらえるのは、新卒採用の人たちだけです。

ですから、どうしてもその職種に就職したいと思うなら、雇用形態のこだわりを捨ててください。

まずはアルバイトから入社して、入社後に正社員を目指しましょう。

未経験からの転職では、正社員と希望職種の両方を手に入れることは、かなり難しいです。

求職者の中には、妥協できずに、転職活動を数年続けている人もいます。

年齢が高くなりすぎると、未経験からの転職が難しくなるので、早めに見切りをつけるのが重要です。

就職できないなら仕事を選んでる場合じゃない!

どうしても就職できない

「全然就職できない!」と言っている人の多くが、仕事を選びすぎています。

世の中には多くの求人がありますので、仕事を選ばなければ、ほとんどの人が就職できます。

就職できない人は、仕事に対する条件が高すぎるのです。

高収入、残業なし、完全週休2日制の土日休み、安定企業、専門スキルが身に付く、福利厚生が充実している、人間関係が良好、など。

残念ながら、自分の希望条件を全て満たす求人などない、と思った方がいいです。

専門的なスキルや経験がない人は、転職市場では価値が低いです。

そのため、希望条件を高く設定しすぎると、どこの企業からも内定をもらえません。

ですから、何社応募しても就職できない人は。まずは自分の市場価値を高めるための職場を選びましょう。

たとえば、正社員経験のない人は、とりあえず正社員経験を1年積むことから始めてください。

正社員経験はあるけど、工場や倉庫管理などの対人コミュニケーションの経験がない人は、販売や接客、営業などの仕事を選ぶのがおすすめです。

正社員としての販売経験や営業経験が1年以上あると、専門性の高い職種へのキャリアアップも視野に入ってきます。

就職できないのは就活に対する考え方の甘さが原因

就職できない人 どうする

「就職できないけど、どうすればいいんだろう…」と悩んでいる方の多くは、就職に対する考え方が甘いです。

なかなか就職できない人は、働くことへの覚悟が足りていません。

多数の求人に応募しているのに、なかなか就職できない人は、以下のような働き方を希望しています。

  • 残業が少しでもある会社は嫌だ
  • 完全週休2日制の土日休みがいい
  • 年間休日は120日以上は絶対にほしい
  • 楽して稼げる仕事がいい
  • 人間関係のストレスは耐えられない

このような甘い考えを持っていると、どこの会社にも就職できません。

私生活を大切にしたい気持ちはわかりますが、それよりも就職で何を手に入れたいかが大事です。

目先の楽な環境をとるか、将来を考えて一生使えるスキルや経験をとるか、しっかりと考えたほうがいいです。

将来仕事に困らないことが、本当の意味での安定だと思いますので、自分の市場価値を高めるために就職する思考を持って、就職活動をするのがおすすめです。

どうしても就職できないなら正社員を諦めるべき理由【まとめ】

今回のまとめです。

  • 希望職種にこだわるなら正社員は諦めないといけない
  • アルバイト入社した後で正社員採用を目指すのがおすすめ
  • 就職できないなら仕事を選んでる場合じゃない
  • 就職できないのは就活に対する考え方の甘さが原因
  • まずは市場価値を高めるために就職する意識が大切

仕事を選ばなければ、どこかの会社には就職できます。

就職できないと不満を言っている人は、求める条件が高すぎるのです。

どうしても希望の職種に就きたいなら、自分の市場価値を客観視して、まずは応募資格を獲得するために、正社員経験を1年以上積みましょう。

営業や販売など、コミュニケーションスキルが身に付く職種の経験が積めると、人材の市場価値は上がります。

未経験の人が専門性の高い職種に就職するためには、人材の市場価値を上げてから転職するか、アルバイトから正社員を目指すか、どちらかの道しかありません。

あなたは、どちらの道を選びますか?

ドフラ
僕は26歳の時に転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円の正社員に転職できました。