派遣社員 デメリットしかない
派遣社員として働いている人「とりあえず簡単に就職できたから、今は派遣社員として働いている。でも派遣社員はデメリットが多いって聞くけど実際はどうなの?このままでいいのか将来が不安になってきた…」

このような悩みを抱える、派遣社員の方に向けて記事を書いています。

派遣社員として働いている人には、正社員での就職に失敗して仕方なく派遣社員になった人や、金銭的な理由で1日も早く就職しなければいけなかった人など、それぞれに事情があると思います。

派遣社員の仕事は、責任がなくて楽かもしれませんが、5年後10年後の自分の未来を考えると、ちょっと不安になりませんか?

5年後の先輩社員や10年後の先輩社員が、あなたの未来の姿なので、「自分もあんなふうになるのかぁ…」と思うと、急に辞めたくなりますよね。

こんにちは。元倉庫作業員のドフラです。

記事を書いている僕は、26歳まで年収200万円の倉庫作業員でした。その後、IT業界の営業マンに転職して年収500万円になり、人生をやり直すことができました。現在は20代向けにキャリアアドバイザーをやっています。

この記事では「派遣社員はデメリットしかない理由」から「派遣社員から正社員に転職する方法」までを解説しています。

この記事を読めば、派遣社員の実態を理解した上で、派遣社員を辞めるべきかどうかを判断できるようになります。

3分で読める内容なので、それではいきましょう。

※『すぐに派遣社員から転職したい!』という方は、こちらの記事へ進んでくださいね。

派遣社員はデメリットしかない理由を転職アドバイザーが暴露します!

派遣社員 デメリットしかない

派遣社員を続けていると、「自分の将来、このままで大丈夫かな…」と思う瞬間がたくさんありますよね。

僕も26歳まで倉庫作業員のアルバイトという、かなり底辺の生活を送っていたので、あなたの気持ちは痛いほどよくわかります。

僕はピッキングをメインにやっていたので、朝から晩までずっと倉庫内で荷物を運んでいました。

毎日同じ業務をくり返していたので、当然成長もせず、給料も恥ずかしいくらい安かったです。

ここだけの話、26歳で年収190万円くらいしか稼げておらず、まさに底辺労働者でした…。

こんなダメダメな僕でも、IT業界に転職したことで、年収500万円稼げる正社員になれました。

僕はこの経験から、「働く環境を変えるだけで年収は上がり、人生をやり直せる」ということを実感しました。

僕自身が、年収200万円の状態も年収500万円の状態も体験していますし、現在はキャリアアドバイザーとして派遣社員の方の転職サポートもしていますので、かなりリアルな「派遣社員の実態」を伝えれると思います。

ここからは、僕の実体験と僕が派遣社員の方から直接聞いた話をもとに、「派遣社員のデメリット」を詳しく解説していきます。

派遣社員のデメリット①:派遣期間に上限がある

派遣社員のデメリットは、「派遣期間に上限があること」です。

派遣社員は長期間働くことができず、長くても「3年間」しか働けません。

派遣社員の契約期間が「3年まで」なのは、派遣法で定められています。

実際に派遣社員として働いている人の話を聞くと、現実は「2年以内」に契約期間が終わることが多いようです。

同じ職場で長く働けないと、なかなか生活も安定しないですよね。

派遣社員のデメリット②:突然リストラされる

派遣社員のデメリットは、「突然リストラされること」です。

僕のもとに転職相談にくる派遣社員の方は、「来月から来なくていいと言われました…」というような感じで、急に解雇された人が多いです。

解雇理由は「会社の業績が悪くなったから」や「会社的に今の業務をやらなくなった」などです。

これは完全に会社都合の解雇なので、派遣社員の人がどうこうできる問題ではありません。

突然リストラされる危機感を持ちながら働き続けるのは、かなりきついですよね。

派遣社員のデメリット③:スキルが身に付かない

派遣社員のデメリットは、「スキルが身に付かないこと」です。

派遣社員の仕事内容は、部品の検査、自動車部品のライン作業、製造業のライン作業、倉庫作業、などです。

これらは誰でもできる業務内容で、入社1ヶ月目の派遣社員と入社10年目の派遣社員を比べても、仕事の成果にほとんど差はありません。

つまり何年続けても、まったくスキルが身に付かないということです。

スキルが身に付かないと、当然年収も上がらないので、将来を考えると結構きついです…。

派遣社員のデメリット④:給料が安い

派遣社員のデメリットは、「給料が安いこと」です。

派遣社員の給料は、年齢や勤務年数に関係なく、平均年収が「約300万円」といわれています。

派遣社員は年齢が上がっても、スキルが上がるわけではないので、20代、30代、40代、50代と年齢を重ねても、残念ながら「年収は300万円前後」です。

これを20代の平均年収で考えると、29歳男性の平均年収は「約430万円」なので、100万円以上も給料が安いことになります。

派遣社員の給料では、一人暮らしや結婚は無理ゲーだと思った方がいいですね。

派遣社員のデメリット⑤:派遣会社に給料を吸い取られる

派遣社員のデメリットは、「派遣会社に給料を吸い取られること」です。

派遣社員の給料の仕組みは、次の順番でお金が流れていきます。

「派遣先の企業→派遣会社→派遣社員」

上記のとおり、派遣先の企業と派遣社員の間に派遣会社が入っているので、ここでマージン(派遣会社の取り分)を持っていかれます。

派遣会社のマージン率の平均は30%なので、派遣社員が手にする給料は、単純に考えると「30%差し引かれたお金」だといえます。

こうやって考えると、派遣社員で働くのは損だと思いますよね。

派遣社員のデメリット⑥:生活が安定しない

派遣社員のデメリットは、「生活が安定しないこと」です。

派遣社員は、給料が安い、いつ解雇されるか分からない、契約期間が3年まで、スキルが身に付かない、などの理由から生活が安定しません。

その日暮らしで生きていかないといけないので、長期的な計画が立てれず、派遣社員から抜け出せなくなることも多いです。

ですから、お金や体力に余裕のあるうちに、とにかく行動しておきたいところです。

派遣社員のデメリット⑦:市場価値が低い

派遣社員のデメリットは、「市場価値が低いこと」です。

派遣社員は「誰でもできる仕事」をやっているので、いざ転職しようと思っても、なかなか採用されない…という現実があります。

部品の検査や自動車のライン作業の経験を、そのまま活かせる仕事って、本当に限られちゃうんですよね。

たとえば、「工場→工場」「倉庫作業→倉庫作業」「ライン作業→ライン作業」というように横に移動するしかないんです…。

とはいえ、派遣社員になった事実は変えれないので、何とかして「市場価値の高い仕事」に移動するしかありません。

まずは派遣社員の経験は、転職市場で評価されない事実を理解しておきましょう。

派遣社員のデメリット⑧:職場の人間関係が悪い

派遣社員のデメリットは、「職場の人間関係が悪いこと」です。

これは実際に派遣社員の方から聞いた話ですが、派遣社員の職場には次のような人たちがいるようです。

  • ギャンブルばかりやっている人
  • 突然会社に来なくなる人
  • やたらお金を借りてくる人
  • コミュニケーションがとれない人
  • 言葉遣いがめちゃくちゃ悪い人
  • 暴力をふるってくる先輩
  • 派遣社員をバカにする正社員

なかなか大変な人間関係ですよね…。

正直、僕がこの目で見たわけではないので、この真相は分かりませんが、派遣社員の方がこのように感じたのは事実です。

ただし、派遣先が大手企業の場合は、管理が行き届いているので、そこまで人間関係は悪くない印象です。

派遣社員のデメリット⑨:仕事への意識が低くなる

派遣社員のデメリットは、「仕事への意識が低くなること」です。

派遣社員を続けていると、毎日同じ作業のくり返し、新しく覚えることがほとんどない、頑張っても給料が上がらない、スキルが身に付かない、などの理由から、仕事に対するモチベーションが低下していきます。

職場の同僚や先輩にも、仕事に対する意識の低い人が多いので、どんどんやる気がなくなっていきます。

最終的にたどり着くのは、「お金がもらえればいいや…」です。

20代30代の働き盛りに、このようなマイナスなマインドを持ってしまうのは、人生において大きなデメリットです。

派遣社員のデメリット⑩:成長の機会を失う

派遣社員のデメリットは、「成長の機会を失うこと」です。

派遣社員として働いていると、自分をレベルアップさせようという思考になりません。

なぜなら、自分を成長させる理由がないからです。

しかし20代30代のうちに、専門知識や経験、自分にできることを増やしておかないと、40代以降で路頭に迷ってしまいます。

特に「20代で何を経験しておくか」が、めちゃくちゃ大事です。

20代で何を経験するかで30代が決まり、30代で何を経験するかで40代が決まります。

5年後10年後の自分の未来を考えて、いまの自分の延長戦上にある未来に納得できないなら、今すぐに派遣社員から転職するべきです。

※下記では、僕が年収200万の倉庫作業員から年収500万のIT営業マンに転職できた方法を紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

派遣社員から抜け出すには、今すぐ行動するしかない!

派遣社員 デメリットしかない

「派遣社員の将来が不安になってきた…」という方は、今すぐに行動しましょう。

では具体的に行動って、何をすればいいのか?

それは「1日でも早く派遣社員から正社員に転職すること」です。

できれば、ライン作業などの工場系の仕事ではなく、コミュニケーション能力が身に付く仕事を選んだ方がいいです。

その方が、人材の市場価値を高めやすいですからね。

たとえば、「営業」や「施工管理」などの職種です。

コミュニケーションに自信がないという方は、ITスキルが身に付く「ITエンジニア」などの職種を選ぶといいです。

キャリアアドバイザーの立場からアドバイスすると、未経験から自分の市場価値を高めるなら、「営業」「施工管理」「ITエンジニア」に就職するのが現実的です。

派遣社員の人が、いざ転職活動を始めても、なかなか内定をもらえないかもしれませんが、何とかして正社員になりましょう。

派遣社員が転職で失敗しないコツ

派遣社員の人が転職を成功させるコツは、自分ひとりで転職活動をしないことです。

転職の素人が時間をかけて頑張っても、うまくいかないんですよね…。

僕自身もフリーターから転職するときに、最初は自分ひとりで転職活動をしていましたが、応募しても9割は落選でした。

ですから、あなたは僕と同じ失敗をしないように、最初から転職のプロである「転職エージェント」を頼ってくださいね。

転職エージェントでは、企業選びから応募書類の作成、面接対策までをサポートしてくれるので、派遣社員の人でも楽に転職活動を進めていけます。

とにかく行動しないと、現状の底辺生活は変わらないので、今日とはいわず今から行動しましょう。

この記事を読み終わったら、とりあえず転職エージェントに登録してくださいね。

※年収200万円のフリーターだった僕を、年収500万円のIT系営業マンに変えてくれた転職エージェントは、こちらの記事にまとめてあります!