フリーターから正社員になるには
フリーターから正社員になりたい人『フリーターから正社員になりたいけど、どうすればいいか分からない…。フリーターから正社員になった人の体験談が聴きたい』

このような方向けの記事です。

結論からいうと、フリーターから正社員になるには、フリーターの就職実績が豊富な転職エージェントを利用するのが1番はやい、です。

実際に、今回紹介する元コンビニアルバイトの『菅原翔太さん(27歳男性・仮名)』は、転職エージェントを利用して、27歳のときにフリーターから建設業界の施工管理に転職しています。

フリーターの人は就活経験が少ないので、自分ひとりで就活すると失敗しやすいです。そのため、とりあえず転職エージェントに相談してみるのが無難ですね。

ドフラ
こんにちは、26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や人生に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、これまでに157名の会社員の方にインタビューしてきたので、様々な業界で働く人のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、元フリーターの菅原翔太さんの体験談をもとに、『フリーターから正社員になる流れ』から『フリーターから挑戦できる就職先』までを解説していきます。

この記事を読めば、今までずっとフリーターだった方でも、安心して就職活動を進めていけるはずです。

3分で読める内容なので、それではいきましょう。

フリーターから正社員になるには?【元コンビニバイトの体験談】

まずは、今回紹介する元フリーターの『菅原翔太さん(27歳男性・仮名)』の簡単な経歴を伝えておきますね。

菅原翔太さんは、法学部の大学院を卒業後、税理士を目指して、勉強しながらフリーターを続けていました。

フリーター歴は約3年で、やっていたアルバイトは、コンビニ店員と牛丼屋の店員です。

菅原翔太さんは、税理士を目指して勉強を続けていたものの、やはり自分だけで勉強時間を管理するのが難しく、サボってしまう日が多々あったようです。

勉強しようと思っても、スマホでYouTubeを観てしまったり、アニメを観てしまったり、遊びに出かけてしまったり…。という感じで自己管理できずにいました。

結局、税理士試験は合計3度受検して、科目合格は取れたものの、最後の2年は『勉強時間が足りない』という理由で、受検すらしませんでした。

そうこうしているうちに、年齢が27歳になってしまい、『このまま税理士を目指しても無理なんじゃないか?』と思うようになり、就職を考えるようになったのです。

フリーターから正社員になれない人の3つの特徴

フリーター 正社員なれない

菅原翔太さんは税理士を諦めるか迷いつつ、就職活動をスタートしたのですが、『税理士になりたい気持ち』と『就職しなければいけない気持ち』で揺れてしまい、中途半端な就活になっていました。

このときの菅原翔太さんは、『税理士の科目合格の経験が活かせるような仕事がいい』という考えで、20社ほど応募しましたが、1社も内定をもらえずにいました。

では、なぜ菅原翔太さんは就職できなかったのか?

その理由は『就職する理由が明確になっていなかったから』です。

フリーターから正社員になれない人の3つの特徴は、次のとおりです。

  • 就職する理由が明確になっていない
  • 正社員になる覚悟ができていない
  • 就職後の未来が想像できていない

菅原翔太さんは、このすべてに当てはまっていました。

『なんとなく正社員になった方がいいかもな~』『とりあえず面接を受けてみるか~』という軽い感じで面接に行くと、面接官に必ず見抜かれます。

ちなみに記事を書いている僕は、面接の場で、面接官に本気で怒られた経験が2度もあります…。あれは本当に反省しましたね。

このように、フリーターから正社員になるためには、『就職する理由』『正社員になる覚悟』『就職後の未来』を自分の中で固めておくことが重要なので、企業に応募する前に一度、自己分析をしておいてくださいね。

しっかり自己分析するなら、就職支援サービスを利用するもアリですね。『JAIC』の無料就職講座では、働く目的や社会人としての心構えを学べるのでおすすめですよ〜。
ビジネスマナーや面接対策などプロの講師から無料の就職支援講座あり!就職ならジェイック!

フリーターから就職できる就職先はどこ?

このままでは就職できない…と思った、菅原翔太さんは『フリーターの就職に強い就職支援サービス』に登録してみることにしました。

担当アドバイザーとの面談で、『転職市場のリアル』『現実的にチャレンジできる職業』などを教えてもらい、就職に対する考え方が大きく変わりました。

その後、とにかく『正社員としてキャリアをスタートすること』を最優先に考え、業界や職種へのこだわりを捨てました。

できるだけ早く社会人経験を積んでおかないと、30歳以降になったときに、底辺人生しか歩めなくなるかもしれない…と思ったのです。

ぶっちゃけ、これはそのとおりで、28歳以降になると未経験からチャレンジできる求人数が、一気に少なくなるんですよね…。

『27歳』は本当にギリギリだったと思います。

菅原翔太さんが『27歳のフリーターでもチャレンジできる求人』を担当アドバイザーに確認したところ、紹介されたのは以下の求人でした。

  • 建設業界の施工管理
  • 太陽光発電の施工管理
  • 人材派遣会社の営業職
  • ホームページ販売の営業職
  • 予約管理システムの営業職
  • 建設業界の商社の営業職
  • 安全商材の商社の営業職

菅原翔太さんは、自分が選べる立場じゃないと思っていたので、紹介された求人にすべて応募しました。

そのときの選考結果は、次のとおり。

書類応募7社→書類通過3社→面接3社→内定1社

『建設業界の施工管理』の会社から内定を獲得し、就職することができたのです。

菅原翔太さんが内定を獲得できた理由は、『資格取得のためにコツコツ勉強できる性格』『社会人として人生をやり直したいという熱意』が、企業から評価されたからです。

ドフラ
『フリーターはいつまで許されるのか?』はこちらの記事で詳しく解説しています。

フリーターから正社員になると未来に希望が持てる

フリーターから施工管理の正社員になった、菅原翔太さんの初年度の年収は280万円です。

ただし、入社した会社の20代には、年収400~550万円稼いでいる社員もいるため、本人の努力次第で昇給や昇格も可能となっています。

菅原翔太さんは現在、先輩社員に指導してもらいつつ、施工管理として1人前になることを目指しています。

将来的には資格取得も考えており、さらなる昇給や昇格を目標に、かなり前向きに頑張っています。

菅原翔太さんは、正社員になったことに対して、次のように語っています。

『あのときに正社員になる道を選んでおいて本当に良かったですよ。収入面もそうですが、人生に希望が持てたような気がします。フリーターは楽でしたがメンタル面が結構きつかったですからね』

フリーターから正社員になりたいと思っている方は、あのとき就職しておけばよかった…と後悔しないように、ぜひ1日も早く行動しておいてくださいね。

ドフラ
僕が【年収190万の倉庫作業員から年収500万のIT営業マンに転職できた体験談】は、こちらの記事をどうぞ。

まとめ:フリーター歴が長いほど人生損します

フリーターから正社員 体験談

今回は、元コンビニバイトのフリーターだった、27歳男性の菅原翔太さんの体験談をもとに『フリーターから正社員になる方法』を解説してきました。

フリーター生活は楽なので、何か緊急なことでもない限り、なかなかその楽な生活を変えようとは、思いませんよね。

僕も26歳までフリーターだったのでわかるのですが、あっという間に月日が経っていきました。頭ではわかっていたのですが、なかなか行動に移せなかったです…。

でも何もせずに放置していると、あとで取り返しのつかないことになります。

正社員になりたい人は、フリーター歴が長くなるほど不利になるので、ぜひ1歳でも若いうちに、就活を始めてくださいね。

せっかくここまで記事を読んだなら、この機会に行動してみませんか?

ドフラ
僕は26歳の時に転職エージェントを利用して、倉庫作業員アルバイトから年収500万円の正社員に転職できました。