ピッキング向いてない
ピッキングの仕事を辞めようか迷っている人『ピッキングの仕事が底辺すぎてもう辞めたい…。でも今辞めたらもったいないのかな?どうすればいいんだろう?』

このような方に向けて、記事を書いています。

『なんとなく楽そうだから』という理由で、ピッキングの仕事を選ぶ人はたくさんいます。

確かに仕事は単純なのですが、そのいっぽうで『職場が底辺すぎて辞めたい…』と考える人も多いようです。

ピッキングには向き不向きがあるので、向いていない人にとっては、倉庫ピッキングはきつい仕事以外の何ものでもありません。

ピッキングに向いてない人の特徴は、次のとおり。

・毎日の同じ作業に耐えられない
・思考停止で働くことにストレスを感じる
・成長できない環境だとモチベーションが下がる
・いろいろな人と関わって自分の可能性を広げたい
・自分の市場価値をどんどん高めていきたい

こちらの5つに当てはまる人が、ピッキングの仕事に就くと、ストレスがヤバくて辛いだけ。すぐに辞めるべきですね。

ほかに輝ける職場があるはずなので、さっさとピッキングを辞めて、転職活動を始めるのがおすすめです。

ドフラ
こんにちは。26歳まで倉庫作業員アルバイトだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や人生に役立つ情報を発信しています。

この記事では、僕の実体験をもとに『ピッキングに向いてない人の特徴5つ』から『倉庫ピッキングから転職する方法』までを解説していきます。

この記事を読めば、倉庫作業員の未来に絶望している方でも、ポジティブな思考で就活を進めていけるはずです。

それでは、さっそく見ていきましょう〜。

ドフラ
『フリーターだった僕が利用した転職エージェント』はこちらをどうぞ。

ピッキングに向いてない人の特徴5つとは?【倉庫作業はつらいです】

ピッキング向いてない

くり返しになりますが、ピッキングに向いてない人の特徴は、こちらの5つです。

・毎日の同じ作業に耐えられない
・思考停止で働くことにストレスを感じる
・成長できない環境だとモチベーションが下がる
・いろいろな人と関わって自分の可能性を広げたい
・自分の市場価値をどんどん高めていきたい

上記のような性格の方が、ピッキングの仕事をすると、めちゃくちゃストレスがかかるので、今すぐ辞めるべきです。

倉庫ピッキングの仕事は、毎日同じ作業のくり返しなので、とにかく楽な仕事がしたい方には人気があります。

ピッキングの具体的な仕事内容は、次のとおり。

・基本的に1日中倉庫の中で作業する。
・トラックで運ばれてきた荷物を降ろして、倉庫内の指定された棚に商品を運んで並べる。
・出荷指示が書いてある伝票をもとに、各棚から商品をピックアップしてカートに入れていく。

この作業を1日中、何回もくり返すのが、倉庫ピッキングです。

指示されたことをやればいいだけなので、本当に何も考えなくても、仕事ができてしまいます。

僕は倉庫作業員のアルバイトだった頃、『まるで自分は機械やロボットみたいだな…』とよく思っていましたね。

世の中的には『ピッキング=楽な仕事』というイメージが強いですが、僕は今まで経験した仕事の中で1番きついと思っています。

倉庫ピッキングが底辺だといわれる理由【将来性が絶望的!?】

倉庫ピッキングの仕事は、ずっと同じ作業、成長できない、スキルが身に付かない、人間関係が悪い、などのマイナスイメージがあります。

でも、1番の問題は『倉庫ピッキングの仕事には将来性がない』ことだと思います。

将来性がないとは、どういうことか?

世の中の流れとしては、倉庫の完全無人化の動きが進んでいます。

たとえば、ピッキングロボットの開発です。

ピッキングロボットがあれば、『さまざまな商品を取り出して移動させる』という、今まで人間がやっていた作業をロボットに代替えできます。

ただでさえ、日本の労働人口は減少傾向にあるので、今後は倉庫の無人化の流れが、さらに強まりそうです。

倉庫の無人化によって、仕事を失うタイミングが20代なら、まだ人生やり直すチャンスはあります。

しかし40代以降だと、そこから未経験の仕事に挑戦するのは、かなり難しくなります。

今すぐに、仕事を失うリスクはないかもしれませんが、長期的な未来を考えると不安ですよね…。

将来のことをよく考えて、ピッキングの仕事を続けるべきかを判断しましょう。

倉庫ピッキングがきついと思う瞬間とは?【人間関係がヤバすぎ!】

ピッキング 人間関係

倉庫ピッキングの職場には、底辺の人たちが集まりやすいといわれており、人間関係に悩む人も多いです。

ここでは、僕が実際に話を聴いた、元倉庫作業員の倉橋哲也さん(19歳男性・仮名)の体験談を紹介します。

倉橋哲也さんは高校を卒業後、派遣会社の派遣社員に就職し、倉庫でピッキングをする仕事に配属されました。

仕事自体はめちゃくちゃ楽だったそうですが、職場の人間関係がとにかくひどくて、入社1ヶ月で辞めたそうです。

では、どれほど人間関係が悪かったのか?

倉橋哲也さんは入社したばかりの頃、倉庫内の棚の位置がわからず、周りにいた先輩スタッフに『これ、どこの棚かわかりますか?』と質問していました。

しかし、そのときの周りの対応が、ひとかったのです。

『俺もわからないから他の人に聴いて!』『忙しいから話しかけないで!』と言われて煙たがられ、中には完全に無視する人もいたそうです。

倉橋哲也さんが働いていた倉庫には、自分の仕事でいっぱいいっぱいで、まったく余裕がなく、人とコミュニケーションをとるのが苦手な人ばかりでした。

質問しても答えてくれない、何も教えてもらえない…。この状況に限界を感じた倉橋哲也さんは、入社1ヶ月で倉庫ピッキングの仕事を辞めたのです。

ピッキング辞めたい人は即行動しないと損します!

もし今の段階で、『ピッキングを辞めたい…』と思っているなら、即行動しないと人生損します。

なぜならピッキングの仕事を何年続けても、人材としての市場価値が全く上がらないからです。

それどころか、ピッキングを続けることによって、未経験から転職しやすい時期を逃すリスクがあります。

未経験から転職するなら『20代まで』がおすすめで、特に25歳前後までに行動しておくのがベストです。

20代後半からは年齢を重ねるほど、未経験者の採用枠を減らす企業が多いので、行動を先延ばしにすると、転職で選べる仕事が少なくなるのです。

これらの内容から、ピッキングを辞めたい人は即行動しないと損する、といえますね。

倉庫ピッキングから転職する方法とは?【失敗する理由は超簡単です】

ピッキング 辞めたい

ここでは、倉庫ピッキングから転職したい方に向けて、失敗しない転職の仕方を解説します。

結論からいうと、転職で失敗したくないなら、倉庫作業員からのキャリアチェンジの実績が豊富な『転職エージェント』を利用するのがおすすめです。

転職する方法には、ハローワークを利用する、転職系ポータルサイトに登録する、求人誌から求人を探す、企業のホームページから応募する、知人に紹介してもらう、などがあります。

でも失礼ながら、今まで倉庫ピッキングの仕事しかやってこなかった人は、自分ひとりで転職活動すると失敗するリスクが高いです。

なぜなら、記事を書いている僕自身が、自分ひとりで倉庫作業員から転職しようとして、見事に失敗したからです。

30社に書類応募して、面接まで進めたのが、たったの2社ですからね…。その2社も面接で説教されましたし…。

自分ひとりで転職活動したときは、本当に散々な結果でしたよ。

あなたには僕のような失敗をしてほしくないので、最初からプロに頼ってくださいね。

転職エージェントは企業ごとの採用データを持っているので、面接などの選考対策をバッチリやってくれます。

また面接で自分を出し切れなかったときも、担当アドバイザーが企業にフォローの連絡を入れてくれて、選考が有利に進むような動きをしてくれます。

自分ひとりで転職活動していたら、こんなことはできませんからね。

どの転職エージェントも、全て無料で利用できるので、あなたのリスクはゼロです。もし合わないと思ったら、途中で利用をやめればOKです。

ドフラ
僕は26歳の時に転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円の正社員に転職できました。