fラン 就職 勝ち組
Fラン大卒の20代男性『自分はFラン大卒だから絶対大手とか入れないし負け組確定だな…。Fラン大でも勝ち組になる方法ってあるのかな?』

このような方に向けて、記事を書いています。

大学受験に失敗して、どうしても浪人するのが嫌で、とりあえず大卒の肩書きを手に入れるためにFラン大学を卒業した…という人はたくさんいます。

でも世の中的には、Fラン大だと『Fラン大は就職できない』『Fラン大は人生終了』などと言われる機会も多くて、どんどん自信を失っていきますよね…。

結論からいうと、Fラン大卒でも就職後の行動を間違えなければ、勝ち組の人生を歩むことはできます。

ただし勝ち組の概念は人それぞれなので、とりあえずここでは『20代のうちに年収432万円以上稼げるようになること』と『将来的に副業や起業も視野に入ること』を勝ち組の定義としますね。

ドフラ
こんにちは。26歳までFラン大卒の倉庫作業員だった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や人生に役立つ情報を発信しています。

この記事では、Fラン大卒の僕の実体験をもとに、『Fラン大卒が捨てるべきもの』から『Fラン大卒から勝ち組になる方法』までを解説していきます。

この記事を読めば、Fラン大の方でも20代のうちに年収432万円以上稼ぎつつ、将来副業や起業が視野に入るための行動がわかります。

3分で読める内容ですので、それではいきましょう。

Fラン大卒の僕が就職後に勝ち組になれた理由|僕が捨てたものとは?

fラン 就職 勝ち組

Fラン大卒って一応大卒ですが、正直学歴にコンプレックスがありますよね。

世の中的には『Fラン大は学費の無駄だ!』『Fラン大の就職は絶望的だ!』と言われることもあり、惨めな思いをしている方も多いと思います。

記事を書いている僕もFラン大卒なので、その気持ちは痛いほどよくわかります…。

でも、やっぱりFラン大卒の学歴が、就職で不利になりやすいのは事実です。

ぶっちゃけFラン大卒だと、大手企業に入社するのはほぼ無理です。書類選考の学歴フィルターで、落とされますからね。

企業によっては、学歴のフィルターを『MARCH以上』に設定していることもあり、この場合は明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学より低レベルの大学は除外されます。

偏差値でいうと、63~74くらいの大学ですね。

ですからFラン大を選んだ時点で、学歴フィルターのある企業への就職は、残念ながら諦めるしかありません。

とはいえ、『Fラン大から勝ち組になりたい!』という方もいますよね。

そのような方は、個人のスキルや年収にフォーカスして、就職先を考えるべきです。

Fラン大卒には、Fラン大卒の人生戦略があるのです。

Fランでも入れる企業とは?大手は諦めろ!個人スキルを選べ!

前章で、Fラン大卒の方は、学歴フィルターのある大手企業への就職を諦めるしかない、という話をしました。

では、Fラン大卒でも入れる企業とは、どのような企業か?

それは、世の中的には知名度の低い、中小企業です、

MARCH以上の有名大学を卒業した人の多くは、大手企業や有名企業に就職する傾向があります。

大手企業や有名企業は『ホワイト企業』というイメージが強く、20代の若者から人気があるのです。

では、中小企業は大手企業よりも劣るのでしょうか?

もちろん知名度や資金力、会社規模では大手企業に軍配が上がります。

しかしそのいっぽうで、『専門スキルの身に付きやすさ』や『ビジネス全体をみれる経験の積みやすさ』などのメリットがあります。

これらのメリットは、主に個人のスキルアップにつながるものです。

Fラン大卒の方は、大手企業への道が断ち切られているので、巨大組織に守られる人生ではなく、自分の身は自分で守る人生を選ぶのがおすすめです。

とりあえず個人のスキルを身に付けておけば、将来仕事に困る心不安はなくなります。

29歳までに年収432万円以上あればFランでも勝ち組!

僕が考える勝ち組の基準には、『20代のうちに年収432万円稼げるようになる』があります。

ではなぜ、年収432万円なのか?

その理由は、DODAが発表する『20代の平均年収』の29歳男性の平均年収が『432万円』だからです。 

ですから、とりあえず20代のうちに年収432万円以上あれば、世間的にはOKラインということになりますよね。

学歴で勝負ができないFラン大卒の方は、『20代で年収432万円』という目標設定をした上で、1社目2社目と戦略的に就職先を選ぶ必要があります。

ただ選ぶ業界や職種によっては、20代でも年収500万円稼ぐことはできるので、どうせなら年収500万円目指すのもアリですね。

Fラン大学卒でも副業や起業が視野に入る就職先とは?

fラン 就職 勝ち組

Fラン大学卒の方が本気で勝ち組になりたいなら、20代で年収500万円稼げるようになった後は、副業や起業を視野に入れるべきです。

会社で5年以上働いてみるとわかりますが、社内で出世して給料を上げていくには限界があります。

僕の感覚だと、年収500万円くらいまでは、自分の努力だけでわりと簡単に到達できますが、年収600万以上になってくると無理ゲー感が強くなってきます。

僕はIT系ベンチャー企業に転職して、年収500万円稼げるようになりましたが、年収600万円以上は役員クラスしかおらず、平日24時頃まで残業しつつ土日も出勤していたので、あれは完全に社畜だな…と思い、僕はそれ以上出世する道は捨てました。

僕はそこから年収を増やすために、副業で自分の事業をつくり、会社外からの収入源を増やす方向にシフトチェンジしました。

副業にはいろいろな種類がありますが、いつでもどこでもやれる小資本の副業になると、WEB系のビジネスが最適です。

そのため、将来副業や起業を視野に入れるのであれば、IT系やWEB系のサービスを扱う会社に就職するのがおすすめです。

ホームページ制作、記事ライティング、WEBメディア運営、WEBマーケティングなどですね。

Fラン大卒の場合だと、【会社員で給料をもらいながら、WEB系の知識もインプットしつつ、それを自分の副業にも活かす】という働き方が最強です。

とはいえ、未経験からWEB系の会社に就職するのは難しいので、『営業職』などの知識やスキルが問われない職種を選ぶのがおすすめです。

なぜならWEB系の会社でも、営業職ならコミュニケーションスキルがあれば、採用してもらえる可能性が高いですからね。

『Fラン大卒だけど勝ち組になりたい!』という方は、ぜひこの機会に行動してみてくださいね。

ドフラ
僕は26歳の時に転職エージェントを利用して、Fラン大卒のフリーターから年収500万円の正社員に転職できました。