派遣 二度とやらない
派遣に登録しようか迷っている人『特にやりたい仕事もないから簡単で楽そうな派遣に登録しようかと思っている。でも派遣は底辺って聞くからちょっと迷っている…。派遣って実際はどうなの?』

このような方に向けて記事を書いています。

結論からいうと、あなたが20代30代なら、派遣は絶対にやめておいたほうがいいです。

その理由は派遣社員には、賞与がもらえない、職歴の評価が低い、いつクビにされるかわからない、人生が転落するリスクがある…からです。

あなたが何らかの理由で、派遣社員しか選べない状況なら仕方ありませんが、そうでないのなら、あえて正社員ではなく派遣を選ぶというのは、賢い選択とはいえません…。

気軽に派遣社員を選んでしまったせいで、そのあと日雇い労働者に転落していく人は、想像以上に多いのです。

ネットカフェで寝泊まりする日雇いの肉体労働者…という末路は嫌ですよね?

ドフラ
こんにちは。元倉庫作業員のドフラです。

この記事を書いている僕は、26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や人生に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計181名の方にインタビューをしてきたので、様々な業界で働く方のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、僕が実際に話を聴いた、元派遣社員の西崎佳之さん(25歳男性・仮名)の体験談をもとに『派遣社員になった後のヤバい実態』から『派遣はやめたほうがいい理由』までを解説します。

この記事を読めば、派遣社員になった後の実態を理解した上で、派遣に登録しないという道を選べると思います。

3分で読める内容なので、それでは見ていきましょう。

※『すぐに派遣から正社員に転職したい!』という方は、『派遣を辞めたい人へ【派遣社員から転職して人生を変える方法とは?】』の記事を読むほうが早いかもです。

僕が派遣を二度とやらないと決めた理由【25歳男性の体験談】

派遣 二度とやらない

まずは今回紹介する、元派遣社員の『西崎佳之さん(25歳男性・仮名)』の簡単な経歴を紹介しておきます。

西崎佳之さんはいわゆるFラン大学を卒業後、新卒で自動車ディーラーの営業職に就職しました。

しかしディーラーの仕事がとにかく長時間労働で、月に1日休めるかどうかという過酷な状況でした。

それでも初めての就職だったこともあり、自分なりに仕事を必死で頑張って、店舗で1番の販売台数を売れるまでに成長しました。

でも販売実績が1番になっても、店舗の先輩営業マンの方が給料が高く、これに納得できませんでした。

これだけ仕事を頑張っても、正当な評価をされないなら、もう仕事を辞めたいな~と思っていたときに、派遣会社の人と知り合い、『販売職の仕事はどうか?』とすすめられました。

西崎佳之さんは販売職の話を聴いて、『残業が少なくて休日もしっかりとれそうだ!』と思い、導かれるがまま、その派遣会社の派遣社員に登録しました。

しかし派遣会社に登録しても、販売章の仕事がない、給料が支払われない、でも毎日出勤させられる…という地獄のような日々が待っていたのです…。

ここからは、実際に西崎佳之さんが体験した『派遣社員のやばい実態』について詳しく解説していきます。

派遣はひどい扱いだった!給料なしで5ヶ月働かされた!

西崎佳之さんは『販売職になれる』という前提で、派遣に登録しましたが、実際には販売職の派遣先はありませんでした。

もともとは、『うちの派遣会社に登録すれば、百貨店やアパレルショップの販売職の仕事があるよ!』と言われていました。

しかし現実には景気情勢の影響で、どのお店も人員削減をしており、現実は大量の派遣社員が派遣切りにあっていたのです。

『いつまで仕事がないのですか?』と質問しても、『まだどうなるか読めないけど、そのうち派遣先が見つかると思うから』の一点張りで、結局派遣に登録してから5か月間は仕事がありませんでした。

しかも、この期間の給料はゼロ円なので、生活はめちゃくちゃ厳しい状況でした。

『販売職以外の仕事でも良いから紹介してほしい!』と伝えても、やはり派遣先はなく、ただただ貯金を切り崩す日々となってしまったのです。

西崎佳之さんはこの扱いに対して、『派遣は本当にひどい扱いを受けるのだと痛感しました。派遣社員をバカにしているとしか思えない態度でしたよ…』と言っています。

派遣社員は立場弱い!週休0日で出勤とかやばいでしょ!

派遣社員 立場弱い

派遣社員はやめておいた方が良い理由には、派遣社員は立場が弱いからきつい、というのがあります。

派遣社員は派遣先の企業からも雑に扱われますし、派遣元の派遣会社からも雑に扱われます。

それにも関わらず、派遣先から嫌われたら仕事を続けられなくなりますし、派遣会社から嫌われたら仕事を紹介してもらえなくなります…。

立場が弱すぎて、何も主張をできない…。辛くても耐えるしかないのが、派遣社員なのです…。

ちなみに西崎佳之さんの場合は、派遣先がなく無給だったにも関わらず、毎日オフィスに出勤することを強制させられていました。

オフィスで新規の派遣登録者に対して、派遣社員の仕組みの説明やマナー研修などを毎日やらされていたそうです。

もちろん毎日出勤しても、給料は0円だったそうです…。

普通なら『これはおかしい!』と思って、すぐに派遣を辞めるか転職すると思いますが、西崎佳之さんは週休0日という労働環境で、気力も体力も奪われていました。

冷静な状況なら正常な判断もできると思いますが、追い詰められた状況ではそれも難しいですよね…。

派遣社員は寮に入ったら終了!もう派遣から抜け出せない

西崎佳之さんは派遣社員として登録した後に、派遣会社が用意してくれた社員寮に住むことになりました。

最初は『家賃が浮いてラッキー!』と思っていましたが、社員寮に住んでいることで、派遣会社から良いように、こき使われていたのです。

社員寮から派遣会社までの距離は、徒歩数分で行ける場所にあったので、何かあると急に会社から呼び出されることが多々ありました。

そのためプライベートの時間はなく、出勤と休日の区別も全くないような状況でした。

自分の時間が全く取れず、仕事も与えられず、おまけに給料もない…という日々を過ごす中で、『俺の人生って何なんだろう…』と思う瞬間が増えていきました。

貯金も底が見え始めており、そのまま派遣社員を続けていたら、もう派遣から抜け出せない…というところまで来ていました。

その後、西崎佳之さんは『さすがに、このままだと生活できなくなる…』と思い、一度実家に戻ることを決心したのです。

派遣はやめとけ!何の職歴にもならない!転職で不利になる

派遣はやめとけ

ここまでの内容のとおり、20代30代が派遣社員を選ぶことには、デメリットが多すぎますよね?

派遣社員を続けている人は、遅かれ早かれ、派遣から正社員に転職したい時期がやってきます。

ただ、ここで問題なのが『派遣社員の経験は職歴にならない』という現実です。

企業の採用担当者の多くが、非正規雇用で働いている人たちに対して『責任のない立場で仕事をしてきた人』というイメージを持っています。

そのため派遣社員を何年続けても、正社員への転職でアピールできることは、ほぼないのです。

むしろ、『無責任な立場での仕事経験が長いから正社員は無理なんじゃ?』という、マイナスイメージが強くなるリスクの方が大きいですね。

ですから正社員か派遣社員かで迷っている方には、『正社員で就職すること』を強くおすすめします。

あえて、底辺に転落するリスクのある派遣社員を、選ぶ必要はありませんよね?

『簡単で楽そうだから』という軽い気持ちで派遣社員を選ぶと、取り返しのつかないことになるので、注意してくださいね。

『自分に合った仕事がわからない』という方は、転職エージェントのキャリアアドバイザーに無料相談してみるのがおすすめですよ。

ぜひこの機会にお試しあれ〜。

ドフラ
僕は26歳の時に転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円の正社員に転職できました。