28歳フリーター やばい
28歳でフリーターの人『28歳でフリーターから人生やり直せるかな?このままだとやばい気がする…。どうすればいいの?』

このような方に向けて記事を書いています。

就職活動に失敗してフリーターになったり、夢を叶えるためにフリーターになったり、28歳でフリーターを続けている方には様々な事情があると思います。

でも28歳になると、周りの友人のほとんどが社会人になり、急に『フリーターのままだとやばいかも…』という危機感が強くなりますよね。

しかし、いざ就職しようと思っても、何から手をつけたらいいのかわからず、結局フリーターから抜け出せない人も多いです。

では28歳のフリーターが人生やり直すためには、どうすればいいのか?

結論からいうと、28歳のフリーターが今すぐにやるべきことは、次の3つです。

  • フリーター向けの転職エージェントに無料登録する
  • 担当アドバイザーに無料で就職相談する
  • 自分に合う仕事を紹介してもらい応募してみる

上記のとおり。

世の中には、28歳フリーターの就職をサポートしてくれる『転職エージェント』があるので、とりあえずここに相談するのが1番早いです。

しかも全て無料で利用できるので、あなたのリスクはゼロ。これを利用しない手はないですよね。
28歳フリーターにおすすめの転職エージェント3社【すべて無料】

ドフラ
こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計985名の方にインタビューしてきたので、28歳フリーターのリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、20代後半でフリーターから就職した僕が、『28歳フリーターがやばい9つの理由』から『28歳のフリーターが就職して人生やり直す方法』までを解説していきます。

この記事を読めば、フリーターの未来に不安を抱えている方でも、人生を変えるための一歩が踏み出せるようになります。

3分ぐらいで読める内容なので、さっそく見ていきましょう〜。

『今すぐにフリーターから正社員に就職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

28歳フリーターがやばい理由【人生終わった?手遅れ?失敗談あり】

28歳フリーター やばい
28歳までフリーターを続けてきた人『28歳までフリーターを続けてきたけど、あと2年で30歳だから将来が不安になってきた…。やっぱり28歳でフリーターはやばいの?』

このような疑問もありますよね。

記事を書いている僕自身も、26歳までフリーターを続けていたので、あなたの気持ちは痛いほどよくわかります。

結論をいうと、28歳のフリーターがやばい理由は、以下のとおりです。

  • 経済的な不安定さ
  • 雇用が安定しない
  • 社会的地位の低さ
  • 社会的ネットワークの制約
  • 社会保障の不安
  • 職業的な発展の制約
  • 自己成長のチャンスを失う
  • 将来の不確実性

ただし、28歳以降もフリーターを続けるかどうかは、本人の価値観の問題なので、28歳のフリーターが良いとか悪いとかの話ではありません。

でも、この記事を読んでいるあなたは、フリーターの未来に不安を抱えているはずです。

ここからは、あなたが28歳でフリーターを辞めるべきかを判断できるように、『28歳のフリーターがやばい9つの理由』を一つずつ解説していきますね。

28歳フリーターがやばい理由①:経済的な不安定さ

28歳フリーター やばい

28歳フリーターがやばい理由の1つ目は、『経済的な不安定さ』です。

フリーターは、安定した収入源を持っていないため、経済的な不安定さに直面します。

フリーターはアルバイトや臨時の仕事など、一時的な雇用形態が主な選択肢となるため、収入が毎月一定でないことが多いです。

そのため、生活費の管理や将来の計画を立てることが難しくなります。

また、フリーターは突然の収入減や仕事のない期間が生じる可能性も高く、予期せぬ経済的な困難に直面するリスクがあります。

このようにフリーターは経済的に自立できないため、家族や実家に依存しないと生活できない人がほとんどです。

ちなみに、DODAが公開する『20代男性・女性の平均年収』によると、28歳の平均年収は383万円(26歳男性:409万円、26歳女性:353万円)となっています。

記事を書いている僕のフリーター時代の年収は190万円なので、28歳の平均年収の半分以下となっており、まさに底辺労働者ですね…。

28歳フリーターがやばい理由②:雇用が安定しない

28歳フリーター やばい

28歳フリーターがやばい理由の2つ目は、『雇用が安定しない』です。

フリーターは、一時的な契約や臨時の仕事が中心となるため、雇用の不安定さに直面します。

フリーターは正社員と比べて、長期的な雇用保証が少なく、仕事を失うリスクも高いです。

また、労働条件や待遇が不安定である場合もある。

仕事の提供先が急になくなったり、契約更新がされなかったりすることで、フリーターは収入や雇用の継続が危ぶまれることがあります。

28歳フリーターがやばい理由③:社会的地位の低さ

28歳フリーター やばい

28歳フリーターがやばい理由の3つ目は、『社会的地位の低さ』です。

フリーターは正規雇用である正社員に比べて、社会的地位が低くなる傾向があります。

フリーターは一時的な仕事や非正規の雇用形態が主体となるため、職業的な安定性や社会的な評価が低くなる可能性が高いです。

フリーターの経済的な立場や非正規で働いている状況から、他の人々から『あの人はまともに仕事をしていない』と見られることもあり、劣等感が強くなることもあります。

一般的に『28歳』という年齢は、就職して6〜10年経っており、仕事のスキルや経済力がそこそこ身についている状態なので、これとフリーターの自分を比べてしまい、自己評価や自尊心に悪影響を及ぼすこともある。

フリーターは20代後半になると、家族や友人から『早く就職しろ!』と言われることも増えてくるので、どんどん肩身が狭くなりますね…。

28歳フリーターがやばい理由④:社会的ネットワークの制約

28歳フリーター やばい

28歳フリーターがやばい理由の4つ目は、『社会的ネットワークの制約』です。

フリーターは、一時的な仕事や非正規の雇用形態が中心となるため、社会的なネットワークの構築が難しくなる場合があります。

正規雇用ではないフリーターは、仕事の提供元や同僚との関係が短期的なものであるため、長期的な人間関係や信頼関係の構築が困難です。

人脈やコネクションの不足は、将来の仕事や機会に悪影響を及ぼす可能性があります。

また、フリーターのまま28歳になると、バイト先に高校生や大学生などの若い世代しかいなくなり、そのうち居場所がなくなることも…。

※フリーターの石垣真司さん(28歳男性・仮名)が、『28歳までフリーターを続けてしまった失敗談』は以下の記事をどうぞ。

28歳フリーターがやばい理由⑤:社会保障の不安

28歳フリーター やばい

28歳フリーターがやばい理由の5つ目は、『社会保障の不安』です。

フリーターは、正規の雇用契約を結んでいないため、社会保障制度の恩恵を受けにくいです。

健康保険や年金制度などの社会保障制度は、正規雇用者に提供されるものであり、フリーターには限られた範囲でしか適用されません。

そのため、病気や怪我に対する保険の補償や、老後の生活に必要な年金の支給が十分に受けられない可能性もあり、将来的なリスクに備えることが難しいです。

僕がフリーター時代に特にきついと思ったのは、国民年金や国民健康保険、住民税などの支払いですね。

月給15〜16万円しかないのに、毎月5万円ほどのお金が強制的にもっていかれるので、いつも生活はカツカツでした…。

28歳フリーターがやばい理由⑥:職業的な発展の制約

28歳フリーター やばい

28歳フリーターがやばい理由の6つ目は、『職業的な発展の制約』です。

フリーターは、長期的な雇用契約を持たないため、職業的な発展やステップアップの機会が限られます。

フリーターは昇進や昇給のチャンスが少ないため、キャリアの向上が難しくなる可能性も高いです。

また、企業内での経験やネットワークを通じた成長の機会が制限されることもある。

フリーターは長期的なキャリアの構築が難しく、専門的な知識・経験・スキルの積み重ねができないため、将来的な職業の選択肢が制限されます。

ちなみに、僕は20代後半まで倉庫作業のアルバイトをやっていましたが、そこで得たものは『荷物を集めて指定の場所まで運ぶ』という価値ゼロの経験だけです…。

28歳フリーターがやばい理由⑦:自己成長のチャンスを失う

28歳フリーター やばい

28歳フリーターがやばい理由の7つ目は、『自己成長のチャンスを失う』です。

フリーターは、一時的な仕事が中心となるため、専門的なスキルや知識を磨く機会が限られます。

フリーターは長期的な雇用や専門職での経験を積むことが難しく、キャリアの発展や就職の競争力が低下する可能性もあります。

ほとんどのフリーターが『誰でもできる単純作業』をやっているため、仕事で活かせるスキルや能力の向上は難しいです。

正社員なら会社が費用負担してくれるため、無料でスキルアップ研修や資格取得ができますが、フリーターはすべて自腹なので金銭的にも厳しい…。

このように、フリーターはスキルが停滞してしまうことで、将来的なキャリアの選択肢が狭くなり、自己成長のチャンスを失うのです。

※元フリーターの岸谷祐也さん(28歳男性・仮名)が、『28歳でフリーターから正社員に就職できた体験談』は以下の記事をどうぞ。

28歳フリーターがやばい理由⑧:正社員に就職するのが難しい

28歳フリーター やばい

28歳フリーターがやばい理由の8つ目は、『正社員に就職するのが難しい』です。

28歳でフリーターから正社員への就職を目指す場合、転職市場に出て行って就職活動をすることになりますが、そこでは正社員経験のある人やハイキャリア人材も多く転職活動しています。

そのため、28歳のフリーターは、求人市場での競争において不利な立場になり、希望する職種や条件を得ることが難しくなることもある。

また、企業の採用担当者の中には『フリーター歴が長い人=責任のある立場から逃げてきた人』という印象をもつ人もいるため、28歳のフリーターは就職活動で苦戦することも多いです。

企業の面接では『なぜ今までフリーターを続けていたのですか?』と必ず質問されるので、特に理由もなく28歳までフリーターを続けている人は、就職活動の時にかなり苦労します。

ちなみに、僕は就職に対する考えが甘すぎて、企業の面接官から『ところで、君は今日何しに来たの?』と説教されて、その場で不採用にされたこともあります…。

28歳フリーターがやばい理由⑨:将来の不確実性

28歳フリーター やばい

28歳フリーターがやばい理由の9つ目は、『将来の不確実性』です。

フリーターは、将来の見通しが不確かであるため、安定した生活や将来の計画を立てることが難しいです。

キャリアの安定性や経済的な安定を求めるには、『正社員としてキャリアを構築すること』が必要になります。

フリーターは、経済的な不安定さやキャリアの停滞、正社員への就職の難しさなどから、不確実な将来に対しての不安や心配が増えることで、精神的な負担を抱える可能性もある…。

僕もフリーター時代は『低収入・学歴なし・スキルなし・経験なし・資格なし』という状態だったので、将来に不安しかありませんでした。

でも、26歳の時に転職エージェントを利用して、フリーターからIT企業の正社員に就職することができ、その2年後に年収500万円になり人生が変わりました。

28歳なら、ギリギリ間に合います。

30歳に近づくほど、人生のやり直しが難しくなるので、ぜひ手遅れになる前に行動しておいてくださいね。

こんなにダメダメだった僕でも人生変えれたわけですから、この記事を読むほど意識の高いあなたなら、必ず人生変えれると思いますよ。

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円の正社員に転職できましたよ。

28歳のフリーターが就職で失敗しない方法を伝えます!

28歳フリーター 就職

では28歳でフリーターの方が、就職で失敗しないためには、具体的にどうすればいいのか?

結論をいうと、『28歳フリーターに特化した転職エージェント』に無料登録すればOKです。

28歳フリーターの就活の流れは、次のとおりです。

  • フリーター向けの転職エージェントに無料登録する
  • 担当アドバイザーに無料で就職相談する
  • 自分に合う仕事を紹介してもらい応募してみる

転職エージェントに登録すれば、あとは担当アドバイザーが就職までサポートしてくれるので、めちゃくちゃ楽です。

でも就活を自分ひとりでやろうとすると、企業選びから面接対策まで全部自分でやらないといけないので、かなり大変です。

ちなみに、記事を書いている僕は、フリーターのときに自分ひとりで就活して、30社応募しても内定ゼロという失敗をしています…。

僕のような失敗をしたくなければ、最初からプロに頼るのがおすすめですね。

28歳フリーターに特化した転職エージェントには、フリーターからの就職事例がたくさんあるので、とりあえず登録してみて、『自分にはどんな仕事が選べるのか?』を聴いてみるのはいかがですか?

行動しないと、人生は何も変わりません。むしろフリーター期間が長いほど、損することが増えていきます。

『今すぐフリーターを辞めろ』とは言いませんが、徐々に行動して変えていかないとですね。

ドフラ
フリーターから就職で失敗したくない方は、以下の記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。

28歳フリーターはやばい?【28歳フリーター3名の就職体験談を紹介】

ここからは、実際に僕が28歳のフリーターの方にインタビューした、『28歳でフリーターはやばいと思った体験談』を紹介していきいます。

28歳大卒フリーターの就職体験談:手遅れになる前に人生やり直せた!

28歳フリーター 就職

元フリーターの酒井隆二さん(28歳男性・仮名)は、大学を卒業してから『アルバイトでお金を貯める→海外に旅行する→またアルバイトでお金を貯める』というフリーターになりました。

その後、カナダ、イギリス、フィリピン、オーストラリアなどへの海外旅行を経験し、26歳の時にリゾートバイトを始めます。

リゾートバイトは数ヶ月で辞める予定でしたが、居心地が良かったのと、バイト先から「もっと働いてほしい!」とお願いされたこともあり、そのまま2年ほどリゾートバイトを続けていました。

リゾートバイトの職場には、短期のアルバイト、フリーター、派遣社員、正社員など、いろいろな人がいて楽しかったのですが、ある日の出来事をきっかけに、酒井隆二さんは本気で正社員への就職を考えることになります。

それは、リゾートバイトの中にいた、30代後半の派遣の人が、23歳の正社員の人にひどく怒られている場面を見たことです。

「このままフリーターを続けていたら、自分の未来もあの人と同じになるかもしれない…」と思うと、どうしても嫌でした。

それからすぐに地元に戻って、「絶対に28歳のうちに就職する!」という強い気持ちで、就職活動をスタートさせました。

その後、転職エージェントに登録して、キャリアアドバイザーに就職活動をサポートしてもらい、就職活動を始めてから約2ヶ月後に注文住宅の営業職から内定をもらうことができました。

酒井隆二さんは、28歳までのフリーター生活を振り返り、以下のようにコメントしています。

アルバイトをしながら海外旅行をする生活は楽しかったですし、リゾートバイトも自由で気楽でしたが、自分が30代後半になったときに23歳に怒られている未来はどうしても納得できませんでした。あのときに就職活動を先延ばしにしなくて本当に良かったです。いまは仕事の中で成長も実感できていますし、職場の雰囲気もすごく良いので働きやすいです!

上記のとおり、フリーターを続けた自分の未来はバイト先の先輩なので、ここに納得できなくて正社員に就職する人は多いですね。

28歳高卒フリーターの就職体験談:正社員経験なしから就職に成功!

28歳フリーター 就職

元フリーターの安永真美さん(28歳女性・仮名)は、高校を卒業してから28歳までの10年間、ずっとフリーターを続けていました。

安永真美さんは、カラオケ店と飲食店のアルバイトを掛け持ちしてしたため、特に収入にも困ることはなく、28歳までは「今が楽しければいい!」と思って生活していました。

しかし、社会情勢の影響で、店舗が時短営業を始めるようになり、カラオケ店のアルバイトのシフトが減らされ、その分の収入も減ってしまいました。

そして、めちゃくちゃ痛かったのが、飲食店のアルバイトは深夜メインのシフトだったため、シフトを全てカットされてしまったことです…。

その結果、安永真美さんは仕方なく、飲食店のアルバイトを辞めることになり、収入はかなり少なくなってしまいました。

安永真美さんはこのときに、正社員は働く時間が短くなってもある程度の給料が保証されていることや、正社員は時短営業でも優先的にシフトに入れる現実を目の当たりにして、改めて正社員の魅力に気付かされたそうです。

最初は貯金を切り崩しながら生活していたものの、時間が経つにつれて金銭的に厳しくなり、もう一度アルバイトを掛け持ちするか、正社員に就職するかを本気で悩んだ結果、『将来のためにも正社員になったほうがいい』と判断しました。

しかしその後、自分なりに就職活動を始めてみたものの、28歳まで正社員の経験がなかったため、就活のやり方が全然わかりませんでした。

スマホで求人を調べてみても、どれがいいのかもわからないので、スマホを見て終わり…という状態が続いていました。

また、安永真美さんは『高卒でアルバイト経験しかない』という自分の経歴にも全く自信がなかったため、書類を応募しても通過するとも思えず、「こうなると現状維持しかないのかな…」とも考えていたそうです。

そんなときに、たまたまインターネットで『転職エージェント』というものがあることを知り、「これがいいな!」と思ってすぐに登録しました。

転職エージェントに登録した後は、担当のアドバイザーがすごく親切に対応してくれて、社会人マナーや面接対策などもしっかりやってもらいました。

また、就職活動での疑問や不安な点もLINEで相談することができ、勇気をもらえる前向きなメッセージを何度も送ってもらったおかげで、企業の面接も自信を持って臨むことができました。

その結果、安永真美さんは転職エージェントに登録してから約1ヶ月後に、商社の営業職に就職することができました。

現在の安永真美さんは、環境やエネルギー関連の商材を扱う営業職として活躍しており、社内でのキャリアアップを目指しています。

安永真美さんは、28歳までのフリーター生活を振り返り、以下のようにコメントしています。

社会情勢の影響で強制的にシフトを減らされて、収入が減ったりバイトを辞めたりしたときに改めて正社員は保証があっていいな…と感じました。自分の経歴に全く自信がなくて不安でしたが、キャリアアドバイザーの方のおかげで無事に就職できたので本当に感謝しています。いまの職場は若手や新人でも意見を聞いてもらえる環境なので、とても働きやすいです!

上記のとおり、社会情勢の影響で収入が減ってしまったことがきっかけで、フリーターから正社員への就職を決意する人も多いですね。

28歳高卒フリーターの就職体験談:職歴なしから正社員に就職成功!

28歳フリーター 就職

元フリーターの安藤浩太さん(28歳男性・仮名)は、高校を卒業後、俳優になるために、イベント運営のアルバイトをしながら、劇団で活動を続けていました。

高校を卒業してから10年間、フリーターを続けながら俳優を目指しましたが、なかなか俳優として芽は出ず、気づけば年齢が28歳になっていました。

安藤浩太さんは28歳のタイミングで、「夢を諦めるのは辛いけど、そろそろ現実も見ないと…」と思い、真剣に就職と向き合うことになります。

しかし、安藤浩太さんは28歳まで正社員の経験がなかったため、就活のやり方がわからず、自分なりに就職活動を始めたものの、なかなか前に進みませんでした。

その後、安藤浩太さんは「自分ひとりで就職を成功させるのは無理だ…」と思い、インターネットで見つけた『転職エージェント』を利用することにしました。

転職エージェントに登録したあとは、担当アドバイザーから履歴書や職務経歴書の書き方を教えてもらったり、自己PRや面接の練習をしてもらったりして、就職活動は順調に進んでいきました。

その結果、安藤浩太さんは、最終的に28歳で職歴なしのフリーターから施工管理の正社員に就職することができました。

安藤浩太さんは、28歳までのフリーター生活を振り返り、以下のようにコメントしています。

夢に見切りをつけるのは寂しかったですが、年齢的にも現実を見ないといけないタイミングだと思いました。はじめての就職でしたが、入社後に約1ヶ月の研修があって建設業界や仕事内容をしっかり学べたので本当に助かりました。覚えることが多くて大変な部分もありますが、やりがいのある仕事なので頑張っていきたいです!

上記のとおり、20代のうちに夢に見切りをつけて、フリーターから就職を決意する人は多いですね。

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円の正社員に転職できましたよ。

28歳をフリーターで終わらすな!今すぐに行動しないとやばいです

28歳フリーター やばい

『いつかフリーターを抜け出したい…』と思いつつ、なかなか行動できない人もいますよね?

でも、もしあなたが28歳なら、今すぐにフリーターを辞めるべきです。

なぜならフリーターから正社員に就職するときに、『年齢が高いほど不利になるから』です。

未経験の人材を採用する企業側は、『入社後の教育のしやすさ』や『活躍できる期間の長さ』を評価します。

そのため、28歳の人材と29歳の人材を比較したときに、両者の指導のしやすさや将来性を考えて、年齢の若い28歳の人材が採用されやすいです。

ですから、人生を振り返って後悔したくない方は、今すぐに行動しておいてくださいね。

あとは、あなた次第です。

今から行動して、あなたの理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
『本気で人生やり直したい!』という方は、今すぐ転職エージェントに登録してくださいね。