食品工場 正社員 きつい

「食品工場の正社員がきつい…」
「食品工場の仕事が底辺すぎる…」
「食品工場をもう辞めたい…」

このような方に向けて記事を書いています。

食品工場の正社員は楽なので、ほとんどストレスなく働ける点がメリットです。

しかし20代後半になると、年収が低いことやスキルアップできないことが原因で、「食品工場の正社員のままではきつい…」と感じるようになります。

結論から言うと、食品工場の正社員がきついと思ったら、すぐに転職活動を始めるべきです。

なぜなら、食品工場の正社員を何年続けても、転職活動でアピールできることがほとんどないので、年齢が若いうちに行動しておかないと、手遅れになるリスクがあるからです。

ドフラ
こんにちは。26歳まで倉庫作業員だった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計985名の方にインタビューしてきたので、食品工場の正社員のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、僕が実際に話を聞いた、元食品工場社員の窪田紀明さん(29歳男性・仮名)の体験談をもとに「食品工場の正社員がきつい理由」から「食品工場の正社員から転職で失敗しない方法」までを解説しています。

この記事を読めば、食品工場の正社員がきつい理由を理解した上で、今すぐに食品工場を辞めるべきかを判断できるようになります。

3分で読める内容なので、それではいきましょう〜。

『今すぐに食品工場から転職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

食品工場の正社員がきつい理由【食品工場で10年働いた体験談】

食品工場 正社員 きつい

食品工場の正社員がきつい理由は、「とにかく給料が安いから」です。

ここからは、食品工場の正社員を10年目で辞めた『窪田紀明さん(29歳男性・仮名)』の体験談を紹介していきます。

窪田紀明さんは高校を卒業後、高校の紹介で食品工場の正社員に就職して、そのまま同じ食品工場で10年間働き続けました。

しかし、入社10年目のタイミングで、食品工場の正社員を辞めることになります。

なぜ、せっかく10年も働いたのに退職したのか?

退職理由は「入社10年目でも年収296万円しか稼げなかったから」です。

窪田紀明さんは、社内で上から数えた方が早いほど、社歴が長かったにも関わらず、年収300万円未満だったのです。

DODAが公開する「年齢別の平均年収」をみると、29歳男性の平均年収は「432万円」なので、それと比較すると、食品工場の正社員はかなり年収が低いですね。

窪田紀明さんは、ただでさえ低い年収に、会社の業績不振が重なったこともあり、食品工場の正社員を辞める決断をしました。

窪田紀明さんは29歳だったので、年齢的にも未経験から転職できるラストチャンスだと思って、本気で転職活動に取り組んでいました。

その後、転職活動を約1か月半続けた結果、食品工場の揚げ物担当からIT業界の営業職に、転職することができました。

食品工場の正社員は業績不信による給料カットがきつい【29歳男性の実話】

食品工場 正社員 きつい

窪田紀明さんの食品工場10年目の年収は「296万円」でした。

たしかに入社10年目で年収296万円はきついですが、社員寮があって生活コストを抑えられていたので、それでも何とかやっていけていました。

しかしある時、景気の影響で会社の業績が急に悪くなり、給料が大幅にカットされてしまったのです。

これによって、窪田紀明さんの給料は、約半分になってしまいました。

減給後は月給10万円弱だったので、さすがに生活できなくなり、食品工場で働きながら、副業で倉庫作業の深夜バイトもやっていました。

このダブルワークを6ヶ月ほど続けた結果、体力的に限界になり、窪田紀明さんは食品工場の正社員を辞めたのです。

食品工場の正社員はスキルが身につかないからきつい【10年働いた現実】

食品工場 正社員 きつい

食品工場の正社員がきつい理由は、何年働いてもスキルが身に付かないから、です。

食品工場の正社員の業務内容は、「1日中ひたすら料理をつくること」です。

1日中揚げ物を揚げたり、1日中弁当の盛り付けをしたり、1日中ご飯を炊いたり、1日中野菜を切ったり、1日中肉や魚を焼いたり…など。

とにかく、1日中ずっと同じ仕事をしています。

窪田紀明さんの業務は、1日中揚げ物を揚げることだったのですが、これを10年続けていたそうです。

「冷凍の唐揚げや白身フライをひたすら揚げ続ける」を10年続けていたのです。

ぶっちゃけこの話を聴いたときに、転職活動でアピールできるスキルはなさそうだな…と思ってしまいました。

実際に転職活動が始まってみると、ネクタイの締め方がわからない、履歴書の書き方がわからない、面接での受け答えの仕方が分からない、などの課題が山積みでした。

せっかく10年同じ会社で頑張ってきたのに、何もスキルが身に付いていないのは結構辛いですよね…。

窪田紀明さんが転職活動の中で、「こんなことならもっと早く転職しておけば良かった…」と言っていたのが印象的です。

食品工場の正社員はきついから20代で9割が辞めていく…【体験談あり】

食品工場 正社員 きつい

食品工場の正社員の9割は、20代のうちに辞めていきます。

辞める理由は「給料の安い」「スキルアップできない」「将来が不安」などです。

誤解しないでほしいのですが、僕は別に「食品工場の正社員になるな!」と言っているわけではありません。

食品工場の正社員には、「仕事が楽」「仕事で頭を使わなくてもいい」などのメリットがあります。

要するに、食品工場で働くメリットとデメリットを比較して、メリットの方が大きければ、食品工場の正社員になればいいのです。

「給料は安くていい、スキルアップに興味ない、将来のことはどうでもいい。その代わり、とにかく楽な仕事がしたい。」

このような方は、迷わず食品工場の正社員として働きましょう。

しかし食品工場の正社員を続ける、自分の未来に納得できななら、今すぐに転職活動を始めましょう。

ちなみに、窪田紀明さんは29歳のときに転職エージェントを利用して、『食品工場の揚げ物担当→IT系企業の営業職』への転職を成功させています。

本人の意識と行動だけで、意外と人生はどうにでもできますね。

ドフラ
ちなみに、窪田紀明さんが利用した転職エージェントは、以下の記事で紹介する『第二新卒エージェントneo』です。

食品工場の正社員から転職で失敗しない方法を伝えます!

食品工場 正社員 きつい

では、食品工場の正社員から転職で失敗したくない方は、どうすればいいのか?

結論をいうと、「転職エージェントを利用する」の一択です。

失礼ながら、食品工場で働いている方の多くは、まともに就職活動をした経験がないと思います。

実際に高卒で食品工場に就職した人に話を聞いてみると、だいたい学校の紹介や先輩の紹介で入社しています。

しかし、転職活動を進めるにあたっては、次のような作業が必要になります。

  • 自己分析をする
  • 業界や職種を調べる
  • 応募する企業を選ぶ
  • 履歴書や職務経歴書を作る
  • 書類を応募する
  • 企業と面接日時の調整をする
  • 面接対策をする
  • 企業と面接をする
  • 内定が出た企業に内定承諾をする
  • 入社前の準備をする

上記のとおり、転職活動はめちゃくちゃやることが多いです。

ぶっちゃけ食品工場で働いた経験しかない人が、自分ひとりで全部やろうとするのは無理があります…。

実際に窪田紀明さんも、転職エージェント経由でIT企業の営業職への転職を成功させています。

転職活動を終えた窪田紀明さんは「もし転職エージェントを利用していなかったら、自分は転職できなかったと思う…」と言っていました。

そのため、食品工場の正社員から転職で失敗したくない方は、最初から転職エージェントを利用するのが安全です。

しかも無料で全て利用できるので、あなたのリスクはゼロ。これを利用しない手はないですよね。

ドフラ
食品工場から転職で失敗したくない方は、以下の記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめです。

食品工場の正社員がきつい理由【まとめ】

この記事のまとめです。

  • 食品工場の正社員は給料が安いからきつい
  • 食品工場が業績不振になると正社員はきつい
  • 食品工場はスキルが身につかないからきつい
  • 食品工場の正社員は20代で9割も辞めるほどきつい
  • 食品工場の正社員を辞めるなら20代のうちに
  • 行動しないときつい人生はずっと続く
  • とりあえず転職エージェントに登録すべき

なんとなく食品工場に就職したものの、食品工場のきつい労働環境に限界を感じている方は多いです。

でも環境を変えるのは勇気がいるので、今のままではマズイと思いながらも、なかなか行動できない気持ちもわかります。

しかしそのまま放置していると、未経験からチャレンジできる正社員の転職先がどんどん少なくなります。

食品工場から転職して新しい未来を手に入れるか、そのまま食品工場のきつい仕事に耐え続けるか…。

人によって価値観はちがうので、どちらを選んでもOKです。

あとは、あなた次第。

今から行動して、あなたの理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
食品工場から転職で失敗したくない方は、以下の記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめです。