アパレルから転職 30代
アパレルから転職したい人『ファッションや接客が好きでアパレル業界で働き続けてきたけど、休みや給料のことを考えるとさすがに限界になってきた…。30代だけどアパレルから転職できるの?』

このような方に向けて、記事を書いています。

アパレル業界の離職率は高く、ほとんどの方が20代半ばで異業種へ転職していきます。

そんな中、30代までアパレル一筋で頑張ってきたあなたの継続力はすごいです。

でもこの記事を読んでいるということは、そのままアパレルの仕事を続けていくことに限界を感じているのですよね?

結論からいうと、アパレルから異業種に転職する判断は正しいです。

どうしてもアパレル業界は低賃金で不規則になりがちなので、30代になって家族を持ったり家を買ったりすると、金銭的に無理になります。

ですから、人生プランを考えたときに『アパレルから異業種に転職しないとダメだ!』という判断は正常です。

しかし、一般的には『30代の転職は難しい』といわれています。

しかも30代で未経験からの転職ですから、これは相当難しそうですよね。

ドフラ
こんにちは。元アパレル社員のドフラです。

記事を書いている僕は25歳でアパレル企業を退職→26歳まで年収190万円のフリーターでした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計985名の方にインタビューしてきたので、アパレルから転職する30代のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、30代でアパレルからIT企業に転職した、元アパレル店長の永井亮太さん(32歳男性・仮名)の体験談をもとに『アパレルから転職を30代が成功させる方法』を解説していきます。

3分で読める内容なので、それではいきましょう〜。

すぐに「30代のアパレル店長におすすめの転職エージェント」が知りたい方は、こちらの「アパレルから転職するならプロの転職エージェントがおすすめ」から先に目を通してくださいね!

30代でアパレルから転職する方法【店長経験があればやり直せる!】

アパレルから転職 30代

ファッションが好きでアパレル業界で頑張ってきた結果、気づいたら30代になっていた…という方もいると思います。

30代までアパレルで働いていた方の中には、店長や副店長などの役職を与えられている方も多いですよね。

しかし店長や副店長をずっと続けていると、あることに気づきます。

『仕事は増えるけど給料が全然増えない…』です。

アパレル店員の出世ルートは『店員→チーフ→副店長→店長→エリアマネージャー』という形で進んでいきます。

最初は昇格を目指して頑張るのですが、上のポジションに行けば行くほど席が空いていません。

そのため『店長や副店長で何年も留まっている人』は多いです。

エリアマネージャーに昇格できなければ、当然昇給もないので給料が数年変わらないのは普通…。

役職や給料が上がらなくても人間は歳をとっていくので、30代になれば結婚や住宅購入などのライフイベントが訪れます。

30代でアパレルから転職する人の転職理由は、『この給料じゃ家族を養えない』や『住宅ローンを払うと生活ができない』が多いです。

ちなみに、32歳までアパレル店長だった永井亮太さんも『結婚して子どもが2人できたこと』と『住宅ローンで戸建てを購入したこと』がきっかけで、転職を決意しました。

【関連記事】
ショップ店員は年取ったらどうなる?アパレル歴5年の僕が解説します

アパレルからの転職は30代だと正直きつい…

アパレルから転職 30代

30代でアパレルから異業種への転職を決意した人たちが、最初に直面する問題は『30代から異業種に転職するのがきつい…』という現実です。

世間的には未経験採用をする場合、20代を採用することがほとんど。

その理由は、企業側が『20代は思考が柔軟で体力もあり入社後に育てやすい』というイメージを持っているからです。

30代の人材は社会人経験が10年近くになるので、自分の中での仕事の取り組み方や固定概念が邪魔をして、入社後にうまく活躍できないことも多いです。

未経験から異業種にチャレンジする場合は『前の仕事ではこうやっていた』を捨てなければいけません。

しかし歳をとると頑固になり、なかなか柔軟に行動できない…。

このような理由から『30代でアパレルから異業種に転職するのは正直きつい』といわれています。

参考⇒アパレルからの転職におすすめの仕事 ※年収アップしたい方向け

アパレルから転職できる30代の共通点は?【30代が転職でアピールしていること】

アパレルから転職 30代

『30代でアパレルから転職するのはきつい』事実があっても、そのままアパレルで働き続けるのも厳しいですよね…。

では、30代でアパレルから転職したい人はどうすればいいのか?

30代でアパレルから転職したいなら、アパレル時代の経験や実績を数値でアピールできるようにしておきましょう。

あとは面接時に『アパレルで培ったコミュニケーション能力』を存分に発揮してください。

基本的に30代の中途社員には、即戦力が求められます。

ですから30代以降の転職の場合は、『広告業界の営業職からIT業界の営業職』や『小売業の人事担当から自動車販売業の人事担当』など、同じ職種を異動するパターンが多いのです。

そんな中で30代でアパレルから異業種に転職しようとしている方には、そのまま横展開できる経験や実績がありませんよね。

では何をアピールすればいいのか?

それは『仕事に対する取組み方』『目標達成に対する姿勢』です。

30代でアパレルから転職を成功させた、永井亮太さん(32歳男性・仮名)が面接でアピールした内容は次のとおりです。

『店舗の売上目標500万円を達成できるように毎日店舗スタッフで振り返りを行い、お客様への声掛けや提案する商品についての改善をしていました。月間目標は週目標、日目標に落とし込んでスタッフ間で共有し、自分が先頭に立って売上を伸ばしていました。毎月スタッフごとの面談を行い、各スタッフのモチベーション管理もおこなっていました。』

上記のように『目標に対して工夫しながら行動していた』と仕事に対する姿勢をアピールできれば、採用担当者に『転職後も同じように頑張ってくれそうだ』という印象を持ってもらえます。

さらに面接の場で、アパレル時代に培ったコミュニケーション能力を活かして面接官の質問に回答したり、相手を不快にさせない会話を実践したりすることで、採用される確率もグッと高まります。

参考⇒アパレルからの転職成功例を紹介!実例8選

アパレルから転職したい30代は『34歳まで』に行動するべき!

アパレルから転職 30代

30代でアパレルから転職しようと思うなら、遅くても『34歳まで』に行動しておいたほうがいいです。

『30代でアパレルから転職するのが難しい』事実はあるのですが、これが35歳以上になると、もう無理ゲーになってきます。

その理由は、未経験採用をする企業の多くが『34歳以下』の社員しか採用しない方針を持っているからです。

求人募集をする企業は、基本的に年齢制限を公開することはできないので、求人票には上限の年齢が掲載されていません。

しかし実際は、未経験の30代だと年齢で落選することも多い…。

30代でアパレルから転職するときに『店長経験』があると評価が高くなり、転職がうまく進む場合もあります。

でも年齢が35歳以上になると、一気に書類選考が通らなくなるので注意してくださいね。

35歳以上だと社内で役職が付いている場合も多いので、20代の先輩社員がやりづらいというのもあります。

ですから、30代でアパレルから転職しようと考えている方は、今すぐに行動しておくのが安全ですよ。

※簡単に向いてる仕事がわかる無料適職診断テストを「アパレルから転職する自分に向いてる仕事を調べよう」で紹介していますので、ぜひ試してみてください。

アパレルから転職を30代で失敗しない方法を伝えます

アパレルから転職 30代

アパレルから転職を30代で成功したい方は、絶対に自分ひとりで転職活動しないでください。

それはなぜか?

転職経験の少ない方が、自分ひとりで転職しようとすると、失敗するリスクが高いからです。

ドフラ
これは僕の失敗談です。

僕は初めて転職するときに、最初は自分ひとりで転職活動をしていたのですが、半年経っても、1社も内定がもらえませんでした…。

僕が転職活動に失敗した理由は、次のとおり。

  • ハイクラス求人に応募していた
  • 履歴書や職務経歴書の内容がスカスカだった
  • 企業ごとの面接対策ができていなかった

上記のとおり、僕は転職活動をかなり甘く考えていました。

僕は運よく、友人に転職エージェントを紹介してもらい、担当アドバイザーのサポートのおかげで、無事にフリーターからIT業界の正社員に転職できました。

もちろんアパレルで働く方が、フリーターだった僕と同レベルだとは思いませんが、失敗するリスクは低い方がいいですよね。

転職エージェントはすべて無料で利用できるので、あなたのリスクはゼロです。

とりあえず登録しておいて、損はしないと思いますよ。

ドフラ
アパレルからの転職で失敗したくない方は、下記で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。

アパレルから転職を30代で成功させる方法【まとめ】

この記事のまとめです。

  • 30代でもアパレルから転職することは可能
  • 応募書類はアパレル時代の実績や経験を数字で記載する
  • 面接ではアパレルで培ったコミュニケーション能力を武器にする
  • 仕事に対する取組み方や目標達成に対する姿勢をアピールする
  • 34歳までにアパレルから転職しておくのがおすすめ
  • 行動しないときつい人生はずっと続く
  • とりあえず転職エージェントに登録すべき

「お洒落やファッションが好きだから」という理由で、アパレルの仕事を選ぶ人が多いですが、収入面やキャリアを考えると、アパレルの仕事のままではいずれ限界がきます。

世の中には『稼ぎやすい業界』と『稼ぎにくい業界』があるため、働く場所を間違えると、低収入から一生抜け出せないリスクが高いです。

アパレルで身につけたコミュニケーション能力を活かせる、営業のような仕事は、高収入でキャリアアップも期待できるので、将来のことを考えるとおすすめです。

実際に、32歳でアパレル店長を辞めた永井亮太さん(32歳男性・仮名)は、アパレル店長からIT業界の営業職に転職した結果、給料が年収560万円まで上がりました。

これは数ある人生のサンプルの一つですが、特に「IT業界」なら高収入を狙えるので、転職できればラッキーですよね。

アパレルから転職して新しい未来を手に入れるか、そのままアパレルのきつい生活に耐え続けるか…。

人によって価値観はちがうので、どちらを選んでもOKです。

あとは、あなた次第。

今から行動して、あなたの理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
30代でアパレル店長から転職したい方は、下記で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。