工場勤務 地獄

『工場勤務が生き地獄に感じる…』
『工場勤務が辛すぎて辞めたい…』
『でも工場以外の仕事をする自信がない…』

このような方に向けて記事を書いています。

高校を卒業して働く場合、学校の紹介で工場に就職する方が多いです。

工場勤務の仕事は覚えることが少なくて簡単ですが、人間関係の問題があったり、単純作業に飽きてしまったりするので、多くの方が20代のうちに工場を辞めていきます。

ということで今回は、工場勤務が地獄だといわれる理由を検証するために、元工場勤務の大島智久さん(25歳男性・仮名)の体験談を紹介しますね。

ドフラ
こんにちは、26歳まで倉庫作業員だった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、WEB業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計211名の会社員の方にインタビューしてきたので、様々な業界で働く人のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、僕が実際にインタビューした元工場勤務の大島智久さんの体験談をもとに、『工場勤務が地獄だといわれる理由』から『工場勤務から転職で失敗しない方法』までを解説していきます。

この記事を読めば、工場勤務の実態がわかるので、今すぐに工場を辞めるべきかの判断ができるようになります。

3分ぐらいで読める内容なので、さっそく見ていきましょう〜。

『今すぐに工場から転職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

工場勤務が地獄だといわれる理由【3分で解説します】

工場勤務 地獄

工場勤務が地獄だといわれる理由は、『将来仕事を失うリスクが高いから』です。

工場の仕事はライン作業など、単純な業務が多いですよね?

これの問題点は、簡単にAIやロボットに置き換えられること…。

単純作業はAIやロボットが最も得意とするもので、しかも人間よりスピードが速くて、精度も高いです。

おまけに人間よりも費用が安いとなれば、人間を雇うメリットはありません。

そのため将来仕事を失うリスクを考えて、『できるだけ若いうちに工場勤務から将来性のある仕事に転職しておかないと!』という危機感によって、20代のうちに工場を辞める人が多いのです。

工場から工場に転職しても意味ない!【生き地獄は変わらない】

元工場勤務の大島智久さんは、25歳のときに『工場以外の仕事に転職すること』を決意しました。

それまでは工場から工場への転職をくり返しており、25歳で4社の工場を経験している状況でした。

大島智久さんは工場で『人間関係のストレス』を抱えるたびに、工場から工場への転職を繰り返していたのです。

工場勤務で感じる地獄から逃げるために、転職をくり返していたわけですが、何回転職しても問題は解決しませんでした。

これは、なぜか?

転職しても悩みが解決しなかった理由は、『工場から工場に転職していたから』です。

大島智久さんは『自分には工場のライン作業しかできない…』と思い込んでいたため、工場の仕事しか選ばなかったそうですが、工場勤務を選び続ける限り、工場勤務のストレスからは解放されません。

ですから工場勤務の生き地獄から抜け出したいなら、工場以外の仕事に転職するしかないのです。

工場勤務の末路は地獄?【20代でコミュニケーション能力がないとヤバい!】

工場勤務 地獄

大島智久さんは25歳の時点で、人とうまくコミュニケーションを取ることができず、こんな状態でした。

  • 相手の目を見て話せない
  • 自分の意見を伝えれない
  • 会話の途中で固まる
  • 自分に自信がない
  • ネガティブな発言が多い

正直この状態だと、工場以外の仕事に転職するのは、かなり難しいですね…。

では、なぜ大島智久さんには、最低限のコミュニケーション能力が身についていないのか?

その理由は、大島智久さんがやっていたライン作業では、ほとんど会話をする機会がなく、必要以上に他人とコミュニケーションを取らなくてもよかったからです。

一生工場で働き続けるなら、コミュニケーション能力がなくても、なんとかやっていけると思います。

しかし工場以外の仕事に転職する場合は、頑張ってコミュニケーションスキルを身につける必要がある。

なぜなら、転職市場に出ている求人の7割以上が、販売や営業の仕事だからです。

販売や営業の仕事は、お客様との会話の中でニーズを引き出し、ニーズを満たすための商品を提案する能力が求められます。

そのため『コミュニケーション能力のない人材=市場価値が低い』と判断されて、なかなか採用されないのです。

とはいえ、20代の若手人材なら将来の伸びしろが評価されて、採用してもらえるチャンスもあります。

ですから、面接では『成長意欲』『やる気』が伝わるように頑張りましょう。

  • ハキハキと大きな声で話す
  • 相手の目を見てしっかり話す
  • 自分を変えたいことを伝える
  • 過去の頑張った経験をアピールする
  • 応募企業のことを徹底的に調べる
  • 将来どうなりたいかを明確にしておく

上記のとおり。

20代で未経験から転職するときは、とにかく『若さ』『フレッシュさ』が武器です。

『元気な子だな〜!』
『未経験だけどやる気はありそうだな〜!』

このように面接官に思ってもらえれば、工場からでも十分に転職できる可能性はありますよ。

ただし注意するべきことは、『年齢が上がるほど採用されなくなる』という点です。

特に20代後半から30代になると、書類選考の通過率が一気に悪くなるので、工場から転職するなら1歳でも若い方が有利です。

本気で人生を変えたいなら、今すぐに行動してくださいね。

工場勤務は肉体労働だから将来性がない!【何もスキルがないと地獄です】

工場勤務 地獄

工場勤務は基本的に肉体労働なので、体力の限界がきたら辞めるしかありません。

しかし工場を辞めたあとで、『体力的にきついから工場以外の仕事に転職しよう』と思っても、工場勤務の経験を活かせる仕事は工場しかないんですよね…。

なぜなら工場の仕事は、ずっと同じ作業をくり返しているだけなので、何年続けても専門的なスキルが身に付かないからです。

そのため、工場からほかの業界に転職したいなら、転職活動をかなり頑張らないと難しいです。

それに加えて工場勤務には、『いつクビになるかわからない』という不安もある。

特に派遣社員など、非正規で工場勤務をしている人の中には、『業績の悪化で工場の生産量が減るから』とか『会社の方針で生産ラインを縮小するから』という理由で、突然解雇される人もいました。

『来月いっぱいで契約は終わるから…』

このひとことだけで、自分の運命が決められると思うと、将来が不安すぎますよね。

ですから会社に依存する人生から脱却するためにも、これからは個人のスキルを高めることが重要なのです。

工場勤務に将来性がない!辞めたいなら行動しないと損です

工場勤務 地獄

もしあなたが『工場勤務を辞めたい』と思っているなら、今すぐに行動しないと損します。

『工場の仕事はラクだから転職する気になれない』と思っている方が、なかなか工場勤務を辞めれないという気持ちはわかります。

しかし『もう辞めたい』と思っているなら、工場勤務にとどまっている理由はないはずです。

なぜなら『工場勤務は将来性がない』といわれているからです。

工場の主な仕事は、自動車部品の組付けやネジをしめる作業など、基本的には誰でもできるような単純作業です。

この業務の問題点は、簡単にロボットやAIに置き換えられるというところです。

実際に『ロボットを導入して人件費を60%削減している工場』もあり、世の中的には工場作業の自動化はどんどん進んでいます。

そのため将来的には、人間がやっていた工場のライン作業の大部分が、ロボットやAIに置き換えられることが予想されます。

ただでさえ少子高齢化の影響で、働き手が不足しているわけですから、製造業界も必死で人間以外の労働力を確保しようとしているのです。

製造業自体はなくならないと思いますが、そこで働く工場作業員は、将来仕事を失うリスクが高いです。

ですから将来のことを考えると、できるだけ若いうちに、工場から転職しておくのが安全だと思います。

工場勤務から転職で失敗しない方法は?

工場から転職

『工場勤務に将来性がないのはわかったけど、工場から転職したいときはどうすればいいの?』

このような疑問を持つ方もいると思います。

結論からいうと、工場勤務からの転職で失敗したくないなら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

その理由は、実際に僕が転職エージェントを利用して、工場勤務より低収入の倉庫作業員アルバイトからIT業界の営業マンに転職できたからです。

実際に多くの工場勤務の方が、転職エージェント経由で異業種への転職を成功させています。

転職する方法には、ハローワークを利用する、転職サイトを利用する、求人誌から探す、などの方法もありますが、これらはどれも自分ひとりで転職活動をしなければいけません。

初めての転職だと、求人の選び方とか面接対策の仕方とかって、よくわからないですよね。

僕もそうでしたけど、自分ひとりで転職活動をやっていたときは、何社書類を応募しても9割くらい落選していました。

せっかく面接に進んでも『ところで君は今日何しに来たの?』と面接官に叱られるほど、かなりショボい転職活動をしていました。

そんなときに友人から『転職エージェント』というサービスがあることを教えてもらい、とりあえず登録してみました。

転職エージェントを利用して分かったのですが、そもそも世の中には、工場勤務からの転職を受け入れてくれる会社とそうでない会社がある、とのことでした。

わかりやすくいうと『未経験者を採用している会社』と『経験者しか採用していない会社』の2種類がある、というイメージですね。

さらにキャリアアドバイザーのサポートのおかげで、応募書類の作り方にもコツがあり、面接対策の仕方も企業ごとに違う、ということがわかりました。

正直、こんなの自分でできるわけないじゃん!と思いました…。

僕の経験からもわかるように、工場勤務から転職するなら、最初から転職エージェントに頼るのが楽ですね。

ドフラ
工場から転職で失敗したくない方は、以下の記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。

工場勤務が地獄だといわれる理由【まとめ】

最後に、『工場勤務が地獄だといわれる理由』の要点をまとめておきます。

  • 工場勤務は将来仕事を失うリスクが高い
  • AIやロボットに仕事を奪われる
  • 工場勤務の多くが20代で転職する
  • 工場から工場に転職しても意味ない
  • コミュニケーション力がないと転職は厳しい
  • 工場から転職するなら若さを武器にする
  • 工場勤務では何もスキルが身につかない
  • 工場勤務を辞めたいなら即行動しないと損する
  • 工場から転職するなら転職エージェントを利用するのがおすすめ
  • 人生を変えたいなら今すぐ行動しよう

なんとなく工場に就職して、なんとなく工場勤務を続けていたら、20代後半に差し掛かっていた…という方は多いです。

でも20代30代なら、人生をやり直すチャンスはあります。

『自分は工場勤務しかやったことがないから…』と言って、異業種への転職を諦めるのはもったいないです。

実際にこんなダメダメな僕でも、IT業界の営業マンに転職できたわけですから、ほとんどの方が転職できるはずです。

あとは、あなた次第です。

今から行動して、理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
『本気で人生やり直したい!』という方は、今すぐ転職エージェントに登録してくださいね。