エステティシャン 辞めてよかった

『エステティシャンを辞めたい…』
『エステの仕事がつらい…』
『エステティシャンの将来に不安で…』

このような方に向けて記事を書いています。

エステティシャンは華やかでキラキラして見えるので、美容に興味のある20代の女性に人気の職業です。

でも実際にエステティシャンとして働いてみると、ノルマがきつい店舗や業務量の多い会社もあり、20代のうちにエステティシャンを辞める人も多いです。

ということで、今回はエステティシャンの本音を調べるために、元エステティシャンの木村里穂さん(23歳女性・仮名)の体験談を紹介します。

ドフラ
こんにちは。26歳まで倉庫作業員だった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計978名の方にインタビューしてきたので、エステティシャンを辞める人のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、僕が実際にインタビューした元エステティシャンの木村里穂さん(23歳女性・仮名)の体験談をもとに、『エステティシャンを辞めてよかった理由』を解説します。

この記事を読めば、元エステティシャンの本音がわかるので、今すぐにエステティシャンを辞めるべきかを判断できるようになります。

3分で読み終わるので、それではいきましょう〜。

『今すぐ自分に合う仕事が知りたい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

元エステティシャンに辞めてよかった理由を聞いてみた!【失敗談あり】

エステティシャン 辞めてよかった

エステティシャンにはきれいな人が多いので、外から見ると華やかでキラキラした印象です。

でも、実際はどうなのでしょうか?

元エステティシャンの木村里穂さん(23歳女性・仮名)の話によると、楽しい部分がある反面、きつい部分も多いようです。

木村里穂さんが感じた、『エステティシャンの楽しいところ』と『エステティシャンのきついところ』は、次のとおり。

【エステティシャンの楽しいところ】
・お客様と美容の話をしている時間
・エステによってお客様がきれいになっていく姿を見れるところ

【エステティシャンのきついところ】
・売上ノルマに追われること
・カウンセリングや施術以外の業務が多いこと

エステティシャンが楽しいと感じる気持ちよりも、エステティシャンはきついと思う感情の方が強くなって、多くの人が20代でエステティシャンを辞めていくのですね。

ここからは、木村里穂さんの体験談をもとに『エステティシャンのきついところ』を具体的に解説していきます。

エステティシャンを辞めてよかった先輩は何がきついと思っていたの?【離職率が高い理由】

エステティシャン 辞めてよかった

元エステティシャンと現役エステティシャンの両方に、『エステティシャンのきついところは?』という質問をすると、高い確率で『エステのノルマがきつい…』と返ってきます。

では、なぜエステのノルマはきついのか?

エステティシャンがノルマに追われる理由は、エステサロンのビジネスモデルに原因がある。

エステサロンの王道のビジネスモデルは、『新規顧客に対して、無料か安価で初めての施術を体験させ、体験の後に高額の有料プランを案内して、その場で申し込みさせる』というものです。

元エステティシャンの方から聞いた話によると、その場で契約を申し込む人が約50%、そのあとに契約のキャンセルの連絡がくる確率も約50%…とのこと。

上記の数値から計算すると、初回体験のあとで有料プランにつながる人は25%なので、4人に1人は有料プランの契約を決めないといけません。

キャンセルのことも考えると、初回体験の2人に1人は契約を申し込ませないといけない…。

このようなノルマのきつい職場に耐えれず、多くのエステティシャンが20代で辞めていくようです。

エステティシャンを辞めてよかった!と実感するのはやばい業務量から解放された瞬間…

エステティシャン 辞めてよかった

元エステティシャンの木村里穂さんの退職理由は、『業務内容がキャパオーバーだったから』『給料の未払いがあったから』です。

木村里穂さんが働いていた会社は、従業員10名ほどで、エステサロンの店舗数は2店舗しかなかったそうです。

しかも会社の経営者はエステのド素人の男性で、エステサロンの運営はエステティシャン歴の長い従業員1名に丸投げの状態でした。

エステティシャン歴の長い従業員が、店長をやってくれていた間は良かったのですが、突然その店長が会社を辞めてしまい、そこから木村里穂さんの仕事が一気にきつくなりました。

なんと、入社3ヶ月目でエステティシャン未経験の木村里穂さんが、店長をやらされることになったのです…。

会社の経営者はエステサロンの運営に対して何もやらないので、木村里穂さんは入社3ヶ月目にも関わらず、エステの施術やスタッフ教育、店舗の集客から売上管理までを全部やらなければいけなかったそうです。

木村里穂さん以外のエステティシャンはアルバイトかパートだったので、店舗で何かトラブルが発生すると、休みの日でも呼び出されて仕事をしていたのだとか…。

将来エステサロンの開業を考えている人にとっては、この職場を経験するメリットは大きいと思います。

しかし木村里穂さんには、エステサロンを開業する考えは1ミリもなかったので、この業務量の多さはストレスでしかありませんでした。

エステティシャンに将来性がない!と痛感したのは給料が振り込まれなかったとき…

エステティシャン 辞めてよかった

木村里穂さんが『エステティシャンに将来性がない!』と痛感した瞬間は、『給料日に給料が振り込まれなかったとき』です。

お金にルーズな経営者が運営する会社は、絶対に信用できませんよね…。

しかも、会社から給料明細をもらっていなかったので、自分が社会保険に加入しているのかどうかも知らなかったそうです。

従業員は給料をもらうために、会社に毎日出勤しているわけですから、1番の目的である給料まわりがだらしないと、会社に対して不信感しかありませんね。

僕はこれまで211名の会社員の方にインタビューしてきましたが、『給料が支払われない』などの悩みをもつ方のほとんどは、従業員10名以下の小規模の会社で働いている人でした。

小規模で儲かっていない会社だと、お金まわりの管理がずさんになりやすいです。

『給料日に給料が振り込まれない会社』や『給料明細がない会社』で働く人の中には、ある日出勤したら会社がなくなっていて、社長が給料を支払わずに夜逃げしていた…というあり得ない体験をした人もいました。

エステティシャンの仕事は華やかに見えますが、実際に働いてみると大変なことも多いですね…。

仕事の価値観は人それぞれなので、どの職種を選んでもいいと思います。

でも今の段階で、『エステティシャンの仕事を続けるのは無理だ…』と思う方は、できるだけ早めに行動しておきましょう。

30歳に近づくほど、未経験の仕事に転職するのが難しくなりますからね。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する『無料適職診断テスト』を受けるのがおすすめですよ。