今回は、フリーターとして底辺生活を送る「22歳の男性」の事例を紹介します。

この方は、元バンドマンのフリーターで、年収は200万円未満でした。

僕は、キャリアアドバイザーの仕事をしているので、日ごろから20代で底辺生活を送る人たちと接する機会が多いです。

彼らが、どのような生活を送っているのか、そこからどのように人生を軌道修正しているのか、などをお伝えできればと思います。それではいきましょう。

スポンサーリンク

フリーターの底辺生活の事例【飲食店アルバイト・22歳男性】

フリーター 底辺

22歳の男性で、元バンドマンのフリーターで、年収200万円未満の底辺生活を送る人の事例です。

彼は、専門学校を卒業してから、東京でバンド活動をしながら、フリーター生活を続けていました。

しかし、祖母の介護があり、両親が共働きで対応ができず、本人が介護をすることになり、バンドは諦めて地元に帰省し、アルバイトをしながら介護をするという日々を約半年続けていました。

ちなみに、専門学校は、音楽やダンスを専門に扱っている学校でした。ここに入学したのは、高校時代にバンドを組んでおり、キーボードを担当していたからです。

音楽が好きだったから、何となく音楽ができる専門学校に進んだという感じですね。

これまでに経験したアルバイトは、居酒屋のホールやキッチン、焼き肉屋のキッチン、ショッピングセンターのフードコートの飲食店などです。

これらのアルバイトを選んだ理由は、どうせバイトするなら、生活に役に立つものがいい、ということで、キッチンなら家で料理するときにも役に立つと思ったからです。

その後、ご家族の介護がいったん落ち着いたので、そろそろ正社員として働きたい、という理由で転職活動をスタートしました。

将来のビジョンと希望の求人

彼は、将来に向けて、何となく不動産に興味があったり、経済学の本を読んでいたりと、少しは勉強をしていました。

5年後、10年後の目標は「人を動かせる人間になりたい」とうのが漠然とあり、営業職としてトップに立ちたいという思いを持っていました。

そのため、転職してから3年ぐらい経ったら、キャリアアップのための転職を視野に入れていました。

希望していた職種は、販売系か営業系で、昇給や歩合給があり、教育制度が整っている会社を探していました。

22歳の男性で、社会人未経験、資格もスキルもなし、パソコンはword・Excel・PowerPointを触ったことがある程度、という状態だったので、営業職はおすすめの仕事でした。

さらに、ずっとフリーター生活を続けてきているので、土日休みがいいというこだわりもなく、求人の選択肢は結構多いです。

スポンサーリンク

フリーターの底辺生活から抜け出す方法は?

彼は、他社の転職エージェントにも登録しており、結果的に、そこで紹介してもらった会社に入社を決めました。

フリーター 底辺

その会社の仕事内容は、家電量販店での接客販売をする仕事です。

土日休みじゃなくてもいい、販売の仕事でもいい、という彼にとって、その求人は悪くない条件でした。

さらに、飲食店でのアルバイト経験が、トータルで3年半ぐらいあったので、そこでの接客経験が企業から評価されたのだと思います。

あとは、22歳という若さも、採用決定の大きな要因になっています。

入社予定の求人内容には、入社後、家電量販店で販売スタッフの経験を積み、将来的には会社の本部に戻って、各家電量販店の販売戦略を考える部門に配属される、と記載されていました。

販売スタッフの期間が、明確に定められているわけではないので、店舗で実績をつくれなかったり、会社の事情によって、本部に戻れないということもあるとは思います。

しかし、そのようなデメリットを踏まえても、年収200万円未満のフリーターという底辺生活からは、確実に前進できていると思います。

転職先では、最低でも年収300万円以上は稼げるはずです。

現在。同じような境遇の方は、ぜひ今回の事例を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめです。

  • バンドマンはほとんど食えない
  • 専門学校に行く必要はなかったかもしれない
  • 介護問題は誰にでも起こりうること
  • 漠然とでも将来の目標があるといい
  • 希望職種と本人の特性が合っていた
  • 飲食店でのアルバイト経験は転職で活かせる
  • 経験やスキルが無くても若ければ転職できる
  • 正社員になれば年収300万円は稼げるようになる

今回は、22歳の男性で、元バンドマンとフリーターとして、年収200万円未満の底辺生活を送る人の事例を紹介しました。

このような底辺の状態からでも、20代なら十分に人生はやり直せます。

社会人経験の浅い人は、ひとりで転職のことを考えるのは難しいかもしれないので、転職エージェントに相談してみるのもおすすめですよ。

スポンサーリンク