教室長 つらい
教室長を辞めようか迷っている人『今まで教室長を頑張ってきたけど、仕事がつらくて辞めたくなってきた…。ほかの教室長もこんなに大変なの?』

このような方に向けて、記事を書いています。

結論からいうと、どこの塾の教室長もつらい仕事です。

なぜなら、教室長を辞める理由の多くが『長時間労働』や『人間関係』によるもので、これはどの塾の教室長でもほぼ同じ条件だから…。

つまり、あなたが教室長の仕事を続けている限り、つらい状況からは逃れられないということです。

ドフラ
こんにちは。26歳まで底辺人生だった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計329名の会社員の方にインタビューしてきたので、様々な業界で働く人のリアルな情報をお伝えできると思います。

今回は僕が実際に話を聞いた、元教室長の杉本直也さん(仮名・25歳男性)の体験談をもとに『教室長の仕事がつらい理由』を解説していきます。

3分で読める内容ですので、それではいきましょう。

『今すぐ自分に合う仕事が知りたい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

元教室長に仕事がつらい理由を聞いてみた!【失敗談あり】

教室長 つらい

元教室長の杉本直也さん(仮名・25歳男性)によると、教室長がつらい原因には『長時間労働』や『劣悪な人間関係』によるものがある、とのこと。

杉本直也さんがやっていた、教室長の仕事は以下のとおりです。

  • 塾講師やスタッフの管理
  • 生徒や保護者への対応
  • 生徒の集客
  • 売上の管理

教室長は特別な資格がなくてもできる仕事ですが、塾の運営をトータルで管理しなければいけないので、さまざまな能力が必要になります。

たとえば、生徒や保護者に対するコミュニケーションスキル、塾講師やスタッフをまとめる統率力、集客や売上を管理する能力など、塾を総合的にマネジメントする力など。

この中で1番難しいのが、塾講師やスタッフをまとめる業務です。

特に入社間もない教室長の場合、すでに出来上がっている人間関係の中に入っていき、全体をまとめていかなければいけないので、最初はだいたい反感を買います。

あまり口を聞いてくれなかったり、親切にしてもらえなかったり…。

実際に『人間関係のストレス』が原因で、教室長を辞める人は多いです。

小規模会社の教室長は逃げ場がないから辛い…

教室長の仕事は、人間関係との戦いです。

塾内で良好な人間関係がつくれれば、職場は楽しくなりますが、劣悪な人間関係になってしまうと、職場は最悪になります。

そんな中で、教室長に就職するときに、特に注意しなければいけないのが、塾を運営する会社の規模感です。

僕が過去にインタビューした、元教室長や元塾講師の傾向をみると、小規模会社が運営する塾の労働環境は悪くなりがち…。

そもそも小規模会社は従業員数が少ないので、職場に嫌な上司や同僚がいたときに異動できない…。つまり、逃げ場がないというのが、1番辛いですよね。

教室長がつらいと思う瞬間とは?【25歳男性の体験談】

教室長 つらい

元教室長の杉本直也さん(仮名・25歳男性)が勤めていた学習塾は、『正社員2名・アルバイト5名』という少人数の職場でした。

こうなると、自分以外のもうひとりの正社員がどんな人間かで、職場は天国にも地獄にもなりますよね。

ちなみに、杉本直也さんの場合は、もうひとりの正社員(上司)が最悪だったようで、質問しても無視されて、職場では仲間外れにされていたようです…。

多店舗展開する大規模な学習塾であれば、ほかの塾に異動願いも出せますが、2店舗しか運営していない小規模会社だったため、逃げ場がなく、退職するしかありませんでした。

杉本直也さんは教室長について、以下のようにコメントしています。

無視されても動じないメンタルがあれば、教室長でもやっていけると思いますが、他人の評価を気にしてしまう人は向いてないと思います…

実際に教室長の辛さを経験した人の言葉は、なかなか重いですね…。

塾の教室長の年収はいくら?

厚生労働省が発表した『平成28年賃金構造基本統計調査』によると、教育・学習支援業の20代30代の平均年収は以下のとおりです。

20~24歳:223万円(男性)・205万円(女性)
25~29歳:264万円(男性)・235万円(女性)
30~34歳:327万円(男性)・272万円(女性)
35~39歳:389万円(男性)・297万円(女性)

上記のデータをみると、20代の平均年収は『300万円未満』なので、ほかの業界よりは年収は低めです。

たとえば、IT業界なら20代で年収500万円稼ぐ人も多いので、単純にそこと比較すると、年収差は『200万円』もあります。

元教室長の方の話を聞いていると、教室長の仕事は業務量が多く、週1日しか休めない会社もあるようなので、労働時間と給料のバランスに納得できるかどうかは、教室長として働く上で重要なポイントですね。

とはいえ、大枠では教室長も教育に関わる仕事ですから、そこにやりがいを感じて頑張っている人もいます。

『仕事を選ぶ上で何を優先に考えるか?』を決めておくのが、1番大事ってことですね。

ドフラ
自分に合う仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する無料適職診断テストを受けるのがおすすめですよ。

教室長の仕事がつらい理由【まとめ】

最後に、この記事のまとめです。

  • 教室長は長時間労働がつらい
  • 教室長は人間関係が悪いとつらい
  • 小規模会社の教室長は逃げ場がない
  • 教室長の平均年収は異業種よりも低い
  • 何を優先に考えて仕事を選ぶかが1番重要

塾の教室長に限らず、どんな仕事にもメリットとデメリットがあります。

ですから、自分の中で『何を優先に考えて仕事を選ぶか?』を決めておくことが、大事ですね。

もし今の段階で『教室長を辞めようか迷っている…』という方は、そもそも教室長の仕事が、自分に向いているのかを調べてみるのもおすすめですよ。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する無料適職診断テストを受けるのがおすすめですよ。