居酒屋 正社員 きつい

「居酒屋の仕事ってきついの?」
「居酒屋の正社員って実際どうなの?」
「居酒屋から転職できるの?」

このような疑問に答えます。

「特にやりたいことがないから」という理由で、居酒屋の正社員として働いている人はたくさんいます。

しかし、居酒屋の仕事はハードな面もあり、20代後半に差し掛かると、居酒屋勤務の自分の将来に不安を感じて、転職活動を始める人が多いです。

ドフラ
こんにちは。元フリーターのドフラです。

この記事を書いている僕は、26歳まで年収200万円のフリーターでした。その後、IT業界の営業マンに転職して年収500万円になり、人生をやり直すことができました。現在は20代向けのキャリアアドバイザーをやっています。

今回は僕のところに相談にきた、元居酒屋の正社員・トクナガコウジさん(仮名・26歳男性)の体験談をもとに、「居酒屋の正社員がきつい理由」を解説していきます。

3分で読める内容ですので、それではいきましょう。

居酒屋の正社員がきつい理由とは?【26歳男性の体験談】

居酒屋 正社員 きつい

なぜ、居酒屋の正社員はきつい、といわれるのでしょうか?

居酒屋の正社員がきつい理由は、長時間労働と研修制度の手薄さによるものですね。

多くの居酒屋は、深刻な人手不足の問題を抱えています。

居酒屋の仕事は、長時間労働、ブラック労働、きつい労働、酔っ払いの相手が大変、というイメージが根付いてしまい、求人募集にかなり苦戦しています。

ドフラ
僕はキャリアアドバイザーとして20代の転職相談に乗っていますが、居酒屋の仕事は全然人気がありません。

居酒屋の正社員の求人は、どの企業にも受からなかった人が、仕方なく応募するような印象です。

元居酒屋社員のトクナガコウジさん(仮名)が勤めていた会社は、居酒屋を30店舗ほど運営する会社でした。

トクナガコウジさん(仮名)が居酒屋を辞めた理由は、人手不足による教育体制の薄さと放置プレイが最大の原因です。

居酒屋勤務の優秀な社員は成長できないことが原因で辞めていく

居酒屋 正社員 きつい

居酒屋の仕事は、「長時間労働でブラックな職場」というイメージがありますよね。

でも、それ以外の退職理由もあります。

居酒屋の正社員の中には、長時間労働でも、業務量が多くても、全くストレスを感じない優秀な社員が、必ず存在します。

居酒屋経営を支えているのは、この少数の優秀な社員たちです。

優秀な居酒屋社員たちは、大量の残業にも文句を言いませんし、多店舗への応援も積極的におこなってくれます。

居酒屋を運営する会社にとって、優秀な社員たちは財産です。

しかし、居酒屋の優秀な社員も、退職してしまうことがあります。

それは、これ以上働いても、自分が成長できないと思ったときです。

ドフラ
優秀な社員が辞めていくのは、会社にとってめちゃくちゃ大きな損失です。

それでも、深刻な人手不足の問題を抱えている会社は、社員のフォローに手が回らないのです。

店長やエリアマネージャーを任せられる優秀な人材ほど、教育体制やキャリアアップ制度への不満が原因で、会社を辞めていきます。

居酒屋の正社員が辞めるのは会社からの放置プレイが原因

居酒屋 正社員 きつい

居酒屋を多店舗展開する会社は、店長やエリアマネージャーに業務を丸投げしています。

人手不足により、「店舗を運営する」という目先の課題しか考えられず、「中堅以上の社員を育てる」という長期的な戦略に手が回らないのです。

各店舗に利益が残せるかどうかや、各店舗のスタッフが育つかどうかは、店長たちに丸投げして、放置プレイになってしまっています。

この対応に対して、居酒屋の正社員たちは、「自分の成長を考えてくれていない」や「このまま働いても将来がみえない」と思うようになり、次々と会社を辞めていきます。

勢いで居酒屋に入社した若者たちも、20代後半に差し掛かると現実がみえてくるので、居酒屋で数年働いたのに、自分の市場価値が全然高まっていないことに気づくのです。

居酒屋から転職したいなら27歳までに行動しよう!

居酒屋 正社員 きつい

居酒屋勤務の人たちは、転職活動を始めるまで、自分の市場価値の低さに気付けません。

実際に転職活動を始めてみると、ビジネスマナーを身に付けている人、企業相手に仕事をした経験のある人、ビジネスメールを使える人、常識的な言葉遣いができる人、などの応募条件を設定する求人も多いです。

そのため居酒屋から転職を考えている方は、できるだけ早く転職活動を始めるのがおすすめです。

居酒屋から転職する場合、未経験採用をしている企業に応募することになりますが、28歳以降になると、未経験者が応募できる求人数は、一気に少なくなります。

居酒屋を辞めたいなら、「27歳まで」に行動するようにしてくださいね。

ドフラ
僕が【フリーターからIT業界に転職した体験談】はこちらの記事をどうぞ。