派遣社員の実態
派遣社員を辞めようか迷っている人『派遣社員を続けてきたけど待遇も扱いも底辺すぎてきつい…。将来も不安だし正社員に転職したい。でも派遣の経験しかないから無理かな?』

このような方に向けて、記事を書いています。

会社の業績不振でリストラされて派遣社員になったり、就活に失敗して仕方なく派遣社員になったり…。派遣社員の人にはさまざまな事情があります。

でも実際に派遣社員をやってみると、会社都合で急に派遣切りされたり、派遣先でゴミのようなひどい扱いを受けたり。派遣社員の実態は結構きついです。

『こんな底辺の生活は早く抜け出したい…』と思いながらも、派遣の経験しかない自分に自信が持てず、ダラダラと派遣社員を続けてしまう人は多いです。

結論からいうと、あなたの将来のことを考えると、今すぐtに派遣社員を辞めて正社員にならないとヤバいです。

その理由は、派遣社員の生活を続けると底辺から抜け出せなくなりますし、派遣社員の末路はネットカフェ難民の日雇い労働者だからです。

派遣社員から日雇い労働者まで転落してしいまうと、そこから這い上がるのは本当に無理ゲーです。

正社員になれるチャンスがあるうちに、1日も早く行動しておくのが安全策です。

ドフラ
こんにちは。26歳まで倉庫作業員だった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や人生に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計164名の方にインタビューしてきたので、様々な業界で働く方のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、僕が実際に話を聴いた派遣社員の方の体験談をもとに、『派遣社員の実態』から『今すぐ派遣社員から抜け出す方法』までを解説していきます。

この記事を読めば、派遣社員の未来に絶望している方でも、派遣社員を辞めて人生をやり直す道を選べるようになると思います。

3分で読める内容ですので、それではいきましょう〜。

※『すぐに派遣から正社員に転職したい!』という方は、『派遣を辞めたい人へ【派遣社員から転職して人生を変える方法とは?】』の記事を読むほうが早いかもです。

派遣社員の実態とは?【今すぐに派遣を辞めないとヤバい理由】

すぐに登録できて気軽に始められることから、とりあえず派遣社員になる20代の若者は多いです。

派遣社員の求人広告には『未経験でも月収27万円!』『シールを貼るだけ!』などの甘い言葉が書いてあるので、派遣社員の実態を知らない人はこれに釣られて応募しちゃいますよね。

でも実際に派遣社員の仕事をしてみると、派遣のヤバい実態を痛感することになります…。

派遣社員のきついところは、次のとおり。

・派遣先の都合でいつ派遣切りされるかわからない
・給料は月給15〜20万円しか稼げない
・社会保険に入れてもらえないこともある
・単純労働の仕事しかやらせてもらえない
・職場でゴミのように扱われることもある
・正社員との待遇の違いがみじめになる

こんな感じですね。

会社にとって派遣社員は『いつでも解雇できる都合の良い労働力』なので、職場で雑な扱いを受けることも多いですね。

派遣社員の仕事の多くは、オフィスワークではなく肉体労働です。

たとえば、倉庫内作業、工場、解体工事、エアコン清掃、引っ越し作業などですね。

どの仕事も、かなり体力を使います。

若いうちはいいかもしれませんが、40代50代だと肉体労働も限界になると思います。

しかし体力的にきついからといって、肉体労働を辞めてしまうと、収入源がなくなるので、生活できなくなります。

この人生って、結構きついですよね…。

だから、あなたはこうならないように、今すぐに派遣社員から抜け出すべきなのです。

あなたが20代なら、まだ間に合います。

30代でも必死に頑張れば、なんとかなります。

とにかく1日でも早く、正社員になるための一歩を踏み出すことが大切です。

派遣はクズばかり!と言われてみじめになった【28歳男性の体験談】

派遣 クズばかり

派遣社員として複数の派遣先を経験した人はわかると思いますが、派遣先によって本当に雑な扱いを受けることがあります。

派遣社員を見下している正社員が集まる会社に派遣されると、マジでヤバいです…。

派遣社員の中山亮太さん(28歳男性・仮名)の場合は、解体工事の現場に派遣されて仕事をしていたら、壁や天井が崩れる旅に粉塵が舞って、ほこりで目も開けられない状況でした。

でも中山亮太さんはコンビニで買ったマスクしか持っておらず、それが全然役に立たず、大量の粉塵を吸い込んでしまったそうです。

現場の正社員たちはプロ用の防塵マスクを与えられていましたが、派遣社員たちにはそれがなく、放ったらかしの状態でした。

しかも派遣社員たちは名前で呼ばれることがほぼなく、『そこのお前!』とか『グレーのパーカーのやつ!』などと呼ばれていました。

さらに人間の質が悪い会社に派遣されると、『早くやれよ!バカ!』とか『今回はクズばっかだな!』などの罵声を浴びることもあったそうです。

でもこの対応にムカついて文句を言ったら、派遣先が派遣会社に通報して、もう二度と仕事をもらえないかもしれない…という恐怖もあり、我慢するしかありませんでした。

中山亮太さんはこれについて『自分がゴミみたいに扱われているような気がして、派遣社員って本当にみじめだなと思いましたよ…』と言っていました。

派遣社員は業績不振によるクビ切りの最初のターゲットになる!

派遣社員がきつい理由は、毎日派遣切りされる恐怖に怯えないといけないから、です。

派遣先は『会社の業績不振』や『社内体制の変更』などを理由に、簡単に派遣社員を雇い止めにします。

クビ切りされた派遣社員は、簡単に仕事を失い、それによって収入源も失います。

すぐに次の派遣先が見つかればいいのですが、派遣先が決まらないと収入がゼロになり、生活できなくなってしまいます。

こうなると、もう仕事を選んでいる場合じゃなくなるので、劣悪な環境の派遣先しか選べなくなり、さらに扱いが悪くなります。

そして最悪なのは、派遣社員の仕事が見つからず、日雇い労働者に転落していくことです…。

日雇い労働者まで転落すると、そう簡単には底辺から抜け出せなくなります。

派遣の最悪の末路はネットカフェ難民の日雇い労働者です

派遣社員の実態

『派遣社員の末路ってどうなるの?』

ここでは、このような疑問に答えます。

派遣社員の最大の恐怖は、突然の派遣切りです。

派遣切りされると、社員寮を3日後に出て行かされたり、次の仕事が見つからなかったり、という緊急事態になります。

それでも実家で暮らしている人は、そのセーフティーネットによって人生の軌道修正ができますが、地元を離れている人は一気に転落する可能性が高いです。

派遣社員の重盛順一さん(29歳男性・仮名)の場合は、地元の青森から東京に出てきて派遣社員をやっていましたが、突然の派遣切りにあったせいで、『住む場所なし・稼ぐ仕事なし』という状態になってしまったそうです。

重盛順一さんはその後、日銭を稼ぐために日雇い労働を始めて、ネットカフェで寝泊まりするようになりました。

重盛順一さんは日雇い労働者について、『日雇い労働の世界に入ってしまうともう底辺から抜け出せない。住所もないしお金もないし、正直就活どころじゃないですね…』と言っていました。

このように派遣社員として働いている人は、最悪の末路に『ネットカフェ難民の日雇い労働者まで転落する』という道があるので、これは絶対に避けたいところです。

軌道修正ができるうちに、何とか人生をやり直さないとですね。

20代なら派遣社員をすぐに辞めろ!人生やり直すならまだ間に合う!

ここまでの内容からもわかるとおり、20代の若者が派遣社員を続けるのは、デメリットしかありません。

目先の仕事は楽かもしれませんが、5年後10年後の未来を考えると、できるだけ早く正社員になっておくべきです。

だって、ネットカフェで寝泊まりする日雇い労働者とかに、なりたくないですよね?

あなたがまだ20代なら、未経験からチャレンジできる正社員の求人もたくさんあるので、今のうちに行動しておきましょう。

とはいえ、30代の方も諦めないでくださいね。本気で転職活動に取り組めば、なんとか正社員就職できる可能性は残っていますから。

前職が派遣社員だと、選べる正社員の求人は限られるかもしれませんが、一度正社員に戻っておけば、そこからいくらでも人生はやり直せます。

正社員の経験を数年積んでから、キャリアアップで転職してもいいですし、正社員をしながら自分のスキルを高めて、フリーランスになる道もあります。

派遣社員から正社員になるだけで、人生の可能性は格段に広がります。

派遣社員から正社員に転職する方法とは?

派遣社員の実態

ただ一つ問題なのは、派遣社員から正社員に転職するのは結構難しい、という点です。

おそらく、派遣社員の方が自分ひとりで転職活動しても、うまくいかないことがほとんどだと思います。

派遣社員は経歴的に不利なので、真っ向勝負で転職活動しても負け戦になります。

だって、ライバルが正社員から転職しようとしている人たちですから…。

では派遣社員の方は、どうすればいいのか?

結論をいうと、派遣社員から転職で失敗したくないなら、『派遣社員から正社員への転職に強い転職エージェント』に登録することです。

転職エージェントに登録すると、担当アドバイザーが付いてくれて、求人選びから面接対策まで手厚くサポートしてくれますからね。

自分ひとりで転職活動するよりは、何倍も転職できる確率が上がります。

『自分は派遣社員だから…』と落ち込んでいる時間があったら、今すぐに転職エージェントに登録してみましょう。

転職エージェントは全て無料で利用できるので、あなたのリスクはゼロです。あなたが失うのはアドバイザーとの面談時間30分くらいですね。

小さな一歩ですが、この一歩があなたの人生を変えてくれますよ。

ドフラ
『派遣社員から転職したい方におすすめの転職エージェント』はこちらの記事をどうぞ。