「自分を変えたいけど、不安なことが多くて・・・」

「将来が心配だけど、自信が無くて動けない・・・」

「いろいろと考えてしまい、結局何をすればいいかわからない・・・」

この記事は、このような方に向けて書いています。

結論からいうと、考えすぎると動けなくなるので、とにかく行動するべきです。

現在、私は転職エージェントで現役の転職コンサルタントとして仕事をしており、毎月何十人という転職希望者の面談をしています。

転職希望者の方の中には、すぐに動ける人と、色々考えすぎて全然動けない人がいます。

両者のどちらが、転職で成功しやすいかというと、すぐに動ける人です。

申し遅れましたが、経営コンサルタントのドフラエジルです。

私はこれまで7年間、個人事業主から上場企業まで、様々な業種や規模感の会社の経営、採用、WEBマーケティングのコンサルティングをやってきました。

これらの経験を活かして、今回は「考えすぎると動けなくなるから、とにかく行動したほうがいい理由」について話していきたいと思います。

スポンサーリンク

考えすぎると動けなくなるから、とにかく行動したほうがいい理由

いまの時代、「すぐに行動できる習慣」を持っている人はめちゃくちゃ強いです。

大多数の人が、行動する前に色々と考えてしまい、重要なことを後手後手にまわしてしまいます。

自分にとっての最重要課題に取り掛かるのが、遅くなればなるほど、成功からは遠ざかってしまいます。

5分考えても5年考えても、結果は同じ

人間は、悩む生き物です。

特に、「転職」などの人生の岐路になるようなことを決めるときには、多くの人が悩みます。

「失敗したくない・・・」

「もっといい方法があるのではないか・・・」

「本当にこの選択をしても大丈夫か・・・」

不安に思うことがたくさん浮かんできて、多くの人が、肝心な時になかなか行動できません。

でも現実は、5分考えようが、1時間考えようが、1日考えようが、半年考えようが、5年考えようが、行動の結果はそんなに大きく変わりません。

5分考えてから行動した結果と、5年間も考えてから行動した結果が、ほとんど変わらないということです。

スポンサーリンク

行動の結果を知るまでのスピードが全然違う

5分しか考えずに行動する人と、5年間考えてから行動する人の大きな違いは、行動した結果を知るまでのスピードの違いです。

5分しか考えずに行動できる人は、行動した結果がどうなるかを5分後に知ることができます。

しかし、5年考えてから行動する人は、行動した結果は5年後にしか知ることができません。

行動の結果が、失敗であれ、成功であれ、それを知るまでの時間が5年間も違うということです。

考える時間が多すぎて、結局何も変われない人

人生の選択に正解はないので、その行動が正しいかどうかは、誰にもわかりません。

だから、たくさんの時間をかけて、緻密な計画を立てたとしても、その行動は失敗に終わるかもしれません。

それなのに、「必要以上に時間をかけて、考え続けて行動しない」というのは、めちゃくちゃ無駄なことなのです。

考え続けて行動しない人は、結局何も変われません。

当たり前すぎる話ですが、考えているだけでは、何も変わらないのです。

スポンサーリンク

バカでもすぐに行動できる人は成功できる

すぐに行動できる人は、すぐに結果を知ることができるので、すぐに改善することができます。

改善スピードと改善サイクルが早くなればなるほど、成功に近づくスピードが早くなります。

だから、世間的にはバカだと思われている人のほうが、成功しやすいのです。

変に頭がいいと、いろいろと考えることができるので、「こうなったらどうしよう?」「リスクが一番低い方法を選んだほうがいいのではないか?」と考えてしまい、行動せずに考えているだけの時間が多くなっていきます。

でも、バカな人は考えることができないので、「とにかくやってみよう!」「とりあえず、行動してみよう!」となり、行動量がめちゃくちゃ多くなります。

バカな人は余計なことを考えないので、「行動して、失敗して、また行動する」というサイクルが高速でまわっていくのです。

だから、バカな人でも、すぐに行動できる人は成功できるのです。

実際に、会社の経営者として成功している人たちの中には、高卒や中卒の人たちが山ほどいます。

これは、余計なことを考えずに行動できることが、成功に大きく関わっているという証拠です。

言い訳が上手くなると成長はない

「今の職場に不満がある」「今の生活を変えたい」「自分の人生をもっと豊かにしたい」と思っているなら、ごちゃごちゃと出来ない言い訳ばかり並べてないで、とにかく行動してみましょう。

行動しないと、本当のことは何もわかりません。

行動もせずに、言い訳ばかり言っている人は、もうそれ以上成長できません。

言い訳が上手くなると、成長することはできません。

できない理由や、やらない理由を考えるのは簡単なので、一度、言い訳をし始めてしまうと、それが習慣になり、一生言い訳ばかりを言い続ける人生になります。

この人生に退化はあっても、成長は絶対にないのです。

強制的に行動できる人間になる

強制的に行動するようにすると、それが習慣になり、すぐに動けるようになっていきます。

何かに迷ったり、悩んだりしたら、「とにかく行動する」というクセをつけていきましょう。

今、考える時間が多い人が、いきなり行動しようとすると、大きなストレスがかかると思います。

しかし、そのストレスに耐えながら、「すぐに行動する」という習慣を身に付けてることができれば、人生が飛躍的に好転していきます。

転職を考えているなら、まず行動してみよう

転職を考えているなら、まずは応募してみる。

応募すると、自分がその業界に受け入れられる人材なのかが分かります。

面接に進むことができれば、実際にその業界や会社がどんな会社なのかが分かります。

行動することで、自分に合う仕事や、やってみたいと思える仕事に出会うことができます。

転職しようかどうかを考えているだけでは、何もわかりませんが、実際に履歴書をつくってみたり、応募してみたり、面接を受けてみたりすることで、転職のイメージが具体的になっていきます。

業界のことや会社のこともわかるようになり、自分がどのようなキャリアプランを進んでいきたいかも見えてくるようになります。

「今の自分を変えたい」「転職してもっといい人生を歩みたい」と思っているなら、まずは行動してみましょう。

起業を考えているなら、まずは小さく始めてみる

転職と同じように、起業を考えている方も、とにかくやってみることが大事です。

しかし、起業は転職よりも、経済的なリスクが大きくなるため、いきなり会社を設立したり、ビッグビジネスに参入しないことが大切です。

では、どのように起業に挑戦すればいいかというと、「まずは、小さく起業してみる」です。

今は、何をするのにもお金がかからなくなりました。

特にインターネットの普及によって、誰でも小さなビジネスに挑戦できるようになりました。

多くのツールが無料で使えるようになったので、アイデア次第で、無料ツールから収益を生み出すビジネスを作り出すことも可能になりました。

ブログ、Twitter、Instagram、YouTube、ノウハウ、セミナーなど、大きな費用をかけなくても、お金を生み出せるツールは山ほどあります。

これらのツールを活用して、まずは小さくやってみればいいのです。

思いついたことをまずはやってみて、上手くいかなかったら改善したり、見通しが悪ければ辞めてしまえばいいのです。

これをくり返していくことで、そのうち自分に合ったビジネスに出会うことができるのです。

だから、「思いついたらすぐに行動する」を徹底していきましょう。

まとめ

今回のまとめです。

  • 考えすぎると動けなくなる
  • とにかく行動したほうがいい
  • 5分考えても5年考えても、結果は同じ
  • 行動の結果を知るまでのスピードが全然違う
  • 考える時間が多すぎて、結局何も変われない人
  • バカでもすぐに行動できる人は成功できる
  • 言い訳が上手くなると成長はない
  • 強制的に行動できる人間になる
  • 転職を考えているなら、まず行動してみよう
  • 起業を考えているなら、まずは小さく始めてみる

今回は、「考えすぎると動けなくなるから、とにかく行動したほうがいい理由」について話しました。

この記事を読んでいるあなたは、頭の良い人だと思います。

なぜなら、バカな人は、こんな記事を読まなくても、もうすでに行動しているからです。

頭が良い人は、いろいろと考えてしまうので、なかなか行動できなくなってしまいます。

しかし、「人生を好転させたい」「もっと自分を成長させたい」と本気で思うなら、もっとバカになって「とにかくやってみよう!」という思考を持つことをおすすめします。

もし、考えすぎて悩んでしまっているのなら、まずは行動してみてはいかがでしょうか?

それではまた。

スポンサーリンク
おすすめの記事