倉庫作業員の将来性
倉庫作業員を辞めようか迷っている人「倉庫作業員に将来性はあるのかな…。正直、倉庫作業員を辞めるべきか迷っている…」

このような方に向けて記事を書いています。

結論からいうと、倉庫作業員には将来性がありません。

その理由は、倉庫作業員の仕事を何年続けても、特別なスキルが身につかないからです。

さらに最近では、物流業界にAIの導入が始まっています。

これはAIやロボットによって、物流倉庫の仕事が、完全自動化に向けて進んでいるということです。

つまり、これまで人間がやってきた倉庫作業の大半が、AIやロボットに代替え可能になりつつあるのです。

ドフラ
こんにちは。26歳まで倉庫作業員だった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

この記事では、僕の実体験も踏まえて、『倉庫作業員の将来性がない理由』から『倉庫作業員におすすめの転職方法」までを解説しています。

この記事を読めば、倉庫作業員の実態を理解した上で、倉庫作業員の仕事を辞めるべきかどうかを判断できます。

それでは、さっそく見ていきましょう〜。

『今すぐに倉庫作業員から転職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

倉庫作業員の将来性がない理由【仕事を失うリスクが高い】

倉庫作業員の将来性

倉庫作業員として働いている人の多くが、将来性に不安を抱えています。

くり返しますが、倉庫作業員の仕事に将来性はありません。

その理由は、『年収が低いこと、スキルが身につかないこと、仕事がロボットに奪われること』などです。

僕が倉庫作業員時代に職場で見た人たちは、向上心がなく、思考停止状態で仕事をしている人ばかりでした。

『お金がない』が口癖の社員だったり、パチンコばかりやっている社員だったり…。

いま思うと、本当に底辺の職場だったな〜と思います。

倉庫作業員の年収は300万円未満

倉庫作業員の平均年収は300万円前後です。

しかし、この数字は大手企業の社員も含まれているので、実際は年収300万円未満の人がたくさんいます。

ドフラ
僕が転職相談にのった20代の倉庫作業員は、だいたい年収200万円~250万円でした。

さらに今後は働き方改革によって、貧困層の倉庫作業員が増えると予想されています。

これは、どういうことか?

働き方改革によって、残業時間に規制がかかり、従来のように残業代で稼げなくなるということです。

働き方改革は大手企業から始まり、徐々に中小零細企業にも広がってきています。

もともと基本給が低い倉庫作業員の生活は、「残業代」によって支えられてきました。

しかし残業に規制がかかれば、残業代を失ってしまい、生活は一気に厳しくなってしまいます…。

倉庫作業員は残業代で稼げなくなっている

倉庫作業員の将来性

物流倉庫では、顧客から依頼を受けた営業部門が、倉庫に対して荷物の搬入・仕分け・ピッキング・出荷作業などの指示を出します。

いまは残業規制が厳しくなっているので、このスケジュール自体が定時内で終わるように組まれるのです。

こうなると、倉庫作業員は残業代をもらえません。

さらに最近では、残業するための残業申請制度を設けている会社もあります。

『センター長やリーダーに許可をとらないと残業ができない』という制度です。

これが心理的ハードルになってしまい、『何としても定時内で作業を終わらせないと!』というストレスになります。

これだと『低賃金だけど作業は楽』という、倉庫作業員のメリットはなくなってしまいますよね。

企業がここまでやる理由は、上限時間以上の時間外労働をさせると、政府からペナルティを受けることがあるからです。

『残業代で稼げない』『仕事が楽じゃなくなった』というのが、倉庫作業員の今の実態です。

倉庫作業員の仕事は2030年までになくなる?

倉庫作業員の将来性

2030年までに、労働人口の約50%が、AIなどに代替え可能になるといわれれいます。

代替え可能な仕事の代表格が「倉庫作業員」です。

物流現場ではAIによるロボティクス化が進んでおり、フォークリフトや倉庫内作業は、すべてロボットで対応可能になりそうです。

無人ロボットには作業ミスもないですし、休憩時間も要りません。

さらに、従業員のように文句も言いません。

経営者側からすると、人間よりもロボットのほうが、はるかにコスパが高いです。

Amazonの倉庫では、すでに無人ロボットの導入に成功しています。

また豊田自動織機や三菱ロジネクストなどの大手フォークリフトメーカーでも、無人フォークリフトの開発に成功しています。

このように日本でも、物流倉庫でのロボットの実用化が始まっているのです。

ですから、今後は『倉庫作業員の需要が激減する』と予想されます。

完全自動化が進む物流倉庫で働き続けるのは、デメリットが多いですよね。

2030年までに物流倉庫は完全自動化されるといわれており、これからは多くの倉庫作業員が仕事を失うと思います。

仕事を失ってから転職しようと思っても、30代以上だと年齢的に未経験からの転職が厳しくなります…。

将来のことを考えると、今のうちに行動しておくのが安全ですね。

中小零細企業の倉庫作業員は少しだけ猶予がある

とはいえ、中小零細企業の物流倉庫まで、完全自動化が普及するには、もっと時間がかかると思います。

その理由は、完全自動化するためには、巨額の初期投資や運用費が、今のところは必要だからです。

中小零細企業にそんな大きなお金はないので、導入コストを考えると、なかなか踏み出せないというのが、物流企業の現実です。

しかし、Amazonなどの巨大企業がここに参入しているため、近い将来に中小零細企業でも導入できるほどの低コストにして、一気にシェアを拡大する可能性はあります。

そうなると、完全に倉庫作業員の労働価値はなくなります。

倉庫作業の自動化が進むのは段階的な話ですが、遅かれ早かれ倉庫作業員を辞めなきゃいけない日がやってくる…。

それなら、今のうちに自分のキャリアを見直した方がいいと思いませんか?

倉庫作業員の経験に市場価値はない

倉庫作業員の将来性

残念ながら、労働市場において、倉庫作業員の経験には、まったく市場価値がありません。

倉庫作業員を経験して得られるスキルは、以下のとおり。

  • 在庫のチェック
  • 帳簿の理解
  • 商品知識
  • バーコードリーダーや在庫管理システムの使い方
  • 単純な体力や腕力
  • 同じ作業を続ける精神力

これらのスキルが活かせるのは、倉庫作業員だけです。

たとえ10年間、倉庫作業員を続けたとしても、倉庫作業員以上にはなれないのです。

研修を1時間受けたアルバイトでも、経験10年以上のベテラン社員と、同じ仕事ができるのが倉庫作業員です。

なぜなら、仕事内容が「荷物を運ぶだけ」だからです。

倉庫作業員のままだと、キャリアアップもスキルアップも見込めません。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する無料適職診断テストを受けるのがおすすめですよ。

倉庫作業員のデメリット

倉庫作業員には、以下のデメリットがあります。

  • 肉体的にきつい
  • 精神的にきつい
  • スキルが身につかない
  • 転職先がない
  • 給料がめちゃくちゃ安い

ここからは、倉庫作業員のデメリットをそれぞれ解説していきます。

肉体的にきつい

倉庫作業員の仕事が、肉体的にきつい理由は、以下のとおりです。

  • ピッキングの仕事は一日中歩き続けるから足がパンパンになる
  • 運ぶ荷物には20~30kgの重いものもある
  • その日に疲れがとれず、次の日にも影響する
  • 40代以降で腰が悪くなるリスクがある
  • 身体を壊すと仕事が続けられなくなる

精神的にきつい

倉庫作業員の仕事が、精神的にきつい理由は、以下のとおりです。

  • 検品という最終確認の作業がストレスになる
  • 検品でミスをすると全ての責任が問われる
  • 単調作業で飽きる
  • 刺激がなくて眠くなる
  • 頭をつかわないから時間が長く感じる

スキルが身につかない

倉庫作業員の仕事が、スキルが身につかない理由は、以下のとおりです。

  • 荷物を運ぶだけの仕事だから
  • 単純作業しかないからスキルが身につくわけがない
  • 未経験でもたった1時間で10年目のベテラン社員と同じ仕事ができるくらい簡単な作業

転職先がない

倉庫作業員の仕事を経験しても、転職先がない理由は、以下のとおりです。

  • 倉庫作業員は離職率が高い
  • 転職する人は多いが、転職先が底辺企業だけ
  • アルバイト、期間工、派遣、交通整理、タクシー運転手などが転職先

給料がめちゃくちゃ安い

倉庫作業員の仕事が、給料がめちゃくちゃ安い理由は、以下のとおりです。

  • 年収300万円未満の人がほとんど
  • 手取りは月16万円ほど
  • 生活が苦しい
  • ほとんど昇給はない
  • 賞与も雀の涙ほど

倉庫作業員には「簡単に入社できる」「コミュニケーションを取らなくてもいい」などのメリットはあります。

しかし、「将来性がない」という大きなデメリットがあります。

「今が楽ならいい」という考えで、倉庫作業員を続けていると、将来仕事を失うことも…。

30歳以上になると、未経験からの転職が難しくなりますので、20代のうちに行動しておくのが安全です。

ドフラ
20代のうちに転職しないと手遅れになるので、今すぐに行動しておきましょう。

倉庫作業員から転職したいなら20代のうちに行動すべき理由

倉庫作業員の将来性

ここまでの内容を確認して、倉庫作業員の将来性に不安を感じた方は、1日も早くそこから抜け出すのがおすすめです。

今は楽でいいかもしれませんが、何もせずに放置していると、将来仕事を失うリスクがあります。

解雇されたタイミングが、20代ならまだ何とかなるかもしれませんが、30代だと結構きついです。

なぜなら倉庫作業員の経験しかない30代は、書類選考で落選しやすいからです。

倉庫作業員の最大のネックは、人相手にコミュニケーションをとる業務が少ないことです。

転職市場には未経験から応募できる求人がたくさんありますが、コミュニケーション能力があるかどうかを採用基準にしている企業が多いです。

そうなってくると、倉庫作業員の経験しかない方は不利になります。

でも、20代なら『若さ』という武器が通用します。

中途採用をする企業の中には、『まだ若いからうちでイチから育てよう!』という企業もあるのです。

そのため行動が遅ければ遅いほど、損をすることになります。

少しでも将来に不安のある方は、今すぐに行動しておきましょう。

ドフラ
倉庫作業員から転職で失敗したくない方は、こちらの記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。

まとめ:倉庫作業員におすすめの転職方法とは?

最後に、『倉庫作業員に将来性がない理由』の要点をまとめておきます。

  • 仕事がAIやロボットに置き換わる
  • 2030年までに仕事がなくなる
  • 年収は300万円未満
  • 残業代で稼げなくなる
  • 経験やスキルが労働市場で無価値
  • 仕事を続けるメリットよりデメリットのほうが大きい

いま倉庫作業員をしている人には、申し訳ありませんが、これが現実です。

5年後10年後のあなたの未来をしっかり考えて、スキルやキャリアを選んでくださいね。

僕も26歳まで倉庫作業員でしたが、当時の年収は190万円しかありませんでした。

さすがに年齢的にも『このままだと将来やばいな…』と思っていたときに、友人から『転職エージェント』を紹介してもらって、とりあえず登録してみたんですよ。

これで、人生が変わりましたね。

転職エージェントのサポートを受けつつ、転職活動をした結果、僕は倉庫作業員からIT業界の営業職に転職することができました。

そして、転職してから2年後には年収500万円になり、なんとか人生をやり直せました。

いま人生を振り返ると、あのときに行動しておいて、本当に良かったと思います。

こんなダメダメな僕でも人生をやり直せたのですから、この記事を読むほど意識の高いあなたなら、きっと人生を変えれるはずです。

ただし未経験から転職するなら、理想は『25歳前後』です。

30歳を超えると、書類選考がなかなか通らなくなりますからね…。

『倉庫作業員の将来に不安がある…』という方は、今日とは言わず、今すぐに行動しておきましょう。

ドフラ
僕は26歳の時に転職エージェントを利用して、倉庫作業員のアルバイトから年収500万円の正社員に転職できました。