パン屋 辞めたい

「パン屋をもう辞めたい…」
「パン屋から転職したい…」
「パン職人はもう限界だ…」

このような方に向けて記事を書いています。

パン屋の仕事はやりがいがあるので、パン職人に憧れて専門学校に入り、卒業後にパン屋に就職する人は多いです。

しかし、パン屋の仕事を半年以上続けていると、労働時間の長さと給料の低さが原因で、将来に不安を感じる人も増えてきます。

結論からいうと、パン屋として独立するつもりがないなら、労働環境がきついパン屋は今すぐ辞めるべきです。

その理由はパン職人として何年働いても、異業種への転職で活かせる知識やスキルが、ほとんど身につかないからです。

理想をいうと、20代のうちにパン屋から転職するのがおすすめです。

ドフラ
こんにちは。キャリアアドバイザーのドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収200万円のフリーターでした。その後、WEB業界の営業に転職して年収500万円になり人生をやり直せました。現在は20代向けのキャリアアドバイザーをやっています。

この記事では、「パン職人の実態」から「パン屋から転職で失敗しない方法」までを解説しています。

この記事を読めば、きつい労働環境の毎日から解放される方法が分かります。

3分で読める内容なので、それではいきましょう。

【パン屋を辞めたい人向け】パン屋から転職で失敗しない方法とは?

「パン屋を辞めたい…」と少しでも思うなら、今すぐパン屋から転職するべきです。

あなたが、パン屋を辞めたいと思った原因は何ですか?

パン屋を辞める方の多くが、以下のような理由で転職しています。

  • 給料が低い
  • 長時間労働がきつい
  • 激務で体力的に限界
  • プライベートの時間がとれない
  • 将来性に不安を感じる
  • 毎日の同じ業務に飽きた
  • ワンマンオーナーに疲れた
  • 独立する気がなくなった

もしあなたが、上記と同じ理由で、パン屋を辞めたいと思っているなら、ほかの方と同じように異業種に転職するべきです。

パン屋は小規模な個人店も多いので、ヒト・モノ・カネの不足が原因で、労働環境が悪くなりがちです。

そのため高待遇や高収入を実現したいなら、パン屋以外の業界で働くほうが現実的なのです。

ドフラ
間違っても、パン屋からパン屋に転職しないようにしてくださいね。

言葉を選ばずにいうと、パン屋からパン屋への転職は「底辺の職場を横に移動しているだけ」になってしまいます。

給料、待遇、プライベートの時間、将来性などを考えるなら、そもそもそれが実現可能な業界や職種を選ばなければいけません。

パン屋は激務できついから離職率が高くなる

パン屋 辞めたい

パン屋は離職率が高いイメージがありますが、これはなぜか?

その理由は、パン屋は仕事のやりがいや楽しさと引き換えに、激務できつい労働環境に耐えなければいけないからです。

厚生労働省が発表した「平成28年賃金構造基本統計調査」によると、パン職人(パン・洋生菓子製造工)の平均年収は約321万円、平均月給は24万2100円となっています。

パン職人の仕事は朝早くて夜遅く、土日も開店するお店がほとんどなので、労働時間の長さから考えると給料は低めです。

「仕事は面白いけど、労働時間が長すぎて、プライベートの時間が取れない…」という悩みを抱えるパン職人は多いです。

僕が転職相談にのったパン職人の方たちの傾向をみると、特に小規模のパン屋で働いている人ほど、長時間労働になっている印象です。

将来パン屋として独立願望のある人なら、目標のためにハードワークを乗り越えられるかもしれませんが、そうじゃない方はきついかもしれません。

世の中には「低収入になりやすい業種」と「高収入になりやすい業種」がありますので、どこで働くかはめちゃくちゃ重要です。

パン屋から異業種に転職すれば年収も上がりやすい

前章でパン屋の平均年収が約321万円とお伝えしましたが、僕がパン職人の方から直接聴いた年収だと「年収200万円~年収250万円」が多いです。

ドフラ
僕もフリーター時代は年収200万円だったので、低収入の辛さは結構わかります。

欲しいものが買えない、旅行とかも行けない、彼女もできない、1人暮らしもできない、将来がただ不安…、こんな感じですよね。

でも、まだ諦めないでください。

あなたが20代なら、人生はやり直せます。

あなたがいま低収入になっているのは、低収入になりやすい業界で働いているからです。

実際に僕が転職サポートした、元パン職人の方のほとんどが、転職後に年収400万円~500万円稼げる会社に転職しています。

日本全体の平均年収が約430万円なので、20代のうちに年収400万円稼げていれば、人生やり直せたと思っていいでしょう。

では、年収400万円~500万円稼げる業界や職種とは何か?

それは「IT業界の営業職」です。

基本的にIT業界のビジネスは利益率が高いので、そこで働く従業員への還元率も高く、給料も高くなりやすいです。

また営業職の採用では、コミュニケーション能力と目標達成意識が高ければ、未経験でも採用される可能性が高くなります。

特にベンチャー企業だと、成果主義で給料が高い会社も多いので、「20代のうちにスキルを身に付けて稼げるようになりたい!」という方にはおすすめです。

ちなみに未経験からチャレンジできて、20代で年収400万円稼げる職種には、このようなものがあります。

  • ホームページ制作の法人営業
  • 求人広告の法人営業
  • 人材紹介の法人営業
  • 動画制作の法人営業
  • SNSサービスの法人営業

成長したい方や年収を上げたい方は、この機会に転職を考えてみてはいかがですか?

転職で失敗したくないなら転職エージェントを利用すべき

パン屋 辞めたい

IT系企業の営業職に転職するのが良いのは分かったけど、そんな求人どこにあるの?

このような疑問を持つ方も多いと思います。

結論をいうと、IT系企業の営業職に転職したいなら、転職エージェントを利用するべきです。

転職エージェントとは「無料で転職支援サービスを受けれる場所」のことです。

なぜ無料で利用できるのかというと、転職エージェントは紹介先の企業から利用料という形でお金をもらっているからです。

今までずっとパン屋で働いてきた方は、ほかの業界の知識が少なかったり、転職で失敗しないか不安だったりしますよね。

転職で失敗しないためには、企業の選び方を注意しなければいけませんし、企業ごとに面接対策をおこなう必要があります。

これを自分ひとりでやるのは、大変ですよね…。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアアドバイザーがプロの目線から、企業選びや選考対策をサポートしてくれます。

ですから、パン屋からの転職で失敗したくないなら、自分ひとりで転職活動せず、転職エージェントを利用するほうが安心ですよ。

パン職人が利用すべき転職エージェントと利用すべきじゃない転職エージェント

世の中には、たくさんの転職エージェントがあり、それぞれのエージェントごとに得意・不得意があります。

そのためパン職人から転職したいなら、「パン職人の転職に強いエージェント」を利用するべきなのです。

これは、どういうことか?

ぶっちゃけた話をすると、転職エージェントには「高学歴&経験者向けのエージェント」と「低学歴&未経験向けのエージェント」が存在するのです。

「高学歴&経験者向けのエージェント」は有名大学の出身の方や前職で実績を残している方の転職に強く、「低学歴&未経験向けのエージェント」は高卒・専門卒の方や未経験者の転職に強いです。

残念ながら高卒・専門卒・Fラン大卒などの学歴の場合は、「低学歴」の部類に入ってしまいます…。(※もちろん僕も低学歴です)

パン職人の方の多くが、専門卒や高卒だと思いますので、「低学歴&未経験向けのエージェント」を選ばないと、転職で失敗しやすいです。

ですからパン職人から本気で転職したい方は、低学歴&未経験に強い転職エージェントを利用してくださいね。

あなたが20代なら、まだ人生はやり直せるので、ぜひこの機会に行動してみませんか?

今日の小さな一歩が、人生の大きなターニングポイントになりますよ。

ドフラ
僕が選ぶ【パン屋から転職したい方向けのエージェント】はこちらの記事をどうぞ。